Top > Spahpanzer Ru 251


Spahpanzer Ru 251

Last-modified: 2018-07-14 (土) 21:02:20

※本来の名称はSpähpanzer Ru 251です。



Tier 8 ドイツ 軽戦車 Spähpanzer Ru 251(シュペアパンツァー エル ウー ツヴァイフンダートアインウントフュンフツィヒ)/日本語訳:偵察戦車Ru 251 Edit

ru251.jpg

ドイツ軽戦車。西ドイツのM41 Walker Bulldogとの代替を目的としたハノマーグ社の試作偵察戦車である。
主砲のスペックと最高速度から見ると優秀そうに思えるが、実際はかなり癖が強く上級者でも乗りこなすのが難しい車両と言える。
ただ、やはり80km/hという速度性能は侮れず、一撃離脱はもちろん、ぴったりひっつくまでは難しいがNDKも可能。
軽戦車として定石通りの運用ができる車両である。
車体後方のエンジン区画が盛り上がっているのが特徴。
なお、アップデート 3.1.0 においてクレ収支が改善されたが、依然として良いとは言えない。

 
v3.5での変更点
 

基本性能(v3.5.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Ru 251VIIIドイツ軽戦車130025/20/88025.462,440,000 cra.png
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)
俯仰角
(正面)
(側面)
VIII90 mm Rheinmetall DM110.34AP
HEAT
HE
180
250
102
225
190
270
2327
1965
2792
0.361.9410000 cra.png
0000cra.png 00gda.png
0000 cra.png
914+18°/-6°
+18°/-10°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VIIISpähpanzer Ru 251 Drehtum 360°20/20/20442605,186
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)出力重量比
VIIMB 837 Aa500121,37519.63
VIIIMB 837 Ea 600600121,40023.54
IXMTU MB 837 A630121,50024.62

備考
出力重量比はエンジン以外全て最終改造の物とする。

 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIISpähpanzer Ru 251 PT I28.00396,500
VIIISpähpanzer Ru 251 PT II28.00456,500
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:Spähpanzer SP I C
派生先:Leopard prototyp A

 

開発ツリー Edit

SP I CRu 251
92,700fa.png
Gun.png
90 mm Rheinmetall DM1
turret.png
Spähpanzer Ru 251 Drehtum 360°
engine.png
MB 837 Aa
engine.png
MB 837 Ea 600
14,500fa.png
engine.png
MB 837 A
21,000fa.png
Leopard PT A
172,800fa.png
3,450,000cra.png
suspension.png
Spähpanzer Ru 251 PT1
suspension.png
Spähpanzer Ru 251 PT2
14,900fa.png
 

fa.png:必要経験値
cra.png:必要クレジット


 

解説 Edit

最高速度とDPM、隠蔽率に優れる本車両。
基本的には快速紙装甲戦車の御多分に漏れず、敵と距離を保ちながら戦うことが重視される。
課金弾のHEATにより幅広い対応力を持つが、取得クレジット係数が低めに設定されており、また修理コストが高い為、収支は非常に悪い。
また、ドイツ戦車にしては精度が悪いため、距離が離れている場合は外れることも多く余計に弾薬費で苦しめられる。
AP弾しか使わずとも、活躍しなければ赤字になることもある程に悪い(T-54より悪い収支と言えばお分かり頂けるだろうか。)
しかし、102mmという高貫徹力を誇る榴弾があるので、裏を取れれば天敵であるIS-6IS-3 Defenderチャイナボカンを撃破することは容易になる。

立ち回り方

この戦車を乗りこなすにはすべてのマップの地形理解やスポットの仕方を完全に頭に入れておく必要がある。
そして「生き延びる」ということが大切になる。時には逃げなければならないことも多々あるが、貫通のよいHEATを活かして打ち合うことも求められることがある。特にこのtier帯はIS-3系統の車両がマッチングしやすく、これらの戦車に対してでも打ち合いで勝つ必要がある。
まずこの戦車の最も重要な仕事は偵察である。偵察をする際、この戦車は走り偵察をすると脅威となる。敵の真ん中をすり抜けるようにして突っ込むのも手かもしれない。
60キロを超える速さで砲塔しか見えないこの戦車を狙撃するのは非常に困難であり、敵の中戦車はいきなり出鼻をくじかれ、重戦車は身動きが取れなくなってしまう。
序盤はこのように前線を敵と打ち合いつつ、視界も提供していこう。孤立している敵がいたらそこに突っ込むのも手である。
終盤になれば敵の防御の甘いところにちょっかいを出しに行ったり、持ち前の榴弾貫通力で敵の裏をかきに行こう。
下手な格闘戦をMTにしかけるより、敵の手薄なところに流れ込んだほうが活躍できて、勝利に繋がる。
最後まで生きていればポイント勝ちや視界の差で勝つことができる。だが、ただただ生きているだけならば勝つことができないのでしっかりとダメージやキルもとっていこう。


特徴 Edit

長所

  • ゲーム内一位の圧倒的な最高速度
  • かなり優秀なDPM
  • 低い車高
  • 102mmと高い榴弾の貫徹力
  • トレモのレース、鬼ごっこでは最強クラス
  • 正面では6度だが、側面を向いた時俯角が10度取れる

短所

  • 加速がもっさり
  • 軽戦車らしい紙装甲
  • 狭いマップでの立ち回りが難しい
  • 側面を向かないと俯角が取れない
  • 左右140度より後方では主砲・砲塔と車体が干渉するため強制的に1度の仰角が掛かる

初期の研究

  • 主砲も砲塔も一種類しかないため、開発するのはエンジンと履帯だけである。本車両の特徴はその足なのでエンジンを先に開発しよう

歴史背景 Edit

...

コメント Edit

他人を誹謗中傷するようなコメントはせずモラルを尊重したコメントをお願いします。

上記を理解した上でコメントを書き込む