Top > 武器 > 【癒しの杖】


武器/【癒しの杖】

Last-modified: 2019-08-22 (木) 20:27:55

関連:武器/【いやしのロッド】武器/【ヒールロッド】アビリティ/【いやしの】


シリーズ中しばしば登場する
作品によっては殴った相手を回復させる力を持ち、アンデッドにはダメージを与えることができる。
 
その一方、「癒し」要素は道具として使った時の効果だったり、装備することで得られる特殊能力だったりすることもある。
この場合、装備品としての性質はただの打撃武器。殴れば普通にダメージを与える。
 
うっかり敵を叩いて回復させたり、逆に回復させるつもりで味方を殴り殺してしまうことのないよう、ちゃんと作品ごとに効果を確認することを勧める。


FF1 Edit

使用効果でヒールの効果があるだが、敵を攻撃すれば普通にダメージを与えられる。
試練の城の宝箱に入っている。

魔法回数制かつ低MPの上、持てるポーションの数も限られているFF1では、ヒールの効果が大活躍。
魔道士の杖と併用すると安全に味方全員を回復できる。敵を混乱させた隙に、癒しの兜も合わせて味方の負傷を回復しよう。

  • ↑白のローブのほうが確実。物理しか使わない敵なら全快まで粘れる。
    • 両方を併用すればなおいい。

FF1(GBA版以降) Edit

GBA版以降は風の囁く洞穴の魔道士の沢山いる町のフロアで購入可能(50000ギル)だが、同じダンジョンのオルトロスを倒せばこれよりも高性能なルーンの杖が手に入るので、買う価値はあまりない。

  • 前座のB10Fのテュポーンはないき連発で全滅してしまいどうしてもB20Fのオルトロスのところに辿り着けずルーンの杖が入手できないという未熟な状態のパーティなら一応購入する意味がある。
    ただし、この杖1個と別に同効果の癒しの兜が2個入手できるため、その場合でも1個しか入手する必要はない。
    • テュポーン以外にティアマット(2戦目)が低確率でルーンの杖を落とすため、テュポーンが倒せないパーティでも運良くそちらからルーンの杖を入手していたのなら同様に購入する意味は全くないだろう。

FF2 Edit

殴った相手を回復させる系武器。
パラメキア城の宝箱に入っている他、グリーンドラゴンが稀に落とすことがある。
戦闘終了前に装備を変更することで装備変更後の武器の熟練度を上げることができるため、
コントローラー固定の熟練度稼ぎに使える。


攻撃対象に0ダメージを与えると共にHPを回復させる変わった武器。0ダメージで固定の仕様上、斬撃のエフェクトが出ない。
対象がアンデッドの場合には通常の武器と同様に斬撃のエフェクトと共にダメージが入る。

  • アンデッド特攻があるので、ヘイストと併せて容易に9999ダメージが狙える。

SORでは、グリーンドラゴンと同じドロップテーブルの敵がいないため、登場しない。
リチャードに装備させておけばSoRにも持ち込むことはできる。
……あまりやる人はいないと思われるが。


杖系統の武器は、魔法干渉が高いものと低いものに分けられるが、これは低い方に属する。
但し、魔法をメインで使うキャラが殴ったところで大した回復量にはならないし、知性が下がる恐れもあるので、要注意。

  • GBA版以降は下がらなくなったので気軽に使える。

FF4 Edit

攻撃力8、命中率50%の
セシルパラディン)、リディア(幼少時)、ローザテラポロムフースーヤが装備可能。
ミシディアバロンの町で480ギルで販売されている他、マリオネイター召喚士ソーサラーが稀に落とす。
2番目に弱い杖だが、戦闘中に使うと味方全員にヒールが発動する。
ポロムやテラは、特にすることが無い場合はこの杖を暇潰しに使うことが多い。
他作品とは違い、殴っただけでは回復にはならず、普通の攻撃になる。
殴った相手が回復すると思って味方を殴った人もいるとかいないとか。

  • このヒールはおそらく回数固定の完全全体化魔法。
    回復量は非常に少なく、防御していた方がましなことも多い。
    • 序盤ならばケアル全体化に近い程度の回復量は得られる。
      試練の山では、テラはHPがそこそこ高いため防御の必要性が薄く、またMPはそのうちポロムに抜かれるほど低いのでひたすらこれを振っていてもいい。

マリオネイター系モンスターのテーブル1にこの杖が入っており、
盗む→装備(バグ)→使うと敵を一撃で倒せる。
尤も、その敵はそんなに強くないのでそんなことをするプレイヤーは少ないだろうが。

FF4(GBA版) Edit

追加モンスターのミストサマナーもテーブル1で落とす。

FF4(DS版) Edit

ポロム、再加入時のローザの初期装備になっている。


攻撃力9、命中率80%に強化され、精神+3の補正が掛かる。
他の杖にも言える事だが、セシルは装備できなくなったもののなげるに対応するようになった。
一方で、回復量と発動時間の長さが釣り合わなくなったので、道具としては使いづらくなった。

FF4TA Edit

戦闘中に使うと味方全員にヒールが発動する杖。
ミシディアで買えるほか、ローザの初期装備でもある。

FF5 Edit

系武器。攻撃力0。
内部処理は『ダメージ無しの物理攻撃→追加ケアルラ』となっている模様。
その為、眠り混乱状態を治す事も可能。
リフレクで反射されてしまうのは残念。

  • SFC版、GBA版、スマホ版(iOSver1.1.3)どれもリフレクで反射した回復が敵の混乱を解除する。3つのバージョン共に直接癒しの杖で混乱した敵を殴っても解除される。ただしスマホ版のみ操った敵は殴り・反射ともに操るを解除しないという、不思議な性質を持つ。ファイアビュートのファイガ反射とデモンズロッドのデス反射も、操るは解除しないがキングベヒーモスのカウンターでは打撃扱いなので、スマホ版では同様の処理なのだろう。
    • スマホ版(1.2.2)では殴りは混乱・睡眠は解除したが、操る・強化系の歌を解除しなかった。(iOSver1.1.3でも同様)
    • SFC版、GBA版はドーピング系の歌が癒しの杖の攻撃で解除される。
    • つまり物理攻撃・魔法攻撃のいずれとも異なる、独自の第3カテゴリに属しているようなもの。
      • スマホ版ではエクスカリパーも非常に特殊のようなので、カテゴリと言うより武器ごとに特性を与えているのかも?

入手時点の攻撃力は破格で、アンデッドを殴れば大抵一撃で倒せる。
また、魔力+2の補正も見所。
持ち替えないと普通に攻撃できないがタダでケアルラが撃てるのはそれを補って余りあり、誰か一人は癒しの杖係にしておくと非常に安定して戦える。
入手時期が早いのとも相まってひょっとしたら歴代最強の癒しの杖かもしれない。


中盤における時魔道士の友。
アビリティに黒魔法をつけておけば、攻撃・補助・回復と3拍子揃ったキャラが完成。
アンデッドへの攻撃や睡眠・混乱解除にも使えるなど、幅広い活躍が見込める。

  • なかなか良い組み合わせだね。
    • それなんてFFT?
    • 地形動物も有効。MPを消費するが確実な効果の攻撃魔法か、ノーコストだがランダム効果かの選択となる。
  • 最強育成を施した後でもまだまだ使用用途はありそう。
    最強すっぴんマスターで、
    ミラージュベストリボンエルメスの靴を装備していたとしても、混乱には耐性がない。
    でもこの組み合わせ装備は大変強力なんで下手に替えられない!、という状態の時に、
    混乱対策用としてこの癒しの杖を持っていると安心!
    …ん、もしかして分身が邪魔、かな…。
    • 分身していてもちゃんと起こせます(PS版で確認)。エクスカリパーでなくても大丈夫。
    • そんなあなたに、エクスカリパー
      1ダメージ受けてしまうが、分身を消さずに必ず混乱状態を治せる。
  • これを外し忘れて敵を回復させてしまうのは誰もが通る道。

欠点を挙げるならば杖系統を装備出来るジョブが限られる事だろうか。
まあ、意識していればそう大きな欠点ではないが、育てたいジョブが装備出来なかったり。


飛竜入手後にタイクーンに帰還した時に大臣から貰う事が出来る。
タイクーンに代々伝わる杖(早い話が国宝)であり、古代図書館の屋上にある本の中にも
それらしき記述があることから結構なレア物であることが分かる。

「この、不思議なつえを
タイクーンに住む、
あの方に差し上げよう…。」

それほどの代物が何故450ギルという安値で叩き売れるのだろうか?

  • 現実世界でも見る人が見ればもの凄くレアな本が、ブック○フには二束三文で買い叩かれたりするだろ?そしてFF世界では好事家に売る術は存在しない。つまりはそういうことだ。
    • 実際スリーピーから簡単に盗めて量産できるので、あまり貴重品だとは感じなかった俺。
    • エクスカリバーの90倍もの値で売れてるじゃないか!何を恥じることがある。
    • ↑較べるべき対象や尺度とかが根本的におかしい気が…
    • その他にはスリーピーディムマスターから盗めたり、アルテ ロイテが落とすことがある。
    • いえ、スリーピーから大量に盗める第二世界の住人から見ればポピュラーだけど第一世界の住人にとっては激レアですw
      …でも、Lv36の怪物から危険を冒して盗まなければ手に入らないのでやっぱり激レアw

ガラフとエクスデスの一騎打ちのときガラフのジョブを「すっぴん」、アビリティを「バーサク」、
武器をこの「癒しの杖」にすると永遠に終わらない。


ちなみに装備者の魔力で多少回復量が上下する。

  • 魔道士系の他に薬師も装備可能だが、魔力が低いため効果が落ちてしまう。
    薬師に使わせるなら魔法系アビリティをセットして魔力を底上げしておきたい。

みだれうちでは追加ケアルラが発動しない=アンデッドにダメージを与えられないのが残念。

  • もし発動したならば、第二世界でのギルガメ攻略法に「タイクーン城で貰った+スリーピーから盗みまくった7本の癒しの杖二刀流みだれうち」が加わるところだったのに。
    …「魔法剣ブリザガみだれうち」の方が確実か(爆)

攻撃モーションが決して短いとは言えない杖のモーション→ケアルラと出るので制限時間イベントとは少々相性が悪い。特にカルナック城脱出で全宝箱回収を狙っている時などは、ちょっとの時間も惜しいので自信が無ければ外しておいた方が無難か。


魔法のケアルラと大きく違うのが「たたかう」であるということ。
上記の混乱解除が可能であるというメリットのほか、ATBでは「ウエイトでも対象選択中に時間が止まらない」という欠点がある。
ケアルラなどの魔法は対象選択中でもウィンドウを開いていると判断され、時間が止まる。
入力が遅れてしまい「ケアルラなら間に合ったのに癒しの杖では間に合わなかった」という事態に遭遇した…。

  • これはバトル設定が「ウェイト」の場合のみの欠点。
    「アクティブ」の場合は魔法ウィンドウを開いていても時間が流れ続けるため、そちらではケアルラよりも癒しの杖の方が速い。
  • スマホ版では「たたかう」含めたすべての対象選択時にはウエイトだと時間が停止するようになった。
    そのためウエイト時のこの違いはなくなった(むしろアクティブ時の選択量からすると癒しの杖の方が有利)。

FF5(iOS/Android版) Edit

iOS版現行最新のver1.1.3で、ガラフ離脱中にパーティーの一人目が空欄の状態で癒しの杖を受け取ると、大臣が画面外に歩き去った瞬間アプリが強制終了するバグがある。

  • 一人目を空欄にせず誰かキャラを置いておけば、ガラフ離脱中でも正常に進行する。
  • 大臣と話す都合上、会話中だけ先頭がレナに切り替わり、大臣が消えると元のキャラの姿に戻る。この時先頭が空欄だと不具合が生じて強制終了するようだ。

FF10 Edit

表記は「いやしの杖」。
薬の知識」のアビリティがついているユウナロッド

FF11 Edit

白魔道士専用の両手棍
最大MPが50増加し、さらにケアル系の回復量が10%上昇する。
実装当時は唯一無二の性能をもつ装備品であったが、後に類似品が追加されたため価値は下落。
しかし、敵からのドロップ率がもともとよくない上に、名前に惹かれたシリーズファンが少なからずいるので、今なお結構なお値段である。


詳細はこちら→癒しの杖

FFT Edit

精霊の力が宿った杖。殴った相手のHPを回復する効果がある。

「いやしの杖」表記でFFTにも出てくる。当然殴った相手を回復する
ウッドマンの密猟レアでショップでは売られないが、アルマが持ってるから1本は確実に入手出来る。
杖で殴られつつ諸手をあげて喜ぶモーションはなかなかシュール。

  • ハメどるを装着したキャラを回復させようとしたら、逆に殺される不思議。
    • モンスターはいずれもカウンターを持っているため、仲間モンスターの回復用に使うのは厳禁。
  • 攻撃力4、回避率15。
    回復量はそう多くないので、緊急時に備えて装備しておくか、パーティーアタックでのExp・Jp稼ぎ用。
  • 攻撃時のSEは他の杖と変わらず、同じ打撃音なので瀕死の味方がアルマに結構いい音でぶん殴られると心臓に悪い。

本家FFシリーズと異なり射程の概念があるため、前衛ユニットを回復させるためには射程1のこれで殴るために装備者も前線に赴く必要がある。
装備しているのは大抵紙装甲な魔道士系であるはずなので、この杖による回復を狙うのはそれだけで自殺行為になりかねないのがネック。
回復は大人しく白魔法召喚アイテム投げなどの長射程アビリティに頼った方がいいだろう。

FFTA Edit

クエストをクリアしていれば、街のショップで買えるようになる。
FFTと同じで、殴った相手を回復する

  • MPにダメージを与える技を使えばMPを回復させることもできる。

白魔道士ビショップが「ケアルラ」を覚えられるので、早めに入手したい。
また、召喚士が「キリン」を覚えられる。


HP回復制限系ロウに引っ掛かるので注意。
聖属性禁止には引っ掛からなかったような…?

  • この武器自体は無属性なので属性ロウには引っかからない。

FFTA2 Edit

「いやしの杖」表記。
魔防+5、殴った相手を回復する
白魔道士ビショップが「ケアルラ」、召喚士が「キリン」を覚えられる。
ほりだしもの「神の加護を受けた装備C」(聖の石ウォルトの木材いやしの水)で手に入る。


これで殴っても「打撃」扱いにならないようだ。
チャーム混乱バーサクなど打撃で解除される状態異常が解除されない。
ただし「たたかう」をした時点で敵対行動のためか、それらのロウには引っかかる。

DFF Edit

装備レベル15、ショップで3700ギルで買える。ATK+8、BRV+13。
武器として使えず、殴れないので回復するかどうかは不明。

DDFF Edit

装備Lv1以上、BRV+17、ATK+11の
ショップで4090ギルで買える。

DFFOO Edit

「癒しの杖【IV】」。☆5の
ポロム相性装備で、相性性能は「幼き策士」。
装備時の性能(+相性)は下記。

LvHP初期BRV最大BRV攻撃力防御力最大CP
1108(+21)53(+10)477(+95)150(+30)42(+8)15

相性性能「幼き策士」により、『うそなき』『うそなき+』使用時、以下の効果が発動する。

  • 自身の最大BRVに依存したBRV加算量アップ
  • 「白魔の力」の2ACTION期間延長と付与段階+1

さらに、「うそなき+」使用時、敵全体に小確率で1ACTION「混乱」付与。

FFL Edit

表記は「いやしの杖」。
精神+3の補正と、アイテム使用でケアルの効果がある

FFEX Edit

の1つ。

PFF Edit

レア3の。名前の割には癒し効果はない。
メインクエストの序盤でもたまに手に入る。最大まで強化して力+32、知性+39。
魔術の杖からなり、光の杖に進化する。

FFRK Edit

FF1、FF2、FF4、FF5、FF10、FFT共鳴のとして登場している。

  • 「癒しの杖【I】」
    レア5。セーラの専用必殺技「聖なる祈り?」付き。
    聖属性強化(小)の効果を持つ。
    セーラ初登場のメビウスFFコラボイベント「異次元の扉 輪廻の光」で追加された。
  • 「癒しの杖【II】」
    レア5。ミンウの超必殺技「白魔道士の覚悟?」付き。修得ボーナスは精神+10。
    Lv20のステータスは下記。()は共鳴時。
    Lv攻撃力魔力精神命中
    2055(107)100(186)121(209)95
    ミンウ初登場のFF2イベント「天命を知る者」で追加された。
  • 「癒しの杖【IV】」
    レア5。共通必殺技「ヒール」付き。
  • 「癒しの杖【V】」
    レア5。レナの専用必殺技「王女の慈愛?」付き。
    聖属性強化(小)の効果を持つ。
    レナ初登場のFF5イベント「暴走する火のクリスタル」で追加された。
  • 「いやしの杖【X】」
    レア6。ユウナの超絶必殺技「約束の指笛?」付き。修得ボーナスは精神+10。
  • 「いやしの杖【FFT】」
    レア5。オヴェリアの超必殺技「プリンセスの祈り?」付き。修得ボーナスは精神+10。
    Lv20のステータスは下記。()は共鳴時。
    Lv攻撃力魔力精神命中
    2055(107)100(186)127(211)95
    オヴェリア初登場のFFTイベント「持たざる者」で追加された。