議論掲示板/対地攻撃についての最新検証の反映/装備個別ページ更新案

Last-modified: 2020-07-03 (金) 05:09:54


このページでの議論の範囲

艦娘が装備可能な、対地特効補正を持つ装備の個別ページ全般を予定。以下にカテゴリ別まとめ。

装備ページ編集の基本方針

  • 小見出し「対地特効補正について」を作成し、その中で対地特効補正について記述する予定。
  • 各装備の、敵タイプ別乗算補正と加算補正をまとめた表をテンプレとして用意する予定。
  • 表下部で箇条書き形式で、装備のポイントや他装備との比較を記載。
    • 同カテゴリ装備間での比較 → 他カテゴリ装備との比較 という順で記述するのが分かりやすいか?
  • この方針を採用した場合の実際のページのイメージは、本ページ下部個別ページ更新案を参照。

現在の議論内容

  • 各装備ページの更新案を作成し、その中から決定する方向性に変更。

旧議題一覧:個別更新案の見やすさのため折り畳み

特に優先して決めたいもの

全ページへ影響する新フォーマットに関わるため、各ページ下書き作成前に決定したい点。

  • 対地特効補正について、小見出しを作成して記述することで問題ないか?
    対地特効補正の早見表の採用は問題ないか?

  • 早見表自体のフォーマットについて。
    • 1.0倍(≒効果なし)について、色付けするか?
      →使用例/三式弾 にて例示。
    • 上陸用舟艇・特型内火艇について、改修補正やベース倍率等をどこまで記述するか?

ほかの議論内容

  • 水戦、水爆、艦爆、噴式機のページへの記述について、記述の有無を含めてどうするか。
    • 水戦と水爆は同等の補正、艦爆と噴式機は同等の補正。
      記述する場合は、インクルード用のページを用意するのがスマートか?
    • 対艦強化弾についても、3種とも同様の補正。対空強化弾についても、2種とも同様の補正。これらはどうするか?
      装備が増える可能性も考え、インクルード式の方が保守の手間が減らせるか。
  • 乗算補正a加算補正bと記述するか、対地乗算補正対地加算補正と記述するか。

対地特効補正 装備別早見表案

乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
1積み×1.1×1.2×1.3×1.4×1.5
2積み
以上
×2.1×2.2×2.3×2.4×2.5
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+10
2積み+20
3積み+30
4積み+40

補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • 乗算補正の一列目は装備によって増減・記述を変える対応。
  • 加算補正が無い装備は、表自体をカット。
  • 表の下に箇条書きで他装備との比較やポイントを記述していく。
  • 他陸上特効装備との比較は、記述が長くなるため折り畳み。
    同カテゴリ別装備、異カテゴリで二種類の折り畳みにする予定。装備により折り畳みの形式は変える予定。

装備別早見表の使用例

装備個別ページ更新案の見やすさのため折り畳み

  • あくまでも早見表のテンプレを決めるための例で、ページ自体の更新案とは別。

三式弾

  • 1.0倍の色変え無し
乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
1積み
以上
×2.5×1.0×1.0×1.75×1.75三式弾改との合計数で計算
  • カラーコードCCCCCC
乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
1積み
以上
×2.5×1.0×1.0×1.75×1.75三式弾改との合計数で計算
  • カラーGray
乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
1積み
以上
×2.5×1.0×1.0×1.75×1.75三式弾改との合計数で計算
  • 倍率1.0=効果なしの部分はセルをCCCCCCにした方が見やすいか?

艦載型 四式20cm対地噴進砲

乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
1積み×1.25×1.2×1.5×1.3×1.25集中配備との合計数で計算
改修による補正強化は無し
2積み
以上
×1.875×1.68×2.7×2.145×1.75
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+55集中配備とは別計算
2積み+115
3積み+160
4積み+190

大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)

  • 補正を正確に記載
乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
ベース倍率×1.4×1.7×1.8×1.8×1.7上陸用舟艇すべてで共用
個別倍率
1積み
×1.5×1.3×1.5×1.2×1.6
個別倍率
2積み以上
×1.95×2.08×2.1×1.68×2.4
改修補正×(1+★平均/50)
陸戦隊搭載時、集積地追加のみ ×(1+★平均/50)の2乗
上陸用舟艇すべてで共用
  • 1積み時の倍率のみの簡易表記
乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
無改修(★0)
1積み
×2.1×2.21×2.7×2.16×2.72上陸用舟艇カテゴリの装備を本装備のみ積んだ場合の倍率*1
他の上陸用舟艇を同時に搭載した場合の計算式はこちらを参照。
★max
1積み
×2.52×3.1824×3.24×2.592×3.264
  • 1積み時の倍率のみ記載が使用頻度的にも需要が高いか?
  • 改修具合によって最終的な倍率が大きく異なるが、★0と★maxの2つのみで十分か?

個別ページ更新案

  • 制作コストの削減のため、WG42以外は早見表の形式が確定してから作成予定。
    順次作成中。
  • 小ネタ欄は変更無しのため、省略している。

三式弾

ゲームにおいて

  • 重巡系及び戦艦系が装備可能。
    • 欠点としては対空以外にステータス上昇効果が得られない事か。
    • 2019年2月22日に上位装備として三式弾改が実装された。
  • 2019年2月27日アップデートで改修可能になった。あわせて三式弾改への改修更新も可能になった。

  • 対空兵装としては微妙な存在だが、「陸上型深海棲艦」に対しての切り札となる装備である。
    詳細は下記の対地特効補正についてを参照。
  • 対空カットインの発動条件を三式弾+大口径主砲+高射装置で満たすため、今後の基地攻略での活躍は益々期待できるだろう。
    • ただし三式弾+大口径で対空カットインを狙うと、スロット圧迫の都合により弾着観測射撃不可になるので使い勝手は良いとは言えない。直接打撃要員としてもう1隻戦艦が欲しい所である。航空優勢を取れないマップで連撃装備の空き枠に三式弾と高射装置を入れるのが無難か。
    • 2020年3月27日のアップデートにて補強増設に高射装置が装備可能となったため弾着観測射撃と両立可能となった。
  • 陸上型への武器として半ば必須に近い装備であり所持していないと一部海域のクリアが困難となる。まずは優先して数個確保しておきたい装備の1つとなっている。
  • 三式弾の入手手段としては開発の他に、比叡改二榛名改二の持参装備、任務「『改装防空重巡』出撃せよ!」(摩耶改が必要)での報酬がある。
    開発でどうしても数が揃わない提督は、比叡をLv75(榛名はLv80)まで育成するか任務で手に入れるのも一考だろう。
  • 2018年2月5日のアップデートでエフェクトの更新が行われた。搭載艦は開幕防空戦闘時に頭上に"三式弾斉射"の文字と専用のエフェクトが表示される。
    • エフェクトが出たからと言って特に効果があるわけではない模様

折り畳み「古い情報」内に以下の文章を移動。

  • 三式弾特効の効果は「火力+対空」「火力+敵装甲値」という説もあったが、その後の検証により否定された。

対地特効補正について


乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
1積み
以上
×2.5×1.0×1.0×1.75×1.75三式弾改との合計数で計算

補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • ソフトスキン型*2に対しての攻撃時に、本装備を搭載した艦には2.5倍の強力な補正が掛かる。
    • 昼戦でも夜戦でもこの効果は発揮される。しかしキャップ値は変わらないため、昼戦では効果は見えづらくなる。
    • 装備にもよるが、重巡級であれば夜戦連撃でキャップに到達するほど。戦艦級であれば中破時の夜戦連撃キャップにも到達する。
  • ソフトスキン型以外に対しては、倍率はさほど高くない。
    • 集積地棲姫に対してのキャップ後補正を持たないため、上陸用舟艇等が持てる艦に比べて大ダメージは狙いづらい。
    • 砲台小鬼に対しては補正を持たない。
    • 離島棲姫港湾夏姫に対しては1.75倍。
      • 重巡級の火力では夜戦連撃の威力は200弱止まり。敵の高装甲も相まって高ダメージを狙いづらい。
      • 戦艦級の火力であれば、夜戦連撃の威力は300程度まで到達する。ソフトスキン相手と異なり中破すると火力はがた落ちになるが、小破以下なら十分な威力。
  • 同じ艦に複数個搭載したり、三式弾三式弾改と同時に搭載しても補正値は変わらない。

対艦強化弾(徹甲弾)との比較

  • 対艦強化弾は砲台小鬼に対して補正を持っている。それ以外の敵タイプに関しては、本装備の方が優位。
  • しかし、対艦強化弾を装備して陸上型を攻撃した場合、対地特効補正とは別に、徹甲弾補正が適用される。
    また、対艦強化弾は弾着観測射撃の条件の1つにも指定されている。
    • これらの要素と戦艦の火力の高さが重なり、対陸上型の場合でも、昼戦に限っては、対艦強化弾を搭載した方が有効な状況も多い
    • 連合艦隊の第一等、夜戦を考慮しない戦艦の場合は、ボスが陸上型であっても対艦強化弾が選択肢となる。

その他の陸上特効装備との比較

  • 対地装備(WG42等)との比較では、対ソフトスキン型の場合、本装備の方が優位。それ以外の陸上型を相手にする場合は、対地装備の方が優位となる。
    • 火力が低めの航空巡洋艦の場合、本装備と対地装備の混載も選択肢。弾着連撃との排他になるため、何処を重視するかで選択になる。
    • 航空戦艦等は火力が高いため、どちらか一方を積むだけで十分な威力になることが多い。
  • 上陸用舟艇との比較では、基本的に上陸用舟艇の方が対地性能は高い。
    • 集積地型、砲台小鬼、離島棲姫を相手取る場合、無改修であっても大発動艇のほうが強い。
    • 対ソフトスキン型においても、陸戦隊★max11連隊が本装備よりも優秀な補正を持つ。
      • 補正が若干劣る陸戦隊★+0M4A1 DDを搭載した場合も、火力次第で中破時の夜戦連撃キャップまで到達可能。
  • 特型内火艇との比較では、対ソフトスキン型の場合、本装備の方が優位。それ以外の陸上型を相手にする場合は、特型内火艇の方が優位となる。
    • 特二式内火艇は、乗算補正は対地装備より優秀だが、加算補正を持たない装備。その特性上、高火力の戦艦に積む場合は対地装備よりもこちらの方がよい場合が多い。

三式弾改

記述に変更無し。
対地特効補正についての記述は三式弾と同じものをインクルードする予定。

WG42 (Wurfgerat 42)

ゲームにおいて

  • 2016年冬イベントで初登場した陸上型ボス「集積地棲姫」にはそれまでの特効補正(砲戦火力+75)に加えて新たなキャップ後補正が設定されており、
    本装備を2つ搭載した4スロ軽巡が夜戦火力キャップを超える大ダメージを与えるという現象が見られ、大活躍した。
    「従来の特効補正」を「それまでの特効補正」に変更。これ以外の文章は変更無しのため省略

対地特効補正について


乗算補正a補足
ソフト
スキン
集積地
追加
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫
1積み×1.3×1.25×1.5×1.4×1.4
2積み
以上
×1.82×1.625×2.72×2.1×1.68
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+75
2積み+110
3積み+140
4積み+160

補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • 駆逐艦や軽巡洋艦をはじめとした幅広い艦種に搭載可能な陸上特効装備。
  • 火力の低い駆逐・軽巡等の場合、これ1つのみを搭載しただけでは決定打になりづらいので注意。
    • 例えば、綾波改二が主砲/主砲/WG42と搭載した場合の基本攻撃力は、対ソフトスキンで約190、対集積地で約240、対砲台で約270、対離島で約200。火力に優れる綾波改二でさえ、1積みではフィニッシャーとして見るには少々心もとない。
    • 本装備のみで高装甲の陸上型深海棲艦を相手取る場合は、基本的には2つ積むことが望ましい。その上で夜戦連撃を維持できるとベター。
      • Ташкент改大淀改G.Garibaldi改等、4スロット艦であれば、主砲/主砲/WG42/WG42と搭載することで強力な対地攻撃力と夜戦連撃を両立できる。
        また、阿賀野型改は3スロットであるものの、補強増設に副砲を搭載することで2積みと夜戦連撃の両立が可能。
      • Commandant Teste改夕張改二特陸奥改二金剛改二丙、また補強増設を利用した由良改二等もこの装備構成は可能。
        ただし、これらの艦の場合、より優秀な陸上特効装備が搭載可能であったり、火力が高く1積みでも十分な火力を出せたりするため、主砲/主砲/WG42/WG42等と積むメリットはあまりない。
    • 補強増設に副砲が搭載可能な4スロット艦である大淀改や練習巡洋艦改の場合は、本装備を3つ積んだ上での夜戦連撃も可能だが、搭載数を2つから3つに増やしても効果は薄いため、メリットはあまりない。
      対地攻撃力を更に上げるのであれば同カテゴリ装備の20cm対地砲や、爆雷カテゴリの二式迫撃砲を積むとよい。
      • 2積みの時点で対地攻撃力が十分であれば、水偵や電探、夜戦装備等の補助装備も視野に入る。
  • 潜水艦・潜水空母にも搭載可能。ただし特二式内火艇とは異なり、本装備は昼砲撃戦への参加トリガーにはならないので注意。

同カテゴリの他陸上特効装備との比較

  • 同カテゴリ装備である20cm対地砲と比較すると、基本的には1積みの場合は本装備の方が高威力、2積みの場合は20cm対地砲の方が高威力と言う関係になっている。
    • 20cm対地集中との比較の場合、1積みではほぼ同等、2積みでは20cm対地集中の方が高威力。
    • 本装備と20cm対地砲(もしくは集中配備)を混載した場合は、どちらも1積み時の補正が適用される。火力が低い場合、加算補正で勝る混載が一番高威力になる。

他カテゴリ装備との比較

  • 搭載可能な艦が近しい二式迫撃砲、及び同集中配備との比較では、対地攻撃力の面では全面的に本装備が優位。ただし迫撃砲には対潜能力があるため、単純な上位互換ではない。
  • 上陸用舟艇や特型内火艇が搭載可能な艦の場合、陸戦隊特二式内火艇等を搭載した方が威力が高くなることも多い。
    • 四スロット艦の場合も、多くは陸戦隊+特二式内火艇の混載と夜戦連撃の両立が優秀で、本装備をあえて積むメリットは薄い。
      Gotland andraは特二式内火艇が搭載できないため、弾着観測射撃を捨てて対地を最重視する場合は本装備も視野に入る。
    • 連合の第一艦隊等で昼戦を重視する場合や集積地棲姫への攻撃力を重視する場合、上陸用舟艇+特型内火艇+本装備の組み合わせを搭載することもある(通称対地セット、対地3点セット等)。
      キャップ前攻撃力を稼ぐことでT字不利や中破などの悪条件下でも攻撃力を維持できる他、集積地追加補正が跳ね上がるため昼戦でワンパンも可能になる。
      • ただし、陸戦隊と特二式内火艇の改修が十分な場合、その2スロットだけでも十分な攻撃力になることが多い。
        更に本装備を積むか、あるいは電探や水戦等、艦隊を補佐する装備を搭載するかは要検討。
  • 三式弾(及び同改)が搭載可能な航巡・航戦等の場合、ソフトスキン型を攻撃する場合は三式弾のほうが威力が高くなる。他の陸上型を攻撃する場合は本装備が優位。
    なお、どちらを搭載した場合も、昼戦の場合はキャップに阻まれやすく効果が見えづらいのは同様。
    • 三式弾と本装備の混載も選択肢。昼戦での弾着連撃が出来なくなる代わりに、対地攻撃力を底上げする形になる。
      • 航巡が離島棲姫や港湾夏姫を攻撃する場合、どちらの装備も1つのみでは威力不足気味になるため、有力択。
      • ソフトスキン型を攻撃する場合も、航巡の場合は中破夜戦連撃がキャップに到達するようになるため有用。
        航戦の場合は火力の高さから、三式弾のみでも中破夜戦連撃がキャップ付近まで到達するため、この目的での混載はメリットが薄い。
      • 鈴谷改二熊野改二の場合は補強増設に副砲が装備可能。そのため夜戦連撃を維持しつつ三式弾+本装備2積みということも可能。対地攻撃力がより強力になる。
        ただし、昼戦は単発砲撃固定になる他制空補助等もできなくなるため一長一短。

コメント

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • テスト送信 -- 提案板31木主? 2020-04-27 (月) 01:31:10
  • 当方多忙のため、各装備ページへの告知などを忘れていました。申し訳ありません。
    現在私が考えている新フォーマットについては、実例があったほうがメリット・デメリット、採用の有無について議論がしやすいと思います。
    そのため、大見出し「装備ページ編集の基本方針」内にて、実例を作成する予定です。それが完成し次第、各ページへ告知を出そうと考えています。 -- 提案板31木主? 2020-05-12 (火) 10:38:38
  • 大変お待たせしました、新フォーマットを使用したWG42の更新案を作成しました。各装備ページに編集の告知を行います。
    現在は、【新フォーマットを使用して、各ページを更新する方針でいいか】【新フォーマットの場合に使用する装備別早見表の形式について】の2点を優先して議論したいと思います。
    更新方針が決定した後、他の陸上特効装備についても更新案を作成し、それぞれの記述についての議論に移る、と言うのが現在考えている議論進行です。

    作成されているWG42の更新案については、「新フォーマットを使用するとこのような記述になります」という例示で、優先議論2点の決定に役立てる目的で作成しました。
    こちらについての修正・更新案も歓迎ですが、あくまで現時点での主題は【新形式の使用是非】【装備別早見表の決定】とお考え下さい。 -- 提案板31木主? 2020-05-22 (金) 09:53:00
  • 各装備ページにそれぞれ効果倍率を置いていくと、変更がわかった場合に修正の手間が増えそうですが大丈夫でしょうか? -- 2020-05-25 (月) 15:11:20
    • 今のところ、手間が増えるのはその通りですが、それでも各ページに記述があるべきと考えています。
      一番の理由は、これら特効装備は、対地特効補正自体が装備の強さ、価値、搭載理由そのものである、と考えているからです。
      閲覧時に装備同士(例えばWG42と20cm対地砲)の比較をする際にも、装備ページ内にその装備の対地特効補正まとめ表があった方が、タブ切り替え等で装備同士の比較をできるため楽だと思います。現在の対地攻撃ページだと、比較の際にソフトスキン→砲台→離島→港湾と、広い範囲のスクロールが必要になるので、特定の装備同士の比較にはあまり向いていないかと。
      詳細な対地補正値は早見表内だけに記述することで、修正時の見落とし防止にもなると思います。 -- 提案板31木主? 2020-05-26 (火) 11:42:36
    • >「広い範囲のスクロールが必要になるので、特定の装備同士の比較にはあまり向いていない」
      実際テンプレ・攻撃力表作成の時に広い範囲にばらけていたせいで計算するのがものすごく面倒くさかったですね……。タブの切り替えはまだいいんですけど切り替えたうえでスクロールしなくちゃいけなかったので。 -- 対地テンプレ提案? 2020-05-26 (火) 11:50:21
  • 陸戦隊の早見表使用例に1案追加しました。また、WG42のページ更新案について、文章量が多いため、他装備との比較部分をfold化しました。
    現状、賛成反対共に特に意見が出ないため、他ページの更新案の作成を準備中です。 -- 提案板31木主? 2020-06-19 (金) 08:16:43
  • 三式弾・同改の更新案を作成しました。この2つのページは、対地特効補正についてを別ページで作成し、それを2つのページにインクルードする予定です。 -- 提案板31木主? 2020-06-26 (金) 23:53:06
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 上陸用舟艇ベース倍率×陸戦隊個別倍率(1積み)×改修補正
*2 北方棲姫港湾棲姫