議論掲示板/対地攻撃についての最新検証の反映/装備個別ページ更新案

Last-modified: 2020-10-08 (木) 22:41:04
  • 各装備ページについて、最新の検証結果に基づく記述の更新を行うための投票を、
    当ページのコメント欄にて行っています。(投票期間:9/28 0:00:00 ~ 10/4 23:59:59)
    ご協力お願いします。
    投票は終了しました。ご協力ありがとうございました。



このページでの議論の範囲

艦娘が装備可能な、対地特効補正を持つ装備の個別ページ全般を予定。以下にカテゴリ別まとめ。

装備ページ編集の基本方針

  • 小見出し「対地特効補正について」を作成し、その中で対地特効補正について記述する予定。
  • 各装備の、敵タイプ別乗算補正と加算補正をまとめた表をテンプレとして用意する予定。
  • 表下部で箇条書き形式で、装備のポイントや他装備との比較を記載。
    • 同カテゴリ装備間での比較 → 他カテゴリ装備との比較 という順で記述するのが分かりやすいか?
  • この方針を採用した場合の実際のページのイメージは、本ページ下部個別ページ更新案を参照。

現在の議論内容

  • 各装備ページの更新案を作成し、その中から決定する方向性に変更。

旧議題一覧:個別更新案の見やすさのため折り畳み

特に優先して決めたいもの

全ページへ影響する新フォーマットに関わるため、各ページ下書き作成前に決定したい点。

  • 対地特効補正について、小見出しを作成して記述することで問題ないか?
    対地特効補正の早見表の採用は問題ないか?

  • 早見表自体のフォーマットについて。
    • 1.0倍(≒効果なし)について、色付けするか?
      →使用例/三式弾 にて例示。
    • 上陸用舟艇・特型内火艇について、改修補正やベース倍率等をどこまで記述するか?

ほかの議論内容

  • 水戦、水爆、艦爆、噴式機のページへの記述について、記述の有無を含めてどうするか。
    • 水戦と水爆は同等の補正、艦爆と噴式機は同等の補正。
      記述する場合は、インクルード用のページを用意するのがスマートか?
    • 対艦強化弾についても、3種とも同様の補正。対空強化弾についても、2種とも同様の補正。これらはどうするか?
      装備が増える可能性も考え、インクルード式の方が保守の手間が減らせるか。
  • 乗算補正a加算補正bと記述するか、対地乗算補正対地加算補正と記述するか。

対地特効補正 装備別早見表案

乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×1.1×1.2×1.3×1.4×1.5
2積み
以上
×2.1×2.2×2.3×2.4×2.5
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+10
2積み+20
3積み+30
4積み+40

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • 乗算補正の一列目は装備によって増減・記述を変える対応。
  • 加算補正が無い装備は、表自体をカット。
  • 表の下に箇条書きで他装備との比較やポイントを記述していく。
  • 他陸上特効装備との比較は、記述が長くなるため折り畳み。
    同カテゴリ別装備、異カテゴリで二種類の折り畳みにする予定。装備により折り畳みの形式は変える予定。

装備別早見表の使用例

装備個別ページ更新案の見やすさのため折り畳み

  • あくまでも早見表のテンプレを決めるための例で、ページ自体の更新案とは別。

三式弾

  • 1.0倍の色変え無し
乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み
以上
×2.5×1.0×1.75×1.75×1.0三式弾改との合計数で計算
  • カラーコードCCCCCC
乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み
以上
×2.5×1.0×1.75×1.75×1.0三式弾改との合計数で計算
  • カラーGray
乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み
以上
×2.5×1.0×1.75×1.75×1.0三式弾改との合計数で計算
  • 倍率1.0=効果なしの部分はセルをCCCCCCにした方が見やすいか?

艦載型 四式20cm対地噴進砲

乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×1.25×1.5×1.3×1.25×1.2集中配備との合計数で計算
改修による補正強化は無し
2積み
以上
×1.875×2.7×2.145×1.75×1.68
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+55集中配備とは別計算
2積み+115
3積み+160
4積み+190

大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)

  • 補正を正確に記載
乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
ベース倍率×1.4×1.8×1.8×1.7×1.7上陸用舟艇すべてで共用
個別倍率
1積み
×1.5×1.5×1.2×1.6×1.3
個別倍率
2積み以上
×1.95×2.1×1.68×2.4×2.08
改修補正×(1+★平均/50)
陸戦隊搭載時、集積地追加のみ ×(1+★平均/50)の2乗
上陸用舟艇すべてで共用
  • 1積み時の倍率のみの簡易表記
乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
無改修(★0)
1積み
×2.1×2.7×2.16×2.72×2.21上陸用舟艇カテゴリの装備を本装備のみ積んだ場合の倍率*1
他の上陸用舟艇を同時に搭載した場合の計算式はこちらを参照。
★max
1積み
×2.52×3.24×2.592×3.264×3.1824
  • 1積み時の倍率のみ記載が使用頻度的にも需要が高いか?
  • 改修具合によって最終的な倍率が大きく異なるが、★0と★maxの2つのみで十分か?

個別ページ更新案

  • 制作コストの削減のため、WG42以外は早見表の形式が確定してから作成予定。
    作成完了。
  • ゲームにおいて欄は、旧記述からの変更点を先に記載。更新後のページの記述は折り畳み内に入れている。
    これは新見出し「対地特効補正について」の追加に伴う対地特効関連の記述削除・倍率等に関する記述の更新が主で、基本的には旧記述を残す方針のため。
  • 小ネタ欄は変更無しのため、省略している。
  • 対艦強化弾、水爆/水戦、艦爆/噴式機については、対地を主目的として使う装備ではないと考えられるため、折り畳みで追加(インクルード式)を行う予定。

三式弾

ゲームにおいて

対地特効補正に関する記述を削除。

更新後記述

  • 重巡系及び戦艦系が装備可能。
    • 欠点としては対空以外にステータス上昇効果が得られない事か。
    • 2019年2月22日に上位装備として三式弾改が実装された。
  • 2019年2月27日アップデートで改修可能になった。あわせて三式弾改への改修更新も可能になった。

  • 対空兵装としては微妙な存在だが、「陸上型深海棲艦」に対しての切り札となる装備である。
    詳細は下記の対地特効補正についてを参照。
  • 対空カットインの発動条件を三式弾+大口径主砲+高射装置で満たすため、今後の基地攻略での活躍は益々期待できるだろう。
    • ただし三式弾+大口径で対空カットインを狙うと、スロット圧迫の都合により弾着観測射撃不可になるので使い勝手は良いとは言えない。直接打撃要員としてもう1隻戦艦が欲しい所である。航空優勢を取れないマップで連撃装備の空き枠に三式弾と高射装置を入れるのが無難か。
    • 2020年3月27日のアップデートにて補強増設に高射装置が装備可能となったため弾着観測射撃と両立可能となった。
  • 陸上型への武器として半ば必須に近い装備であり所持していないと一部海域のクリアが困難となる。まずは優先して数個確保しておきたい装備の1つとなっている。
  • 三式弾の入手手段としては開発の他に、比叡改二榛名改二の持参装備、任務「『改装防空重巡』出撃せよ!」(摩耶改が必要)での報酬がある。
    開発でどうしても数が揃わない提督は、比叡をLv75(榛名はLv80)まで育成するか任務で手に入れるのも一考だろう。
  • 2018年2月5日のアップデートでエフェクトの更新が行われた。搭載艦は開幕防空戦闘時に頭上に"三式弾斉射"の文字と専用のエフェクトが表示される。
    • エフェクトが出たからと言って特に効果があるわけではない模様

過去のイベントでの活躍

  • 2013年11月1日より開始されたイベントでは、エリア4ボスの「飛行場姫」に対して効果的なダメージを与えることができた。
    • 開幕夜戦+装甲140+魚雷無効という相手のため、攻略時には欠かせない装備であった。
      • 当時のセオリーである「硬い敵は雷巡に任せる」が全く通用しない敵であり、三式弾が有効だと判明するまでの間は多くの提督が混乱に陥った。
    • イベント前までは「大和砲があれば三式弾なくても艦隊防空はするしロケランがあれば個艦防空はできるから三式弾なんていらなくね?」と考えていた提督は割と多かった。実際、三式弾を大量廃棄する提督も多くいた
      (なお現在では、当時考えられていた「個艦防空」という挙動は存在しないものと推測されている)。
      • しかしイベントで三式弾が有用な装備であると発覚すると提督達は驚愕。廃棄した分を取り戻すために開発で資源を溶かす提督が続出し阿鼻叫喚の地獄絵図になったとかならなかったとか(公式4コマでもネタにされた)。
      • このような悲劇から、イベント終了後「どんな装備でもある程度数を確保しておくことが望ましい」という戦訓が生まれた。
    • ちなみに飛行場への三式弾攻撃は史実の再現であるが、上記にある46cm三連装砲が無くとも効果を発揮した。
  • そして1周年記念の春イベントのE-3ボス「港湾棲姫」及びE-5ボス「離島棲鬼」に対しても有効であることが確認された。
    • もっとも新システムのおかげで全隻に装備する必要はないが、あると夜戦でのダメージが上昇する。
  • さらに14年夏イベントでも北方棲姫と中間棲姫が基地タイプで共に三式弾が有効な敵である。
    • 一方空母棲鬼、空母棲姫は正規空母扱いらしくダメージ上昇の効果は無かった。
      • 空母扱いなら「敵艦載機を落とす」という本来の用途で役立つはずなのだが、当時は対空カットインが未実装だったこともあり艦載機を全滅させるのは不可能に近かった。
    • 連合艦隊を編成している場合、昼戦しか出来ない第一艦隊では上述の火力キャップのため効果を発揮し辛い。
      夜戦可能な第二艦隊に重巡・航巡を配備して三式弾を装備すれば、充分な効果を発揮してくれる。

  • 14年秋イベントでは基地タイプの深海棲艦が登場せず、三式弾が活躍したという話はあまり挙がらなかったようだ。
  • 15年春イベントではE-4ボス「港湾水鬼」とE-5ボス「泊地水鬼」、あとハズレマスに港湾棲姫と基地タイプの深海棲艦が再び出現。
    • 特にE-5で出現する「泊地水鬼」は通常で既に装甲200、強化状態(中破画像)になると装甲240と装甲最大記録を大幅更新。
    • 三式弾の火力倍率も強力なのでこちらの攻撃はまだまだ通用するが、重巡程度の攻撃は凌ぎきる難所であった。
  • 16年冬イベントではE-2に「集積地棲姫」「集積地棲姫-壊」が出現。最終形態である後者は装甲190と途中のボスとしてはかなり堅い。
    • 加えて戦艦を出すと道中難度が上がる都合もあり、どちらかといえば軽巡で対地特効できるWG42の有用性が注目されていたか。
  • 16年春イベントでは「集積地棲姫」に加え「リコリス棲姫」「中枢棲姫」と多くの陸上型が出現。
    • 特に最終ボス「中枢棲姫-壊」はキャップ未満では歴代最高値の装甲270を記録している。
    • 水雷戦隊でも特効要員にできるWG42やカミ車などが益々注目されていた一方で、戦艦+三式弾の威力こそ切り札たり得ると示した戦いでもあった。

古い情報

  • 三式弾による対地特効補正は「火力+対空」「火力+敵装甲値」という説もあったが、その後の検証により否定された。
  • 2014年1月15日の記載:
    • 現在までの検証で判明している仕様は、以前に運営の発言から推測されていた挙動と大幅に違う点がある。
      • 俗に言われている三式弾効果(三式弾または46cm砲を装備していると一定確率で敵航空機を全滅させるとされていた)は、有志による対空検証の結果、存在が確認されなかった。デマの可能性が極めて高いので注意。
      • ここ最近は対空カットイン条件の1つとして大型主砲+三式弾+高射装置があるため、46砲×2+三式弾+高射装置で対空カットインが発動すれば、あながち間違いではなくなったが……
      • 「対空砲火」についての詳細は対空砲火を参照されたし。

対地特効補正について ※三式弾改と同じため、新ページを作成しインクルード式表示を予定。


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み
以上
×2.5×1.0×1.75×1.75×1.0三式弾三式弾改の合計数で計算

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • ソフトスキン型*2に対しての攻撃時に、本装備を搭載した艦には2.5倍の強力な補正が掛かる。
    • 昼戦でも夜戦でもこの効果は発揮される。しかしキャップ値は変わらないため、昼戦では効果は見えづらくなる。
    • 装備にもよるが、重巡級であれば夜戦連撃でキャップに到達するほど。戦艦級であれば中破時の夜戦連撃キャップにも到達する。
      • 陸上特効装備が本装備のみの場合、小破以下での夜戦連撃キャップ到達には改修等込みで火力100、中破時では143が必要。
  • ソフトスキン型以外に対しては、倍率はさほど高くない。
    • 砲台小鬼に対しては補正を持たない。
    • 離島棲姫港湾夏姫に対しては1.75倍。
      • 重巡級の火力では夜戦連撃の威力は200弱止まり。敵の高装甲も相まって高ダメージを狙いづらい。
      • 戦艦級の火力であれば、夜戦連撃の威力は300程度まで到達する。ソフトスキン相手と異なり中破すると火力はがた落ちになるが、小破以下なら十分な威力。
    • 集積地棲姫に対してのキャップ後補正を持たないため、上陸用舟艇等を搭載した場合に比べて大ダメージは狙いづらい。
  • 同じ艦に複数個搭載したり、三式弾三式弾改と同時に搭載しても補正値は変わらない。

対艦強化弾(徹甲弾)との比較

  • 対艦強化弾は砲台小鬼に対して補正を持っている。それ以外の敵タイプに関しては、本装備の方が優位。
  • しかし、昼戦(砲撃戦)においては対艦強化弾を装備して陸上型を攻撃した場合、対地特効補正とは別に徹甲弾補正が適用される。
    また、対艦強化弾は弾着観測射撃の条件の1つにも指定されている。
    • これらの要素と戦艦の火力の高さが重なり、対陸上型の場合でも、昼戦に限っては、対艦強化弾を搭載した方が有効な状況も多い
    • 連合艦隊の第一等、夜戦を考慮しない戦艦の場合は、ボスが陸上型であっても対艦強化弾が選択肢となる。

その他の陸上特効装備との比較

  • 対地装備(WG42等)との比較では、対ソフトスキン型の場合、本装備の方が優位。それ以外の陸上型を相手にする場合は、対地装備の方が優位となる。
    • 火力が低めの航空巡洋艦の場合、本装備と対地装備の混載も選択肢。弾着連撃との排他になるため、何処を重視するかで選択になる。
    • 航空戦艦等は火力が高いため、どちらか一方を積むだけで十分な威力になることが多い。
  • 上陸用舟艇との比較では、基本的に上陸用舟艇の方が対地性能は高い。
    • 集積地型、砲台小鬼、離島棲姫を相手取る場合、無改修であっても大発動艇のほうが強い。
    • 対ソフトスキン型においても、陸戦隊★max11連隊が本装備よりも優秀な補正を持つ。
      • 補正が若干劣る陸戦隊★+0M4A1 DDを搭載した場合も、火力次第で中破時の夜戦連撃キャップまで到達可能。
  • 特型内火艇との比較では、対ソフトスキン型の場合、本装備の方が優位。それ以外の陸上型を相手にする場合は、特型内火艇の方が優位となる。
    • 特二式内火艇は、乗算補正は対地装備より優秀だが、加算補正を持たない装備。その特性上、高火力の戦艦に積む場合は対地装備よりもこちらの方がよい場合が多い。

三式弾改

記述に変更無し。
対地特効補正についての記述は三式弾と同じものをインクルードする予定。

WG42 (Wurfgerat 42)

ゲームにおいて

対地特効補正の値に関する記述、及びshadowheader「運用について」を削除。
礼号策戦における集積地棲姫に関する記述の表現変更。

更新後記述

  • 2015年2月6日実装。2015年冬イベントの海域突破報酬、及び同イベントで実装のU-511が持参する初期装備として入手できた。
  • 攻撃時専用エフェクト有り。陸上型深海棲艦への昼砲撃戦・夜戦での通常攻撃で専用エフェクトが発生する。連撃・カットイン攻撃等でのエフェクト発生は無いが、対地特効はもちろん有効。
  • コンプティーク2015年3月号において、「今回の冬イベでは使わないのですが、これこそ----」という意味深な記述があるがおそらく本装備のこと。このイベントに陸上型の敵はいなかった。
    • 実装後の次のイベントである2015年春イベントE-4では駆逐軽巡が必須の連合艦隊で陸上型の敵と対峙するため、本装備を活用する機会が生まれていた。
    • 2016年冬イベントで初登場した陸上型ボス「集積地棲姫」にはそれ以前の特効補正(砲戦火力+75)に加えて新たなキャップ後補正が設定されており、
      本装備を2つ搭載した4スロ軽巡が夜戦火力キャップを超える大ダメージを与えるという現象が見られ、大活躍した。

  • 本wiki上でWG42(Wurfgerat 42)とゲーム中と違う表示になっている理由は"ä"の文字化け防止("ä"は環境依存文字)という技術的な理由である。*4

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×1.3×1.6×1.4×1.4×1.25
2積み
以上
×1.82×2.72×2.1×1.68×1.625
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+75
2積み+110
3積み+140
4積み+160

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • 駆逐艦や軽巡洋艦をはじめとした幅広い艦種に搭載可能な陸上特効装備。
  • 火力の低い駆逐・軽巡等の場合、これ1つのみを搭載しただけでは決定打になりづらいので注意。
    • 例えば、主砲/主砲/WG42と搭載した綾波改二の夜戦連撃攻撃力(1発あたり)は、対ソフトスキンで約220、対集積地で約275、対砲台で約310、対離島で約230。火力に優れる綾波改二でさえ、1積みではフィニッシャーとして見るには少々心もとない。
    • 本装備のみで高装甲の陸上型深海棲艦を相手取る場合は、基本的には2つ積むことが望ましい。その上で夜戦連撃を維持できるとベター。
      • Ташкент改大淀改G.Garibaldi改等、4スロット艦であれば、主砲/主砲/WG42/WG42と搭載することで強力な対地攻撃力と夜戦連撃を両立できる。
        また、阿賀野型改は3スロットであるものの、補強増設に副砲を搭載することで2積みと夜戦連撃の両立が可能。
      • Commandant Teste改夕張改二特陸奥改二金剛改二丙、また補強増設を利用した由良改二等もこの装備構成は可能。
        ただし、これらの艦の場合、より優秀な陸上特効装備が搭載可能であったり、火力が高く1積みでも十分な火力を出せたりするため、主砲/主砲/WG42/WG42等と積むメリットはあまりない。
    • 補強増設に副砲が搭載可能な4スロット艦である大淀改や練習巡洋艦改の場合は、本装備を3つ積んだ上での夜戦連撃も可能だが、搭載数を2つから3つに増やしても効果は薄いため、メリットはあまりない。
      対地攻撃力を更に上げるのであれば同カテゴリ装備の20cm対地砲や、爆雷カテゴリの二式迫撃砲を積むとよい。
      • 2積みの時点で対地攻撃力が十分であれば、水偵や電探、夜戦装備等の補助装備も視野に入る。
  • 潜水艦・潜水空母にも搭載可能。ただし特二式内火艇とは異なり、本装備は昼砲撃戦への参加トリガーにはならないので注意。

同カテゴリ装備との比較

  • 同カテゴリ装備である20cm対地砲と比較すると、基本的には1積みの場合は本装備の方が高威力、2積みの場合は20cm対地砲の方が高威力と言う関係になっている。
    • 20cm対地集中との比較の場合、1積みではほぼ同等、2積みでは20cm対地集中の方が高威力。
    • 本装備と20cm対地砲(もしくは集中配備)を混載した場合は、どちらも1積み時の補正が適用される。火力が低い場合、加算補正で勝る混載が一番高威力になる。

他カテゴリ装備との比較

  • 搭載可能な艦が近しい二式迫撃砲、及び同集中配備との比較では、対地攻撃力の面では全面的に本装備が優位。ただし迫撃砲には対潜能力があるため、単純な上位互換ではない。
  • 上陸用舟艇や特型内火艇が搭載可能な艦の場合、陸戦隊特二式内火艇等を搭載した方が威力が高くなることも多い。
    • 四スロット艦の場合も、多くは陸戦隊+特二式内火艇の混載と夜戦連撃の両立が優秀で、本装備をあえて積むメリットは薄い。
      Gotland andraは特二式内火艇が搭載できないため、弾着観測射撃を捨てて対地を最重視する場合は本装備も視野に入る。
    • 連合の第一艦隊等で昼戦を重視する場合や集積地棲姫への攻撃力を重視する場合、上陸用舟艇+特型内火艇+本装備の組み合わせを搭載することもある(通称対地セット、対地3点セット等)。
      キャップ前攻撃力を稼ぐことでT字不利や中破などの悪条件下でも攻撃力を維持できる他、集積地追加補正が跳ね上がるため昼戦でワンパンも可能になる。
      • ただし、陸戦隊と特二式内火艇の改修が十分な場合、その2スロットだけでも十分な攻撃力になることが多い。
        更に本装備を積むか、あるいは電探や水戦等、艦隊を補佐する装備を搭載するかは要検討。
  • 三式弾(及び同改)が搭載可能な航巡・航戦等の場合、ソフトスキン型を攻撃する場合は三式弾のほうが威力が高くなる。他の陸上型を攻撃する場合は本装備が優位。
    なお、どちらを搭載した場合も、昼戦の場合はキャップに阻まれやすく効果が見えづらいのは同様。
    • 三式弾と本装備の混載も選択肢。昼戦での弾着連撃が出来なくなる代わりに、対地攻撃力を底上げする形になる。
      • 航巡が離島棲姫や港湾夏姫を攻撃する場合、どちらの装備も1つのみでは威力不足気味になるため、有力択。
      • ソフトスキン型を攻撃する場合も、航巡の場合は中破夜戦連撃がキャップに到達するようになるため有用。
        航戦の場合は火力の高さから、三式弾のみでも中破夜戦連撃がキャップ付近まで到達するため、この目的での混載はメリットが薄い。
      • 鈴谷改二熊野改二の場合は補強増設に副砲が装備可能。そのため夜戦連撃を維持しつつ三式弾+本装備2積みということも可能。対地攻撃力がより強力になる。
        ただし、昼戦は単発砲撃固定になる他制空補助等もできなくなるため一長一短。

艦載型 四式20cm対地噴進砲

ゲームにおいて

対地特効補正に関する記述を削除し下記参照とする。

更新後記述

  • 2019年07月30日、同日発表の2019年6月作戦のランキング報酬として先行実装。
  • WG42 (Wurfgerat 42)と同じ分類の対地装備。装備可能艦もあちらに準ずる。
    • 純粋なステータスで比較すると、WG42と比べて 火力-1・装甲-1 とマイナス面しかない。
    • 対地特効補正の差については下記及びWG42のページを参照。
      編集メモ:「WG42のページ」にリンクを付与。

  • 2019年09月30日のアップデートで改修が可能になり、同時に上位版の実装、更新もできるようになった。
    • 上位版への更新の際に無改修のこの装備が必要になるため、確実化は必須。

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×1.25×1.5×1.3×1.25×1.2無印集中配備の合計数で計算
2積み
以上
×1.875×2.7×2.145×1.75×1.68
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+55無印集中配備は別計算
2積み+115
3積み+160
4積み+190

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • 駆逐艦や軽巡洋艦をはじめとした幅広い艦種に搭載可能な陸上特効装備。
    • 装備カテゴリはWG42と同様。基本的な使い方もそちらに準ずる。
      簡易な性能比較についてもWG42ページ内、対地特効補正についての折り畳みを参照。
  • 乗算補正では無印と集中配備の合計数が参照され、加算補正ではそれぞれの個数が参照される。攻撃力計算の際は注意。
    • 無印と集中配備を1個ずつ搭載した場合は、乗算補正は2個積み、加算補正は無印1個積みと集中配備1個積みの合計(55+80=135)となる。
  • 本装備を改修しても、対地特効補正の上昇は確認されていない。

四式20cm対地噴進砲 集中配備

ゲームにおいて

ほぼ変更無し。「対地特効倍率については要検証。」の削除のみ。

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×1.25×1.5×1.3×1.25×1.2無印集中配備の合計数で計算
2積み
以上
×1.875×2.7×2.145×1.75×1.68
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+80無印集中配備は別計算
2積み+170
3積み?
4積み?

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • 駆逐艦や軽巡洋艦をはじめとした幅広い艦種に搭載可能な陸上特効装備。
    • 装備カテゴリはWG42と同様。基本的な使い方もそちらに準ずる。
      簡易な性能比較についてもWG42ページ内、対地特効補正についての折り畳みを参照。
  • 乗算補正では無印と集中配備の合計数が参照され、加算補正ではそれぞれの個数が参照される。攻撃力計算の際は注意。
    • 無印と集中配備を1個ずつ搭載した場合は、乗算補正は2個積み、加算補正は無印1個積みと集中配備1個積みの合計(55+80=135)となる。

二式12cm迫撃砲改

ゲームにおいて

対地特効補正に関する文章を削除。

更新後記述

  • 2019年07月30日、同日発表の2019年6月作戦のランキング報酬として上位装備と共に先行実装。
    2019年08月08日アップデートで、任務報酬として本実装。
  • 入手方法は以下の通り。
  • 2019年08月08日アップデートで、改修・更新を実装。
    • 更新には本装備2つと戦闘詳報1部が必要となる。
    • 同日に実装された任務「陸戦用装備の艦載運用実戦研究」では、本装備3つと艦載型 四式20cm対地噴進砲との二択となる。
      どちらも複数搭載時に強みを発揮するため、慌てて選んで後悔することがないようにしたい。

  • 対潜+3、回避+1と対潜装備としては最低ランクであり、駆逐艦や海防艦は爆雷やソナーを装備した方がマシである。
  • 本装備を装備した艦娘が陸上型深海棲艦に攻撃すると、WG42と同じ攻撃エフェクトが出る。
    • 運営曰く「限定的ながら対地攻撃が可能」とのことなので、対地特効がある。補正については下記参照。

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×1.2×1.3×1.2×1.1?×1.15無印集中配備の合計数で計算
2積み
以上
×1.56×1.95×1.68×1.265?×1.38
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+30無印集中配備は別計算
2積み+55
3積み+70
4積み+90

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • 駆逐艦や軽巡洋艦をはじめとした幅広い艦種に搭載可能な陸上特効装備。
    あくまでも装備カテゴリは爆雷のため、装備可能艦種もそちらに準ずる。
    • WG42等とは異なり航空巡洋艦・航空戦艦等は装備できず、一方で重雷装巡洋艦・海防艦等に装備可能。
  • 乗算補正では無印と集中配備の合計数が参照され、加算補正ではそれぞれの個数が参照される。攻撃力計算の際は注意。
    • 無印と集中配備を1個ずつ搭載した場合は、乗算補正は2個積み、加算補正は無印1個積みと集中配備1個積みの合計(30+60=90)となる。
  • 本装備を改修しても、対地特効補正の上昇は確認されていない。
  • それなりの対潜とそれなりの対地の両立のための装備であるが、本装備は対潜値・対地特効補正共に貧弱。運用するのであれば改修更新を行いたい。

二式12cm迫撃砲改 集中配備

ゲームにおいて

対地特効補正に関する文章を削除。

更新後記述

  • 2019年07月30日実装。同日発表の2019年6月作戦のランキング報酬として先行実装された。
    二式12cm迫撃砲改の上位版。
    • 2019年08月08日アップデートで、改修更新による入手が可能となった。更新時には戦闘詳報を1部消費する。

  • あってないようなものだった対潜値は、集中配備によって三式爆雷投射機に次ぐレベルまで上昇。全く役に立たないというほどではなくなった。
    • とはいえ純粋な対潜装備としてみると爆雷とのシナジーがある三式投射機に劣るため、対潜・対地を兼用できる点で差別化を図りたい。

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×1.2×1.3×1.2×1.1?×1.15無印集中配備の合計数で計算
2積み
以上
×1.56×1.95×1.68×1.265?×1.38
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+60無印集中配備は別計算
2積み+110
3積み+140
4積み+180

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。

  • 駆逐艦や軽巡洋艦をはじめとした幅広い艦種に搭載可能な陸上特効装備。
    あくまでも装備カテゴリは爆雷のため、装備可能艦種もそちらに準ずる。
    • WG42等とは異なり航空巡洋艦・航空戦艦等は装備できず、一方で重雷装巡洋艦・海防艦等に装備可能。
  • 乗算補正では無印と集中配備の合計数が参照され、加算補正ではそれぞれの個数が参照される。攻撃力計算の際は注意。
    • 無印と集中配備を1個ずつ搭載した場合は、乗算補正は2個積み、加算補正は無印1個積みと集中配備1個積みの合計(30+60=90)となる。
  • それなりの対潜とそれなりの対地を両立するための装備。道中に潜水艦マスがあり、ボスで陸上型深海棲艦を相手取る場合などに検討の余地あり。
    • 本装備1つのみでは対地補正が弱いため、他の陸上特効装備との混載(ソナー / 本装備 / 他の陸上特効装備)や、本装備の2積みが望ましい。
  • 単純な対潜性能・対地性能ではそれ専用の装備にかなわないため、どちらかだけが必要な場合は本装備は使用に向かない。

具体的な攻撃力を用いた使用例

霰改二(火力66,対潜81)に、四式ソナー★+6 / 本装備 / 陸戦隊★+max を装備した場合を考える。

  • 同航戦単横陣時の対潜攻撃力は92。潜水ヨ級flagshipを100%撃沈。潜水ソ級flagshipも約44%で撃沈でき、生き残っても確実に大破にできる。
    反航戦の場合では、潜水ヨ級flagshipを約73%で大破or撃沈にできる程度の攻撃力。雷撃事故率の軽減に一役買える。
  • 対地攻撃力*5は、対ソフトスキン:約289、対砲台小鬼:約508、対離島棲姫:約296。これは、本装備を積んでいない場合と比べて100~130程度の攻撃力増になる。
    • 中破や反航戦といった悪状況下でも昼戦キャップに到達が可能になる。特に対砲台小鬼では大破かつ反航戦でも160程度の攻撃力が残る。
    • 夜戦においても、命中に難の有る単発攻撃ではあるが、攻撃力自体は高い。陸上型を破壊することも十分可能になる。
  • 対集積地棲姫については、昼戦・同航戦・単縦陣の条件でキャップ後攻撃力は約697。本装備を積んでいない場合と比べ、約115増になる。

同じく霰改二に、四式ソナー★+6 / 本装備 / 本装備 を装備した場合。

  • 同航戦単横陣時の対潜攻撃力は108。潜水ソ級flagshipを確実に撃沈可能。
    反航戦の場合でも、潜水ソ級flagshipを84%で大破or撃沈が可能。対潜マスでの安定性は上の例を上回る。
  • 対地攻撃力は、対ソフトスキン:約221、対砲台小鬼:約308、対離島棲姫:約232。
    • 反航戦までなら対ソフトスキン・対離島棲姫どちらも昼キャップ程度の攻撃力を維持できる。
  • 対集積地棲姫は、同条件でキャップ後攻撃力約257。キャップ後補正に優れる陸戦隊を下したため、大きく減少している。

参考として、霰改二に本装備を1つのみ積んだ場合の対地攻撃力は、対ソフトスキン:約145、対砲台小鬼:約189、対離島棲姫:約145。

  • 特に対ソフトスキン時は、敵の装甲次第でカスダメ未満のダメージとなる可能性がある。
    対砲台小鬼では昼キャップに到達可能だが、中破や反航戦等の影響を大きく受けるため、安定性には乏しい。

大発動艇

小見出し「6-4ボス「離島棲姫」はじめ一部の陸上型深海棲艦へのダメージ特効付与」を「陸上型深海棲艦へのダメージ特効付与」に名称変更。
現在では全ての陸上型に対して特効があるため、一部の陸上型に対してのみ効果があるとする記述を修正。
大発動艇ページは多種の効果について触れられておりすでにページが長いこと、本装備の対地特効補正は更新後に比べて弱いことから、「対地特効補正について」は折り畳み内への追加を予定。
まとめて、該当小見出しを以下に更新する。

陸上型深海棲艦へのダメージ特効付与

大発系を搭載すると陸上型深海棲艦(対地攻撃参照)への与ダメージが増加する。この効果は改修によっても強化されることが確認されている。
現在の検証詳細は対地攻撃を参照。本装備の対地特効補正については下の折り畳みを参照。

  • 海上機動部隊*6でも送り込んでいるのだろうか。大発持ちが攻撃した後に砲撃が撃ち込まれたりもするのだが…。
  • 2016/3/11アップデートで実装された新海域6-4のボスに対し、本装備を搭載した艦による攻撃にダメージ特効が付与されると見られ、その後2016年春イベントで検証された。
    さらに第二期より北方棲姫、港湾棲姫への特効が確認された。
  • 2016/3/19オンメンテナンスで実装された新装備「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」や「特二式内火艇」への更新が可能。
    これらは一部の陸上型深海棲艦に対し専用の戦闘エフェクトがあり島嶼上陸作戦用に特化している為か、遠征ボーナスは本装備に比べ減少する。
    • 特二式内火艇は2016/4/22アップデートで実装された任務で1つだけ入手可能。
    • 大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)は2016/5/3に開始した2016年春イベントE-1の甲作戦突破報酬だった。

対地特効補正について

乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
無改修(★0)
1積み
×1.4×1.8×1.8×1.7×1.7上陸用舟艇カテゴリの装備を本装備のみ積んだ場合の倍率。
他の上陸用舟艇を同時に搭載した場合の計算式はこちらを参照。
★max
1積み
×1.68×2.16×2.16×2.04×2.04

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。


  • 本装備の対地特効補正は弱く、これ単独で使用することは難しい。陸上型を相手取る場合、大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)やさらに先の特二式内火艇への更新を推奨。
    • 本装備は個別倍率が1.0倍固定のため、陸戦隊等の他の上陸用舟艇と同時に搭載すると死に装備となる。混載は避けること。
      • 本装備の更新先である特二式内火艇は別カテゴリ装備のため、この問題は発生しない。

特大発動艇

ゲームにおいて

下三行、陸上型深海棲艦に対する補正に関する記述を削除。

更新後記述

  • 2016年9月作戦のランキング褒賞として同年10月26日に実装された装備。
  • 2016年11月4日に本実装され、単発任務や装備更新での入手が可能になった。
  • 搭載可能な艦は大発動艇と全く同じ。搭載艦詳細は後述の大発系装備可能艦一覧表を参照のこと。
  • 大発動艇の実質的な上位互換品。資源増加7%である。後述の通り大発動艇5%+特大発ボーナス2%という扱い。
  • この特大発ボーナスは大発動艇上限である20%の壁を越える事ができる。
    • 例えばこれを1個と普通の大発動艇4つ装備(いずれも未改修)で遠征帰還すると20%でも27%でもなく22%の増加となる。
    • 2%分は(増加量が20%に満たない場合でも)別枠で計算し、端数はそれぞれで切り捨てる。*7
    • 計算式
      • 獲得資源量 = [ 基本量 × 大成功 × ( 100% + min(大発系の素補正の合計, 20%) + (0.2% × 艦隊全体の大発系の★の数の平均値) ) ] + [ 基本量 × 大成功 × 特大発補正(後述) ]
      • 「大発系の素補正の合計」上限20%  素補正(1台あたり):大発動艇は5%、特大発動艇は5%、陸戦隊は2%、特二式は1%
      • 特大発補正*8
        特大発2までは2%ずつ上昇。特大発3以上になると効果が下がるものの大発とのシナジーが発生し、資源獲得量が上昇する。
        大発0大発1大発2大発3大発4以上
        特大発12.0%
        特大発24.0%
        特大発35.0%5.0%5.2%5.4%5.4%
        特大発4以上5.4%5.6%5.8%5.9%6.0%
      • また、上記計算式は鬼怒改二を使用した場合でも基本的に同じ。大発系の素補正に5.0% 加算する。そして、その分は★平均値計算には影響しない。(詳細は鬼怒改二の項を参照されたし) なお大発を内蔵しているわけでは無いので特大発が3隻以上になった時のシナジー数には含まれない。鬼怒改二+大発2+特大3を遠征艦隊に持たせても25.4%にはならず25.2%になる。
    • 遠征報酬ボーナス分(大成功分を除く)を簡単に計算するには
      • 大発系の素補正 (最大20%)
      • 特大発ボーナス (最大6%)
      • ★平均値ボーナス (最大2%)
      • 以上をそれぞれ計算し合計すればよい。
      • 最大で ★max大発4台+★max特大発4台=28% のボーナスになる
  • 2016/11/4 のアップデートで改修可能になり、同時に大発動艇から更新できるようになった。
    なお、二番艦により大発動艇★maxからの更新先が分岐するので注意が必要。
    • 改修担当の二番艦は鬼怒改二とあきつ丸。
    • 大発動艇★maxから更新出来るのは鬼怒改二と龍田改二のみなので要注意。更新時の要求が「大発動艇を4個」で判別できる。
    • 大発動艇から改修で特大発動艇★maxを望む場合は最低9個の大発動艇(内訳:改修元1個+更新時4個+特大発動艇★7以降に大発動艇1個必要なので計4個)が必要とかなり困難な道程が待ち受ける。まずは特大の数を増やす方が先か

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
無改修(★0)
1積み
×1.68×2.07×2.07×2.04×2.04上陸用舟艇カテゴリの装備を本装備のみ積んだ場合の倍率。
他の上陸用舟艇を同時に搭載した場合の計算式はこちらを参照。
★max
1積み
×1.932×2.484×2.484×2.448×2.448

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。


  • 対地特効に関しても、更新前の大発動艇よりも強力になっている。とはいえ差はわずか。

大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)

ゲームにおいて

特二式内火艇との特効上下比較に関する文章を修正、ソース元へのリンクを対地攻撃へのリンクに変更。
対地特効補正に関する記述を削除。

更新後記述

  • 2016/3/19アップデートで実装された新装備。2016年2月作戦のランカー報酬として実装と同時に配信。
  • 搭載可能なのは大発動艇と全く同じ。搭載艦詳細は後述の大発系装備可能艦一覧表を参照のこと。
    • 大発動艇から本装備への更新の際に3つ消費する12.7mm単装機銃は入手方法が開発のみと地味にレアなので注意。
    • 本装備の改修は初期から25mm単装機銃を1つずつ、★+6以降は12cm30連装噴進砲を2つずつ消費する。
      • 特に12cm30連装噴進砲★maxまでは最低8つ必要だが開発不可能で、入手方法は一部艦船の初期装備のみ(2020年2月7日に開発可能となった)なので注意。
        12cm30連装噴進砲自体にも改修更新先が実装されたため、なおさら枯渇しやすいので注意。
      • 大発系を搭載するとハードスキン型深海棲艦への与ダメージが増加するが、この効果は他多数の装備と異なり*9、改修値に比例して上乗せされることが確認されている。現在の検証詳細は改修工廠及び対地攻撃を参照。
    • 同時実装された特二式内火艇へと更新可能。
      • 当初の入手方法は本装備からの更新のみだったが、2016/4/22アップデートで実装された任務で1つだけ入手可能になった。
        本装備とは搭載可能艦が異なる点に注意。詳しくは同装備ページ参照。
      • 特二式内火艇へ更新すると離島棲姫・港湾夏姫特効倍率が向上する。ただしソフトスキン特効倍率・集積地追加補正・砲台特効倍率が低下するため、内火艇は完全上位互換ではない(対地攻撃も参照)。更新は慎重に検討すること。


  • 一応、遠征に使用すれば獲得資源量が2%増加する。大発動艇が5%なので、大発動艇が足りていれば遠征面で本装備に頼る必要はない。
    • 他の大発系と同様、無改修だといくつ積んでも大発系全体の獲得資源量限界値(+20%)までしか累積できないが、改修によって超過できることが確認されている。
      現在の検証詳細は改修工廠を参照。


  • 2016/4/1のアップデートに伴って以下の内容がツイッターで告知された。詳しい効果はわからないが上方修正と見て良いだろう。
    • 戦闘糧食」で士気の上がった艦娘(及びその前後の僚艦)は、その搭載する陸戦隊にも「戦闘糧食」効果が同出撃時に付与されます。

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
無改修(★0)
1積み
×2.1×2.7×2.16×2.72×2.21上陸用舟艇カテゴリの装備を本装備のみ積んだ場合の倍率。
他の上陸用舟艇を同時に搭載した場合の計算式はこちらを参照。
★max
1積み
×2.52×3.24×2.592×3.264×3.1824

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。


  • 搭載可能な艦は限られるが、非常に優秀な補正を持つ陸上特効装備。特に★max時の補正は極めて強力。
    • 特に集積地追加補正が強力。対地3点セット*10を装備する場合、本装備★maxの有無で500ダメージ差が出ることも珍しくない。
      • 本装備を搭載した場合に限り、集積地追加の改修補正項が2乗される。*11もともとの補正の高さとこの特性が相まって、集積地棲姫への攻撃力を跳ね上げている。
    • 対ソフトスキン、対砲台小鬼の補正もトップクラス。対離島棲姫・対港湾夏姫への補正は特二式内火艇に劣るものの、それでも強力な部類。
  • 敵陸上型の耐性にもよるものの、本装備よりも強力と言える物は特大発動艇+戦車第11連隊M4A1 DD特二式内火艇ぐらい。

    上記4装備の簡易比較

    ×乗算補正a+加算補正b の形式で記載、加算補正を持たないものは省略
    特二式内火艇の補正は小数点以下第四位を四捨五入して記載
    黄色はトップ桜色は次点の性能*12

    大発動艇(八九式中戦車
    &陸戦隊)★max
    特大発動艇+
    戦車第11連隊
    M4A1 DD特二式内火艇
    ★max
    参考:WG42 2積み
    色分け対象外
    ソフトスキン×2.52×2.52+25×2.156+35×2.0×1.82+110
    集積地追加×3.1824×1.7×2.04×2.267×1.625
    砲台小鬼×3.24×3.24+25×5.04+35×3.2×2.72+110
    離島棲姫×2.592×3.24+25×4.536+35×3.2×2.1+110
    港湾夏姫×3.264×3.06+25×4.76+35×3.733×1.68+110
  • 代表的な使い方は、対地3点セットの一角としてか。特に敵艦隊に集積地棲姫が居る場合、本装備の集積地追加補正が活躍する。
    • 本装備は11連隊M4A1 DDと比べて、各種キャップ前補正で劣る代わりに集積地追加補正(キャップ後補正)で勝っている。
      対地セットで搭載する場合、いずれの装備でも攻撃力キャップへの到達は容易なため、キャップ後補正で勝る本装備が優位となる。
    • 本装備★max / 特二式内火艇★max だけでも、対集積地への昼戦攻撃力は1300程度まで到達するので、残った装備枠は他の目的で使用するのもアリ。
      • 増設副砲の使える由良改二や、4スロット使えるCommandant Teste改夕張改二特*13なら、夜戦連撃を維持しつつこの2積みが可能。
        複数積みの弱点である夜戦での不安定さ、1積みの弱点である火力の伸ばしにくさを同時に補う強力な構成となる。
  • 夜戦連撃(砲2つ+本装備)も考えられる。駆逐艦の火力では対ソフトスキン・離島棲姫は厳しいが、対集積地では優秀なキャップ後補正が補ってくれる。
    • 火力70の駆逐艦の場合、本装備★maxを乗せた夜戦連撃火力は対ソフトスキン:約211、対集積地:約673、対砲台小鬼:約381、対離島棲姫:約217。
      • 火力約100で対ソフトスキン時の夜戦連撃キャップ、火力約97で対離島棲姫時の夜戦連撃キャップに到達可能。
    • 無改修(★+0)の場合は、対ソフトスキン:約176、対集積地:約389、対砲台小鬼:約317、対離島棲姫:約181まで落ちる。特に対集積地は顕著。

特大発動艇+戦車第11連隊

ゲームにおいて

対地特効補正に関する記述をコメントアウト文章を含めて削除。

更新後記述

  • 2017年5月2日実装。
  • 大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)の上位装備といえる。ただしあちらと異なり遠征での資源増加効果は無い。
    • 期間限定海域における輸送作戦では他の大発動艇系と同じTPのボーナスを得られる。
    • 攻撃時の専用エフェクトを大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)と比べると、こちらの方が船体及び乗っている戦車が少し大きくなっている。
  • 搭載可能なのは大発動艇と全く同じ。詳細は後述の大発系装備可能艦一覧表を参照のこと。

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×2.52×3.24×3.24×3.06×1.7上陸用舟艇カテゴリの装備を本装備のみ積んだ場合の倍率。
他の上陸用舟艇を同時に搭載した場合の計算式はこちらを参照。
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+25M4A1 DDと同時に搭載した場合、特殊倍率により乗算される。
計算式の詳細はこちら

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置・計算式については対地攻撃を参照。


  • 搭載可能な艦は限られるが、非常に優秀な補正を持つ陸上特効装備
    • 対ソフトスキン時の補正は全装備中トップ*14対離島棲姫・砲台小鬼時の補正もM4A1 DDに次いで強力。
    • 集積地追加補正が弱いことが欠点。
      • 本装備は集積地追加の個別倍率が1.0倍のため、他の上陸用舟艇と同時に搭載すると集積地へのキャップ後補正は増えず、場合によっては減少するので注意。
  • 特に優秀な陸上特効装備4種(本装備、大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)M4A1 DD特二式内火艇)の性能比較については、こちらの折り畳みも参照。
    編集メモ:「こちら」に大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)へのリンクを作成。
  • 対地3点セットの一角としての運用は、集積地追加補正が弱い点から比較的向かない。
    • 本装備の集積地追加補正は、上陸用舟艇カテゴリでは最下位で、無改修の大発動艇と同値。改修が出来ないため大発動艇よりも弱くなる。
    • あくまでも上陸用舟艇の中では比較的向かないというだけで、WG42等の対地装備や二式迫撃砲よりは上。とはいえ、本装備を対地セットに組み込む前に下記の運用も検討したい。
  • 単独でも優秀な補正を活かした、夜戦連撃運用の適性が高い。本装備はどのタイプにおいても優秀な倍率を持つため、特に敵耐性が混在した艦隊に対しても有効。
    • 火力70の駆逐艦の場合、本装備を乗せた夜戦連撃火力は対ソフトスキン:約241、対集積地:約410、対砲台小鬼:約411、対離島棲姫:約302。
      • 駆逐艦の火力でも離島棲姫に対して夜戦キャップの連撃を狙える。
    • 火力約89で対ソフトスキン時の夜戦連撃キャップに到達可能。

M4A1 DD

ゲームにおいて

「対地特効倍率はまだ正確に判明していないが、~」の文章を削除のみ。

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×2.156×5.04×4.536×4.76×2.04上陸用舟艇カテゴリの装備を本装備のみ積んだ場合の倍率。
他の上陸用舟艇を同時に搭載した場合の計算式はこちらを参照。
加算補正b
全陸上型共通
補足
1積み+35

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置・計算式については対地攻撃を参照。


  • 搭載可能な艦は限られるが、非常に優秀な補正を持つ陸上特効装備
    • 特筆するべきは対砲台小鬼・離島棲姫・港湾夏姫時の補正。4.5倍を超える強力な乗算がかかる。
    • 集積地追加補正は大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)等に劣るが、低い値ではない。
  • 特に優秀な陸上特効装備4種(本装備、大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)特大発動艇+戦車第11連隊特二式内火艇)の性能比較については、こちらの折り畳みも参照。
    編集メモ:「こちら」に大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)へのリンクを作成。
  • 極めて強力な補正を活かした、夜戦連撃運用を検討したい。
    • 火力70の駆逐艦の場合、本装備を乗せた夜戦連撃火力は対ソフトスキン:約223、対集積地:約455、対砲台小鬼:約634、対離島棲姫:約423。
      • 対砲台小鬼は中破でも夜戦キャップ超過。対離島棲姫は中破でも約296。使用駆逐艦によっては中破夜戦キャップ到達も十分可能。
    • 火力約100で対ソフトスキン時の夜戦連撃キャップに到達可能。火力約48で対離島棲姫時の夜戦連撃キャップに到達可能。
  • 対地3点セットの一角としての使用も考えられるが、優秀なキャップ前補正が効果を発揮しきれないのは勿体ないか。

特二式内火艇

ゲームにおいて

陸戦隊との特効の上下関係比較に関する文章を修正、ソース元へのリンクを対地攻撃へのリンクに変更。
攻撃エフェクト無し時の記述を追加。
陸戦隊・11連隊との比較において、「大発搭載可能駆逐で一部搭載不可が居る」の文章は、逆にこちらの装備からも言える(カミ車搭載可・大発不可の艦もいる)のでデメリットから削除。
対地に関する記述を下記参照に変え、こちらではTP・遠征報酬目線での比較のみを残す。

更新後記述

  • 2016/3/19のアップデートで実装された新装備。現在、唯一「特型内火艇」に分類されている装備。
    • 他の大発系装備は「上陸用舟艇」に分類されている。下の性能比較表も参照のこと。
    • 上陸用舟艇とでは、後述の搭載可能艦や改修による効果などに違いがある。
    • 本装備は、遠征時の資源増加効果が少ない一方で、離島棲姫・港湾夏姫への特効倍率が更新前に比べて高いという特徴がある。
      ただしソフトスキン・砲台・集積地追加特効倍率は低下するため、更新前の装備の完全上位互換ではない*15更新は慎重に検討すること。
    • 離島棲姫・砲台が出現する6-4の攻略とは相性がよい。本装備を積める艦娘で6-4を攻略・周回するかどうかで、入手優先度および入手数を決めるとよいだろう。
  • 実装当初の入手方法は大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)からの更新のみだったが、現在は任務でも1つ入手可能。


  • 伊58伊8伊401のいずれかを2番艦に置くことで改修が可能。
    • 改修によって、陸上型深海棲艦への特効倍率を上昇させることができる。現在の検証詳細は改修工廠及び対地攻撃を参照。
    • 改修では初期から7.7mm機銃を2つずつ消費し、★+6以降は12.7mm単装機銃を3つずつ消費する。
      • これらは上述した任務達成に必要な装備と同じ。
  • 大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)同様、一部の陸上型深海棲艦への攻撃時に内火艇が敵に向かっていくエフェクトが表示される(エフェクト表示が無い場合も効果は有効)。
  • 運営ツイートによれば「島嶼攻略作戦には、「大発」部隊との諸兵科連合攻撃が有効」とのことなので、大発動艇と同時に搭載することで何らかのシナジーがあると考えられる。
    現在の検証詳細は対地攻撃を参照。
  • WG42同様「複数搭載で効果が重複」「搭載数が増える毎に1つあたりの効果が減少」する。
  • 実装後の初イベント2016年春イベントでは、期間中盤まで「本装備・ 大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)・WG42」の組み合わせを有力視する報告が多かった。
    期間終盤には調達が楽な「本装備・主砲・主砲」の組み合わせでの突破報告が増加した。*17


  • 一応、遠征に使用すれば獲得資源量が1%増加する。大発動艇が5%、大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)が2%なので、他の大発系が足りていれば遠征面で本装備に頼る必要はない。
    • 他の大発系と同様、無改修だといくつ積んでも大発系全体の獲得資源量限界値(+20%)までしか累積できないが、改修によって超過できることが確認されている。
      現在の検証詳細は改修工廠を参照。
    • 燃費面で優秀な遠征要員である潜水艦に搭載可能な点はささやかながら他の大発系にはないメリット。他の大発系が足りないのであれば、本装備を搭載した潜水艦を編成する事で僅かながら遠征効率を向上できる。
      効果は非常に薄いものの遠征効率を向上させる数少ない方法なので、海域攻略に使用しない時期にも活用されたい。
    • 2017/3/17のアップデートより遠征画面で特二式内火艇の装備状況が表示されるようになった。
  • 大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)特大発動艇+戦車第11連隊との比較ではメリット・デメリットどちらも存在する。
    • 対地攻撃力に関しては、敵の耐性により大きく特効倍率が上下するため下記及びこちらの簡易比較を参照。
      編集メモ:「こちらの簡易比較」に大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)へのリンクを追加。
    • 本装備の遠征の入手量増加効果は+1%。
      デメリットとしては輸送作戦時の輸送量が戦車2種より低い(過去イベントでは同等の事もあったが最近では劣る)など。
    • 大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)は遠征の入手量増加効果は+2%、一応3種の中では一番高い。
      輸送作戦時の輸送量は最近のイベントでは通常の大発動艇と同じTP量の事が多く特二式内火艇より運べるTP量が多い。
    • 特大発動艇+戦車第11連隊の遠征の入手量増加効果は0%でこの部分は他2種より劣る。
      輸送作戦時の輸送量は最近のイベントでは通常の大発動艇と同じTP量の事が多く特二式内火艇より運べるTP量が多い。
      • 輸送作戦かつ地上型の敵と戦う場合にはTP量を増加させたいなら戦車2種、堀を同時にしたい等でTP量を抑えたい場合は特二式内火艇(または、性能は劣るがWG42 (Wurfgerät 42))と使い分ける事も可能だが、特効倍率の変化に注意。

対地特効補正について


乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
無改修(★0)
1積み
×1.5×2.4×2.4×2.8×1.7本装備を複数搭載した場合の計算式はこちらを参照。
★max
1積み
×2.0×3.2×3.2×3.733×2.267

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。
★maxについては、表に記載するにあたり、小数点以下第四位を四捨五入している。
実際の攻撃力計算時にはこの端数処理は存在しないので注意。


  • 搭載可能な艦は限られるが、非常に優秀な補正を持つ陸上特効装備
  • 特に優秀な陸上特効装備4種(本装備、大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)特大発動艇+戦車第11連隊M4A1 DD)の性能比較については、こちらの折り畳みも参照。
    編集メモ:「こちら」に大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)へのリンクを作成。
  • 対地3点セット*18の一角として装備する場合、本装備は上陸用舟艇カテゴリではないことが大きなメリットになる。
    • 詳細な計算式は対地攻撃に譲るが、上陸用舟艇カテゴリの装備は複数個積んでも2個目以降の倍率は弱まるようになっている。
      しかし本装備は特型内火艇カテゴリのため、合わせて積んでも倍率が弱まらない。
    • 対地セット積みの大きな利点として、集積地棲姫に対して昼で大打撃を与えられることがあげられる。
      この場合、キャップ後補正(集積地追加補正)が重要なため、ぜひ改修★maxを目指したい。
      • 陸戦隊と本装備が両方無改修と両方★maxとでは、少なく見積もっても700以上のダメージ差が出る。
        集積地棲姫の高耐久化への対策はもちろん、中大破等の悪条件下からでも大打撃を狙えるようになる等、ダメージコンテストにとどまらない実用的なメリットも多い。
  • 夜戦連撃(砲2つ+本装備)も考えられる。駆逐艦の火力では対ソフトスキンは厳しいが、他タイプへは十分。
    ただし、対集積地では陸戦隊の方が優秀なため、敵艦隊旗艦等、仮想敵の耐性を確認して何を搭載するかを考えたい。
    • 火力70の駆逐艦の場合、本装備★maxを乗せた夜戦連撃火力は対ソフトスキン:約168、対集積地:約380、対砲台小鬼:約376、対離島棲姫:約268。
      • 火力約78で対離島棲姫時の夜戦連撃キャップに到達可能。改修等を考慮すれば、多くの搭載可能駆逐艦*19が到達できる。
        特に6-4の攻略等では、駆逐艦が連撃要員として数えられるのはメリットになるだろう。
    • 無改修(★+0)の場合は、対ソフトスキン:約126、対集積地:約214、対砲台小鬼:約282、対離島棲姫:約201。
      連撃での使用・対地セットでの使用どちらの場合でも、改修を勧めたい。

対艦強化弾のページにインクルード(九一式徹甲弾一式徹甲弾一式徹甲弾改)

対地特効補正について

対地特効補正について

乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み
以上
×1.0×1.85×1.0×1.3×1.0対艦強化弾の合計数で計算

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。


  • 対地専門の装備には及ばないものの、対砲台小鬼・港湾夏姫時に対地特効が発生する。他のタイプには対地特効は無い。
  • 昼戦に限っては徹甲弾補正が適用されること、弾着観測射撃の条件の1つに指定されていることから、三式弾等を積むよりも有効な場合もある。

水上戦闘機・多用途水上機/水上爆撃機のページにインクルード

対地特効補正について

対地特効補正について

乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み
以上
×1.2×1.5×1.0×1.3×1.0水戦・水爆の合計数で計算

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。


  • 単独では微弱なものの、幅広い陸上型に対して対地特効が発生する。
    対地特効は全滅時(搭載数0機時)も有効。
  • 水上爆撃機は弾着構成と併用しやすいことがメリット。他の陸上特効装備と組み合わせると意外と差が出ることも。

艦上爆撃機・噴式戦闘爆撃機のページにインクルード

対地特効補正について

対地特効補正について

乗算補正aキャップ後補正補足
ソフト
スキン
砲台小鬼離島棲姫港湾夏姫集積地
追加
1積み×1.0×1.5×1.4×1.3×1.0艦爆・噴式機の合計数で計算
2積み
以上
×3.0×2.45×1.32~1.62?

集積地追加のみキャップ後補正、他は火力値にかかる補正。
補正のかかる正確な位置については対地攻撃を参照。


  • 陸上型の一部に対して対地特効が発生する。
    対地特効は全滅時(搭載数0機時)も有効。
  • この個数は非対地艦爆・噴式機も合わせて計算される。
    ただし空母が対地攻撃を行うためには最低1スロットの対地艦爆を搭載するか、非対地艦爆・噴式機がすべて全滅している必要がある。
  • 夜間航空攻撃の場合、対地特効は発生しない。

コメント

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • テスト送信 -- 提案板31木主? 2020-04-27 (月) 01:31:10
  • 当方多忙のため、各装備ページへの告知などを忘れていました。申し訳ありません。
    現在私が考えている新フォーマットについては、実例があったほうがメリット・デメリット、採用の有無について議論がしやすいと思います。
    そのため、大見出し「装備ページ編集の基本方針」内にて、実例を作成する予定です。それが完成し次第、各ページへ告知を出そうと考えています。 -- 提案板31木主? 2020-05-12 (火) 10:38:38
  • 大変お待たせしました、新フォーマットを使用したWG42の更新案を作成しました。各装備ページに編集の告知を行います。
    現在は、【新フォーマットを使用して、各ページを更新する方針でいいか】【新フォーマットの場合に使用する装備別早見表の形式について】の2点を優先して議論したいと思います。
    更新方針が決定した後、他の陸上特効装備についても更新案を作成し、それぞれの記述についての議論に移る、と言うのが現在考えている議論進行です。

    作成されているWG42の更新案については、「新フォーマットを使用するとこのような記述になります」という例示で、優先議論2点の決定に役立てる目的で作成しました。
    こちらについての修正・更新案も歓迎ですが、あくまで現時点での主題は【新形式の使用是非】【装備別早見表の決定】とお考え下さい。 -- 提案板31木主? 2020-05-22 (金) 09:53:00
  • 各装備ページにそれぞれ効果倍率を置いていくと、変更がわかった場合に修正の手間が増えそうですが大丈夫でしょうか? -- 2020-05-25 (月) 15:11:20
    • 今のところ、手間が増えるのはその通りですが、それでも各ページに記述があるべきと考えています。
      一番の理由は、これら特効装備は、対地特効補正自体が装備の強さ、価値、搭載理由そのものである、と考えているからです。
      閲覧時に装備同士(例えばWG42と20cm対地砲)の比較をする際にも、装備ページ内にその装備の対地特効補正まとめ表があった方が、タブ切り替え等で装備同士の比較をできるため楽だと思います。現在の対地攻撃ページだと、比較の際にソフトスキン→砲台→離島→港湾と、広い範囲のスクロールが必要になるので、特定の装備同士の比較にはあまり向いていないかと。
      詳細な対地補正値は早見表内だけに記述することで、修正時の見落とし防止にもなると思います。 -- 提案板31木主? 2020-05-26 (火) 11:42:36
    • >「広い範囲のスクロールが必要になるので、特定の装備同士の比較にはあまり向いていない」
      実際テンプレ・攻撃力表作成の時に広い範囲にばらけていたせいで計算するのがものすごく面倒くさかったですね……。タブの切り替えはまだいいんですけど切り替えたうえでスクロールしなくちゃいけなかったので。 -- 対地テンプレ提案? 2020-05-26 (火) 11:50:21
  • 陸戦隊の早見表使用例に1案追加しました。また、WG42のページ更新案について、文章量が多いため、他装備との比較部分をfold化しました。
    現状、賛成反対共に特に意見が出ないため、他ページの更新案の作成を準備中です。 -- 提案板31木主? 2020-06-19 (金) 08:16:43
  • 三式弾・同改の更新案を作成しました。この2つのページは、対地特効補正についてを別ページで作成し、それを2つのページにインクルードする予定です。 -- 提案板31木主? 2020-06-26 (金) 23:53:06
  • しばらく放置していて申し訳ありません(言い訳にしかなりませんが、イベント攻略をしていました)。個別ページ更新案に、20cm対地砲二種、迫撃砲二種を追加しました。
    二式迫撃砲については、用法の特殊さから具体的な威力計算があったほうがいいかと思い、集中配備側に折り畳みで具体的な攻撃力計算を追加しています。 -- 提案板31木主? 2020-08-25 (火) 00:41:49
    • 迫撃砲集中配備の攻撃力折り畳みに2例追加。また、折り畳み外に簡単な使用方法を追記しました。 -- 提案板31木主? 2020-08-26 (水) 01:24:03
  • 議論が停止してからだいぶ立っており、また関連サブページも多く議論がどこまで進んだからわからない方が多いと思います。今進行中の議題(ページ)ははなにになりますか?対地攻撃ページや特攻補正早見表などは完成したと理解しておりますが -- 2020-08-25 (火) 02:02:03
    • 現在は、当子ページにて、各装備個別ページの更新を目的に進めています。
      私が新ページの草案を作成し、それに対して賛成反対の投票で進行する方針を考えており、そのための草案作成中状態です。
      一度に作成する時間が私の方でとれないこと、改善案等意見があれば確認したいことなどから、できた草案から順次このページに記載しています。 -- 提案板31木主? 2020-08-25 (火) 03:56:31
  • 大発動艇、特大発動艇を追加。また、書き途中ですが陸戦隊も追加しました。 -- 提案板31木主? 2020-09-01 (火) 08:38:15
    • 大発の個別1倍は太字で強調してもいいんじゃないでしょうか。陸戦隊と混載すると死に装備になるのでデメリットしかないという表現のほうがいい気も。こちらで手を加えてもいいなら手を入れますが。 -- 対地テンプレ提案? 2020-09-02 (水) 15:56:37
      • 太字強調を入れ、少し表現を変えてみました。「基本的に」を入れたのは、改修平均値が上昇した場合など一部条件下でメリットも無くはないのが理由です。が、簡潔な説明を心掛けると抜いたほうがよさそうですかね?
        また、ちょっと思い付きで、特大発動艇の下書きを使用して注釈に計算式を入れた例を作ってみました。作っておいてなんですが正直見辛い気もします……、こちらも意見いただけると助かります。
        表現の改善案等は、一旦このコメント欄に書いてもらえればと思います。 -- 提案板31木主? 2020-09-02 (水) 23:11:04
      • 流石に注釈に式は見づらいですね。式についても対地攻撃ページに誘導したほうがいいかと。混載大発が死なないのはレアケース中のレアケースですし、それでいてメリットが超細かすぎで2個目の迫撃砲とかのほうがより強いので「基本的に」は無くていいかと。 -- 対地テンプレ提案? 2020-09-02 (水) 23:23:18
      • 「基本的に」は削除しました。やはり詳細な式を入れるのは見辛いですね。表の補足部分に計算式への案内が既にあり、表外の説明が重複していたので、そちらも削除しページを簡潔にしてみました。 -- 提案板31木主? 2020-09-03 (木) 22:15:22
    • 大発動艇の記述ですが、ここで一番言いたいのは「大発系を搭載すると陸上型深海棲艦への与ダメージが増加~」だと思うので、この文を最初に持ってきた方が分かりやすいと思います。
      「2016/3/11アップデートで実装された~。さらに第二期より北方棲姫、港湾棲姫への特効が確認された。」については今までの経緯なので「・」つけて「海上機動部隊でも~」の上にでも移動させた方がいいかと思います。
      見出しも「陸上型深海棲艦へのダメージ特効付与」だけでいいのではないでしょうか? -- 2020-09-03 (木) 07:27:13
      • 確かに、現状全ての陸上型に特効がある以上、見出し名に離島棲姫がどうこうは無くてよさそうですね。小見出しの名前を変更、また6-4ボス云々の記述(元1行目)は、アップデートの履歴と考えると、元ネタ考察(海上機動部隊~)の下にあった方が自然かと思い、そちらに移動。前後の文章を調整してみました。 -- 提案板31木主? 2020-09-03 (木) 22:20:04
  • 陸戦隊の説明文を作成しました。需要がありそうと思い、陸戦隊/11連隊/M4A1DD/特二式内火艇の簡易比較も作成。最初の説明分で「極めて強力」「トップクラス」などの表現を使用しているため、他カテゴリ装備との比較(WG42等で作成した折り畳み)は必要ないかな? と思い省略しています。 -- 提案板31木主? 2020-09-06 (日) 21:40:24
    • 集積地追加部分の改修補正は陸戦隊(が載せられた時)に限って2乗されることは逃してはいけないと思います。対集積地で士魂シャーマンよりも陸戦隊のほうが有利なのはこのおかげもあるし。簡易比較は便利ですね、WG2積みも入れてあるのがポイント高い。 -- 対地テンプレ提案? 2020-09-06 (日) 21:54:25
      • 改修補正の2乗について、一文追加しました。対地攻撃側で使っている補正名(上陸用舟艇集積改修補正)を使用すると冗長・分かりづらいかと思い、改修補正と省略しています。が、これだと特二式内火艇の改修補正も2乗されると勘違いされそう? 「集積地追加の上陸用舟艇改修補正が2乗される。」の方が良いかも? -- 提案板31木主? 2020-09-07 (月) 00:40:17
  • 11連隊、M4A1DDを追加。全装備の表下部に補正のかかる位置について簡単な説明文を追加しました。
    新規追加した2装備について、試験的に乗算補正の表の並び順を変更しています。集積地追加が乗算補正a内に含まれる形の記述だったので、キャップ後補正として分けています。見やすさ等に問題が無ければ、他の装備についてもこの順番に修正しようと考えていますが、いかがでしょう。 -- 提案板31木主? 2020-09-08 (火) 01:08:27
    • 確かに集積地追加はキャップ後で分割したほうがよさそう。 -- 対地テンプレ提案? 2020-09-09 (水) 10:03:00
  • 全ての表を、集積地追加を分けた新形式に更新しました。また、特二式内火艇を追加。単純な倍率ではM4A1DD等に劣るが、常設入手可能である点、装備カテゴリが異なる点がメリットになると思い、そういった書き方を心掛けています。この記述はこうした方が分かりやすいなどあれば是非指摘をお願いします。 -- 提案板31木主? 2020-09-13 (日) 22:12:52
    • 対艦強化弾、水戦/水爆、艦爆/噴式機のページ用の草案を作成。いずれも主だった使い方ではなく、副次効果的な物なので、短く簡潔にを目標にまとめています。 -- 提案板31木主? 2020-09-14 (月) 23:16:15
      • これら3ページについては、見出しだけ残して他はfoldで折り畳み化してもいいかもしれません。 -- 提案板31木主? 2020-09-14 (月) 23:22:21
    • ゲームにおいての記述は更新する部分のみ抜粋して記述していましたが、前後関係が分かりづらいと考えたため変更しました。
      変更点を先に説明し、更新後に実際に採用する記述を変更しない点も含めて折り畳み内に記述しています。
      また、1枝で上げた3ページの記述案を折り畳み化しました。 -- 提案板31木主? 2020-09-20 (日) 01:49:24
      • 陸戦隊の解説部分に、増設副砲由良改二や夕張改二特みたいな2積み連撃可能な艦について追記してみました。他の部分は……もう思いつきませんね。 -- 対地テンプレ提案? 2020-09-21 (月) 12:14:44
      • 艦爆対地特効の記述を若干修正し、伊勢型改二に搭載時の記述を追加しました。 -- 提案板31木主? 2020-09-25 (金) 22:21:12
    • 修正願い】陸戦隊の「湾棲姫」→「港湾棲姫」と、出来れば「集積地追加の改修補正が2乗される」→「集積地追加の改修補正が2乗される」 -- 2020-09-29 (火) 19:06:53
      • 報告ありがとうございます。どちらも修正しました。追加で、WG42の綾波改二攻撃力例を昼戦単発基準→夜戦連撃基準に変更しました(同文章の「フィニッシャーとして~」を考えると、夜連撃基準のほうが適切に思えたため)。 -- 提案板31木主? 2020-09-30 (水) 01:24:01
  • こちらは大発系装備早見表に関する投票の説明の木です。投票は下の投票用の木へお願いします。
    この投票は、対地特効補正に関して、旧ソース由来の不正確・不足した情報が記載されている装備個別ページの記述更新を行うためのものです。
    本ページに作成済みの「個別ページ更新案」への記述更新の是非を今回の投票で決定、賛成多数の場合各装備個別ページを更新します。
    投票自体への確認事等ある場合はこの木へお願いします。 -- 提案板31木主? 2020-09-25 (金) 22:24:17
    • 投票内容については、以下の2点を予定しています。
      【1.対空強化弾・対地装備・爆雷・上陸用舟艇・特型内火艇カテゴリの装備、計13ページについて、本ページ記載内容に更新を行うことに関して:賛成/反対】
      【2.対艦強化弾・水戦・水爆・艦爆・噴式機カテゴリのページに対して、対地特効補正についてのページを作成・インクルードさせることに関して:賛成/反対】
      投票期間については、9/28 0:00:00 ~ 10/4 23:59:59 を予定しています。 -- 提案板31木主? 2020-09-25 (金) 22:33:05
    • お疲れさまです。「大発系装備早見表に関する投票」ときいてすっとんできたのですが、これは「装備最大値ページの大発系装備早見表」ではなく、「対地関連装備本ページに埋め込む予定の別種の早見表」という理解でよろしいでしょうか? -- 装備最大値ページ作成者? 2020-09-26 (土) 15:46:06
      • ごめんなさい、一行目「大発系装備早見表に関する」は誤字です。早見表の時に使った告知文を手直しして使ったつもりが、修正しきれてなかったようです。
        正しくは 「装備個別ページの更新に関する」投票の説明の木、です。失礼しました。
        他に出した連絡文については、確認しましたが誤字は無いはず……。すみませんでした、気を付けます。 -- 提案板31木主? 2020-09-26 (土) 19:08:30
  • こちらは装備個別ページの更新に関する投票の木です。こちらのツリーに投票をお願いします。
    投票内容は以下の2点です。
    【1.対空強化弾・対地装備・爆雷・上陸用舟艇・特型内火艇カテゴリの装備、計13ページについて、本ページ記載内容に更新を行うことに関して:賛成/反対】
    【2.対艦強化弾・水戦・水爆・艦爆・噴式機カテゴリのページに対して、対地特効補正についてのページを作成・インクルードさせることに関して:賛成/反対】
    右のような形式で投票をお願いします。 例:【1.賛成 2.賛成】
    投票は一人一票でお願いします。投票期間は 9/28 0:00:00 ~ 10/4 23:59:59 です。
    ツリー化のミス等をした場合、改めて投票期間中にこのツリーに新規で書き込んでください。書き込みのツリー化修正などはしないようにお願いします。 -- 提案板31木主? 2020-09-28 (月) 00:03:15
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-28 (月) 04:25:55
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-28 (月) 09:58:59
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-28 (月) 11:28:24
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-28 (月) 12:33:55
    • 【1.賛成 2.賛成】 -- 2020-09-28 (月) 15:39:44
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-28 (月) 15:58:19
    • 1.賛成 2.賛成 -- 対地テンプレ提案? 2020-09-28 (月) 17:12:54
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-29 (火) 15:43:05
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-29 (火) 16:04:48
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-29 (火) 16:17:41
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-29 (火) 16:56:26
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-29 (火) 18:48:33
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-30 (水) 00:19:07
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-30 (水) 16:53:24
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-30 (水) 17:06:05
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-09-30 (水) 20:50:59
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-10-02 (金) 23:29:18
    • 1.賛成 2.賛成 -- 2020-10-03 (土) 11:23:47
    • 投票への協力、ありがとうございました。今回の投票について、1と2どちらについても賛成で一致を確認しました。
      これから各ページの更新作業を行いますので、少々お待ちください。 -- 提案板31木主? 2020-10-05 (月) 07:22:43
      • 【1.】に該当する13ページ及び対艦強化弾3種、計16ページの編集を完了しました。
        水戦・水爆・艦爆・噴式機については、当方の都合で少し時間をいただきます(遅くとも7日までには編集完了させる予定です)。申し訳ないですが、ご了承ください。 -- 提案板31木主? 2020-10-05 (月) 08:45:12
      • 水戦・水爆・艦爆・噴式機のページについても、編集を完了しました。 -- 提案板31木主? 2020-10-07 (水) 06:46:06
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 上陸用舟艇ベース倍率×陸戦隊個別倍率(1積み)×改修補正
*2 北方棲姫港湾棲姫
*3 仕様変更以前は効果が低すぎたためか、検証が捗っていなかった。砲戦火力+61未満のボーナス補正だったと推定される。
*4 pukiwikiではウムラウト文字をページ名に使用できない。なお、厳密な転写規則では"ä"は"ae"と置き換えるのが推奨されているため、その場合は"Wurfgeraet"という表記になる。
*5 損傷・交戦形態・陣形などのキャップ前補正適用前の数字
*6 帝国陸軍が保有していた上陸攻撃部隊
*7 https://twitter.com/Ex_witch/status/791277282396561408
*8 https://twitter.com/Ex_witch/status/797446805847822341
*9 他装備はsqrt(改修値)、本装備は定数 * 改修値
*10 WG42 / 上陸用舟艇 / 特二式内火艇 の組み合わせの通称
*11 通常の改修補正は(1+★平均/50)倍=最大1.2倍。本装備を搭載した場合は最大1.44倍となる。
*12 火力70における補正後の攻撃力順。ソフトスキン・港湾夏姫は火力値により逆転し得る。
*13 全5スロだが、内1スロットは電探/機銃しか装備できないため対地だけを考えるなら実質4スロ艦
*14 極端な低火力の場合、加算補正で勝る他装備の方が強くなる場合もある。
*15 ソース: https://yy406myon.hatenablog.jp/entry/2019/02/27/133618、閲覧日2019/5/6
*16 潜水艦が搭載出来る理由は小ネタ参照
*17 コメントの2016-05-21 (土) 22:33:08 、2016-05-31 (火) 09:39:25 、2016-06-01 (水) 15:19:54 からの書き込み参照。
*18 WG42 / 上陸用舟艇 / 特二式内火艇 の組み合わせの通称
*19 夜間触接無しで、朝潮改二丁皐月改二文月改二以外の全員が到達可能。2020/9/13時点