エミュレータ

Last-modified: 2021-06-11 (金) 01:57:55

Androidエミュレータの使用に関して

公式の見解

ドールズフロントラインはエミュレータでのプレイを禁止していませんが、使用に当たってはいくつかの禁止事項があります。
公式の【エミュレータのご利用に関するお知らせ】(Twitter)より

1.エミュレータを利用したゲームプレイ自体は禁止しておりませんが、運営チームから推奨はしておりません。
2.エミュレータは仕組みが複雑なため、こちらを利用してプレイされた際に生じた問題に関しましては、運営チームではサポートいたしかねます。
 その場合はお手数ですが、それぞれのエミュレータの方へお問い合わせをお願いします。
3.エミュレータの録画機能、および仮想キーボードの使用は禁止しております。
 運営チームにて使用を確認した場合には、無期限のアカウント停止を行います。

禁止事項

  • 仮想キーの使用
  • マクロ及びスクリプト機能

メリット&デメリットと注意点

  • メリット
    • モニターやテレビなどの大きい画面でプレイが出来る。
    • 画面の解像度、縦横比を変更できる。これにより戦役マップや編成画面でより広範囲を見ることが可能になる。
    • エミュレータによっては実機よりも動作が軽くフレームレートが高い。
    • 基本的にはマウスで操作するので、人によるがタッチ操作よりも戦闘中の操作がやりやすい。
    • 実機と違い、バッテリーの残量を考慮する必要がない。
  • デメリット
    • エミュレータ使用によって生じた不具合はサポートの対象外となる。
  • 注意点
    • ある程度のPCスペックとPC知識が必要なので、全くの初心者には難しい。また、分からないことはまず自分で調べる力も必要。
    • 基本的に自己責任での導入となる。

注:エミュレータ上での課金はセキュリティの観点からお勧め出来ません。課金する時はスマホ等の実機から行うか、Playカード経由での支払いをお勧めします。

エミュレータに共通する問題

  • adb.exeもしくはこれに類するexe(adb_server.exe等エミュによって違う)がエミュレータ起動後から常駐する。
    • 正式には「Android Debug Bridge」という開発者向けのツールなのだが
      これが起動したままだとバックドアとして悪用される危険性があり、セキュリティ上の問題になってしまう。
    • 対処法としてはadb.exeをメモ帳で開いて、中身を全て削除して上書き保存する。
      もしくは、何も書いていないtxtファイルをadb.exeにリネームして差し替える等して、中身を空のexeファイルにすることで起動しなくなる。
  • メモリリーク&VRAMリーク
    • エミュレータ特有ではないが、ドルフロでは長時間戦役の周回を繰り返すと、メモリとVRAMを掃除しきれずに使用量が増え続けることでオーバーフローしてしまい
      エミュレータが固まってタスクマネージャから強制終了するしかなくなったり、最悪PCごとフリーズする可能性がある。
      対処法は時々アプリもしくはエミュレータを再起動すること、頻度は周回数とメモリの割当量にもよる。
      実機でもこのメモリリークは発生するので、ドルフロアプリ側の構造的な問題である。メモリ搭載量の多い機種だと猶予が長くなる。
  • アンチウイルスソフトや各種セキュリティソフトによる、仮想環境の保護機能がオンになっていると猛烈に重くなる、または起動しない
    • これは仮想マシンに共通する問題であり、Androidエミュに限った話ではない。
      多数の仮想マシンを扱うサーバーであればともかく、個人のPCであれば仮想環境保護の有無はほとんど影響はないのでオフを推奨。

各エミュの使用感

  • ドールズフロントラインの動作の快適度や安定性を考慮した上でのオススメはMuMu、次点でLDPlayerかNox
  • ただし、エミュレータは個々の環境による影響が大きいので、実際に動かしてみないとどの程度動作するかわからない面もある
    上記の順番もPCスペックや環境によって前後する可能性がある、気になる点があれば別のエミュも試してみよう

Nox

公式サイト: https://jp.bignox.com/

  • 日本語対応
  • 再現性が高い
  • 他のエミュレータと比較して動作がやや重い
    • 以前はドルフロとの相性はそこまで悪くなかったが、2019/04/12のストアアップデート以降は画面の切り替え時に明確にモタつくようになった。
  • デフォルトのホームランチャーが怪しい動きをする上に、不死鳥の如く蘇って非常に鬱陶しい
    • 起動時に広告が挿入されたり、その広告のゲームが知らない内に入っていたり、Nox_adb.exeが裏で動いていたりする。C&Cサーバへの接続の疑いもあり、タスクキル推奨。
    • 対処法として別のランチャー(Nova Launcher等)を導入してそちらをホームアプリにした後、元のランチャーは削除してしまうかリネームすることで起動させない方法がある。
      参考記事 こちらでは標準ランチャーだけでなく標準ブラウザの変更も行っている。
  • 古いPCでも比較的よく動くが、CPUがVT(仮想化支援技術,VT-xもしくはAMD-V)に対応していないと1コアしか使えないので重い、もしくは起動しない。
    • 推奨スペック:物理4コア以上のCPU、クロック数が2.2Ghz以上 RAM4GB以上
  • 補足:スワイプやピンチイン/ピンチアウトを行う時は、マウスの中ボタン(ホイール)を押せば二本指操作モードになるので、スワイプかピンチを選択する。
    あとは左クリックを押しながら動かせば、スワイプorピンチ操作が行える。二本指モードはマウス中ボタンクリックでいつでもオンオフできる。

MEmu

公式サイト: http://memuplay.com/jp/

  • 日本語対応
  • 64bit版有り
  • 再現性がNoxと比べてやや劣る
  • 動作が軽い
  • ドルフロは過去に動作が不安定で操作を受け付けなくなる時があったが、2019年のVer7以降は安定している模様

LDPlayer

公式サイト: https://jp.ldplayer.net/

  • 日本語対応
  • 再現性はNoxと同程度だがアプリによってはやや劣る
  • 動作が軽い
    • Noxより軽く、MuMuよりは重め
  • オプションによりドルフロを60fpsで描写可能、実機よりもぬるぬる動く ドルフロ側にも60fpsモードが追加されました
    あくまで描写がスムーズになるのであって、ドルフロの戦闘処理等は30fpsで固定されている
  • ゲームによっては描写を120fps以上にすることもできる
  • PC性能が反映されやすく、ハイスペックなPC(CPU,GPU,メモリ等)であれば割り当て設定を高めにすることで非常に快適に遊べる可能性がある

MuMu

公式サイト: http://www.mumuglobal.com/

  • NetEaseが開発したゲーム用Androidエミュレータ
    NetEase製のスマフォ向けゲームをPCでプレイするために最適化されており再現性と安定性が非常に高い
    少女前線(中国版)の公式生放送で開発側が使用していたことで認知された
  • 現在はグローバル版が日本語に対応済み、特別な設定なしに普通に導入するだけでOK
    すでに中国版を導入済みの場合はアンインストールしてから入れたほうが無難、予めデータを引き継げるようにドルフロのアカウント連携ができているかを確認すること。
  • 再現性がとても高い
  • 動作が軽快でスムーズに動く、音ズレがほぼ無いので音ゲーにも向く
  • マルチモードを限定的に使用できる
    • タブをドラッグして切り離すことで、複数の別アプリを同時プレイすることが可能(同一アプリの多重起動はできない)
  • オプションによりドルフロを60fpsで描写可能、実機よりもぬるぬる動く ドルフロ側にも60fpsモードが追加されました
    あくまで描写がスムーズになるのであって、ドルフロの戦闘処理等は30fpsで固定されている
  • ゲームによっては描写を120fps以上にすることもできる
  • CPUコアを複数割り当てているとfpsが不安定になったりエラーを起こすことがある、1コア+メモリ多め(できれば4GB)が推奨設定
    • 2019/11/08のストアアップデート以降はマルチコアでも安定するようになった
  • レンダリングモードについて
    • DirectXは高速だがやや不安定、互換性+(OpenGL)は安定性が高く速度もそれなりに速い、互換性(OpenGL)は古いPCかローエンド向け。
      環境によってはDirectXは短時間でクラッシュすることがあるので、その場合は互換性+(OpenGL)にする。
    • 安定重視ならレンダリング加速はチェックを外しておく。
  • 要求性能自体は高くないが、余りに世代が古いPCでは動かない
    • 必要環境
       OpenGL4.x以降に対応したGPU(グラフィックボード・ビデオカード)、あるいは適切なGPUを追加できるPC
       もしくはIvy Bridge世代以降のCPUであれば、CPU内蔵グラフィックスがOpenGL4.xに対応している
  • 補足:ドルフロに関連することして、ピンチイン・ピンチアウト(マップの拡大縮小)操作はCrtlキー+マウスホイールである。キー設定一覧に無いので一応。

BlueStacks

公式サイト: https://www.bluestacks.com/ja/

  • 日本語対応。x64バージョンあり。再現性は高め
  • BlueStacks4 Hyper-V版(64-bit Android)
  • MuMuと比べて重いが、マシンスペックが高ければ高いほど設定で快適・高画質になる傾向あり
  • 一時期ドルフロとの相性が劣悪になりプレイ不可能なレベルまで行ったが、2020/7/3時点のバージョンでは快適に動作する
  • 64bit版で起動時にコケるGeForceの人は「グラフィックエンジン-互換性」「グラフィックレンダラー-DirectX」「GPU設定-専用のコンピュータグラフィックスを使用する」「ASTCテクスチャ-ソフトウェア・デコーディング(キャッシュの有効化)」で試してみよう

Android-x86

プロジェクト公式ホームページ: https://www.android-x86.org/
 ダウンロードミラーはこことかこことか

  • これはエミュレータではない
    Android-x86プロジェクトが開発しているオープンソース・無料のOS(オペレーティングシステム)。Androidをパソコンで動くようにしたもの。*1

要は「エミュレータなんて噛ませずにパソコン上で直接Androidを動かせばいいんじゃね?」という考え方に至った時に選択肢になり得る、玄人向けの手段。*2

少し解説

  • エミュレータを導入するとパソコンの中は以下のような構造であるのに対し、
     ┌────────┐
     │ドルフロ        │ ↑ソフトウェア
     ├────────┤ │
     │エミュレータ    │ │
     ├────────┤ │
     │OS(Windows)     │ │
     ├────────┤ │
     │ドライバ        │ │
     ├────────┤ │
     │パソコン本体    │ ↓ハードウェア
     └────────┘
  • Android-x86を導入すると以下のような構造になる。先述の通りエミュレータという"段"が無くなる。
     ┌────────┐
     │ドルフロ        │ ↑ソフトウェア
     ├────────┤ │
     │OS(Android-x86) │ │
     ├────────┤ │
     │ドライバ        │ │
     ├────────┤ │
     │パソコン本体    │ ↓ハードウェア
     └────────┘

利点・欠点

上記の構造の変化の結果、エミュレータと比べて以下のような利点・欠点が発生する。

  • 利点
    • 再現性が非常に高い
      パソコン上でAndroidそのものが動作しているので、そもそも"再現"性は適切ではない。差があるとすれば本家Androidとの仕様の差だろう。
    • 動作が非常に軽い
      10年前のPCでもドルフロが軽快に動作する。なんならWindows7世代のノートパソコンでも十分動作する。
    • 比較的セキュリティリスクが低い
      オープンソース=ソースコードを誰でも見ることができるため、開発者は悪意のあるプログラムを混入させずらい。
      ただしオープンソース=絶対安全というわけではないので、やはり課金はスマートフォン上だけで行ったほうがいいだろう。
  • 欠点
    • 導入が難しい
      最低でもOSを自力でインストールするスキルが必要。エミュレータよりハードルが高い。更に自力でトラブルシュートするには自作PCを組むことができ、簡単なLinuxコンソールコマンドを打てるレベルの知識が必要。
    • ハードウェアによる制約がある
      「ハードウェアによってはドライバが存在しない」「SSE4.1非対応の古いAMDマシンでは動作しない」などの制約がいくつかあり、手持ちのパソコンについてよく理解しておく必要がある。
    • 操作感覚が良くも悪くもAndroidそのまま
      Androidスマートフォンをマウスとキーボードで操作する違和感に慣れるには少し時間がかかるだろう。他にも電源OFFは電源ボタンを押す必要がある、とか。
      動作についても「マルチウィンドウ動作ができない」「一部マルチタスク動作ができない」など、Windowsで出来てAndroidスマートフォンで出来ないことがそのまま反映される。
    • 公式からの言及が無い
      エミュレータについては公式が見解を発表しているが、あくまでもOSであるAndoroid-x86について公式は何も見解を発表していない。よって将来、悪い方向に転んだ場合、明示的に禁止される、またはBANされるといった可能性もある。
  • その他、補足など(というかここがAndroid-x86の本領)
    • 本家Androidのバージョンアップに対する追従がエミュレータより遥かに早い。2019年11月現在、既にAndroid9.0-RC1版がリリースされている。
    • 導入事例、トラブルシュート事例がネット上に豊富にある。
    • 利点の「動作が非常に軽い」は、見方を変えると「古くて低スペックのパソコンを再利用できる」になる。OSサポートが切れたor切れそうorOSが無い、古いPCを遊ばせている指揮官にはぴったり。
    • 逆にハイスペックPCと4k以上の高解像度モニターを使って、スマートフォンやエミュレータでは不可能なレベルの好環境を実現することもできる。どちらかというと3Dゲームや重いゲーム向けで、ドルフロではあまり意味が無いが…
    • 液晶タッチパネルを併用すればスマートフォンと同等の操作感覚を実現できる。もたつきが天敵の音ゲー界隈で流行しているらしい。
    • Android-x86の(ISO)イメージをCDやUSBメモリに焼く(書き込む)だけで、普段はWindowsマシンとして利用し、Androidを使いたい時だけUSBメモリやCDを挿入してAndroidマシンとして使うといった芸当もできる(LiveCDという機能)。
      • Android-x86の場合、LiveCDで保存されたメディアへの更新記録(アプリのインストール等)はPreseved fileという1つファイルにイメージとして保存されるが、このファイルサイズは最大で4GBとなっている。
        このファイル自体は4GB以上でも生成可能であるが、システムは4GBまでしか認識できない(むしろ、4GBを超えて設定すると、容量を誤認識する)。実際の空容量は2.5GB程度となる。更に、イメージで保存する性質上、読み書きは遅くなる。
        従って、起動デバイスとしてUSBデバイスを指定できるEFIならば、USBメモリに(ISOイメージではなく)普通にインストールすれば、メモリデバイスの全領域が使える。
    • デュアルブートも可能。
      • BIOS(EFI)やハードディスクのファイルシステム、ブート・ローダーのGRUBに対する知識が必要。
    • 戦術人形に例えると「サクッと強くしたいから、なんか手元にあった正規軍用ボディにI.O.Pのメンタルモデル弄って載せちまえ!」といったところだろうか。元も子もない…

Phoenix OS(鳳凰システム)

公式サイト: http://www.phoenixos.com/phoenixos
x86, x64またはARM CPU搭載機のPCやタブレットで動作するゲーム用途にカスタマイズされたOS。
エミュレータではない。
インストール:
Android 5あるいは7のインストール用exeまたはisoをファイルサービスのMEGAからダウンロードできる。
Android 7のexeではインストール(Cドライブ)とUSB-bootを指定できたが、USB-bootではブート出来なかった。
isoファイルをルーファスでUSBに書き込む場合には、保存領域は0でOK。
UEFIのBoot設定で Secure Boot をすべて無効にしないとUSBで起動しない。
USB起動では、Liveモードとインストールを選択できる。

ハードディスクを換装できるなどで余っているドライブがあるなら試してみてもよいかも。
なお、Androidから本サイトにアクセスするとGoogleから有害アプリありとの警告が出る(自己責任で)。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • mumuとNOX使ってるが、アプデ後全くログインできなくなった。99.85%(又は100%)でログイン前画像で空回りしてるだけ。キャッシュ削除してデータダウンロードすると入れたが音声データ入れるとまた入れなくなる。ブルースクリーンは起きてないけど、なんなのこれ -- 2021-01-31 (日) 09:33:11
    • 俺はmumuで全くもって問題ないんでおま環じゃない? -- 2021-01-31 (日) 12:00:42
    • noxで普通には入れてるな。サウンドドライバ回りが悪さしてるんじゃね。 -- 2021-02-05 (金) 21:51:57
  • mumu使ってるんだけど重い。設定が思うんだけどCPUとメモリーノ設定のオススメある? -- 2021-02-07 (日) 00:53:04
    • 性能設定中(CPU4コアメモリ3GB)が、スペックに合わせて大きい数字入れるよりも軽い気がした -- 2021-02-08 (月) 09:44:12
      • なるほど、そこら辺のパターン試してみることにする。ありがとう! -- 木主? 2021-02-08 (月) 15:47:58
  • MuMuは今も1コア4GBが安定する -- 2021-03-21 (日) 16:06:57
  • MuMu手游助手って使ってる方いらっしゃいますか? -- 2021-04-08 (木) 20:21:09
  • 今回のアプデでMuMuがクソ重くなったんだけど、皆さんどうでしょう? 60fpsのオンオフ試したけど厳しそう、おま環なのかmumuを最新にしていないからなのか気になる... -- 2021-04-23 (金) 21:53:42
    • 1コア4GBのOpenGLでアプデ後にカクついたから再起動+4コア4GBのDirectXに設定変更したらマシになった気がする -- 2021-04-23 (金) 22:52:16
      • ありがとう、4コアにしたら確かに多少マシにはなったかもしれない。でも、戦闘開始直後は割りと操作できないですねー -- 2021-04-23 (金) 23:12:46
      • 私もめっちゃ重くなってましたが、おかげさまで少し改善しました。感謝です -- 2021-04-24 (土) 17:35:54
    • MuMuもクソ重くなってるけどヌルヌル動いてたスマホの方も重くなってる…自分だけだろうか -- 2021-04-23 (金) 23:07:23
      • 自分もそうよ。ドルフロのアプリ自体が重くなってるみたいね -- 2021-05-09 (日) 12:38:48
  • MuMuのアップデート方法わかる方いませんか? -- 2021-04-24 (土) 08:14:21
  • Android-x86環境でドルフロアプリが動作しない(6.0と9.0で確認)。次のクライアントアップデートまでエミュで対応するか -- 2021-04-30 (金) 18:52:45
  • BlueStacks5使ってるが快適 -- 2021-05-13 (木) 00:02:20
  • LDPlayerは10の大型アップグレードではじかれます>< -- 2021-05-14 (金) 19:18:52
  • NOXがAndroid9対応ベータ版をリリースしたので人柱になってみました。インストール時にネットワークをブリッジモードにしておくとデータダウンロードが必ず失敗します。また、ブリッジモードを解除した場合では何度かアプリがフリーズしましたが、最終的にはデータダウンロードができました。動作は前バージョンよりもはるかに快適になって、動作がキビキビとしていました。 -- 2021-05-25 (火) 19:43:55
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 "x86マシン"上で動く"Android"なので"Android-x86"
*2 余談だが、同じような目的で開発された「Phoenix OS(未検証、情報求む)」や「Remix OS(開発終了)」というOSもある。