おすすめキャラ

Last-modified: 2021-05-02 (日) 18:13:37

おすすめキャラ(強力なキャラ)について

注意:このページは、序盤を乗り越えた指揮官に終盤まで活躍するキャラをオススメするページです。(低レアキャラで序盤攻略に書いてあるキャラはこちらには載せていません。)

  • 日本版における単体で高性能の人形を手短に紹介します。:Tier表は大陸版における評価であるため、基準が異なる場合があります。
     
  • 序盤のおすすめキャラはこちらを参照してください(緊急4-3まで)→序盤攻略
    • FNC等の★3キャラはこちらに入っています。入手性や育成のし易さが考慮されています。
  • 夜戦のおすすめキャラはこちらを参照してください→夜戦
     
  • 詳細については、人形毎の個別ページを参照してください。
    このゲームでは、どのキャラも場面によって有用性が変わるため、あくまでも参考程度に考えること。
  • この項で挙げた人形を育てておけば、大型イベント時のエンドコンテンツ消化(ランキング戦など)にも役立ちます。

掲載基準

  • 単体性能のみで優れている人形。
    • ステータススキル性能陣形バフ使いやすさを総合的に考慮する。
  • 基本的に同系統・同用途でトップクラスの人形のみ掲載する
    • 効率プレイの観点から、★4以下の下位互換の人形も併記する事。ただし、コンテンダーのように下位互換がないものもある。
       例:UMP45ならイングラム
  • 性能のみで評価すること。入手難易度は考慮しない。 
    • イベント限定入手の場合、その旨を追記する事。

※以下は日本鯖に実装された人形が増えてきたことや今後のアップデート展望により、掲載基準を暫定的に見直しています。

  • 他人形からのバフによって性能を発揮する人形は記載しない。
  • 対bossなどの特定状況下や、他人形からのバフによって性能を発揮する人形は、編成例を合わせて記載すること。
    • 主に優先して同時に編成すべき人形を簡潔に挙げる事。それ以上の詳細は個別ページへ。
    • どのような状況、どのようなBossに対して有効かという事例を挙げる事。
  • 現在「番外・その他」的な項を設けています(実験的)。
    • 詳細は人形個別ページを参照のこと。

過去に掲載候補から除外された人形と経緯(再検討する場合はコメントか掲示板まで)

 
人形理由
IWS 2000Boss戦特化型で汎用性が低い。いわゆるIWSシステムなど、専用の編成が必須になる。上級者向け。 現在、特化編成(RF)にて試験的に掲載
カルカノM91_38正規軍・マンティコア戦特化型で汎用性が低い。専用の編成が必須になる。上級者向け。 現在、特化編成(RF)にて試験的に掲載
Am RFB射速を強化しないと真価を発揮しにくい人形。スキルがユニークでほかに候補となるような同系統のAR人形がいないため、掲載の価値は残している。昼戦ならRFに劣るが、夜戦であれば唯一性があるため、夜戦にて掲載している。中級者向け。
 

※掲載基準について疑問がある方はコメント欄か編集者掲示板まで。経緯が過去ログに記載されています。

編集者向け

  • 新しくキャラクターを掲載する際は、掲載基準に則ってそのキャラクターが優れている根拠を明確に示してください。
  • コメント欄の論調から、掲載するべきではないことが明らかである場合、該当項目を削除ではなくコメントアウトしてください。
  • コメントアウトする際は理由をコメント欄に残すこと。

HG

  • HGの陣形効果は編制拡大する度に上昇し、最大まで編制拡大すると効果が2倍になる。
  • HGが含まれていると夜戦時に視界を1マス確保できる。

火力バフ型

味方全体に対して火力バフをかける。火力ステータスの性質上、上限がなく無駄にならない。また装甲敵との相性がいい。

★5 グリズリー

  • 味方全体の火力上昇スキルと、火力・回避上昇陣形効果持ち。
  • どの効果も倍率が高く、陣形バフの範囲も広いため非常に使い勝手が良い。
    火力バフは夜戦における装甲貫通の役にも立つため昼戦だけでなく夜戦時も有用。

★4 コルトSAA

  • 火力バフのスキルと火力と命中バフの陣形バフを持っており陣形の形も使いやすい。
  • グリズリーと違い命中バフもかかるので回避が高い敵と戦うときにオススメ。
  • MOD化で★5となり、スキルの性能が向上する(22→25%)。さらに第二スキルで戦闘中持続的に味方の射速と命中を上昇させる、長期戦に強いHGとなった。

射速バフ型

味方全体に対して射速バフをかける。射速調整やライフルなどに対しては高い効果を持つ。その代わり、MG以外には最大値制限があるので注意

★5 M950A

  • 味方全体射速上昇スキルと、射速と命中率両方を上昇させる陣形効果。
  • 射速を大きく上げながら命中を上げることが出来るのは珍しく、強みになる。
  • 陣形がやや特殊で(斜め4マスが効果範囲)フルに生かすのは難しい。メインのバッファーよりも他のHGと組み合わせての運用向き
  • 同じ射速の陣形バフ・スキルを持つ人形に★3のアストラがいる。(ただしあちらは命中率ではなく回避を上げる)
  • 1HG編成に採用される機会も多い。

★5 Five-seven

  • 射速と会心率上昇の陣形バフとスキル。陣形も使いやすい形で主に射速の低いRFと組み合わせて運用される。
  • イベント限定ドロップのため入手難易度が高いのがネック。

★4 スチェッキン

  • 味方全体の射速上昇スキルと、火力と射速両方を上昇させる陣形効果。
  • スキル、陣形共に倍率が優秀で陣形も使いやすい部類の形。
    ☆4ながら使い勝手のいい優秀なバッファーであり、MOD化や専用装備もあり長く使っていける。

★2 PPK

  • 極めて優秀な陣形効果を持つ。HG/RF編成を組む際、高レアHGが揃っている状況でも採用の余地があるレベルで優秀。
    HGの中でトップクラスの倍率の射速バフと、金オプを装備したRFにとって過不足のない会心率バフを持つ。
  • スキルは火力と会心率へのバフ。会心率バフは会心率100%を達成していると腐ってしまい、火力バフは倍率低め。
    スキルはあまり強力ではないので、HGのバフスキルが発動しない5~6秒程度で終了する戦闘がこの人形にとっての戦場となる。
  • 本人のステータスは回避が高い以外は総じて低め。HPがHGでも最低なのに、陣形効果の都合で比較的狙われやすい位置に置かざるを得ないのが欠点か。
  • この人形と同様に、低レアな割に陣形効果が優秀なHGとしてはM1895が挙げられる。こちらの陣形効果は射速バフの代わりに火力バフをもつ。

デバフ型

敵全体にデバフをかける。味方へのバフとの性能差は敵の性能で変わる

★5 ウェルロッドMkII

  • 敵の命中率を下げるスキルと、火力と射速の両方を上昇させる陣形効果。
  • 回避もSMG以上に高いため編成によってはタンク役もこなせる。
  • 様々な役割を一人でこなせる多彩さがウリ。取りあえずで編成してもしっかりと仕事をしてくれる。
  • 陣形バフも使いやすい範囲で運用しやすい。手に入れたら最優先で育ててもいい程の完成されたキャラ。
  • 同じスキルを持つ★3HGにマカロフがいる。

★5 コンテンダー

  • 高倍率の火力・会心バフ陣形と、敵単体を対象にした被ダメージ増加スキルを持つ。
  • スキルによるダメージ増加倍率は40%。他のあらゆるHGを凌ぐ高倍率。
    対ボス戦では最上級のダメージ増幅役だが、多数の雑魚相手ではスキルの真価を発揮できない点には注意。
  • またユニークな要素として、HGで唯一徹甲弾を装備可能。装甲敵に対してアタッカーとして採用することも可能。

シールド付与型

  • 味方にシールドを付与する人形。
    シールドを付与された人形は、被ダメージ計算で1リンクとして扱われるので、リンクに比例したダメージを与えてくる敵に対して有効。

★5 HS2000

  • スキルは、味方全体に42ポイントのシールドを付与する。
  • HPが低くて脆いRFやHGへのシールドなので、42ポイントでも1割程度耐久性を上乗せできる。
    開幕CTは6sで、RFの陣形効果で5秒足らずにすることも可能。
  • 陣形効果は上方向に広い回避および射速バフ。テンキー1番への配置が無難だろう。
  • 類似のシールドスキルHGにはセイ・P・アサギリがいる。共にイベント限定のため入手難易度が高いのがネック。

複合型

  • バフする相手などによってスキルの効果が変化する人形

★5 P22

  • 最前列の人形にシールド、中列の人形に回避と命中バフ、後列の人形に火力バフを与える。
  • アタッカーに火力バフ、回避盾に回避バフ、SGにシールドを与えられることができ、痒いところに手が届くような人形。
  • 陣形効果の形が特殊で、フルに生かそうとすると2番に配置することになりやすいのが難点と言えば難点。
  • イベント限定ドロップのため入手難易度が高いのがネック。類似の人形として★4のRex Zero 1がおり、こちらは製造で入手が可能。

★4 K5

  • 高倍率の火力・命中バフ陣形と、味方の銃種に合わせたバフスキルを持つ。
  • スキルで盾役に回避、アタッカーに火力・命中をそれぞれバフできるためバフが一切無駄にならない。
  • スキルの性質上、頻繁に移動が必要なボス戦では扱いづらい点には注意。
  • 陣形効果が3MG/1HG/1SG編成にとってほぼ最適解の形で、内容もMGやSGにとって重要な火力と命中であり優秀。
    命中バフが無い代わりにより高倍率な火力バフを持つGr Mk23、命中バフの代わりに会心率バフを持つコンテンダーが互換となる。

アタッカー型

  • 特異なスキルにより大きなダメージを叩き出す。
    ただし基礎ステータスでアサルトライフルなどのアタッカーに劣るため、あくまでサブアタッカーもしくは5HGなどの省資源編成で用いられる。

★5 パイソン

  • 自身が受けたバフと同種のバフをばら撒くパッシブスキルと、自身の火力を上昇させるアクティブスキルの2つを持つバッファー兼アタッカー。
  • アタッカーとしては、アクティブスキルにより最大で火力が4.8倍となるため、非常に強力。
    最大火力の持続時間が数秒間と短いのが欠点。
  • バッファーとしては、編成次第で味方に複数のバフを撒き続けることができる。具体的にはカルカノM1891激昂天賦の妖精と相性がいい。

★5 デザートイーグル

  • 自己射速バフ、敵への与ダメージ増加スキルと通常攻撃がシールドを貫通するパッシブスキルを持つアタッカー型HG。
  • アタッカー性能が非常に高く、理論上DPSで他のアタッカーを大きく突き放す。ただし火力バフではなく与ダメージ増加なので装甲を持つ敵には徹甲弾を備えたRFやMGに及ばないことが多い。
  • パッシブスキルで敵のシールドを貫通してHPとシールド耐久値の両方にダメージを与える。単純に2倍の数字と言えるが、シールドの厚い敵ではシールドを残したまま倒すような芸当もできる。
    勘違いされやすいが、貫通できるのはシールドであり、偏向障壁に対しては無効である。
  • W字型の独特な陣形範囲も特徴で、F陣形やK陣形ではテンキー7番、T陣形では4番が定位置となる。5HGの省資源編成では4と7どちらもありうる。

AR

  • オールマイティに戦え、運用コストも適度で扱いやすい万能アタッカー銃種。大まかに自己バフ型と榴弾型に分かれる。
  • 自己バフ型は火力バフと射速バフの2種類ある。射速には上限値があるため、射速バフ持ちは陣形補正や仲間のバフスキルに注意が必要。
    火力に上限はないので、そういう意味では火力バフのほうが陣形の自由度は高い。一方で火力バフはオーバーキルになりやすい欠点もある。一長一短と言えよう。
  • 榴弾型は基本的に範囲殲滅力に優れており集団戦を得意とするが、榴弾は敵のリンク数に応じてダメージが変わる為
    (リンク1の敵なら1HIT、リンク5の敵なら5HITする)、ボスのようにリンクが1固定となる対単体戦は苦手。
    ※チェーンブラストは広範囲を攻撃できる代わりに火力が著しく低いためあまり強力ではない。
    FALは中威力の榴弾を3発撃つ独自のスキルを持つため、数が多い雑魚の殲滅力においては通常の榴弾型に勝る場合が多い。

火力バフ型

自身に火力バフをかける。時間が長いものと効果が大きいものがある。前者は短期戦、後者は対装甲に対して有効

★5 M4A1 MOD

  • MOD化前のM4A1は2-6クリア報酬で早期にある程度の育成済み状態で入手可能。優先的にMOD化するべき人形の一つ。
    MOD化前は、やや低めの火力をスキルで補っていく自己完結性の高い★4AR。特筆するべきは、陣形効果でARに火力と会心率バフを与えられる点。
  • 火力バフ系ARの最高峰。同じスキルを持つ★5のGr G41と比較しても、第一スキルだけであっても単体DPSはこちらの方が高い。
  • 陣形バフ対象がARで効果は火力+会心率上昇、範囲が広く補正値も非常に強力。火力スキルと陣形バフにより、アタッカーとバッファーを兼任できる。
    さらに、MOD3で入手できる専用装備により火力と防御を上積みでき、低火力の雑魚が相手ならある程度耐えられるタンクにもなれる。
  • 第二スキルで背負った大砲(?)を撃ち、射速こそ大幅に下がるものの通常射撃の6倍の威力の射撃+1倍の威力の範囲攻撃という超火力を発揮して、ゲーム内最高のアタッカーとなる。

★5 95式

  • 開幕CT2秒のスキルが魅力で早い段階から高めのDPSが発揮できる。
  • オプティカルサイトの能力に加え火力+5の専用装備がブラックマーケットで入手可能。
  • 14秒間でのDPSを考えると低いバフ倍率を時間で補う95式は10秒間バフのG41などに劣る場面が多々ある。
    G41がバフを発動出来ない2~4秒間でのバフアドバンテージを活かすことが重要。
  • 開幕CTの早さを活かした短期戦向きのARと言える。

★5 Am RFB

  • ステータスは火力、命中、会心率が高い。逆に射速がAR最低。RFのようなAR。
  • スキルは火力+命中の複合バフに加え、スキル発動中は後ろの敵を狙うようになる。
  • 火力バフはARで最大の上昇率80%。高い火力値と合わさり高ダメージを発揮する。弱点の射速を補うことで真価を発揮する。
  • RFに比べて徹甲弾とマントが装備できない代わりに夜戦装備が使用可能で、特に対ケンタウロスに特に有効。
    またRFに比べて足が速いためコントロールを要求されるボス戦において使い勝手がよく、手前の雑魚を無視してボスを攻撃し続けることもできる。
  • 専用装備はイベント限定で、夜戦装備とバッティングするため使用頻度は低いが、オプティカルサイトの上位互換のため所持していれば強化しておきたい。

射速バフ型

  • 射速上限があるので編成する際はSMGなどの射速バフで過剰バフにならないように注意が必要

★5 97式

  • 開幕CT2秒のスキルが魅力で早い段階から高めのDPSが発揮できる。95式と同様に短期戦向きで、特に単騎での堀り周回に向く。
    半面姉に比べてフル編成では埋没しがちで自力で射速上限を叩き出せる下記キャラに軍配が上がることも多い。
  • オプティカルサイトの能力に加え火力+5の専用装備がブラックマーケットで入手可能。

★4 ST AR-15

  • 3-6クリア報酬で任務欄から貰える。
  • スキルの効果時間がかなり長くLv10ではほぼ常時掛かりっぱなしになる。
  • 装備構成が特殊で、外骨格が装備できない代わりにアタッチメントを2つ装備できる(同一種類は不可)。
    外骨格はアタッカー役にとってほぼ意味無しなので、火力に関わる装備が多く付けられるメリットは大きい。
  • 3-4nで専用装備の高速弾が手に入る、通常の★5高速弾に比べて命中が僅かに下がるが火力が大幅に上がる優れもの。
  • MOD化することでAR中最高クラスのDPSをたたき出すようになる。詳しくはST AR-15 MODのページへ

★5 AUG

  • スキルによってMGと同じ速度で攻撃でき、リロードによる攻撃不能期間もない。またスキル発動中は範囲内のすべての敵からランダムに目標を変更しながら掃射する。
    類似のスキルを持つ人形として★4のSAR-21ガンスリンガーガールコラボアンジェリカがいる。
  • 陣形バフが全銃種を対象にしており範囲も広いため、バッファーとアタッカーを兼任できる。上述の2キャラにはない特色。とはいえ上昇値はHGには敵わないので過信は禁物。
  • イベント限定ドロップのため入手難易度が高いのがネック。

ハイブリッド型

火力と射速の両方を上昇させるスキルを持つ人形。
射速型よりは射速が低めだが、バフを乗せすぎると同様に射速限界に達してしまうため注意。

★5 AK-12

  • スキル発動中は火力、射速、命中、会心率が35%ずつ向上する。
  • ステータスの向上はDPSに対して累乗で効いてくる。そのため、火力と射速だけでも+82%以上DPSが向上する。
  • 火力と射速が向上する人形としては89式TAR-21が他に挙げられる。
  • 陣形バフの形が特殊でF陣形で攻撃型SMGを使用する際に良い。

★5 89式

  • 非常に難解なスキルを持つが、基本的に「開幕3s以降、常時火力+30%、射速+30%」と理解すればよい。
    単純計算でDPSが約69%向上するバフが恒常的にかかる。素のステータスも優秀なので、かなり高いDPSを叩き出す。
  • 陣形効果は前方3マスに火力と回避のバフを与える。どんなSMGであっても腐らない内容と使いやすい陣形を持ち非常に優秀。
  • スキルの難解さから敬遠されるかもしれないが、雑に使っても優秀な人形である。

攻撃回数増加型

  • スキル発動中は攻撃が複数回HITするようになる、攻撃回数を増加させてDPSを高めるタイプ
  • 射速バフ型とは違い射撃速度が上がる訳ではないので、射速の過剰バフが発生しにくい

★5 Gr G11

  • スキル効果発動中は3回攻撃により他を圧倒する爆発力を持つ。
    (3回攻撃になるのはスキルレベル9以上)
  • 火力は低め、射速が高いというステータスをしているので射速バフを上限値近くまで確保したら、後は火力を盛るのが推奨される

★5 AN-94

  • G11がスキル発動中に全力を出す人形とするなら、こちらは常時一定以上の力を発揮するタイプ。
  • スキル発動中以外はターゲット変更時に2回攻撃なので、ボスのような大物よりも雑魚処理の方が得意。
  • G11はスキルレベル9以上がほぼ必須だが、こちらはCT短縮と効果時間が長くなるのみ。
    そのため、スキルレベルが低いうちから実戦投入できるのが強み。
  • 他の攻撃回数増加型にはK2がいる。こちらは初めの15回の攻撃が、半分の火力で3回攻撃になるもの。

榴弾型

  • 榴弾等の敵を直接攻撃するスキルは、必中&敵の装甲を無視するため高回避の敵や夜戦で役に立つ
  • 開幕CTがやや長いキャラクターが多い
    • なおZas以外の3体とGr G11AN-94は、レベリング兼コア集めマップである0-2の省資源周回で推奨されるアタッカーでもある。彼女達を育てておくと後々便利。
    • M4 SOPMOD II416は11-5の省資源周回で推奨されるアタッカーである。他にもGr G3FALも候補となる。周回には彼女らのうち2人(重複可)が必要なので育てておくと良い。
    • 省資源周回についてはレベリングを参照のこと。

★5 FAL

  • 他の榴弾スキルと違い、中威力の榴弾を3連発するタイプ。ただし、榴弾連射中は撃ち切るまで動けないという欠点がある
  • 開幕CTが6秒と、榴弾型の中では初動が早く使いやすい
  • 金額にかかわらず課金すると初回チャージ特典で1体プレゼントされる、最低額のダイヤ120円分でもOK
    初回チャージ特典限定ではなく、無課金でも製造で手に入るのでご心配なく
  • この人形以外の開幕6sで榴弾を複数放つARとして、K11が挙げられる。
    こちらはダミーを含めたLink数分の榴弾を一斉発射して、同じ敵に当たると追加ダメージが発生する。ただし、攻撃対象が完全ランダムなので博打要素が強く安定性に欠ける。

★5 416

  • 高威力の榴弾を1発発射する。開幕CTがやや長く範囲も広いとは言えないが、雑魚敵が相手であれば一撃で吹き飛ばせる威力が魅力。
  • 陣形効果は前方1マスと狭いものの、SMGの火力40%上昇とかなり尖った性能をしているのでVectorSR-3MPといった攻撃に特化したSMGと組ませると良い。
  • MOD化によって殺傷榴弾の開幕CTが6秒に短縮され、第二スキルで追い打ちの範囲攻撃までできるようになり、榴弾系ARの最高峰の一角となった。
    さらに、陣形効果の上昇値が45%になる上に範囲も1マス増え、メインタンクも火力寄りにすることで低速で大量の敵が押し寄せる相手に最適な編成となる。

★4 M4 SOPMOD II

  • 3-3クリアで任務欄から貰える。
  • 高威力の榴弾を1発発射する。威力や範囲は416に劣るがMOD化で同等になる。ただし416がMOD化するとまた差が開く。
  • 装備枠が特殊で、外骨格が装備できない代わりにアタッチメントを2つ装備できる(同一種類は不可)ため、通常射撃が他の榴弾キャラより強力になる。
    PEQを装備しなくてはならない夜戦では更に輝くことだろう。この点が416との一番の差別化ポイントである。
  • 同一スキル持ちにXM8が存在する。装備やステータスの関係上火力で劣り確定入手もできないが、陣形効果やコア無しでも陣形拡大ができる可能性がある点で差別化される。

★5 Zas M21

  • 榴弾のダメージ倍率はFALにすら劣るが、その代わり榴弾で最も早くスキルが発動する特徴を持つ。
    そのため、低HPの敵や多数の雑魚を相手にする性能は榴弾内でもピカイチ。
  • また、Zasランという省資源レベリングにも活用される。詳しくはこちら

シールド付与型

  • スキル発動時に特定の位置にいる味方にシールドを付与する。
    スキルを活かそうとするとコントロールに制約が発生するので、一部ボス等、頻繁な移動を強いられるような戦闘は苦手。
    雑魚との連戦で積み重なる消耗を軽減するスキルと割り切ろう。

★5 MDR

  • 開幕4秒で前1マスの味方にシールドを付与できるのが最大の売り。さらに+80%の回避バフも付いてくる。シールド系スキルは一般的に開幕8秒必要なので、開幕4秒は破格。
    • シールドはHP40相当。高火力なボス相手だと一瞬で吹き飛ぶ程度なので、過信はしないこと。
    • ボス戦では+80%の回避バフが生きてくる。まあ、どれだけ回避を上げても被弾するときは被弾するが
    • コントロールを駆使することで複数体の人形へ同時にシールドを付与できるので、運用するのであれば、この人形の記事を参考に練習しよう。
  • シールド付与スキルを使う場合、スキルによって与ダメージを上乗せできないので敵殲滅に手間取り、戦闘時間が長引きやすい点には注意しよう。
  • 似たようなスキルを持つARとして64式自が存在するが、こちらはシールド付与に開幕8秒必要で、敵の数でスキルの内容が変化するので扱いが難しい。

特殊型

癖は強いが噛み合うところでは強力

★4 リベロール

  • 自身の左右に対し、陣形でARに、スキルで全銃種にバフを付与するバッファー型AR。
    火力・射速・命中をまとめて上げられるため、3AR編成において高いDPSの上昇が見込める。
  • HGと違って自身もアタッカーとして最低限の活躍ができる点はポイント。
    M4A1の陣形効果はARのみ対象なのに対し、リベロールのスキルは陣形内にいれば銃種を問わないバフ効果を持つ。
  • 下位互換の人形としてVeprがいる。(製造不可)

★4 M16A1

  • 4-6クリアで任務欄から貰える
  • スキルは閃光手榴弾と防御寄り
  • 装備構成が特殊で、アタッチメントが装備できない代わりに人形装備を2つ装備できる(同一種類は不可)。専用装備を装備可能
    それに加えて、ARでありながら防弾ベストが装備可能な唯一の人形であり
    M16は防弾ベスト+外骨格の組み合わせが可能なサブタンク(マップによってはメインタンク)がこなせるARという変わり種となる
  • そのため、0-2貧乏ランにおいて必須のタンク役となる人形。

SMG

  • SMGは配置で大まかに役職を分類することが出来る
    • メインタンク位置が推奨される防御型
    • サブタンク位置が推奨される攻撃型
  • 手榴弾系スキルは敵のリンク数に応じてダメージが変わる
    (リンク1の敵なら1HIT、リンク5の敵なら5HITする)、ボスのようにリンクが1固定となる対単体戦は苦手。

防御型

  • メインタンクとして敵の攻撃を主に引き受けることで部隊を守るタイプ
    • スキルでは自己回避バフ、無敵、煙幕弾、閃光弾などのスキル持ちが該当する
  • 範囲効果の効果範囲の広さと強力さからメインタンク位置が推奨。

★5 C-MS

  • 高い汎用性を持った優秀なオールラウンダー
  • ステータス、スキル、陣形、全てが高性能にまとまっており、SMG内でも屈指の性能を誇るキャラ。
  • 戦闘開始後1秒で回避バフスキルが発動し、それが戦闘終了まで続く。
    上述のUMP45RO635は長期戦になるとスキル効果の空白が生じるが、本銃は常にスキル効果を得られる点が特徴。
  • なお、回避バフではなく火力バフを選択することもでき、SMGでありながら徹甲弾を装備できるため特定の環境ではアタッカーとしても運用可能。

★5 RO635

  • 7-6初回クリア報酬
  • 高い汎用性を持った優秀なオールラウンダー。
  • ステータス、スキル、陣形、全てが高性能にまとまっており、SMG内でも屈指の汎用性を誇るキャラ。
  • 戦闘開始3秒で敵全体の火力デバフと自身の回避バフを行う。
    効果倍率は少々低いものの、2つの効果と開幕CTの早さが相まって雑魚戦・ボス戦ともに活躍する最高レベルのSMGと言える。
  • 陣形効果はARの射速と命中の上昇。汎用性が高い強力な陣形。

★4 UMP45

  • 高い汎用性を持った優秀なオールラウンダー
  • ステータス、スキル、陣形、全てが高性能にまとまっており、星4でありながらSMG内でも屈指の性能を誇るキャラ。
  • 戦闘開始1秒後という速さで発煙手榴弾を投げ、範囲内の敵の攻撃速度と移動速度を下げる発煙手榴弾はボス/雑魚を問わず有効で汎用性が非常に高い。
  • 陣形効果はARの火力と会心率上昇で、補正値の高さ、陣形共にSMGトップクラスに強力。
  • 専用装備MOD化によりさらに性能が向上する。
  • 同じスキルを持つ人形に★4 PP-19-01と★3 イングラムが存在する。

★5 Gr MP5 MOD

  • 4秒間無敵になるスキルを持つ。効果は破格であるが、開幕CTが長くスキルのクセは強め。ボス戦や爆弾解体での運用がメインになるだろう。同スキル持ちとしてトンプソンGr G36Cがいる。
    • MOD化によって第二スキルも得るためフォースシールドが切れた後も回避が上がる。
    • MOD化前は、効果時間が3秒と短いため、スキルを目当てに運用するなら、上記の同スキル持ちを採用するか、MOD化するべきである。
  • 陣形効果はARへのの命中、会心率UPで倍率もなかなか高く、範囲も扱いやすい。さらに、MOD化によって数値が上昇しRFにも有効になるため、RF/HG編成のタンク役として無理なく組み込むこともできる。
  • 4-4nで入手できる専用装備は、通常のT骨格に比べて破格の回避上昇値を持ち、ドロップなので量産も可能。MOD3専用装備は不要なので1か2で止めても問題なく運用可能。
  • またK-PDWはフォースシールドとその後の回避UPというMP5MODの複合版に加えデバフ消去という固有スキルを持つが、持続時間などで劣る。

★5 P90

  • 実質無敵化スキルを持つ。スキルは最大で15発の攻撃を吸収する分身を発生させるもの。
    フォースシールドと比べて、開幕CTが短くスキルの回転率が良い。一方、手数で攻めてくる敵や防御無視攻撃をしてくる敵は苦手。
    フォースシールド同様、ボス戦をはじめとした、特定の敵に対する特化編成に採用される場合が多い。
  • 陣形バフは後方3マスへ火力・命中のバフで癖は無い。

★5 Gr MP7

  • 対ボス特化型。
  • CTが短い点が同じボス特化型SMGであるフォースシールド(Gr G36Cなど)との差別化点であり、数十秒かかるような超長期戦向き。
  • 類似のスキルを持つ人形に★5スオミや★4シプカなどがいる。

★5 79式

  • ステータス・陣形・スキルがソツのない水準でまとまった優等生的な性能のキャラ。
  • 特に陣形効果の火力バフは非常に倍率が高くて優秀。
  • スキルの閃光手榴弾は、範囲内の敵に目まいを起こし数秒間無力化させることができる。
    ボスには効かないものの、有効な敵であれば確実に無力化させることができ被害を減らせる。
  • 同スキルを持つ人形に★4 UMP9がいる。こちらは陣形バフが射速・命中なので、組み合わせるARによって使い分けよう。

攻撃型

  • 分類的にはサブタンクをやりながらそれなりの火力も持てるタイプ
    火力役としてARやRF等の代わりができるわけではないので注意が必要。
  • 手榴弾、焼夷手榴弾等の敵を直接攻撃するスキルは、必中&敵の装甲を無視するため高回避の敵や夜戦で役に立つ

★5 Vector

  • 火力と射速が高く、スキルの焼夷手榴弾は強力な威力と持続ダメージを持つ。
  • 攻撃スキルは自分のダミーの数に影響されないので、HPが減っても安定した火力が出せる。
  • Gr G11416Gr G36のような火力UPの陣形効果持ちと組ませると有用性が跳ね上がる。
  • 装備はスキルダメージに関わる火力を最優先、外骨格も火力を下げない物にしたい。
  • 下位互換に★4 KLINや★3 スコーピオンなどがいる。

★3 PPS-43

  • 手榴弾系スキル持ちのSMGで火力値がトップ
  • 手榴弾は、焼夷弾よりも範囲が広く多くの敵を巻き込みやすい。本人の火力の高さもあり集団相手にはかなりの打撃力がある。
  • 装備はスキルダメージに関わる火力を最優先、外骨格も火力を下げない物にしたい。
  • ほぼ相互互換の人形にPP-19がいる。あちらは陣形が後方1マスに火力24%となっており、エースアタッカーを一点特化で強化するならあちらに軍配が上がる。
    その反面、手榴弾の威力はこちらが上であるため編成によって使い分けよう。
  • ステンMK-IIMOD化によりPPS-43とほぼ同等のスキルダメージを獲得した。

★5 SR-3MP

  • 火力と射速が高く、自身の火力を260%上昇させる唯一無二のスキルを持っている。
    ただしSMG故に命中が低く、真価を発揮するには装備や陣形効果で補ってやる必要がある。
  • 手榴弾などの攻撃スキルと違い、ダミーの数が火力に直結するので極力HPを減らさないように注意。
    のスキルがダメージを肩代わりしてくれるので役立つ。
  • Gr G11416Gr G36のような火力UPの陣形効果持ちやM4 SOPMOD IIなどの命中上昇陣形持ちと組ませると有用性が跳ね上がる。

RF

  • RFは火力が高く、射速が低いアタッカー。
  • 敵を攻撃するときに射程範囲の中で最も遠い敵を優先して攻撃するという特徴を持つ。
    • 攻撃性能の高い敵後衛を狩りたいときに使える。

自己バフ型

  • スキルで自身のステータスを上昇させる人形。
  • 使い勝手が良く、初心者がRFを育て始めるなら自己バフ型が良いだろう。

★5 WA2000

  • 自身の射速を最大75%上昇させるスキルを持つ。
    本人の射速もRFの中では高いほうであり、スキル発動中はARに迫る攻撃速度になる。
  • 下位互換に★4 SVDと★4K31がいる。またG43は★2ながら夜戦限定で射速だけなら上回る。

★5 リー・エンフィールド

  • 自身の火力を最大75%上昇させるスキルを持つ。
  • 敵のHPが低い序盤から中盤にかけては火力の高さが仇になりオーバーキルになって無駄が出やすいが、難易度が上がるにつれ敵のHPや装甲値が増えてくると有効性が上がる。
  • 専用装備によって射速を補うことができるようになり、下記の類似人形とともに射速HG編成に組み込むことによって真価を発揮する。
  • 下位に★4Gr G28、★3M14がいる。
    特にM14は★3ながら★4以上の能力を持つため、本銃が手に入るまでの繋ぎとして使える。さらにM14はMOD化により★5に匹敵する能力を得るので、育てて損はしない。
  • より火力に特化した人形としてIWS 2000が挙げられる。

★5 R93

  • 命中1位、高火力の運用しやすいRF。陣形バフが広めなのも特徴。
  • パッシブで射速、アクティブで火力が上昇する。
  • スキルの都合上、パッシブがリセットされない高HPの敵で活躍する。
  • 適切な編成を組めば、殆どどの敵にも対応できるほどの基礎スペックを誇る。手に入れたらぜひ運用しよう。

狙撃スキル型(竹槍)

  • スキルで高いダメージ倍率の一撃を放つ。
  • 狙撃スキルは敵の回避を無視して必中するため、夜戦でなかなか通常攻撃を当てられないときに活躍できる。
  • 竹槍RFの中でも高威力な大竹槍と称される人形は、特殊な運用をされることがある。
    一部の敵ボスは残HP割合に応じて無敵時間を伴うスキルを発動させる。この閾値の上から一気にHP0まで持っていきスキルを使わせないことができるのだ。
    大竹槍については特化編成に記載

★5 カルカノM91/38

  • ボスおよび一部の敵以外に45倍のダメージを与えるスキルを持つ。
  • あまりの倍率の高さから普通の雑魚相手ではなく、10-4e特異点などで登場する強敵相手に用いられる。

★5 M200

  • 2倍ダメージの狙撃を最大6連射(CTバフ下では7連射)する連射型竹槍。
  • 単独でのDPSはリー・エンフィールドIWS 2000を超え、スキル中は夜戦であろうと必中という大きなメリットを持つ。
  • スキル発動中は射速バフが意味をなさないため、他のRFと同時に編成するよりSMGAR編成やSGMG編成に入れると効果的。
  • 同様のスキルを持つ人形としてSSG3000がいる。
  • また性質は大きく異なるものの、四式は必中攻撃()を短いスパンで撃てるため互換性がある。

MG

  • MGは開幕火力が最大の魅力となる銃種であるため、1弾倉目にスキル効果が乗るスキルを持つものが強力。
  • MG/SG系の編成ではSGに防御の陣形バフをかける必要がある場合がある。そのため、陣形効果に防御バフを持つ人形も採用率が高い。

攻撃型

  • スキル効果が1弾倉目から乗るMGが優秀とされることが多い。パッシブスキルを持つものと、開幕CTが短いものが挙げられる。

★5 PKP

  • パッシブスキルで確率で攻撃回数が増えるMG。手数が増えるので雑魚戦を担当することの多いMGとかみ合わせが良い。
  • MGの中ではDPSの期待値が最も高い優秀な人形。装弾数も素で10発あり、マガジン火力も高くて使いやすいアタッカーである。
  • 陣形効果は射速と命中であり、SGにとっては可もなく不可もなくといったところ。

★5 Gr MG5

  • パッシブスキルで、4射撃に1回、射撃の火力が大幅に上がるスキルを持つ。
  • 装弾数が素の状態で11発と、PKと並びMG最高値。フル強化した★5アサルトパックを装備させれば1マガジンで4回、スキルが乗った射撃を行える。
  • 陣形効果は防御と火力。防御バフをSGに与えられる点が非常に嬉しい。
  • 同様のスキルを持つ人形にPKM2HBが存在する。火力はこれら2体の方が高いので、超短期戦や低回避の敵を相手する場合等ではこれら2体に軍配が上がることもある。

★5 M1918 MOD

  • 第二スキルが非常に優秀。各弾倉の3発目までの火力+40%し、開幕火力は上位クラス。
    さらに、リロード速度も射速200相当まで短縮されるため、中長期戦でも活躍できる万能選手。
  • 陣形効果は効果範囲は狭いものの、癖がなく使いやすい。
  • 素の装弾数が8と低いので、フル強化した専用装備はほぼ必須。MOD化と併せて、かなりの投資を必要とするのが難点か。

★5 Kord

  • 破甲が低下する代わりに複数の敵に同時にダメージを与える貫通モードと火力と命中が同時の上昇する衝撃モードを選択するスキルを持ち、長期戦短期戦を問わずあらゆる敵に対応できるマルチMG。
  • ステータス上の火力もMGで単独トップであり、陣形に防御バフを持つMGがほとんど長期戦型なのに対し短期戦にも対応できる。
  • 前方とその左の計2マスに対して火力+15%、防御+15%の陣形を持つ。これはコラボ限定キャラのアルマ・アルマスと同等。

補助型

  • アタッカーであるMGの中で、味方へのサポート能力に秀でる人形。
  • 陣形バフでSGの防御を上昇させるものや、スキルで味方を支援するものがいる。
    • SGが敵の攻撃を受けることを前提とする場合、「SGの防御を敵の火力以上にする*1」ことが理想となる。
      このためにSGに対してMGの陣形効果妖精のステータスバフで防御バフを付与する必要がある。

★5 ネゲヴ

  • スキルはリロードする度に火力が一定時間上昇する、効果は複数スタックする。
  • 3弾倉目以降の長期戦においては最強のDPSを誇るMG。その火力は他MGの追従を許さない。
  • ただし、活躍できる場面はごく限られた敵のみとなる。詳しくはネゲヴのページを参照のこと。
  • 陣形効果は防御バフ+20%*2を最前列3マスに与える。SGに防御バフを与えるという用途においても最優秀な人形である。
    防御バフを目当てに編成に加えられる場合も多い。

★4 LWMMG MOD

  • 第2スキルで陣形効果の範囲にいる味方にシールドを付与する。
    付与は確率発動だが、第1スキル発動中は確定付与になる。
    銃種的にシールド付与スキルと相性が良いSGと組む機会の多く、運が良ければ開幕1秒未満でシールドの付与ができるので、防御面での貢献度は大きい。
    シールド付与ができるMGはLWMMG MOD以外だと、ガンスリンガーガールコラボ限定のクラエスがいる。
  • 第1スキル自体はMk48などと同じ狩猟衝動というスキル。
    効果は命中上昇と確定会心。ドットサイトや専用装備と組み合わせてMGらしくない高い命中を得ることができる。
    開幕CTが早く、1弾倉目から発動することも特徴。
  • MOD前のLWMMGが星2であり入手性が非常に高い。またキャリア任務の3-2eクリア報酬としてLv50の状態で手に入る。新米指揮官が育てるMGに悩んだときはこの人形を育てて構わない。

SG

  • 防御値を持つ堅牢な盾役。
  • SGの陣形効果の対象であるMGは総じて短期戦が得意な銃種だが、SGのスキルのほとんどは開幕CTが8秒から10秒なため、短期戦では腐ることが多い。
    • そのため、どんな短期戦でも絶対に腐らない陣形効果の性能が重要。
    • またSGは単騎でタンクを務める事が多いため、テンキー配置の6番に置かれる場合が多い。ゆえに、6番に配置した時にフルに活かせる陣形効果のほうが評価が高い。

防御型

  • 防御を上昇させるスキルを持つ高難度ボスに特化したタイプと、シールドでHPを水増しして消耗を抑えるタイプがいる。

★5 LTLX7000

  • 単独首位の装甲値25に加え、スキルによって敵をノックバックさせるたびにさらに上昇する。またパッシブスキルによって正面からのダメージは常時20%カットする。
  • また強制ノックバックに加え敵のシールドやバフを消去するという能力も持ち、一部ボスでバグを引き起こすほどの公式チートキャラである。
  • 陣形も中列と後列の合計6マスに火力上昇10% 命中上昇15%と広範囲なもので、Gr MG36ZB-26のような特殊な陣形のMGを活かすことができる。
  • 半面自身の火力性能は完全に捨てているので、雑魚相手でも期待はできない。総じて長期ボス戦向き。

★5 S.A.T.8

  • 開幕2sで発動できるシールドスキルが最大の魅力。SG最高クラスのHPも相まって、非常に高い耐久力も持つ。
  • スキルは3,6,9番にいる味方及び挑発ドローンを対象とするため、2SG編成との相性も悪くない。
  • 陣形効果は後方の3マスに火力10%・命中15%を与える非常に使いやすい陣形。
  • ただし、数回の戦闘でクリアとなる一般的なマップでは修理費用が節約できる程度の差しかない。

★5 DP-12

  • S.A.T.8と双璧をなすシールド型SGで、S.A.T.8が前列に対してシールドをかけるのに対し、DP-12は自身とその後方(6番に配置した場合4,5,6)に対してかける。
  • またダメージカットも持つため大ダメージボスに対して特に優秀。
  • 陣形効果がRFにも有効なため、SGRFなどの混成編成において特に力を発揮する。

攻撃型

  • 攻撃型SGにはスキルで追加攻撃を行うタイプと自身の火力を上昇させるタイプの2種類が存在する。

★5 AA-12

  • 攻守のバランスが取れたSG。欠点が特になく、スキルによる弾薬量増加・射速上昇が強力。
  • ADSM9と組み合わせることで、ゴリアテplus(いわゆる赤豆)もはめ殺すことができる。
  • 自己バフ型は他に★4 SPAS-12、★4 97式散がいる。SPAS-12も高火力。

★5 Saiga-12

  • HP・防御・陣形・スキルがそつなくまとまっているSG。防御値はAA-12より1高い23
    • 特に陣形バフはSG屈指の性能。3MG編成で輝く。
  • 似たようなスキルの持ち主にM37M1897などがいる。こちらはダメージが低いが、代わりに確定ノックバックを与えられる。

★4 USAS-12

  • 開幕CT1秒で射速・弾数を増加させるスキルを持つ。そのため、開幕1弾倉目のDPSは他SGを引き離す。
    多くのSGのスキルが開幕CT8秒の長期戦向けで腐りやすいのに対し、殆どの戦闘で活躍するスキルである。
  • 陣形バフは火力+15%・命中+20%で内容は悪くはないが、効果範囲が狭いのが難点。

特化編成型

特定の状況でのみ役立つかもしれない人形のまとめ。

特化編成を必要とし、また対応可能な敵が非常に限られるため、現状の日本鯖では使い道が限られる人形をここに記載します。
現状でも特定の敵に対して非常に有効ですが、今後のアップデートによってはさらに必要性が上がる可能性があります。

 

現行の日本鯖でも使えるように、運用可能なステージと運用例も記載しています。

★5 NTW-20

特徴スキルにより敵一体に絶大なダメージを与える。通称:大竹槍
同系列の人形M99Gd DSR-50TAC-50
編成例グリズリーGr Mk23などの火力バフHGやコンテンダーHP-35などの被ダメージ増加スキル持ちと組ませて、大竹槍の威力を増大させる
運用可能なステージ・状況無敵時間を伴う特殊行動を行うボス戦
実際の運用例 
備考MOD化(日本版未実装)で強化される

★3 M9

特徴閃光手榴弾持ちのなかで唯一のHGなので、RFの陣形効果によるCT短縮を使うことで最速で閃光手榴弾を投擲できる。
同系列の人形SMG:UMP979式 AR:M16A1ADS、HG:PA-15
編成例CT短縮陣形をもつRF、ノックバック効果を持つSG、発煙手榴弾持ち、フォースシールド持ちなどと組ませる。
年獣妖精海辺妖精のスキルも有用。
運用可能なステージ・状況撃破困難なゴリアテ+を撃破したいとき
実際の運用例 
備考9-4nや連鎖分裂などで有用。

真核の仮面で交換するなら…?

  • 真核の仮面とは、大型イベントや周年イベントなどの節目で入手できるアイテムで、製造可能な星5人形と交換できます。
    (イベント毎に交換リストが提示され、その中にある人形のみ交換できます。実装されたばかりの人形はリストから外されることが多いです)

気になる人形がいるなら?

気になる人形がいるなら?

  • その娘を交換しましょう。(難度の差はあれ)どの人形も他の手段でゲット可能なので、自分の満足度の高い人形を交換するのが一番です。

今のところ気になる人形はいないので効率や性能で選びたいなら?

今のところ気になる人形はいないので効率や性能で選びたいなら?

  • 製造で狙いづらい人形(コストが重い・出現率が低い)と交換しましょう。
    HG・AR・SMG・RFは製造コストが比較的軽いので、大型製造でしか出ないSGがお勧めです。
    以下は交換推奨人形の一例です。詳細は個別にページを確認しましょう。
銃種名前理由
SGS.A.T.8初期CTの短いバリアスキルのおかげで単体性能が高く、使用できる場面が多い。SGの中でも使いやすい。
SGDP-12S.A.T.8と似たバリアスキル持ちで、MGだけでなくRFにも陣形バフがある。
RFカルカノM91/38ボス以外の敵ユニットほとんどを一撃で葬れるRF。RFの中でも出現率が低い。

コラボ入手の人形

復刻の可能性が低いが強力な人形のまとめ。

★1 ジル・スティングレイ

  • 私にできるのはカクテルをお出しすることだけです。(詳細は人形のページで) 
  • 本人は一切攻撃しないが、最高レベルの陣形範囲&火力・命中バフを誇る。どこに入れても腐らない。
  • 中・長期戦ではスキルバフによりオールマイティに活躍できる。バフの内容を複数から選択可能。
  • 素で高めの回避と、人形と同時入手できる専用装備の回避Upにより回避値141。
  • ヴァルハラコラボ限定。現状入手不可。

★1 セイ・P・アサギリ

  • HS2000のように、他の人形にシールドを付与できる人形。
  • ステラや他ライフルとの同時編成により、シールド付与の回転率が良い。
  • グリズリーと同様の火力30%・回避20%を与える優秀な陣形バフ
  • KSGS.A.T.8のような上位SGと組ませると強い
  • ヴァルハラコラボ限定ドロップのため、現状入手不可。

    編成例

    5番配置:ステラのほかSVDスプリングフィールドM14辺りが候補。
    セイを4番に配置してMGを2体配置してもかなりの火力になるが、スキルの回転率が落ちるため短期戦向きとなる。
    ステラとシナジーはある(CTを1体で20%短縮できる)が、彼女自体が強くないためあまり拘らなくてよい。
    ステラ編成の場合、夜戦での雑魚敵で活躍するだろう。この場合は主にイージスに有効。

★1 エル・クレア

  • 高倍率の射速バフ陣形と、癖は強いものの高倍率の火力バフスキルを併せ持つ優秀なバッファー。
  • スキルの癖の強さから、RFHG編成に採用されるのが一般的。
  • DJMAXとのコラボイベント「Glory Day」限定。現状入手不可。

★1 リコ

  • パッシブでかかる火力バフと必中のアクティブスキルを持つハイブリッドRF。
  • パッシブは攻撃回数依存で発動するため、射速バフHGと組むことでDPSが飛躍的に高まり、その性能はリー・エンフィールドと肩を並べるほど。
  • アクティブスキルは低倍率だが、会心判定と範囲ダメージがあるため、倍率以上のダメージを叩き出せる。専用装備により会心ダメージの倍率が高いのも手伝って、下手な小竹槍よりも威力が高くなる。小竹槍の仕事をかっさらいかねないレベルで優秀。妖精バフやHGで会心ダメージを積めば大竹槍の仕事すら食いかねない。
  • ガンスリンガーガールとのコラボイベント「夢中劇」限定。現状入手不可。

★1 エージェント416

  • 戦闘開始とともに設置される地雷により、最速で爆発ダメージを与える爆弾魔。
  • 雑魚戦、特に突っ込んでくる敵群れている敵に対して無類の強さを発揮する。
  • また省資源周回にも有用。
  • THE DIVISIONとのコラボイベント「闇懸金」限定。現状入手不可。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • g36cをmp5modに変えていいかな?たぶん現状のフォースシールドSMGで最強なのはMP5MODだから。 -- 2021-04-18 (日) 10:04:49
    • modは置き換えるより併記の方がいいかも。G41とM4みたいに -- 2021-04-18 (日) 14:21:44
  • そろそろ火力バフにパイソンを入れてもいいのでは -- 2021-04-18 (日) 13:28:21
  • ここまでの書き込みを反映。G36cはMP5の注釈、パイソンは火力HGの項目自体がないのでカノパイ編成から実験の記述を削除し追記 -- 2021-04-18 (日) 15:06:16
    • IWSはおすすめから落ちているのに編成だけ残す意味がないのでCO,また防御MGにKord、防御最高SGからKSGをCOしLTLC7000を追加。アイコン画像募集中 -- 2021-04-18 (日) 15:09:20
    • 真核のおすすめに入っているのにいないのでDP-12も追加 -- 2021-04-18 (日) 15:19:48
  • WA2000の項で「破甲値が防御値に劣る敵(ヒドラなど)」とあるけど、金徹甲弾の最大破甲が+180に変更されて不利が大幅に消えたから、その記述は削除していいと思う。10-4eのコアランもWA2000やK31で余裕で周回できるし。 -- 2021-04-18 (日) 17:38:04
    • 徹甲弾の新装備も来るため該当部をCO。またMODやイベント入手、句読点等全体に細かい部分を修正 -- 2021-04-25 (日) 17:45:04
  • Mk48をCO。LWMMGMODを攻撃型から特殊型として分離。特殊型には将来的にRPKなどを加えると良いと考えます。 -- 2021-04-25 (日) 20:35:29
    • さらにKordを防御バフ型から攻撃型へ移動。理由は、防御バフ+15%のMGは多く存在すること。+20%のネゲヴがすでに掲載されていること。Kordの優位性はそのスキルによる部分が大きいと考えられること。の3点です。 -- 2021-04-25 (日) 20:52:41
    • 防御バフ+特殊で補助型へ統合。 -- 2021-04-28 (水) 20:21:30
  • RFが火力バフ射速バフ複合バフで分類されているのに1体ずつしか掲載されていないため統合し自己バフ型としました。 -- 2021-04-28 (水) 20:51:49
  • パイソンとデザートイーグルを追加。CZ75やPA-15を載せるか迷いましたが、とりあえずこの2体のみです。 -- 2021-04-29 (木) 17:54:42
  • シノが竹槍RFと特化編成の2カ所に掲載されているので特化編成のほうを削除しようかと思うのですが、それだと特化0人となります。特化欄自体COでもいいのですが、何か他に特化編成欄に掲載すべき人形いますか? -- 2021-04-29 (木) 21:49:37
    • M1911MODとかかなぁ……。主力で使う機会はあんまりないけど、低資源周回なんかだと常連だし -- 2021-04-30 (金) 22:55:53
    • IWSシステムとか?あれはどちらかというとHGこそがメインな気もするけど -- 2021-04-30 (金) 23:16:04
    • というかおススメにされてる2人とも、本来の意味での竹槍スキルではないような…必中RFで薦めるなら真っ先に上がる二人だけど -- 2021-04-30 (金) 23:23:21
      • 確かに竹槍と言えばNTWやM99だが今使うかと聞かれると... ボスをワンパン出来るけどそれこそ特化編成が必要よね -- 2021-05-01 (土) 00:06:26
      • 必中スキルをその一例である竹槍の通称で一括りにしているから若干妙な現象が起きているだけで、正しく包括し直せば問題はないですね。ユーザー各自での読み替えでも意味は同じですが…… -- 2021-05-01 (土) 16:33:58
  • 試験的にダネルとM9を掲載してみました。不要だったら消してください。 -- 2021-05-01 (土) 11:59:02
  • Gr G41をCO。理由は、第一スキルのみであってもM4A1 MODの方が単体DPSが高く、差別化できる要素がSMGに陣形バフを投げられるくらいしかないため。 -- 2021-05-01 (土) 22:20:35
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • wikiは皆が編集できるサイトです。足りない情報は皆で加筆修正しましょう。
  • 方針が示されています。編集者向け(草稿) を読み、投稿・編集してください。

*1 敵の攻撃にも±15%の乱数が入るので厳密には違う
*2 +20%は単独トップ、次点は+15%で横並びである