AMX 13 90

Last-modified: 2020-09-07 (月) 03:54:57


Tier 8 フランス 軽戦車 AMX 13 90/日本語表記:AMX社製13t級戦車90mm

IMG_0143.PNG

フランスのTier8軽戦車
AMX 13 75に90mm砲を搭載した火力強化型である。新たなエンジンや改善された仰角のおかげで前身よりストレスフリーに戦える・・・と思いきやそうでもない。
特に自動装填砲の装填時間が長く、再装填時の大きな隙をいかに上手くカバーできるかプレイヤーの腕が試される車両である。

 

基本性能(v5.5.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
AMX 13 90VIIIフランス軽戦車125040/20/156414.092,370,000 cra.png
 

武装

自動装填砲

Tier名称連射弾数/間隔(s)弾倉装填速度(s)弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
弾倉合計攻撃力DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
弾倉/総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI75 mm SA501/2.0013.0AP
APCR
HE
144
202
38
160
135
175
480
405
525
1694
1430
1853
0.361.93/48000 cra.png
000cra.png 00gda.png
000 cra.png
1,740+13°
-6°
VII90 mm F31/2.5018.0AP
APCR
HE
170
248
45
225
190
270
675
570
810
1762
1488
2114
0.381.93/48000 cra.png
000cra.png 00gda.png
000 cra.png
2,200
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VIIIFL 10 Type D40/20/20462502,670
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VSOFAM 8 Gxb24020400
VIBaudouin 6F 11 SRY28015400
VIIDetroit Diesel 6V53T31015770
VIIDetroit Diesel 6V53T-S35012770
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIAMX 13 Type 2R17.84321,400
VIIIAMX 13 Type 2D17.84371,400
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:AMX 13 75
派生先:Bat.-Chatillon 25 t AP

 

開発ツリー

AMX 13 75AMX 13 90
113,000fa.png
Gun.png
75mm SA50
Gun.png
90mm F3
15,000fa.png
Bat.-Chatillon 25 t AP
175,100fa.png
3,450,000cra.png
turret.png
FL 10 type D
engine.png
SOFAM 8 Gxb
engine.png
Baudouin 6F 11 SRY
8,000fa.png
engine.png
Detroit Diesel 6V53T
11,000fa.png
suspension.png
AMX 13 Type 2R
suspension.png
AMX 13 Type 2D
18,200fa.png
 

fa.png:必要経験値
cra.png:必要クレジット

 

解説

外見は前身とほぼ変わらないが、火力や機動面の性能が大きく向上している。

装甲

前身から相変わらずの薄さである。車体正面は傾斜しているが、いかんせん実装甲が薄過ぎるため容赦無く撃ち抜かれる。跳弾は期待出来ないものと考えよう。
車体正面のエンジンの当たり判定は本車でも健在。相手によっては一撃でエンジン・履帯が同時大破する事も有り得るので、被弾は極力避ける立ち回りを心掛けよう。
また、車重も軽いままであり、足の速い中戦車(主にP.44 Pantera,E 50等)のラムアタックなどを喰らってしまうと一撃で瀕死になってしまう、
以上より1人での突出行為は厳禁である。

 

隠蔽性能は前身よりごく僅かに低下した程度で大差は無く、依然優秀である。
しかし、このTier帯では視界の広い車輌が増えており、相対的に発見されやすくなってしまっている。

 

主砲

最終砲を搭載してからが本領発揮となる。
この砲は自動装填砲となっているものの、ARL 44の中間砲と同じ砲扱いであり、すでに開発済みであれば最初から搭載可能である。
初期砲から単発と貫通が強化され、ワンマガジン3発を5秒で打ち切って675dmgの瞬間火力を叩き出すことが出来るのが最大のウリ。
しかしながら、このTierにもなると打ち切る前に敵に引っ込まれてしまったり、敵の一発もかなり大きくなる為、なかなか全弾を相手に命中させることは難しい。
また、マガジンの再装填も最速でも16.32秒(搭乗員100%+食料2種+換気装置装備時)かかり非常に隙が大きい。
安易に再装填ボタンを押してしまい、絶好の射撃チャンスを逃してしまった・・・とならないよう再装填のタイミングには注意が必要。(自動装填砲のためラマーを積んだりアドレナリンで誤魔化すことも不可能)
さらに通常弾の貫通も低い(170mm)ため、金弾は多めに持っておくと良い。

 

俯角-6度は据え置きで、仰角は+13度まで改善されたが依然として狭いままである。

 

機動性

出力重量比は23.47(hp/t)。より強力なエンジンを手に入れ、前身から最高速と加速力が向上している。
改良エンジンを装備する事で、AMX 12 t以来の欠点だった加速力がようやくストレスを感じない程度にまで改善され、軽戦車らしいスピードで戦場を縦断する事が可能。
しかし、旋回の低さ、障害物とぶつかったときの減速しやすさは相変わらずなので注意が必要。
また、車体はトップクラスの軽量さで出力重量比もそれほど悪くは無い筈だが、助走なしの登坂力は軽戦車としては低めである。

 

総論

AMX 13 75の欠点であった平地での速度性能は改善され、より軽戦車らしい仕上がりとなった。
瞬間火力による強攻はもちろん、隠蔽性能も優秀なので斥候役も問題なくこなせる。
がしかし、カタログスペックではわかりにくい欠点が幾つかあり、使いこなすには十分な慣れが必要である。
さらにライバルに強力な大口径砲をもつLTやオートリローダーのMTが追加された為、単純な性能勝負では苦しい状況となることが多々ある。
総じてプレイヤースキルと繊細な立ち回りが要求され、扱いの難しいの車両である。

 

豆知識?︰ドイツ重戦車のVK100.01PとMäuschenはその背の高さゆえにAMX-13 90が側面にピッタリと並ぶと俯角が足りず撃てなくなり、一方的に攻撃することができる。
いざという時役に立つ戦法なので、頭の片隅に覚えておこう。

 

特徴

長所

  • 前身より若干強化された最高速度(+2km/h)
  • 優秀な隠蔽性能
  • 非常に小さいサイズ(4.19m×1.81m×1.31m)
  • 前身から2倍に増加した仰角(+6°→+13°)

短所

  • 低いAP弾貫通力(170mm)
  • 紙装甲
  • 自動装填砲の癖が強い(撃ちきりに5秒、再装填に最速で16.32秒必要)
  • 依然狭い砲の可動範囲(+13°~-6°)

初期の研究

  • 初期砲は単発と貫通が不足している為、最終砲を早急に開発しよう。最終砲はARL 44の中間砲と同じ砲である。
  • エンジンは砲の後に開発しよう。

歴史背景

格納

AMX-13の概要と基本的な構成に関しては既に触れたため、ここではその代表的な派生型を二つ紹介する。

AMX-13/90 Modèle 52

amx-13.jpeg

F3 90mm低圧砲(浅いライフリングのある砲腔で有翼弾を使用する)を装備したFL-10砲塔を搭載している。AMX-13/75が装備する75mm砲の砲腔をボーリングして内径を拡大することで、より強力なHEAT弾を使用出来るようになった。砲塔や車体の設計は大きく変更されていない。

AMX-13/105 Modèle 58

amx-13-105.jpeg

AMX-30のCN-105Fを少し短くしたCN-105-57ライフル砲を装備する派生型。フランス陸軍では採用されなかったが、諸外国に輸出されている。火力が向上した一方で、発砲時の反動により砲塔に亀裂が入るなど幾つかの問題点を抱えていた。改良により諸問題は解決し砲後座装置の改良や追加装甲といった様々な改良が加えられ続け、現在も1部の国で運用されている。

※AMX-13/90とAMX-13/105に搭載された砲のライフリングが浅い理由
 ライフル砲というのは砲腔に施された螺旋状の溝(ライフリング)によって砲弾に回転力をもたせて直進性を高める効果を利用している。このライフリングの溝に必要なスペースと、砲撃時にかかるライフリングへの負荷に耐えるためライフル砲は実際の口径よりも大きくそして肉厚に作らなければならず、ライフル砲の大型化は戦車の大型化にも直結していた。
 戦後フランスにて主力戦車(MBT)の開発が始まると敵弾を避けるためには前面投影面積を小さくする必要があるとされMBTの小型化が求められた。そこでライフリングをあえて浅くすることで戦車砲を小型・軽量化し戦車のサイズを抑える方法を選択した。砲弾の回転力が低くなるので安定翼つきのAPFSDS弾を使用して命中精度の低下は回避している。また、ライフリングによって砲弾にかかる抵抗が減少したので薬莢を大きくせずとも高い初速を発揮した。この戦車砲はCN-105Fとして完成し小型MBTのAMX-30に採用されフランス戦車の主力砲となった。
 長くなってしまったがつまりAMX-13/90は上述したCN-105Fと同じ方法を利用することでFL-10砲塔のまま75mm口径から90mm口径への拡張を可能にしたのだ。後にAMX-13の火力向上案としてCN-105Fを短縮したCN-105-57が採用されAMX-13/105としてさらなる進化を遂げた。
 こういった様々な技術的工夫によりAMX-13は今もなお改良が続けられる戦後のベストセラー軽戦車として大成功を収めたのである。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)は視認性の悪化やモラルの観点から無記入推奨です。
Mバ報告などは戦果報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら通報してください。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.40.13.png
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.44.30.png
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.52.09.png

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.48.37.png
リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.32.74.png

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。
    comment2.png
    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
    rip1.png
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
    rip2.png
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。
    rip3.png

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!