Bat.-Chatillon 25 t

Last-modified: 2020-07-12 (日) 02:02:55


Tier 10 フランス 軽戦車 Bat.-Châtillon 25 t/日本語表記:バティニョール・シャティヨン ヴァント・サンク トン

batcha25t-min.png
100 mm SA47 初期砲
_20180522_033852.JPG
105 mm mle. 57(D.1504)最終砲
 

伝説迷彩「銃士」

銃士_20180522_032612.JPG
_20180522_032629.JPG
_20180522_032654.JPG
2,840 gda.pngで購入可能。
適用中は車両名が「B-C 25t Musketeer」となる。
 

画像集

_20180522_040959.JPG
_20180522_040722.JPG
_20180522_040549.JPG
 

フランスのTier10軽戦車。通称『バッチャ』。
Bat.-Châtillon 25 t APから全体的な性能が底上げされている。

 

基本性能(v7.0.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後退
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
B-C 25 t
(Musketeer)
Xフランス軽戦車180060/40/3065/2325.286,100,000 cra.png
 
実用出力重量比(hp/t)28.48

*どちらの砲を搭載しても変わらない

 

武装

自動装填砲

Tier名称連射弾数/間隔(s)弾倉装填速度(s)弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
弾倉合計攻撃力DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
弾倉/総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VIII100 mm SA471/3.0018.0AP
APCR
HE
232
263
50
310
260
350
930
780
1050
2325
1950
2625
0.362.13/48000 cra.png
000cra.png 00gda.png
000 cra.png
3,000+11°
-6°
X105 mm mle. 57(D.1504)1/3.0015.0APCR
HEAT
HE
240
295
53
310
260
380
930
780
1140
2657
2228
3257
0.361.73/48000 cra.png
000cra.png 00gda.png
000 cra.png
3,000
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
XBatignolles-Châtillon 25 t50/30/15362605,700
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
XHispano-Suiza HS 110745102,100
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
XBatignolles-Châtillon 25 t28.00564,100
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:Bat.-Chatillon 25 t AP
派生先:なし

 

開発ツリー

Bat.-Chatillon 25 t APBat.-Chatillon 25 t
200,000fa.png
Gun.png
100mm SA47
Gun.png
105mm mle.57(D.1504)
45,000fa.png
turret.png
Batignolles-Chatillon 25 t
engine.png
Hispano-Suiza HS 110
suspension.png
Batignolles-Chatillon 25 t
 

fa.png:必要経験値
cra.png:必要クレジット

 

解説

v4.2で追加されたフランスのTier10軽戦車。
AMX-13を発展させたバティニョール・シャティヨン社の試作戦車である。

装甲

Bat.-Châtillon 25 t APから僅かに進歩しているとはいえ、相変わらず、格下の榴弾が抜けるほど装甲は薄い。格稀に急角度で当たった弾が跳弾することがあるが、このTierでは殆ど何も無い様な薄さである事には変わりはない。意識する事はほとんど無いと思うが、前身と異なりスポンソン(履帯上の張り出し)に当たり判定が発生する。

砲塔が後ろ寄りにある為、後ろから飛び出し撃ちをした方がダメージを貰いにくい。照準拡散や投影面積を小さくしつつ、遮蔽物に早く退避できるなど利点が多いが、もし退避が遅れて被弾した場合、エンジンと弾薬庫を損傷する可能性が高い。

 

主砲

新たに105mm砲を搭載可能。初期砲のままでは前身と何ら変わりはない。
搭載する意味が皆無に等しいため、フリー経験値など使い予め開発を済ませておこう。
発射間隔は3秒と長く、欲張って2発目を撃とうとすると中戦車に反撃されてしまう。
何れの砲も仰俯角は+11°/-6°と皆無に等しい。射撃の際は地形に注意を払う必要がある。

  • 105 mm mle. 57 (D. 1504)
    1マガジン3発の自動装填砲。
    100 mm SA47から貫通力が僅かに向上し、弾倉装填時間が短縮された。
    貫通力、単発火力は310と低いものの貫通すれば、高いダメージを与えることができる。
    貫通するとは言ってない
    ただこのTier帯になるとローダー相手に呑気に構える相手も少ないため、危険を感じた場合は無理に撃たず即下がる判断も必要である。
    折角の射撃機会を無駄にせぬよう、リロードのタイミングはよくよく考えておきたい。
 

機動性

出力重量比は28.48(hp/t)。エンジン出力が前身から大きく向上し、加速が強化されたことにより非常に高い機動性を得ている。また履帯旋回性能も優秀で、LTの名に恥じない動きが可能となっている。

 

総論

優秀な隠蔽性能などの強みを有しているが、攻撃力や防御力の低さにより持久戦闘力は皆無に等しい。
わずかではあるがObject 140をも上回る隠蔽率で無理のない範囲で視界を取っていこう。
特に真正面からの殴り合いとなるとT-54・Leopard PT Aのような格下相手でも負ける可能性があるため、
如何に優秀な隠蔽率と瞬間火力を使っていくかがミソである。
視界性能は他国MTよりも低いため戦況を見極め立ち回ろう。
多勢相手の正面戦闘は避け適当な場所から味方に火力支援を行っていきたい。
また、1発貰って3発撃つといったダメージ交換が有効であるため、特に試合前半は被弾を避け体力を温存すると後半、敵の数と耐久が減ってきた所で持ち前の機動力と瞬間火力を発揮できるだろう。

 

特徴

長所

  • オートローダー
  • トップクラス機動性
  • 前身より強化された弾倉装填時間
  • 高い隠蔽
  • ヘイトを稼げる
  • エンジン出火率が低い

短所

  • 紙装甲
  • 低い貫通力
  • 頻繁に壊れるモジュール
  • Tier10ワースト1位のクレジット係数
  • 相変わらず不足している仰俯角
  • 発射間隔が3秒と長い
  • Tier10なのに砲を開発しないといけない

初期の研究

  • 新たに開発するパーツは105mm砲のみ。
    この車両の研究費は20万と同格と比べて
    低いのでフリーを投入しよう

歴史背景

本家wikiより
BC25t_history1.jpg
Char Batignolles-Châtillon 25 t(シャー バティニョール-シャティヨン ヴァント・サンク トン)は、バティニョール・シャティヨン社が開発した試作中戦車である。

 

1954年頃、バティニョール・シャティヨン社はフランス陸軍の「低コストで軽量かつ高火力・高機動の戦車」という要求に応じ、25トン級戦車を開発していた。
主砲にはGIAT社製の90 mm F3 canon(初速930m/s)を搭載し、AMX-13と同様の揺動砲塔と自動装填装置を採用した。
車重は25トンに抑えつつ、エンジンは720馬力のイスパノ・スイザ製V12 HS110を搭載し、足回りには新型の油圧サスペンションを採用していた。
加えて装甲を必要最低限に抑える事により、最高速度65km/hの高い機動性を有していた。
B-C25t_2016_history1.jpg
↑設計図
B-C25t_2016_history3.jpg
↑実験中のB-C 25 t

 

しかし、B-C 25 tは試作車両のみでフランス陸軍には採用されなかった。
その要因は、
・油圧サスペンションは故障しやすい上に整備性が悪かった事
・気密性に欠けた揺動砲塔はNBC*1防護能力を持たせられない事
・弾倉の再装填には車外に出なければならない事
などである。
特に1950~60年は核戦争の危機があった為、搭乗員を保護できない戦車を主力に据えるのはあまりに危険であった。
だが、この車両が目指した高火力と機動防御を主体とした設計思想は多くのフランス装甲戦闘車両に受け継がれる事になる。
ちなみに、本車両に使用されたイスパノ・スイザ製エンジンはのちにAMX-30にも流用された。
bc25t_historical.jpg

 

その後、試作車両の一つがソミュール博物館にて展示されたが、2004年に撮影されて以降は所在不明となっていた。
それから10年の月日が流れ、再び現れたその姿は変わり果てていた。

B-C 25 t 画像集(2014年)

BC25t_history_now1_0.jpg
BC25t_history_now2.jpg
BC25t_history_now3.jpg
BC25t_history_now4.jpg

 

どうやらソミュール博物館は10年間も野晒しで放置していたようだ。
この杜撰な扱いにはフランスの戦車愛好家たちが非難を浴びせたらしく、2016年には無事修復されたとの事である。
現在はAMX-13やAMX-ELC bisと共に展示されている。
B-C25t_2016_history2.jpg
↑左からAMX 13 75、B-C 25 t、AMX ELC bis

 

その他の画像

B-C25t_history01.jpg
B-C25t_history02.jpg
B-C25t_history03.jpg

 

参考1参考2参考3参考4


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
Mバ報告などは戦果報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら通報してください。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.40.13.png
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.44.30.png
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.52.09.png

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.48.37.png
リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.32.74.png

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。
    comment2.png
    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
    rip1.png
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
    rip2.png
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。
    rip3.png

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!


*1 Nuclear-Biological-Chemical=核兵器・生物兵器・化学兵器