Top > Leopard 1


Leopard 1

Last-modified: 2019-05-14 (火) 10:40:21


Tier 10 ドイツ 中戦車 Leopard 1(レオパルト アイン) Edit

Leopard1_left.jpg

ドイツ戦後中戦車ツリーの最後を飾る第二世代主力戦車Leopard 1(レオパルト アイン)である。

名称に関して
伝説的迷彩「ワイルド」
 

公式の解説
Leopard 1 は汎用性の高い強力な車輌です。偵察や奇襲は勿論、援護もそつなくこなすこの車輌の性能を活かすには常に移動し続ける必要があるでしょう。貧弱な防御をカバーできるだけの広い視認範囲を使い、遠距離からの交戦を心がけましょう。

 

開発コンセプトは「機動力をもって被弾回避」であり、想定交戦距離は数Kmが見込まれていた。
しかし本ゲームでは交戦距離200m以下での近距離戦闘が頻発するためコンセプト通りに動くのは非常に困難である。
PC版のマップとは違い、Blitzの狭いマップでは近距離戦闘を強いられるため、LT/MTの経験が未熟なプレイヤーがこの戦車を扱うには困難を極めるので乗らないことを勧める。
Leopard 1で活躍するには高度な戦況分析力および非常に熟練した腕が必要になる。完全に玄人向けの戦車である。

余談
 

v3.6で砲貫通が弱体化される。詳細は以下の通り。

v3.6での変更点
 

基本性能(v3.9.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後退}
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Leopard 1Xドイツ中戦車185070/35/2565/2340.006,100,000 cra.png
 
実用出力重量比(hp/t)20.75
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


X10.5 cm Bordkanone L7A38.57APCR
HEAT
HE
255
300
53
350
300
400
2999
2571
3428
0.302.0601200 cra.png
4800cra.png 12gda.png
880 cra.png
1,282+20°
-9°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)射界重量(kg)
XLeopard 152/60/6036265全周7,718
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
XMTU MB 838 CaM 500A830101,700
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
XLeopard 142.005410,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元Leopard prototyp A(MT/216,000)
派生先なし
 

開発ツリー Edit

Leopard PT ALeopard 1
270,000fa.png
Gun.png
10.5 cm Bordkanone L7A3
turret.png
Leopard 1
engine.png
MTU MB 838 CaM 500A
suspension.png
Leopard 1
 

fa.png:必要経験値


解説 Edit

装甲

非常に頼りない。
車体の前面は傾斜がついているが、格下からも簡単に抜かれてしまうので殆ど意味は無い。
側面、背面については金箔レベルに薄い。
榴弾でも貫通可能なのでTDの榴弾が貫通して一撃爆散…といった事態は避けよう。
特にTier9以降のイギリス戦車は貫通の高い粘着榴弾(HESH)を装備しているので注意。
砲塔も頼りないため、俯角は優れているからといって、ハルダウン状態で留まるのは非常に危険。

砲塔の装甲に関して
 

前身のLeopard PT Aで問題だった装填速度が改善され、かなり速い装填速度になった。
俯角も-6°から-9°へと大幅に改善。稜線射撃もこなせるようになり、被弾面積を抑えられる。
さらに精度も優れているため、距離に囚われない非常に優秀な砲....だった
v3.6にて貫通力が弱体化(特にHEAT)したため、有効射を与えるため常に側面を狙う立ち回りが必要となる。

 

当たり前のように思われるだろうが、迂闊に周り込みができない序盤や、マッチング状況からやむを得ず前線に回る時など、他の同格MTはハルダウン等で装甲を活かすことでチームに貢献できるが、機動性が長所の本車は非常に苦しい戦いを強いられる。

 

また優れた車体の旋回性に対して、砲塔の旋回速度は並み程度のため、機動戦時には狙いが追い付かないことがよくあるため注意が必要である。

 

機動性

前身のLeopard PT Aから接地性等が向上し、数値以上に高い機動性を有している。
加速も良く最高速度は65km/hとTier10中戦車で最高の数値を誇っている。

 

総評

とにかく機動力を活かした立ち回りを意識しよう。
ドイツらしい砲精度と照準時間、砲の毎分火力、優れた貫通力で攻撃面は大変優れている。
機動性も優れているため、味方が苦戦していたらすぐに駆け付けることもできる。
序盤は偵察、火力支援を徹底して行い、中盤以降は相手チームの裏取りや十字砲火、消耗した味方の援護をしよう。
この戦車で一定の場所に留まり交戦をすることは、チームの足手まといを意味する。
近距離の格闘戦を行える装甲を有する戦車でもないので、機動性を過信せず、マップには常に気を配り、戦況を把握して動き回り、敵の隙を突いていこう。
そして、交戦中は常に敵戦車に接近されたらどこに退くかを、考えながらプレイすると後半戦まで生き残れる可能性が格段に増す。

以下に運用において重要なことをまとめた。

運用の基本

1:スポットを行う
2:交戦距離を大きくとる(※後方で芋るのではない)
3:FV4202には警戒をする
4:味方の援護に努める

戦闘に関して

1:一対一の戦闘は行わない
2:NDKは行わない
3:退路を確保する
4:ハルダウンに関して

状況から一対一を行う必要がある場合

対 中戦車
対 重戦車
対 駆逐戦車
 

特徴 Edit

特徴をまとめると装甲以外は最高にバランスが良い、しかしその装甲の薄さが致命的という車両である。

長所

  • 砲の単発火力と装填速度のバランスが優秀
  • 砲が高精度で弱点を狙いやすい
  • 軽戦車並の機動性
  • 深くとれる俯角

短所

  • 金箔装甲 どこを撃たれても貫通するが故にヘイトが高い
  • 格下中戦車の榴弾でさえ、側面から容易に貫通する
  • 近距離戦闘に弱い
  • 各モジュールの破損率が高い(特に右側面の弾薬庫)

歴史背景 Edit

詳細を表示

コメント Edit

他人を誹謗中傷するようなコメントはせずモラルを尊重したコメントをお願いします。

上記を理解した上でコメントを書き込む