Top > M26 Pershing


M26 Pershing

Last-modified: 2019-01-06 (日) 22:09:35


Tier 8 アメリカ 中戦車 M26 Pershing(パーシング) Edit

pershing.jpg
↑改良砲塔+90 mm T15E2M2
他の装備パターン
 

M26パーシングはアメリカが大戦末期にドイツ軍重戦車に対抗するために開発した中戦車(1946年5月までは重戦車とされていた)である。
M26はアメリカ軍主力戦車として運用され、M46M48、M60、T29M103といった後の主力戦車や重戦車の開発の礎となった。
ゲーム内でもアメリカ車両らしく砲塔の硬さ、視界の広さ、俯角の広さを持つ扱いやすい車両である。

 

関連車両:T26E4 SuperPershing

 

基本性能(4.8.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
PershingVIIIアメリカ中戦車1350~1440102/76/504840.582,162,700 cra.png
 

武装

砲塔:M26M67

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI76 mm Gun M1A212.79AP
APCR
HE
128
177
38
160
135
200
2046
1726
2558
0.402.39296 cra.png
2800cra.png 7gda.png
68 cra.png
1,590+20°
-10°
VII90 mm Gun M37.87AP
APCR
HE
160
243
45
225
190
270
1770
1495
2124
0.382.370255 cra.png
4400cra.png 11gda.png
255 cra.png
2,050
VIII90 mm Gun T15E2M27.87AP
APCR
HE
180
268
45
225
190
270
1770
1495
2124
0.372.370255 cra.png
4400cra.png 11gda.png
255 cra.png
2,250
 

砲塔:M26M71

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI76 mm Gun M1A212.79AP
APCR
HE
128
177
38
160
135
200
2046
1726
2558
0.402.392情報待 cra.png
cra.png 情報待gda.png
情報待 cra.png
1,590+20°
-10°
VII90 mm Gun M37.87AP
APCR
HE
160
243
45
225
190
270
1770
1495
2124
0.382.370情報待 cra.png
cra.png 情報待gda.png
情報待 cra.png
2,050
VIII90 mm Gun T15E2M27.87AP
APCR
HE
180
268
45
225
190
270
1770
1495
2124
0.372.370255 cra.png
4400cra.png 11gda.png
255 cra.png
2,250
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VIIM26M67102/76/76362608,000
VIIIM26M71127/76/63382609,700
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VIIFord GAN56020569
VIIIContinental AV-1790-170420569
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIIM26T80E145.053810,000
VIIIM26T8145.054110,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:T20
派生先:M46 Patton

 

開発ツリー Edit

T20M26 Pershing
98,100fa.png
Gun.png
76 mm Gun M1A2
Gun.png
90 mm Gun M3
16,520fa.png
Gun.png
90 mm Gun T15E2M2
23,630fa.png
M46 Patton
174,690fa.png
3,450,000cra.png
turret.png
M26M67
turret.png
M26M71
19,500fa.png
engine.png
Ford GAN
engine.png
Continental AV-1790-1
13,130fa.png
suspension.png
M26T80E1
suspension.png
M26T81
13,500fa.png
 

fa.png:必要経験値


 

解説 Edit

立ち回り方

一見器用貧乏めいたスペックだが、この車両の真価は課金弾や改良型燃料をはじめとした追加装備の使用によって発揮できる。
中戦車としての偵察、側面攻撃にとどまらず、10度の俯角と硬い砲塔装甲で前線を維持することもでき、貫通力268mmの課金弾で格上車両も正面から貫通可能な本車は走攻守全てを高いレベルで確保していると言える。
ただし同格車両の中では分間火力がかなり低めで純粋な撃ち合いを苦手とするため、発見されている状態ではまず守りを固めることが重要である。

 

装甲

  • 砲塔
    スペック値ではかなり薄いが、正面で広い部位を占める防盾装甲厚は200mmと高い防御力を持つ。
    キューポラは160mm程度と弱点になりにくいが、防盾部以外は基本的にかなり薄く、撃たれたら貫通されてしまう。
    防盾と砲塔装甲が重なる部位では実質装甲厚330mmを超える非常に硬い部位を持つので、弱点を狙ってくる相手になるべくそこを撃たせるよう、ハルダウン時は左右運動を欠かさないようにしよう。
  • 車体
    正面が傾斜込みで140mm弱とあまり頼れたものではなく、弱点も多いので基本的には隠したい部位である。
    特に最上部には上に実質装甲厚80mm程度の突出部があり、ハルダウン時にこの部位が少し見えてしまうことには十分注意する必要がある。
    また車体側面は76mmと最低限確保されているように見えるが後部1/2ほどが50.8mm装甲に減厚されており、口径102mm以上の砲弾では口径が大きくなるにつれて強制跳弾が発生しづらくなり、口径153mm以上になると基本的に貫通されてしまうなど豚飯にはあまり適しているとは言えないので使用する相手を見極める必要がある。
 

M4時代にお世話になった76mm砲はこのティアでは明らかにパワー不足であるため、二種の90mm砲で研究を進めることになる。
引き継げる90 mm Gun M3は通常弾貫通こそ劣悪だが、課金弾貫通は243mmと貫通力に困らされることはない。
最終砲である90mm Gun T15E2M2は非常に高い課金弾貫通力を持つほか、弾速などスペック値には現れない点でも強化されている。
どちらの砲も通常弾貫通は低めであるので課金弾は多めに搭載するようにしよう。

 

機動性

エンジンは初期状態ではかなりアンダーパワー気味であるため、最終エンジンを早めに搭載したい。
最終エンジンは互換性を活かせば初期から搭載可能である(詳細は以下の「初期の研究」)。
最終状態でもやはりエンジンは出力不足気味であるため、常備品:改良型燃料の搭載を推奨する。(よって、某戦車アニメのような謎機動はできない)

 

特徴 Edit

長所

  • 広い俯角
  • 優れた砲塔正面装甲(貫通200前半まで弾ける!)
  • 高い課金弾貫通力

短所

  • やや悪い機動性
  • 低い通常弾貫通力
  • 同格ワースト3位のDPM

初期の研究

  • 最終エンジンはT25 AT,T25/2と互換するので購入前にそちらで研究しておくといいだろう、一応T54E1の初期エンジンでもあるのだが…本車の為だけにtier9まで研究するというのは…
  • まずは砲塔を改良し、防御力を確保しよう
  • 初期砲でも課金弾を用いれば最低限の貫通力を確保できるので最終砲の研究は後回しで構わない。どのみち最終砲でも課金弾を使用する機会は多い

歴史背景 Edit

wikipediaより

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 次にこいつに乗ろうと思ってるのですが、砲塔と主砲だけフリーで飛ばして燃料積みでも問題ありませんか?それとも、フリーでエンジンも飛ばすべきですか? -- 2018-07-28 (土) 18:57:55
    • 駆逐ルートは進んでない感じ? -- 2018-07-28 (土) 19:03:10
      • そうなんですよ… -- 2018-07-28 (土) 19:07:58
      • 燃料突っ込めば大丈夫じゃないかなぁ、ただストレスは溜まると思う -- 2018-07-29 (日) 00:00:49
      • 個人的には最終砲に入れるフリーをエンジンに回した方がいいと思う 一度トレモで初期の機動性確認してみたら -- 2018-07-29 (日) 03:03:25
      • コメントありがとうございます。いろいろ検討してみます -- 木主? 2018-07-29 (日) 08:49:03
  • こいつの最終砲と金玉でIS-6の車体正面抜けるんすねえ…ちょっとびっくり -- 2018-08-03 (金) 16:45:51
    • tier10MT通常弾よりペネ高いのに驚くことでもないだろ… -- 2018-08-03 (金) 19:25:54
    • 金弾込みでヤワヤワis6の正面抜けんtier8MTっておるん? -- 2018-08-03 (金) 20:25:43
  • 通行税絶対取るマンにならないとなかなか活躍できないな これを乗りこなせる人は他のMT使えばもっと強いんだろうなって感じ -- 2018-09-05 (水) 19:03:54
  • スパパがAP貫通200以上なんだからこっちもせめて190mmくらいまでペネ上げて欲しい -- 2018-09-05 (水) 19:06:35
  • 思ったよりは弱くない。ただ、こいつで試合を動かせることはそんなにないから他と比べて弱く見えてしまう。未開発で乗ってやっと全モジュール開発出来たんだけど、未開発時とそんなに変わらなくてクソワロタって感じだ。 -- 2018-09-15 (土) 13:03:09
    • Youtubeに上がってるリプレイとか上手く行ってる試合見たら見方変わるかもね -- 2018-09-29 (土) 20:48:45
  • 装甲UPでええのん?あんまり変わらない? -- 2019-01-24 (木) 06:25:12
    • え、これってそんな装甲アップで弾ける物とか大きく変わったっけ?そんなに大差無いならMTはHPupで安定だと思うよ。 -- 2019-01-24 (木) 07:35:49
  • パーシング本当に見ないからいざとなった時にどこ狙えば良いか分からなくなるのが… -- 2019-03-19 (火) 23:15:18
    • 捕捉:ハルダウンや豚飯をされた時とか -- 2019-03-19 (火) 23:16:25
      • 無難にほっぺかキューポラ -- 2019-03-20 (水) 14:43:20
  • 使いやすいけど、なんだかなぁ… 前身のT20の頭を硬くし、その分機動力を落としただけに見える。本当にティアひとつ分強くなったんだろうか。 -- 2019-05-01 (水) 17:22:03
    • tear7中戦車達にさえDPM負けしてる…T20の時点で問題視されていたDPMが、誤差レベルでしか改善されていないとは -- 2019-05-13 (月) 11:28:24
      • tier7中にtier8中がDPMで負けてるのは他の国も同じだよ (^-^ (^^; -- 2019-05-13 (月) 11:34:55
      • 絵はミス -- 葉1? 2019-05-13 (月) 11:35:17
      • 返信どうも。概ねそういう傾向があることは承知の上だったんだけれども、まさか未だにtear7の他全ての中戦車にDPM負けしているとは思わなんだ…という話。 なんにせよ、チラ裏だったかな。 -- 2019-05-14 (火) 12:05:25
  • 変な癖もなく味方の進軍に合わせてテキトーに頭ヒョコヒョコしながら撃つだけでTOP3かたい良い戦車だと思うんだけどなぁ。人気ないねぇ。 -- 2019-05-20 (月) 15:59:55
    • それが出来ない人が多すぎんだよなぁ -- 2019-05-20 (月) 20:39:57
  • 互いにフルヘルスの状態で味方パンターと正面向けてごっつんこした挙句ひたすらキューポラぶち抜かれて撃ち負ける敵パーシングを見たけど改めてこいつのDPMの低さに悲しくなったよね... -- 2019-05-29 (水) 14:50:37
    • いうてティア7は魔境過ぎてみんなDPM底上げされとるし、車両特性活かさないで正面から撃ち合ったらパーシングならずとも先に落ちる戦車多いやろ -- 2019-05-30 (木) 16:05:04
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White