M60

Last-modified: 2020-07-03 (金) 22:08:48


Tier 10 アメリカ 中戦車 M60

M60.JPG
標準で迷彩が施されている(変更不可)
 

アメリカのTier10プレミアム中戦車。
形状はM60シリーズの初期型にあたる。

一般販売はされておらず、イベント等で極少数配布される形となっている。アジアサーバーでは現時点で約400人しか所持していないレア戦車であったが、2018年にスーパーゲームとオークションにて販売され、所有者も増加した。

v.3.7で主砲貫徹力が弱体化された。

 

配布の経緯

2016年12月22日21時ごろより一部ユーザーに配布開始。
配布時に以下のメッセージが表示された。

「戦車長! World of Tanks Blitzでのたゆまぬ情熱、切れ目のない戦い、そして素晴らしい業績の数々に感謝を!ゲームにおける貴方の進捗に対する報酬として、米国TierX中戦車M60を貴方のガレージに追加致します。 さぁ、新たなる勝利への戦いに前進! 」

2016-12-23 2 44 15.JPG
 

基本性能(v3.9.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後退
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(ゴールド)
M60Xアメリカ中戦車190093/73/2548/2046.27250 gda.png
 
実用出力重量比(hp/t)16.21
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


X105 mm Gun M687.79APCR
HEAT
HE
250
300
53
350
300
440
2726
2337
3428
0.351.8571000 cra.png
4000 cra.png 10 gda.png
680 cra.png
2,850+20°
-10°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
XM60177/76/50422708,400
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
XContinental AVDS-1790-2750102,053
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
XM6049.00508,000
 

※各性能は変更される可能性があります

 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Loader(Radio Operator)
 

派生車両

派生元:なし
派生先:なし

 

解説

装甲

ベースとなっているM48A1 Pattonとほぼ変わらないが、車体については、正面、背面が若干薄くなっている。車体正面上部は傾斜がキツイものの200ミリ前後しかない為、当てにならない。

砲塔の装甲はM48A1と同じで、防盾が頼りになる。(砲塔前面の箱のような大きな白色光/赤外線サーチライトが目立つが、当たり判定は無い)

 

主砲

搭載されている105mm Gun M68もM48A1 Pattonと同じ砲であるが、こちらは俯角が-10°でM48A1より-1°向上している。
ただし、後ろを向くとエンジンブロックのせいで強制仰角を取らされてしまい、俯角を取る事が出来なくなる。

また、発射速度がM48A1より若干早いためDPMも向上している。拡張パーツや常備品等で補えば装填時間は6秒ほどにまで縮まり、ゴリ押しもある程度効く。

余談だが、この戦車の榴弾の平均ダメージは440と比較的高い(7倍センチュやFV4202のHESH、HEと同じであり、最大で550ダメージを出せる)ため、グリレや4005などの紙装甲の戦車には積極的に使うといいだろう。

 

機動性

重量はM48A1 Pattonとほぼ同じなのに対してエンジンの馬力が下がっているが、最高速度は同じであり、M48A1から大きく劣るものではない。

車体および砲塔の旋回性能については、M48A1に比べ若干向上している。

 

総評

数値上では、M48A1 Pattonに対してDPMがやや高く、旋回性能と俯角は若干向上、車体装甲厚と出力重量比が若干低下、という車両である。

とはいえ、どれも誤差の範囲で、M48A1と比べた場合、攻撃面では本車両がやや優位、その他総合的な性能はほとんど変わらないものと考えてよいだろう。

 

特徴

長所

  • ルックスが現代的
  • ゲーム内最高の視認範囲
  • 俯角が-10°取れ砲塔もそこそこ硬くハルダウン向き
  • 砲精度が良く通常弾がAPCRで弾速も速い

短所

  • 隠蔽性はTier10MT中最低クラス
  • 広い投影面積
  • 低めの最高速度
  • 後ろを向くと俯角が取れない
  • 珍しい車両故の高めのヘイト

その他

地味な欠点として、修理費が非常に高いことがあげられる。23000クレジットほどで、これは同格戦車の約2倍である。プレミアム戦車の収支補正などはないので、戦績が悪いとクレジットがゴリゴリ削られる。
→アップデート3.6で修正され、修理代は9880クレジットと一般的な数値となった。

 

歴史背景

クリックして表示

wikipediaより

M60はM46パットンからスタートしたパットンシリーズの最終モデルであり、前作のM48パットンの機動力と火力に改良を加えたモデルである。ソビエト連邦のT-54/55に脅威を覚えたアメリカ陸軍が1956年に開発を開始した。
それまで、出力重量比が良い事や構造が簡易な事から戦車用にガソリンエンジンを採用して来たアメリカ軍も、本車に至り被弾時の安全性や燃費の良さから最初からディーゼルエンジンを採用し、主砲も90 mm 砲からイギリス製105 mm 戦車砲L7A1に換装し攻撃力を格段に向上させた。
数々の改良点はあるもののM48との根本的な差異はなく、総合的にはM48の改良型である。本来はソ連のT-55に対抗しうる本格的な次期主力戦車が登場するまでのストップギャップであり、短期間で引退する予定であったが、肝心のMBT-70計画の頓挫により長期に渡って使用される事となり、各型の合計生産台数は約2万輌を数え、アメリカ軍のみならず西側諸国の標準的主力戦車となった。
アメリカ軍では1991年の湾岸戦争まで使用され、その後も現在に至るまで各国で改良を重ねられて運用されている傑作戦車であることは間違いないが、旧式化も進行しているため、様々な近代化改修プランが各国のメーカーから提案されている。
愛称については、パットン(Patton)とは呼ばれるが、これは非公式であり、公式にはパットンシリーズともされていなかった。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
Mバ報告などは戦果報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら通報してください。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.40.13.png
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.44.30.png
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.52.09.png

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.48.37.png
リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.32.74.png

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。
    comment2.png
    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
    rip1.png
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
    rip2.png
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。
    rip3.png

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!