IS-5

Last-modified: 2020-05-11 (月) 12:17:36


Tier 8 ソ連 重戦車 IS-5 / Object 730

IS-5.jpg

伝説迷彩「クランの守護者」

クランの守護者IS-5_ClanGuardian.JPG
価格は1,590 gda.png
適用中は車両名が「IS-5 Guardian」となる。

ソ連のTier8プレミアム重戦車。
クランサプライレベル10を開放することで購入可能。
(購入には別途1,500 gda.png と、個人サプライもレベル10であることが必要)

 

基本性能(v6.10.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後退
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(ゴールド)
IS-5VIIIソ連重戦車1750120/120/6042/1449.041,500 gda.png
 
実用出力重量比(hp/t)14.27
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VIII122 mm D-25TA4.29APCR
HEAT
HE
221
270
61
400
340
500
1716
1459
2145
0.433.2301180 cra.png
4400 cra.png 11 gda.png
608cra.png
2,590+17°
-5°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VIIIIS-5 (Object 730)201/129/902424010,500
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IXV-12-5700151,024
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIIIIS-5 (Object 730)54.9026.010,000
 

乗員

  1. Commander(Radio Operator)
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Loader
 

派生車両

派生元:なし
派生先:なし

 

解説

IS-8の基礎となった車輌で、同じ楔形装甲であり、真正面から正対した状態が最も高い防御力を発揮する。基本的な扱い方はソ連IS-7ルートの車輌と同様。




名称耐久値
(最大位)
車体
装甲
前面
側面
背面

(mm)
砲塔
装甲
前面
側面
背面

(mm)
傾斜
装甲
発射
速度
(発/分)
貫徹力
AP(APCR)
APCR(HEAT)
HE

(mm)
攻撃力
AP(APCR)
APCR(HEAT)
HE
DPM
AP(APCR)
APCR(HEAT)
HE

(HP/分)
精度
(m)
照準
時間(秒)
射界


(度)
最高
速度
(km
h)
出力
重量比
(hp/t)
旋回
速度
砲塔
車体

(度/秒)
俯仰角
(度)
視界
範囲
(m)



IS-31500110
90
60
220
110
110
4.14225
265
68
400
340
500
1656
1407
2070
0.403.4全周38-30
20
+23°
-5°
240
IS-51550120
120

60
201
129
90
4.29221
270
61
400
340
500
1716
1459
2145
0.433.2全周42-26
24
+17°
-5°
240

見た目も性能もIS-3にそっくりな重戦車。性能は細々とした差があるものの、立ち回りを大きく分けるような差異は無い。
上の表では同値を、優値をで表示している。

 

装甲

  • 砲塔
    砲塔正面は防盾・防盾脇とも十分な装甲を持っているが、露出した天板は30mmと薄く、口径90mm以上の砲相手には脆い。
    キューポラも弱点なので、砲塔を晒したまま必要以上に停止しないようにしよう。
    IS-3と異なり側背面は薄くなっており、側面からの攻撃に弱い。よそ見もなるべく避けよう。
  • 車体
    正面上部は実質260~270mm、AP弾の標準化を加味しても約230mmと、IS-3よりも厚い。
    一方、IS-3が隙のない装甲であったのに対して、こちらはドライバーペリスコープ周辺(逆三角形の部分。45mm)が撃ち下ろしに弱く、大口径砲には正面からでも抜かれやすいほか、車体下部は実質190mm未満であるなど弱点が多い。
    なお、貫通アシストでは正面上部装甲が220mm程度で貫通可能表示になるバグがあるという噂があるが真偽は不明。
    側面の120mmは履帯上の空間装甲より上の部分の数値であり、それより下は80mm装甲である。空間装甲部分は急傾斜しているが、履帯裏は垂直なので側面から撃たれると脆い。
    豚飯はIS-3同様強力である。
 

主砲

同格ソ連課金HTでお馴染みの122mm砲で、単発、貫通に優れる反面、精度・拡散・照準速度は劣悪と、ISに近い使用感である。
中距離戦でも丁寧な照準を要求され、長距離射撃や弱点狙撃は不可能に近い。通常弾のAPCRは良好な弾速を持つが、活かすことは少ないだろう。

課金弾はHEATで、傾斜や空間装甲などに弱いものの格上HTの対処には十分な貫通力を持つ。クレジット収支がよく、金弾を撃っても赤字になる事は少ないので必ず積んでおこう。

 

機動性

出力重量比14.27。重戦車としては軽快に加速し、最高速度も高く直線ではHTとしてはかなり得意。
旋回機動は車体・砲塔とも平均的。

 

立ち回り方

走攻守に優れ、重戦車らしく前線を貼ることのほかに中戦車と合流することも可能だが、精度面に足を引っ張られる。
飛び出し撃ちなどでは照準のために一拍以上置く必要があり、遠距離の敵への対応は味方に任せがちになる。
また、高速なLTなどにNDKされると旋回は追いついても照準が追いつかず撃退できないということが発生するので味方との連携が必要である。
中距離戦ではこちらはミスショットし、相手はこちらの照準中に弱点を抜いてくるということもある。無理やり距離を詰めて確実に弾を当てに行く方が結果的に被害を抑えられるという場面も多いので判断は怠らないようにしよう。


特徴

長所

  • 優秀な装甲
  • 重戦車としては高い機動性
  • 通常弾の弾速が速い
  • 他のTier8課金戦車と比べて約1/5の値段で手に入る(ただし個人/クランサプライが10であることが必要)
  • 謎弾きが多い側面装甲
  • 同格HTトップのモジュール・搭乗員ダメージ量

短所

  • 尋常じゃなく悪い砲精度
  • 弾薬庫が損傷しやすい
  • 俯角が取れない
  • 操縦手ハッチが薄い

歴史背景

格納

Object 730(IS-5)はIS-8(またはT-10)の元になった重戦車である。

 

1948年、IS-4の性能を向上させる為の近代化が計画された。
チェリャビンスク工場は、多くの内部コンポーネントを交換し、車両全体の重量を軽くする事を提案した。
その内容はIS-4の重量を60トンから50トンに削減し、近代化されたエンジンに換装する事とした。
Object 730の初期型は、コーチン技師が率いるチームによってチャリャビンスク工場で1949年春に設計された。
それは元のIS-4とは全く異なり、IS-3IS-7の開発時の教訓を活かし、砲塔を改造した。
トランスミッション、サスペンションなど全体的なモジュールが更新された。
この設計案をモスクワへ提出した結果、いくつかの改良を要求されつつ、1949年5月に承認された。
さらに1949年8月までに試作車両を製作する事が求められ、とりあえずIS-4の試作車両を流用する事になり、更新された各種モジュールの試験にはIS-7の試作車両が用いられた。
Object 730の1輌目の車体は1949年7月30日に完成し、2輌目の車体は8月9日に完成した。
しかし、各種モジュールの開発が遅れた為、実際に試作車両として完成したのは9月になってからだった。
1949年9月の試験ではトランスミッションの問題が指摘され、同年末までに改良を行った。
1950年3月に改良された3輌の試作車両が製作され、4月の試験では良好な結果を出した。
1950年夏頃に試作車両は10輌へ増産され、様々な軍事試験が行われた。
優秀な結果を修めたObject 730だったが、国交省などから新しい要求が出され、そのままでは採用はされなかった。
その後、エンジンの生産に手間取った不手際を隠したり、スターリンの死後の名称問題など、紆余曲折を経てIS-8(改名してT-10)として量産される事になった。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
Mバ報告などは戦果報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら通報してください。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.40.13.png
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.44.30.png
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.52.09.png

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.48.37.png
リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.32.74.png

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。
    comment2.png
    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
    rip1.png
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
    rip2.png
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。
    rip3.png

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!