Top > Sherman Firefly


Sherman Firefly

Last-modified: 2018-04-02 (月) 16:41:58


Tier 6 イギリス 中戦車 Sherman Firefly(シャーマン ファイアフライ) Edit

sherman firefly-min.png

イギリスのTier6中戦車。

M4 Shermanに英国自慢の17ポンド砲を搭載した車輌である。かの有名なヴィットマンのTiger Iを撃破したことでも知られている。

 

基本性能(v4.4.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Sherman FireflyVIイギリス中戦車96051/38/384833.3945,000 cra.png
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VIOQF 17-pdr Gun Mk.IV SH-SH10.00AP
APCR
HE
148
171
38
160
135
190
1600
1350
1900
0.362.377175 cra.png
2800 cra.png 7 gda.png
70 cra.png
826+20°
-6°
VIIOQF 17-pdr Gun Mk.VII10.43AP
APCR
HE
171
239
20
160
135
200
1669
1408
2086
0.352.177175 cra.png
3200 cra.png 8 gda.png
75 cra.png
826
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VISherman IC63/51/5139240.05,300
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VChrysler A5745020570
VWright Continental R-975C147020516
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VSherman IC36.10388,200
VISherman VC36.10428,200
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Loader
    • Radio Operator
       

派生車両

派生元:Sherman V
派生先:Comet

 

開発ツリー Edit

Sherman VSherman Firefly
28,800fa.png
Gun.png
OQF 17-pdr Gun Mk.IV SH-SH
Gun.png
OQF 17-pdr Gun Mk.VII
15,000fa.png
Comet
68,400fa.png
1,350,500cra.png
turret.png
Sherman IC
engine.png
Chrysler A57
engine.png
Wright Continental R-975C1
1,620fa.png
suspension.png
Sherman IC
suspension.png
Sherman VC
5,200fa.png
 

fa.png:必要経験値
cra.png:必要クレジット

 

解説 Edit

英国が生み出した傑作、オードナンスQF17ポンド砲をどうにかして戦車砲として活用できないものかと考えたイギリス人は、バレンタイン歩兵戦車を後ろ向きに走らせてみたり、チャーチル歩兵戦車に改良を加えたり、クロムウェル巡航戦車の車体を延伸したり、この砲を搭載した突撃戦車を計画してみたり、挙句の果てには超重戦車に載せてみたりと散々に頭をひねったが、どれも前線のニーズを完璧に満たすものではなかった。
やっとの思いでコメット巡航戦車を完成させた頃には終戦も間近で、ドイツ戦車と遭遇する機会はほとんど訪れず、その本領を発揮することはなかった。

 

絶妙に時代とマッチしない戦車を供給し続けた本国に対し、活躍の場を求めた17ポンド砲はついにアメリカ戦車に白羽の矢を立てる。
対戦車砲の最高傑作と、偉大なる凡作「M4 Sherman」が出会った瞬間であった。

 

主砲

  • OQF 17-pdr Gun Mk.IV SH-SH

17ポンド砲は同じでもタイプが異なる。貫徹力、発射レート、精度全てにおいて最終砲に劣っている。
まったく戦えない事はないが、Fireflyの最大の強味である砲火力を生かすためにも、叶うならばさっさと最終砲の研究を済ませてしまおう。

  • OQF 17-pdr Gun Mk.VII

Black Princeの最終砲であると同時に、Centurion I及びCaernarvonの初期砲でもある。
因みに同Tierに鎮座するTOG IIも同じ砲を搭載している。

砲性能は優秀の一言につきる。

単発威力とDPMこそ平均的だが、最大の特徴はその貫徹力にある。
AP 171mm/APCR 239mmの貫徹力は同格と比べて頭一つ以上抜けており、駆逐戦車に迫る勢いとなっている。
同格中戦車がAPCR弾を使わざるを得ない場面でもAP弾で易々と装甲をブチ抜くことが可能なため、重装甲目標に対する実DPMはかなり高いと言える。

イギリスの火砲らしく精度と収束も優秀なのであらゆる局面に素直に答えてくれるだろう。
唯一、俯角が-5°と狭い点が玉に瑕である。

 

装甲

基本的に装甲は前身から殆ど進歩しておらず、あてにはできない。地形や障害物を駆使する事で補っていこう。

車体

前身から据え置きとなっている。そこに無理やり17ポンド砲を積み込んだため、無線手の席がなくなってしまった(装填手が兼任している)。
更に弾薬庫も散らばり燃料タンクも小さくなり、乗り心地は最悪に。
紅茶も淹れられないほど狭いが、それでもソ連の車両よりはマシである。

 

砲塔

V砲塔から前面63㎜に側面51㎜のIC砲塔になった。前身から減圧されたように見えるが防循が......38㎜?
やはり防御力は下がっている

 

機動性

前身から重量が重くなっているのにエンジンが据え置きであり、単純に機動力が低下している。
クロムウェル中戦車を筆頭に同格に快速戦車が揃っているだけに、どうしても物足りなさを感じてしまう。
それでも余裕を持って早めに判断すれば陣地転換できる程度の足はある。

 

立ち回り方

走と守を妥協し高い攻撃力のみを更に伸ばしたある意味英国面マシマシな車両。
中戦車として見ると貫通力に優れ安定した火力を発揮できる代わりに機動力と生存性の低さが指摘され、駆逐戦車としてみると旋回砲塔と機動力の代わりに低い単発火力が浮き彫りになる非常に面白い戦車である。

俯角が狭いため、地形の把握と進行ルートの選択にはより一層の注意を払いたい。

 

長所

  • 強力無比な17ポンド砲
  • 滲み出る英国面
     

短所

  • Tier5相当の装甲
  • 同格ソ連中戦車より劣る俯角
  • 中戦車らしい隠蔽
     

初期の研究

  • 英中戦車ルートTier8戦車Centurion Iか、重戦車ルートTier7戦車Black Princeを開発済みの場合、すぐに最終砲を使うことができ、次のCometの乗り出しも楽になる。
  • 例に漏れず、AT 8の装備するOQF 17-pdr AT Gun Mk. VIIとは互換性がないため注意
  • 初期砲だと他国の3inchと大差ないので急いで開発しよう。
ファイアフライからコメットへ進む英国紳士見習いへ
 

歴史背景 Edit

wikipedia より
 
走れSharman※かなり文量があります
 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 確かに少し弾薬は高いが数十Gなんて実際誤差だからなぁ……多分柔らかいってイメージから後方に位置取り過ぎているのでは。そのせいでせっかくのダメージもアシストに吸われたりそもそも視界ボーナス付かなかったりで収入が減ってる感じだな。
    ここでやわらか戦車偵察アドバイス!10秒スポットすると視界ボーナスは10+10秒で20秒!実質2倍!1秒スポットすると1+10で11秒!なんと11倍!!111!!1!!!マッチング次第では視界取りに行ってもええんやで -- 2018-06-16 (土) 22:38:51
    • 視界も別にそこまでいいわけではないんだよな… -- 2018-06-28 (木) 00:17:08
  • こいつ弱いって意見多く見かける気がするけど燃料と拡張で馬力上げてあげるだけで大分使いやすくなると思うんだ -- 2018-06-27 (水) 03:28:44
    • 使い易くなる事と車輌そのものの強弱はそれほど関係は深くない。運用次第というのは分かるがTierに応じたサバイバリティは持ち合わせていないから熟練者居合は -- 2018-06-28 (木) 20:10:35
      • 熟練者 居合× 以外は手を出しちゃいけない車輌と言える。 -- 2018-06-28 (木) 20:12:35
  • 未だにコイツでヴィットマンのというか虎1を倒せたという史実が信じられん -- 2018-06-28 (木) 20:15:09
    • 虎と言えど横っ腹へAPDSをぶち込まれれば、ひとたまりもないんやで。正面切ってやなく待ち伏せ駆逐運用でやられたんや -- 2018-06-28 (木) 20:35:28
  • スパシャに俯角10あるならこいつにもあっていいと思うんだが -- 2018-06-29 (金) 20:00:23
    • こいつで俯角10度取れたらティア6から追い出されちまうよ。本家のスーパーシャーマンもティア8だし -- 2018-06-29 (金) 21:21:41
      • 車体防楯どれをとってもやわらか戦車と言わざるを得ない上に微妙な機動性のおかげで詰められた時の生存性クソ低いし 何より上にはチート戦車とかゴロゴロしてるから問題ないと思うんだけどな -- まあWGナスだしな? 2018-06-30 (土) 14:01:15
      • チートの意味調べてこい。俯角不足は逆に、無意識に堅実な運用ができる利点があるぞ -- 2018-06-30 (土) 14:19:14
    • スーパーシャーマンとちがってこっちは砲塔の延長やらの改装がされてないから5°しかとられへんのやで。 -- 2018-08-07 (火) 12:24:32
  • ヴィットマンのティーガーを破壊したっつっても奇襲で即座に迎撃態勢を取れない新米が操縦するティーガーを側面からでしょ?戦争なんだからそんな事言ってられないんだけど、こいつが仕留めた!って言うには何かね… -- 2018-08-05 (日) 11:59:16
    • それだけ好条件でも伝説になるくらいの性能差だったんだろ -- 2018-08-05 (日) 16:59:47
    • 流石に他の3両はともかく007号車の乗員は熟練者だったんじゃないか?しかも交戦時間はたったの12分だと言うし。 -- 2018-08-07 (火) 17:59:50
  • 貫通は正義。やっぱ17ポンド砲は最高やな...VK28のゲル砲も優秀だけど、こっちの方が足が遅くて安定してるぶんよく当たるしAP弾のままスコスコ抜ける -- 2018-08-14 (火) 21:51:47
    • あいつはLTの脚であの貫通振り回せるのが脅威なんだけどな -- 2018-08-14 (火) 21:52:47
      • まぁ砲性能だけ見りゃあって事よ。 VK28は機動力で側背面を取りに行けるけどファイアフライは正面からでも抜けなきゃいかんし、前線支援のためには実DPMを稼がないと仕事にならんからAP弾の貫通力はより影響が大きいと思う -- 2018-08-15 (水) 18:29:46
  • クルセイダー系列から進めりゃよかった コメットの砲の問題でね この車輌じたいは気に入ってるよ -- 2018-10-03 (水) 11:27:42
    • ちゃんと書いてるのに...開発してからwiki見てたらしゃあない -- 2018-10-03 (水) 12:31:03
  • 俯角は無く足は並みDPMも並みで装甲はペラペラで車体はデカイ、俯角の無いシャーマンがどれだけゴミかがよく分かる一品 -- 2018-10-18 (木) 10:15:53
  • 乗れば乗るほど楽しくなる戦車だな やわらか鈍速だから適度な位置取りと引き際見極めを学べる 何より17ポンド砲は至高 -- 2018-11-11 (日) 22:56:55
  • 課金弾でT150抜けないんだけどなんでだ? -- 2018-11-15 (木) 03:22:39 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White