Top > Churchill I


Churchill I

Last-modified: 2018-10-24 (水) 09:44:14


Tier 5 イギリス 重戦車 Churchill I(チャーチル ワン) Edit

image.jpeg

時のイギリス首相、ウィンストン=チャーチルの名を冠した歩兵戦車。
長大で鈍重な車体は塹壕戦を想定しており、機動戦にこそ適さなかったものの、歩兵戦車としては非常に合理的な兵器だった。
当初は歩兵戦車ながら榴弾のない2ポンド砲を搭載したため、車体前部に3インチ榴弾砲が取り付けられている。

関連車両:Churchill III Churchill Mk. VI

 

基本性能(v4.8.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Churchill IVイギリス重戦車780~840177/63/502638.45340,000 cra.png
 

武装

砲塔:Churchill I(初期)

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


IVQF 2-pdr Mk.X24.29AP
APCR
HE
78
121
12
45
40
60
1093
972
1457
0.361.715030 cra.png
1200cra.png 3gda.png
15cra.png
130+20°
-10°
 

砲塔:Churchill III(後期)

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


IVQF 2-pdr Mk.X24.29AP
APCR
HE
78
121
12
45
40
60
1093
972
1457
0.361.515030 cra.png
1200cra.png 3gda.png
15cra.png
130+20°
-10°
VQF 6-pdr Gun Mk.V17.14AP
APCR
HE
130
180
15
90
80
100
1542
1371
1714
0.411.98445 cra.png
2400cra.png 6gda.png
32 cra.png
450+20°
-9°
VI75 mm Gun Vickers HV9.84AP
APCR
HE
145
202
20
160
135
200
1574
1328
1968
0.362.384100 cra.png
2800cra.png 7gda.png
56 cra.png
591+12°
-4°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
IVChurchill I101/88/88202307,200
VChurchill III88/88/76202407,500
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IVMeadows D.A.V.30020724
IVBedford Twin-Six350201,531
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
IVChurchill I43.00158,150
VChurchill III43.00208,150
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:Matilda
派生先:Churchill VII / Churchill Gun Carrier


開発ツリー Edit

MatildaChurchill I
12,990fa.png
Gun.png
QF 2-pdr Mk.X
turret.png
Churchill III
1,200fa.png
Gun.png
QF 6-pdr Mk.V
4,370fa.png
Gun.png
75mm Gun Vickers HV
5,900fa.png
turret.png
Churchill I
Churchill VII
27,000fa.png
900,000cra.png
engine.png
Meadows D.A.V.
engine.png
Bedford Twin-Six
1,000fa.png
suspension.png
Churchill I
suspension.png
Churchill III
2,000fa.png
Churchill Gun Carrier
49,050fa.png
965,000cra.png
 

fa.png:必要経験値


 

解説 Edit

ゲーム内では英国最初の重戦車になるが、分類的にはMatildaValentineと同じ歩兵戦車である。
Matildaほど装甲が厚いわけでもないが、機動性が酷いわけでもなく、優秀な主砲を持つ使いやすい戦車と言える。

装甲

Matildaが硬い装甲を持つとはいえTier5には貫通されたように、本車も同格以上には貫通される。
一方耐久値が周囲の重戦車よりも一回り高く、撃たれ強くなった。

  • 車体
    スペック値の177mmは、車体砲周辺の分厚く膨らんだ部分の数値で、その他の車体上部は88mmと半分である。
    狙いやすい車体下部は76mmで傾斜も緩く、昼飯を用いても対応できるのは格下までである。
    参考:『履帯裏の悪魔』
    特筆すべき点として、Churchillの履帯内側には車体が配置されている。
    貫通力100mm以上のAP,APCR弾にはここを正面から履帯ごと貫通され、ダメージを受けつつ動きまでも止められるという致命的な弱点となっており、『履帯裏の悪魔』と通称される。
    隠しづらいうえ、豚飯でも履帯に守られない側面装甲を履帯正面を隠しつつ出さなければならないなど、Churchillの車体防護に暗い影を落としている。
    障害物に身を隠す際は必ずここを撃たれないようにしよう。
  • 砲塔
    砲塔は正面は垂直88mmで、弱点がないため格下には有効だが、やはり同格以上には通用しない。ハルダウンには不向きである。
    側面が76mmと厚めなので、射撃時以外は砲塔の昼飯『よそ見』を活用しよう。
    相手に対して斜め35度程度まで砲塔を旋回させることで、最大で実質110mm程度まで防御力を高めることができる。

砲性能

初期の2ポンド砲(史実砲)は単発・貫通とも実用的でない。フリー経験値や下記の互換性を用いて6ポンド砲からスタートしよう。

  • QF 6-pdr Mk.V
    Churchill IIIの史実砲。Tier5によくある低単発・高レート型の主砲。
    同格MTの最終砲と近い性能で、開発中はここまで進めば最終砲は後回しにしても良い。
    DPMと俯角に優れ、かつては最終砲候補だったが、75mm砲のDPMがbuffされた現在では中継ぎの立場に収まっている。
  • 75mm Gun Vickers HV
    単発火力は平凡だが、同格重戦車中最高のDPMを持つ最終砲。
    精度、貫通力もゲル砲に次いで優秀で、ミスショットは少なく、課金弾を用いれば格上も対処可能だ。
    一方、俯角が-4°と大きく制限される。無理に撃とうとして前に出過ぎないよう注意。
 

機動性

Matildaよりは改善され、加速がややスムーズになったが鈍重であることは変わりない。
最大の欠点は最高時速が25kmと低いことで、いくら拡張パーツやエンジンブーストを炊いて平地での速力はこれ以上出ない。
旋回も良いとは言えず、NDKへの対応も難しいので孤立しないよう気をつけよう。

 

立ち回り方

どうしても25km/h以上の速度は出ないので序盤の動きが重要だ。鈍重な割に防御力は高くないのでまず味方と同行できるようにしよう。
相手に対しDPMで勝るなら火力を押し付け、単発で勝るなら単発交換するという形で柔軟に立ち回りを切り替えることができる。TDは苦手なので味方と共同してあたろう。
耐久値が高めなこともあり、同格との撃ち合いには基本有利である。豚飯や昼飯、よそ見を活用して弾受けしていこう。
格上戦では無理に弾受けする必要はないが、高い火力を活かせば前線でそれなりに活躍できるはずだ。

 
紳士解説

特徴 Edit

長所

  • 最終砲の優れた貫通力
  • 中間砲の俯角
  • 優秀な加速
  • 豊富なHP
  • よそ見、豚飯を行えばある程度対応できる。

短所

  • 最終砲の俯角が狭い
  • 最高速度が遅い
  • 改良砲塔はテクニックを使わないと装甲が機能しない
  • 履帯裏の装甲が薄い
  • 車体正面でスペック通りの装甲が存在するのは1/3のみ

初期の研究

  • まずは6ポンド砲までフリー経験値で急いで開発しよう。Crusader,Valentineと互換するのでそちらで開発しておくこともできる。
  • 最終砲より足回りを優先しても良い。
  • Cromwellとは最終砲が互換する。

歴史背景 Edit

wikipediaより

image_0.jpeg
...

コメント Edit

格納