E 50 Ausf. M

Last-modified: 2021-05-12 (水) 18:27:46


Tier 10 ドイツ 中戦車 /略称 : E-50 Ausf. M(エー・フュンフツィヒ M型)

 

ドイツ第1中戦車ルートのラストを飾る戦車。
前身のE 50と比較すると車高が低くなっており、砲塔が前方に移動している。
それに伴い、ドイツ戦車の伝統である車体正面下部にあったトランスミッション判定は後方に移動したため、火災判定は消滅した。

 

伝説迷彩「咆哮」

咆哮

2,550 で購入可能。
適用中は車輌名が「E 50 M Roaring」となる。
 

画像

 

車輌性能の変更点

ver.3.1
  • 砲塔正面および主砲防盾の装甲厚の引き上げ (185mm→250mm)
     
    ver.3.6
  • APCR 砲弾の貫通性能を 270 mm から 245 mm に弱体化。
  • HEAT 砲弾の貫通性能を 330 mm から 300 mm に弱体化。
 

基本性能(5.0.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後退
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
E 50 MXドイツ中戦車1900150/80/8060/2062.316,100,000
 
実用出力重量比(hp/t)19.26
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)
俯仰角
正面から左右
(0°~160°)
X10.5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K7.69APCR
HEAT
HE
245
300
60
350
300
450
2692
2307
3461
0.301.9481200
4000 10
1211
3,000+20°/-8°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
XE 50 Ausf. M250/80/803026014,100
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
XMaybach HL 2351,20012750
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
XE 50 Ausf. M67.00449,000
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader
 

派生車両

派生元:E 50
派生先:なし

 

開発ツリー

E 50E 50 M
254,000

10.5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K

E 50 Ausf. M

Maybach HL 235

E 50 Ausf. M
 

:必要経験値

解説

E 50の改良案とされる架空戦車である。
基本性能も向上し、ドイツ伝統の高い砲精度、重戦車に比肩する堅牢な正面上部装甲はしっかりと引き継いでおり、更には1200馬力を誇るエンジンのお陰でネックだった動き出しはかなり改善されている。
但し、車高が低くなったとはいえ、ドイツ第1中戦車ルート共通の欠点である劣悪な隠蔽率は相変わらず健在であり、HPもドイツ戦車としては豊富とは言えなくなってしまっている。ダメージコントロールには最大限の注意を払うべきだろう。
簡単に説明すると、装甲を一部分的に増厚および減厚した「時速60kmで走るTiger II」である。

装甲

車体
正面上部は前身のE 50から傾斜が60°と更に鋭くなり実質300mmほどの防御力を持ち安定して弾いてくれる。しかし、正面下部は実質235mmと相変わらず格下にも貫通されてしまう弱点であり、如何にここを隠せるかどうかが生存を左右する。
車体側面は変わらず垂直の80mmであり、強制跳弾以外での防御は見込めない。また申し訳程度のサイドスカートがついておりHE弾の威力を多少弱めるかもしれない。

 

砲塔
砲塔は前身のE 50と同じく、跳弾が発生し易いザウコフ型防盾に守られている。傾斜こそ緩いが装甲厚自体が大きく強化されたこともあり、実質265mm程で形状の相乗効果によって同格の通常弾までに対してなら高い防御力を発揮する。防盾は600mmを超えかなりの防御力を誇り貫通は不可能となっている。
だが、貫徹力が330mmを超えるHEATに対しては、砲塔装甲を貫通されてしまうため、過信は禁物である。
キューポラは装甲厚は150mmであるが、傾斜によって実質265mmほどあり特に弱点にはならないだろう。

主砲

10.5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K
単発火力と精度は前身のE 50から据え置きだが、精度は同格トップをキープしている。また貫徹力と照準速度は改善されており、まさにドイツらしい主砲に仕上がっている。
その代わり、分間火力(DPM)が他国中戦車と比較すると少しばかり劣っており、ゴリ押しに対しては後述する低い旋回性能も相まって、苦戦を強いられる。中戦車にしては拡散も悪く走り撃ちなどはやや苦手である。
ちなみに、E-50Mの通常弾APCRはAPCR弾としてはChieftainの課金弾,T62-Aの通常弾に次ぐ全戦車中3位(通常弾としてはObj. 140,T-62A,K-91に次ぐ4位)の弾速を持つ。また、HEAT弾としては全戦車中1位の弾速を持ち、HE弾はE-50,Jagdtigerに次ぐ全戦車中3位の弾速を持つ。

 

機動性

1200馬力という暴力的な出力を誇るエンジンにより、重量に見合わぬ加速力を手に入れた。
最高速度も前身のE 50と同様、60km/hと同格中戦車でも2位の数値であり、遠距離移動はストレス無く軽快な走行が出来るだろう。
但し、それでも中戦車らしからぬ重装甲ゆえに履帯の旋回性能は同格中戦車中でも最低クラスであり、本車より機動力に秀でた中戦車や、装甲に秀でた重戦車相手の格闘戦、急な切り返しや陣地転換などは苦手であることに変わりは無い。
そして、例によって優秀な機動力と大重量も相まって、体当たりが非常に強力である。

 

総評

中戦車としては堅実な性能と言ったところ。
堅牢な装甲とドイツらしい高精度な主砲、そしてDPMを活かさない手はない。故に前線で敵戦車を牽制する立ち回りで味方の勝利に貢献しよう。
序盤はスポット、その後は良好な精度を活かした遠・中距離狙撃に徹し、状況次第で陣地転換をしよう。
前身と同様、隠蔽率は同格中戦車内でも最低クラスであるため、常に見られている覚悟で行動しなければならない。
前述の体当たりは軽めの車両に対してならば群を抜いた破壊力を持ち、本車の苦手なダメージレースを逆転させる可能性を持っている。
E 50の正統進化という基本事項を決して見失わなければ、きっとあなたの期待に応えてくれる筈である。

対中戦車戦での小技

本車は前身のE 50と違い、車高が低くなっていることによって、最も顕著な弱点である車体正面下部を狙いづらくなっている。
故に対中戦車戦かつ1対1の際は、敵に引っ付くことにより、最も防御力が高い車体正面上部装甲と、砲塔正面装甲しか狙えなくすることが出来る。
これによって、敵にAPCRではなくHEATの使用を強要出来るため、DPM差を補いやすいうえにHEATを砲身および防楯でガードという芸当も可能だ。
また、普通の中戦車より20t近く重いのでラムアタックしてからDPM勝負に持ち込むタイマン性能はtier10中戦車トップクラスである。
勿論、本車の強みは中距離以遠でのドイツ戦車特有の精度を活かした狙撃戦だが、やむを得ず格闘戦になった際は、是非とも試してみて欲しい。

 

特徴

長所

  • トップクラスの弾速と砲精度
  • 通常弾がAPCR
  • 硬く、広い面積を占める防楯
  • 堅牢な車体正面上部装甲
  • 1200馬力のエンジンにより、坂道で減速しにくい
  • 60km/hの優秀な巡航速度
  • 強力な体当たり
  • ドイツの伝統である車体下部のトランスミッション判定が無くなった
  • 全戦車中最もHEAT弾の弾速が速い

短所

  • 同格MT中で最低クラスのDPM
  • 中戦車らしからぬ大きい車体
  • 相変わらず薄い正面車体下部装甲
  • 課金弾には無力な砲塔正面装甲
  • 同格MT中でワースト2位の劣悪な隠蔽率
  • 中戦車としては遅い車体・砲塔旋回速度

歴史背景

詳細

 

BLITZ公式サイトより
ドイツ陸軍は、E シリーズ戦車のトランスミッションを車輌後部に配備することを要求していましたが、E 50 および E 75 戦車はティーガー II(Tiger II) のエンジン・トランスミッション室を流用したため、この要求は実現できませんでした。この E 50 M 型 (Ausf. M) は、E 50 計画の再設計案であり、トランスミッションを車輌後部に配置する方式でした。

 

PC版wikiより
WG社の架空車両である。E 50(及びTiger II)と車体形状の似ているAMX-45(PC版のみ)と比較した結果、後輪駆動にした方が理想的であると判断された。また、本車の型式として使われている「M」は、車両設計者のVsevolod Martynenko氏の頭文字ではないかという指摘がある。

 

結論
Eシリーズは様々な新機軸が検討されたが、その一つがトランスミッションを車体後部にするという内容だった。結局実現はなされなかったが、実際にこれがE50に採用した際を想像してWGがデザインし命名したのがこの戦車である。つまりWGデザインではあるものの、構想はナチス・ドイツによるものといった戦車である。Jg.E100も同じ立ち位置の車両である。
因みにE50MはWoTの戦車で唯一WarGamingが特許を取っている戦車である事で有名である。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)はトラブルの原因となることがあるため、無記入を推奨しています。
Mバ報告などは戦果報告板へ。コンテナ(ガチャ)結果などはドロップ報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら反応せずに通報してください。非表示設定にしても通報は行われません。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。

リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。

    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ