M-VI-Yoh

Last-modified: 2021-06-12 (土) 00:20:51

Tier 10 アメリカ 重戦車 M-VI-Yoh

 

その他の画像

アップデート8.0で追加された、ツリーでは3台目のTier10アメリカ重戦車。
105mm砲×3発か120mm砲×2発のローダーのどちらかを選択できる上、履帯大破の状態でも後退可能であるというこれまでに無い特徴を持つ。
また、PBRテクスチャに対応している。
余談だが、本車両は他のアメリカ戦車と比べると色が少し独特。

 

基本性能(v8.0.0)

※以下の数値は最終装備、搭乗員100%時の数値

車両名Tier国籍タイプ耐久値
(hp)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/時)
重量
(t)
超信地
旋回
射界
(度)
隠蔽率
静止中/移動時/発砲時
(%)
本体価格
(クレジット)
M-VI-YohXアメリカ重戦車2450175/65/403553.13全周8.0/4.0/2.00000000
 

主砲

機関砲(オートローダー砲)

Tier名称弾倉
装填時間
(秒)
弾倉
装弾数
(発)
砲弾
装填時間
(秒)
発射速度
(rpm)
弾種平均
ダメージ
(hp)
平均貫通力
(mm)
DPM
(hp/分)
弾速
(km/時)
着弾分布
(m)
照準時間
(秒)
仰俯角
(度)
0名称00.0000.0000.00AP
APCR
HE
000
000
000
000
000
000
0000
0000
0000
000
000
000
0.000.00+0/-0
 

※「着弾分布」:100mでの着弾分布。
※「照準時間」:照準円が最大まで広がった状態から、3分の1の大きさへ収束するまでにかかる時間。ゲーム内では最小の大きさへ収束するまでにかかる時間が表示されています。

 

砲塔

Tier名称装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
旋回速度
(度/秒)
視界範囲
(m)
0名称000/000/00000.00000
0名称000/000/00000.00000
 

エンジン

Tier名称出力
(馬力)
0名称000
0名称000
 

履帯

Tier名称旋回速度
(度/秒)
0名称00
0名称00
 

派生車両

派生元:M-V-Yoh

 

開発ツリー

M-V-YohM-VI-Yoh
255,000

105 mm T123E2

120 mm T123E1
72,500

M-VI-Yoh

Continental AOSI-1490-1

M-VI-Yoh
 

:必要経験値
:必要クレジット

 

解説

硬めの砲塔に2種の攻撃的な主砲、壊れても動ける履帯が特徴。その中でも2つの主砲のうちの1つである120mm砲の瞬間火力の高さが最大のウリ。

車体

車体上部は175mm装甲でこれまで通りの丸みのある形状をしており、脇にいくにつれて傾斜が鋭くなっている。
中央部は傾斜込みで270mmほど、外縁部は300mm以上の実質装甲厚がある。
APの標準化を考慮すると中央部は245mmほどと重戦車では通常弾、中軽戦車は課金弾で簡単に貫通される。APCRの標準化では255mm程度となるが、中軽戦車は通常弾がAPCRの車輛も多いためそれらに対しては跳弾が見込める。ただ車高が低く、数値通りの防御力が常に発揮されるとは限らないため過信は禁物。
外縁部はAPの標準化を考慮しても270mm以上の実質装甲厚があるが、いずれにせよ重戦車や駆逐戦車には無力である。
車体下部は130mm程度と弱点部位であるのは変わらないものの、左右にある履帯を支える支柱は220mm以上が確保され、M-III-Yohであったような通常の榴弾が貫通するようなことはなくなっている。ただし、ワンパンマンのペネアップHESHは例外で下部全域が貫通可能である。
側面は65mmでこのTier帯では全く頼りならず多くの車輛の榴弾が貫通する。この薄さから豚飯等は推奨されない。

 

砲塔

前身のような異常なまでの避弾経始の形状ではなくなったが、それでも高い防御力を持っている。
全体的に400mm以上が確保され、いかなる車輛の砲弾も無効化するが、砲身脇のみ傾斜が緩く、実質300~320mm程で重戦車や駆逐戦車の課金弾であれば多くの車輛で貫通可能となる。
また左右にある砲塔を支える支柱は245mmほどで標準化を考慮しても多くの通常弾で貫通することが出来るほか、2つあるキューポラは大きめで防御力も120~200mm程度と貫通力の低い車輛からは必然的にこれらの部分を多く狙われることになる。
揺動式砲塔のためエミールと同様に仰角を取ればキューポラの3分の1ほどが隠れ、傾斜も増すため貫通可能な範囲はかなり狭くなる。(フリフリを併用すればさらに信頼性は高まる)
長い再装填時間に防御力を上げるのに非常に有効なテクニックであるのでぜひ覚えておきたい。

 

主砲

ローダー系でありながら瞬間火力と高DPMを併せ持ち、照準や精度も優秀な105mm砲と他の性能を犠牲にして瞬間火力を突き詰めた120mm砲との選択が可能。
扱いやすさを取るか、個性を取るかはプレイヤー次第であるが、いずれの砲も俯角は-10°取れ、瞬間火力が高い点は共通している。

  • 105mm T123E2
    300×3発の合計火力900のオートローダー砲。射撃間隔は2.5秒、5秒で撃ち切れるなどローダー砲としての性能は良好で、他のローダー車輛を使っていればよく馴染むだろう。
    貫通力は120mm砲を上回っており、通常弾で258mm、課金弾で330mmと良好。ローダー系であるため換気扇よりも砲弾調整の方が搭載が望ましいことを鑑みると、十分な貫通力を有する。
    単発火力は300とTier10重戦車で最低値であり同格中戦車並みだが、DPMは3024*1チーフテンに次ぐ同格重戦車2位とかなり高く、瞬間火力と総合火力をハイレベルで併せ持つ。とは言えマガジンの再装填には13秒ほど要するため、引き続き無防備な時間をどうするかが重要である。
    口径が小さいためか、照準速度や精度はかなり優秀であらゆる場面で十分に性能を発揮できるだろう。加えて移動時や砲塔旋回時の砲拡散も極めて低くハルダウンとの相性は抜群である。
 
  • 120mm T123E1
    450×2発で合計火力900のオートローダー砲。
    最大の魅力は何と言ってもその射撃間隔でわずか1.7秒とローダー系ではチリに次ぐ短さを誇り、2秒足らずで900ダメージを叩き込める。
    120mm砲でありながら、単発火力が450と高く1発しか撃てなかった場合*2や課金弾を使用した場合も存在感は十分にある。
    貫通力は通常弾が252mm、課金弾が320mmとやや低めであるが、砲弾調整を搭載すればあまり問題にならないだろう。
    上記の瞬間火力特化にした影響でDPMは低めに抑えられており、再装填には20秒ほどかかるため、105mm砲よりも隙は大きい。
    照準速度や精度は105mm砲よりも悪く、照準に関しては口径相応といった数値だが、精度はE 100の15cm砲と同等でかなり悪い。
    幸いにも砲拡散は良好なので数値ほど悪くは感じない場面が多いが、近距離での戦闘が望まれる。
 

機動性

 

立ち回り方

 

特徴

長所

  • 優れた瞬間火力
  • 優れた避弾経始を持つ砲塔装甲
  • 小柄な車体による被弾面積の小ささ
  • 予備履帯により履帯破損時の隙が小さい
  • 良好な照準時間・砲精度(105mm砲)
  • 高いDPM(105mm砲)
     

短所

  • 非常に長い弾倉装填時間(120mm砲)
  • 低めのDPM(120mm砲)
  • 劣悪な砲精度(120mm砲)
  • Tier10重戦車の中で最低の単発火力(105mm砲)
  • 分かりやすい弱点のキューポラ
  • やや頼りない車体
     

歴史背景

 

コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)はトラブルの原因となることがあるため、無記入を推奨しています。
Mバ報告などは戦果報告板へ。コンテナ(ガチャ)結果などはドロップ報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら反応せずに通報してください。非表示設定にしても通報は行われません。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。

リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。

    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!


*1 搭乗員100%食料2種搭載
*2 あまり機会はないが