Top > ネクロマンサー

ネクロマンサー

Last-modified: 2019-08-13 (火) 07:15:37
収録拡張コストカード種別効果
夜想曲4アクション廃棄置き場にある持続カードでない表向きのアクションカード1枚を使用する。そのアクションカードは廃棄置き場に置いたままにし、このターンの間だけ裏向きにする。
--------------------
準備: ゾンビカード3枚を廃棄置き場に置く。

概要 Edit

廃棄置き場にあるカードをプレイする。死んだはずのカードが一時的に蘇る姿はまさしくネクロマンサーにふさわしい。ゲーム開始時に3枚のゾンビカードが廃棄置き場に加わるが、ゾンビの弟子がアクションの廃棄に便利な程度で、いずれもわざわざ使いたいほどの性能ではない。廃棄置き場が充実してくると大君主はみだし者のように便利な多目的カードとして使える。
一方で、こちらがあくせくと廃棄に勤しんでようやく本領発揮というタイミングで相手にも使われるとフリーライドされて損。単に廃棄するよりも廃棄によって利益を得られるサプライのほうが使いやすい。イメージ通り暗黒時代のカードとはシナジーが多め。

利用法 Edit

  • 略奪祝宴死の荷車のような使い捨てカードを何度も使う。
  • 騎士場では死んだはずの騎士が蘇って生者に襲いかかる。
  • 廃棄時効果が強力なカードを廃棄しながら代わりにネクロマンサーでプレイする。
  • 行進で廃棄したカードをプレイする。
  • 待ち伏せがあればアクションカードを直接廃棄置き場に送り込める。他プレイヤーに廃棄置き場のアクションを拾われる可能性もあるが。
    • 下手をするとゾンビを回収されて何もできないカードにされてしまう可能性すらある。

詳細なルール Edit

  • ネクロマンサーを使用するゲームでは、廃棄置き場にゾンビが3枚表向きで置かれた状態でゲームが開始される。
    • ゾンビは3コストなので、ネクロマンサーを使用するゲームでは、盗賊はゾンビ(=3~6コストのカード)を廃棄置き場から獲得した後でないと、他プレイヤーのデッキのカードを廃棄する効果を使用できない。
  • ネクロマンサーの効果で廃棄置き場のカードを使用する際には、アクション回数を消費しない。
    • ネクロマンサー自体は使用した時に1回だけアクション回数を消費している。
  • 「ネクロマンサーの使用」「ネクロマンサーの効果による廃棄置き場のアクションの使用」は、共に『アクションの使用』である。
    • 例えば、ターン開始後「を使用→ネクロマンサーを使用→ネクロマンサーで廃棄置き場の共謀者を使用」と処理した場合、この共謀者は「3回目のアクション」になるので「+1カードを引く、+1アクション」を得る。
  • ネクロマンサーの効果で廃棄置き場のアクションを使用する際、そのアクションの由来する山札に『(教師などで置く)各種プレイヤートークン』があれば、その効果を得る。
    • ネクロマンサーの山札に+1金トークン、鍛冶屋の山札に+1購入トークンが乗っている状態で、「ネクロマンサーを使用→ネクロマンサーの効果で廃棄置き場の鍛冶屋を使用」と処理した場合、まず(ネクロマンサー分のトークン効果で)+1金を得て、その後(鍛冶屋分のトークン効果で)+1購入を得て、その後鍛冶屋の効果で+3カードを引く。
  • ネクロマンサーの効果で廃棄置き場のアクションを使用する時、使用したカードは場に出ない。よって、「場に出ていることが条件の効果」は発揮されず、「場に出ているカード数」にも数えない。
    • 廃棄置き場の街道を使用した場合、「+1カードを引く、+1アクション」は得られるが、「このカードが場に出ているかぎり、カードのコストは1少なくなる」の効果は発揮されない。
    • 使用した廃棄置き場のカードに対して、御料車を呼び出すことはできない。(ネクロマンサー自体に御料車を呼び出すことはできる)
    • 場(=プレイエリア)から捨て札になることもないので、トラベラーの交換効果は発生しない。
    • 廃棄置き場のはみだし者大君主を使用した場合、「サプライのアクションとして使用する」という効果は得られるが、プレイエリアに出ていないので『そのカードとして扱う』という効果は発揮されないことに注意。
      • 「ネクロマンサーの効果で廃棄置き場のはみだし者を使用→はみだし者をサプライの岐路として使用」とした場合、通常と違い、はみだし者は「カード名『はみだし者』」のままなので、「そのターン最初に使用した岐路」とはならず、+3アクションを得られない。
      • 「ネクロマンサーの効果で廃棄置き場の大君主を使用→大君主をサプライの墓暴きとして使用」とした場合、通常と違い、大君主は「コスト<8>」のままなので、墓暴きの効果で「この使用した廃棄置き場の大君主を獲得する」ということはできない。
  • 「そのアクションカードは廃棄置き場に置いたままにし」とは、「使用したカードの『自身を移動させる効果』は処理に失敗する」という意味である。自身以外を移動させる効果は制限を受けない。
    プレイしたカードの効果を得るために『自身を移動させる効果の処理を行ったこと条件となっているか?』については注意が必要。
    • リザーブカードの「自身を酒場マットの上に置く」という処理は失敗する。
      • 廃棄置き場のワイン商を使用した場合、「+1カードを購入、+4コイン」は得られ、「酒場マットへの移動」に失敗する。よって、実質的にデメリットがなくなる。
    • 自身の効果で「自身を廃棄する(=廃棄置き場に移動する)」という処理は失敗する。
      • 廃棄置き場の鉱山の村を使用した場合、「+1カードを引く、+2アクション」は得られるが、「自身を廃棄した場合+2金」は(自身の廃棄が条件となっているため)効果を得られない。
      • 廃棄置き場の抑留を使用した場合、「+2コイン」は得られ、「自身を廃棄する」には失敗し、「サプライの山札に抑留トークンを置く」は(自身の廃棄が条件となっていないため)効果を得られる。
        ※いずれの場合も、『カードの廃棄』には失敗しているので、『カードの廃棄に誘発する効果(墓標など)』を誘発させることはできない。
    • 自身の効果で「自身を脇に置く(=脇に移動する)」という処理は失敗する。
      • 廃棄置き場の王子を使用した場合、「自身を脇に置く」という処理に失敗し、(その後の効果は自身を脇に置くことが条件となっているため)何も効果を得られない。
      • 廃棄置き場のを使用した場合、「自身を脇(島マット)に置く」という処理に失敗するが、(自身を脇に置くことが条件となっていないため)「手札1枚を脇(島マット)に置く」を行う。
      • 廃棄置き場の陣地を使用した場合、「+2カードを引く、+2アクション」は得られ、「金貨鹵獲品を公開しなかった場合に脇に置く」という処理に失敗し、自身をサプライの山札に戻すこともなくなる。よって、実質的にデメリットがなくなる。
    • 自身の効果で「自身を山札に戻す(=山札に移動する)」という処理は失敗する。
      • 廃棄置き場の狂人を使用した場合、「+2アクション」は得られるが、(「自身を山札に戻すことが条件となっているため)「手札1枚につき+1カードを引く」の効果は得られない。
      • 廃棄置き場のExperimentを使用した場合、「+2カードを引く、+1アクション」は得られ、「サプライに戻す」に失敗する。よって、実質的にデメリットがなくなる。
    • 一方で、「廃棄置き場にあるカードを獲得する」という効果は、(結果的に自身を対象にしていても)「自身を移動させる」という効果ではないので、失敗しない。
      • 廃棄置き場の墓暴きを使用した場合、廃棄置き場にあるコスト3~6のカード1枚を獲得する効果を発揮できる。この時、使用した墓暴き自身を獲得しても良い。
  • ネクロマンサーの効果で廃棄置き場の持続カードを使用することはできない。
    • ただし、ネクロマンサーの効果で廃棄置き場のはみだし者大君主を使用し、その効果でサプライのアクションー持続カード(の効果)を使用することはできる。
      この場合、「持続カードをコピーしたはみだし者/大君主は場に出ていない」「持続カードの『次のターンに得る効果』は、使用時点で予約される」という点に注意して処理を行う。
      • 具体的には、灯台橋の下のトロルの「場に出ていることを条件にする効果」以外は全て(次のターンに得る効果なども含めて)効果が発揮される。
        そしてネクロマンサー自体は何も持続効果を発揮していないので、このターンのクリーンアップフェイズに捨て札に置かれる。
  • 玉座の間などでネクロマンサーを複数回プレイする場合、1回毎にプレイするカードを決め、そのカードを裏返す。
    • プレイする度に別々のカードを選ぶ必要がある。
  • 廃棄置き場にある裏向きのカードの表側は誰でも自由に見ることができる。
  • 廃棄置き場にある裏向きのカードは墓暴きなどで獲得できる。
    • 廃棄置き場から獲得した裏向きのカードを再度廃棄した場合、表向きに廃棄置き場に置く。

関連カード Edit

拡張名前関連
夜想曲ゾンビの弟子手札から1枚アクションカードを廃棄してよい。そうした場合、+3ドロー+1アクション
夜想曲ゾンビの石工デッキトップのカードを廃棄する。廃棄したカードの+1コストまでのカードを獲得してよい。
夜想曲ゾンビの密偵+1ドロー+1アクション、自分のデッキトップを見て捨てるか元に戻すかを選ぶ。

コメント Edit

  • 「①ネクロマンサーを使用→②(①の効果で)廃棄置き場の大君主を使用→③(②の効果で)サプライのネクロマンサーを使用」とした場合、この時②で使用した大君主は「①の処理が完了していないのでまだ裏向きになっていない」「場に出ていないので大君主のまま」なのではないでしょうか?そうであれば、③→②→③→②…と無限に続けられ、ネクロマンサーと大君主の山札に+1コイントークンと+購入トークンがあった場合は無限コインと無限購入権が獲得でき、サプライのカードを全て購入しきることができるのでは?と考えています。 -- 2019-05-14 (火) 11:16:57
  • ネクロマンサーでアクションカードを選択した時点でカードを裏返すのが正しいルールだったと思います。もしアクションの解決後に裏返すのであれば、ネクロマンサーで廃棄置き場のネクロマンサーを選択し、そのネクロマンサーで自身を選択し・・・と無限に続いてしまうので -- 2019-05-29 (水) 14:04:47
  • 効果がカ一(いち)ドになってるよ -- 2019-08-09 (金) 19:32:36

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White