ワイン商

Last-modified: 2021-05-09 (日) 12:54:05
収録拡張コストカード種別効果
冒険5アクション-リザーブ+1カードを購入
+4コイン

このカードをあなたの酒場マットの上に置く。
--------------------
あなたの購入フェイズの終了時、支払っていないコインが2以上ある場合、このカードをあなたの酒場マットから捨て札にしてもよい。

概要

瞬間的に金量を生み出す木こり。これ1枚で4金を生み出すものの、一度使うと酒場マットに移動してしまうデメリットを持つ。
毎ターン1枚使って戻すなら差し引き2金を生み出すだけのコストの高い木こりになってしまうため、活かすには何かしらの工夫が必要。
酒場マットに複数枚のワイン商があっても2金残せば一挙に戻せる性質を活かし、お得に運用するのが最も手っ取り早く有効。
デッキがシャッフルされるタイミングまでに捨て札にできれば使用回数は減らないので、金量に余裕のあるターンに後回しにしたり、最後にまとめて捨て札にするのも良いだろう。
他にも、瞬間的な金量を出すのに優れているので、7コスト帯など1枚欲しい高額カードを買うときや荒れ場で活躍する。

利用法

  • 玉座の間等で複数回使用すると8金以上が出せ、購入も増える。
  • 使節団の追加ターンであれば、2金余らせやすい。
  • 公会堂があれば2勝利点を得つつワイン商を酒場マットから捨て札にできるので無駄がない。
  • 元手であれば、負債の返済前に2金余らせればよいので無駄がない*1
  • 場に残らない性質上、インプコンクラーベとは相性が良い。一方で豊穣の角笛御料車とは相性が悪い。

詳細なルール

  • このカードは使用時に場に残らず、酒場マットに置かれる。
  • 酒場マットの上にあるカードはクリーンアップフェイズに捨て札にならない。ワイン商は自身の効果によって購入フェイズ終了時に2金以上余っている際に捨て札にでき、これを行うまで酒場マットに残り続ける。
  • ゲーム終了時に酒場マットの上にあるカードはデッキに含まれる。
  • ワイン商が酒場マットにある時の、購入フェイズ終了時に2金以上余っていれば捨て札にできる効果について
    • 2金以上余っていても、ワイン商を捨て札にせず酒場マットに残したままでも良い。
    • 「2金以上残っていること」はワイン商を捨て札にする条件であり、捨て札にする効果を適用しても2金が消費されるわけではない。
    • 2金以上余っていれば、複数枚のワイン商を全て酒場マットから捨て札にすることができる。
  • ワイン商を酒場マットから捨て札にするタイミングは『購入フェイズ終了時』である。
    • クリーンアップフェイズでも夜フェイズでもない。
    • 購入フェイズにヴィラを獲得した場合、アクションフェイズに戻るが、これは購入フェイズが終了したわけではないので、2金以上余っていてもワイン商を捨て札にできない。
    • 他に購入フェイズ終了時に発生する効果があれば、それらは同時に発生し、プレイヤーが好きな順で解決できる。
      • 購入フェイズ終了時に2金余らせておく→酒場マットにあるワイン商を捨て札にする→野外劇の効果で1金を支払い、+1 財源を得る…という動きができる。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



リザーブカード
王国カード鼠取り法貨()案内人複製変容御料車ワイン商遠隔地()
サプライ外教師



*1 元手で負債が発生するのはクリーンアップフェイズ(購入フェイズの終了時よりも後)である。