物乞い

Last-modified: 2020-05-19 (火) 23:49:09
収録拡張コストカード種別効果
暗黒時代2アクション銅貨3枚を獲得し、あなたの手札に加える。
リアクション他のプレイヤーがアタックカードを使用したとき、あなたはこのカードを捨て札にしてもよい。
そうした場合、銀貨2枚を獲得し、そのうち1枚をあなたのデッキの一番上に置く。

概要

銅貨を手札に加えるアクションカード。使用したターンには金貨並みの金量を発生させる。しかし、すごい勢いでデッキが銅貨まみれになるので、何も考えずに使い続けると5金以上出すのが難しくなる。デッキのシャッフルが来る前にゲームが終わるようなタイミングであればデメリットは無視できるし、荒れ場であれば銅貨でもありがたい。
リアクション効果は、このカードを捨て札にし、銀貨2枚を獲得する効果。その内1枚はデッキの一番上に獲得する。デッキのカードを捨てるor廃棄するアタックか、手札が5枚以上の際に影響を受けるアタックへの対抗策となる。

利用法

  • 物乞い庭園
    • 物乞いでデッキ枚数を増やしつつ、銅貨も増えるので庭園や公領も購入しやすくなる。
  • のある場で銅貨の山札切れを狙う。
  • 手札の枚数は増えるので、保管庫工匠で捨て札にして利益を得る。
  • 傭兵の廃棄材料を供給し続ける。この場合、手札に加わるのが重要。購入権が増やしにくい状況で特に有効。
  • ターン中に獲得したカードの枚数によって効果が上昇するカードやイベントとの相性が良い。
    • 凱旋で一発大量得点を狙ったり、使ったターンの夜に修道院銅貨を即廃棄したり。
  • ギルド集会所と組み合わせると、6金相当の金量が発生する。3金分はコイントークンで余らせることも可能なのでより強力になる。

詳細なルール

使用時効果 について

  • 銅貨が2枚以下しかサプライに無い場合、残った銅貨を全て手札に加える。
  • 銅貨の獲得は強制である。サプライに銅貨がある限り、必ず3枚手札に加えなければならない。
  • 物乞いを使用した際、獲得される銅貨は捨て札置き場を経由せず、直接手札に獲得される。
    捨て札置き場から移動する訳ではないので、 望楼でリアクションし、手札に加えた銅貨を廃棄orデッキトップに置くことができる。
    また、玉璽追跡者が場にある場合、獲得した銅貨を手札からデッキトップに置いてもよい。

リアクション効果 について

  • 仕切り線以下は他のプレイヤーがアタックカードを使用した時に誘発する使用時誘発効果である。リアクションするタイミングは、アタックカードが使用されて場に出た直後、その効果を処理する前である。
    • よって、詐欺師など、デッキの一番上のカードを廃棄するor捨て札にするアタックに対してリアクションした場合、デッキの一番上に置いた銀貨が対象となる。
      デッキの他の強いカードを守ることにはなるが、海賊船のアタックにリアクションすると、デッキから銀貨(=財宝カード)が確実に公開されてしまうことになる。
    • 例えば、手札が5枚の状態でリアクションすると、アタックの効果を処理する前に物乞いを手札から捨て札にするので、手札は4枚となる。これにより、「手札が5枚以上のプレイヤー」が対象となるアタック(寵臣略奪収税吏夜襲恐怖悪党)から逃れられる。
  • 物乞いをリアクションした際の厳密な処理は以下の通り。
    1. 物乞いを手札から捨て札にする。
    2. 銀貨1枚を獲得し、デッキトップに置く(捨て札置き場を経由しない)。
    3. 銀貨1枚を獲得し、捨て札置き場に置く。
  • よって、サプライに銀貨が1枚しかない場合、それはデッキの上に置かれる。
  • カードテキストからはわかりにくいが、②の銀貨は捨て札置き場を経由していないので、以下の各種「カードを移動する効果」は移動阻止ルールに抵触せず、問題なく処理できる。
    • 望楼でリアクションし、デッキトップに獲得した銀貨を廃棄することができる。
    • デッキトップに獲得した銀貨を取り替え子に交換することができる。この場合、交換した取り替え子は捨て札置き場に置かれる。
    • デッキトップに獲得した銀貨を貨物船の効果で脇に置くこともできる。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White