Top > RPD

RPD

Last-modified: 2019-11-29 (金) 18:31:16

図鑑順一覧 (未実装込み) | ランク別一覧(未実装込み) | 銃種別一覧 (未実装込み) 〕



基本情報 Edit

No.084基本情報
RPD.jpg名前RPD
ランク★3
銃種マシンガン
製造時間製造不可
CV野水伊織
イラストSam_Ashton
Lv.MAX時ステータス
HP825(165×5)
火力82射速121
命中34防御-
回避34弾薬8
SD
[添付]
自己紹介
-
入手方法
日本版未実装
2019年12月ログインボーナス
陣形効果
RPD_tile.jpgショットガンに有効
射速上昇16%

スキル Edit

スキル名効果(Lv.10)
火力集中MG.jpg火力集中MG6秒間、自身の火力を65%上昇させる
レベル12345678910
開幕CT8s
CT         18s
効果         65%
持続時間         6s

セリフ Edit

セリフ一覧を開く

重傷イラスト Edit

重傷時のイラストを開く

性能 Edit

総評 Edit

 ステータスに恵まれない火力集中MG

  • 2弾倉目程度の戦闘で真価を発揮するスキル「火力集中MG」を持つ★3MG。
  • 他の低レアリティ・同スキルMGと比べると火力の低さと装弾数の少なさが仇になる。
  • 性能と入手しやすさの面では、レベリングのメッカ4-3eでドロップするMG42が優先されるだろう。
    この子のことを気に入ったプレイヤーはぜひ育ててみよう。
     
  • 参考:火力集中MG同士での比較
    名前HP火力命中回避射速装弾数スキル陣形範囲
    RPD★3825823434121865%射速16%RPD_tile.jpg
    MG42★38259223261321065%火力22%MG42_tile.jpg
    MG34★28258522251201060%火力20%MG34_tile.jpg
    M1918★4785963133114870%防御10%/火力15%M1918_tile.jpg

スキル Edit

  • 開幕CT8秒で火力を大幅に上昇させるスキル。
  • 開幕CTが遅いため1弾倉目で終わるような戦闘には向かない。
    2弾倉目程度の中期戦が主戦場となる。

陣形バフ/編成 Edit

  • 左右の斜め前に射速バフを付与する。
  • SGにとって射速バフはそこまで重要ではない。
    M37などのダメージスキル持ちSGの射速調整や、97式散などの火力バフ型SGであれば射速バフを比較的有効活用できる。

装備 Edit

  • 徹甲弾/ホロサイトorオプティカルサイト/アサルトパック
  • 幸いにも命中は高めなため、低い火力を補うためにホロサイトかオプティカルサイトが推奨。
先行サーバーで実装されている専用装備について

キャラについて、小ネタ Edit

  • 実は中国語版初のログインボーナス人形である。
ストーリーのネタバレなど

元ネタ Edit

正式名称Ручной пулемёт системы Дегтярёва
種類軽機関銃開発国ソビエト連邦
製造メーカーヴァシリ・A・デグチャレフ設計生産対象ソ連軍
生産期間採用国家
口径7.62mm弾薬7.62×39mm弾
装弾数100発射速度650発/分
初速735m/秒有効射程100~1000m
全長1037mm重量7.5kg(本体重量)、8.9kg(弾薬とドラムマガジン付き)

簡単な説明 Edit

  • RPDはソ連の銃器技師ヴァシリ・デグチャレフが開発した分隊支援火器。
  • デグチャレフは第二次世界大戦において活躍したDP28軽機関銃を開発した人物であり、戦後にDP28の給弾方式をベルトリンク式に改良したRP-46という機関銃を開発したのだが、弾薬がボルトアクションライフル用の7.62mm×54R弾のままだった事から、動作が不安定になってしまった。*1
    • そこでデグチャレフは、ほぼ同じ構造でありながら、SKSAK-47用の弾薬であった7.62mm×39弾を使用するマシンガンを開発した。これがRPDである。
  • RPDは基本的にRP-46の構造をそのまま受け継いでいた*2のだが、ドイツのMG34MG42の様なメタルリンク式の弾帯を収めるドラムマガジンを採用している。
    • また、腰だめでも射てる様なスリングも用意されており、射手が積極的に動き回れる様に設計されていた。
  • 自動火器用に設計された弾薬を採用した事で、RPDは軽量かつ動作が安定した分隊支援火器となったのだが、給弾にメタルリンク式を採用していた為に、同じ弾薬を使用しながらAK-47のマガジンが使用できず、交戦中に弾薬の融通が利かないという欠点を持っていた。
    • このため、ソ連軍では後にAK-47*3をベースにしたRPKへと更新されたが、現在でもアフリカや中東などの紛争地帯では現役で使用され続けている。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 連絡取れないって絵師は生きてるの?それとも無視してるだけなのか? -- 2019-06-24 (月) 22:36:21
    • ちょっと調べてみましたがこの方、『薩摩シャモ』の名でも活躍している絵師さんのようです。2018年11月までは新作発表の履歴ありますが、それ以降が・・・? -- 2019-08-31 (土) 10:28:09
  • おお、ログボはこの子か。大陸版ではすでに前線基地で専用装備も用意されててちょっとは使える子になったと聞いてるから、気になってたんだ -- 2019-11-26 (火) 20:12:56
  • 最初期のログボ人形とはいえ、ステとスキルと陣形全てに哀しみを抱えてるな…可愛がるか… -- 2019-11-26 (火) 21:09:30
  • 南半球… -- 2019-11-26 (火) 23:43:21
  • どこぞのyoutuberみたいな名前してんなお前 -- 2019-11-27 (水) 16:24:35
  • 重傷絵が、逆にいまどき珍しいレベルの差分絵だな。絵柄はいいのに。 -- 2019-11-27 (水) 16:34:48
    • 間違いさがしwww -- 2019-11-28 (木) 20:18:12
  • かわいい  -- 2019-11-27 (水) 19:07:53
  • 簡単な説明について追記しました。間違い等があれば訂正をお願いします。 -- 2019-11-29 (金) 18:32:35
  • 上にも書かれてるけどCoD4で使いまくってたなぁ、超火力な上に装弾数が多くて最近のゲームなら間違いなくナーフされるであろう性能してた。おりゃんなぁと思ってたけど中国では初期の実装だったんだね -- 2019-11-30 (土) 00:02:58
  • つまりRPKも来る!? -- 2019-11-30 (土) 13:18:27
    • メタ的に予想すると前線基地に装備だけあるのも何だからとかその程度の理由じゃないかな -- 2019-11-30 (土) 13:38:44
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 7.62mm×54R弾はソ連の自動火器における鬼門と言える弾薬で、ミハイル・カラシニコフは同じ7.62mm×54R弾を使用するPKという傑作機関銃を開発しているが、そのPKも7.62mm×54R弾を使用する事で構造が無駄に複雑になっているという評価をされている。
*2 RP-46はDP28と同様のパンマガジンが使用できたが、この機能は廃止されている。
*3 正確にはAK-47の改良型であるAKM。