AMX ELC bis

Last-modified: 2020-09-04 (金) 12:28:24

Tier 5 フランス 軽戦車 / 日本語表記:AMX製ELC戦車改良型

ELC_AMX_SA32.jpg
↑ 75 mm SA32L
初期状態。初期砲は榴弾砲に近い性能。

 

ELC_AMX_SA44.jpg
↑ 75 mm SA44L

 

ELC_AMX_D915.jpg
↑ 90 mm D. 915
高い威力を持つ90mm砲だが、この砲を搭載すると砲塔が限定旋回となる。

 

ELC_AMX_Side.jpg
側面から。
車高がとても低く、他の車両が平気な浅瀬や竜の歯でも立ち往生してしまう事があるので注意が必要。

 

v0.9.6まで

ELC_75(S).jpg
↑75mm SA32装備の初期状態。

 

ELC_75mm(L).jpg
↑75mm SA44に換装した状態。

 

ELC_90mm.jpg
↑90 mm D 914に換装した最終状態。

 

ELC_takasa.jpg
側面から。

スペック(v1.10.0)

車体

耐久値490
車体装甲厚(mm)25/10/15
最高速度(前/後)(km/h)60/20
重量(初期/最終)(t)6.66/6.76
実用出力重量比(hp/t)26.63
本体価格(Cr)315,000
修理費(Cr)
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
75 mm SA32L13.33AP
HEAT
HE
74
91
38
110
110
175
1,4670.422.3600
480
600
7046
2,800
38
1,520-5°/+13°
75 mm SA44L13.33AP
APCR
HE
100
129
38
110
110
175
1,4670.42.1735
919
735
6070
2,800
38
1,400
90 mm D. 9154.29AP
APCR
HE
120
150
45
240
240
320
1,0290.382.9930
1,163
930
44255
4,800
255
1,560
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
AMX ELC bis20/15/1044360500
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
SOFAM de 150 cv15020340
SOFAM de 180 cv18015400
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
AMX ELC7.3361,500
AMX ELC bis7.95381,500
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
ER 52300100
SCR 508400100
 

乗員

1Commander(Gunner/Radio Operator/Loader)2Driver
 

拡張パーツ

改良型換気装置Class3装填棒Class2砲垂直安定装置Class2改良型旋回機構Class2改良型照準器Class2追加グローサーClass2
改良型無線機×車長用視覚システム×改良型モジュール構造Class2改良型装甲材Class2内張り装甲Light
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時21.89%5.21%
移動時21.89%5.21%

(90mm砲搭載時)

 

派生車両

派生元AMX 40(LT/14,900)
派生先AMX 12 t(LT/28,150) / Panhard AMD 178B(LT/32,030)
 

射界(※90mm砲搭載時のみ)

射界左15°/右15°
 

開発ツリー

クリックで表示

75 mm SA32L
(初期/11,000)
75 mm SA44L
(2,700/27,200)
90 mm D. 915
(3,880/61,000)
AMX 12 t
(28,150/875,000)
AMX ELC bis
(初期/4,800)
ER 52
(初期/0)
SCR 508
(1,460/21,600)
SOFAM de 150 cv
(初期/700)
SOFAM de 180 cv
(1,100/15,800)
AMD 178B
(32,030/895,000)
AMX ELC
(初期/4,200)
AMX ELC bis
(2,420/9,510)
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v0.9.7「ELC AMX」から「AMX ELC bis」に改称
HDモデル化
v0.9.18SCR 508無線機を追加
75 mm SA44L、75 mm SA32Lを追加
SOFAM de 180 cvエンジンを追加
ER 53無線機を削除
75 mm SA44、75 mm SA32を削除
SOFAM 8 Gxbエンジンを削除
AMX ELCサスペンションの移動時・車体旋回時の拡散を26%減少
AMX ELC bisサスペンションの移動時・車体旋回時の拡散を28%減少
90 mm D. 915の砲旋回時の拡散を15%増加
90 mm D. 915の装填時間を12秒から14秒に変更
90 mm D. 915の通常弾の貫通力を170mmから120mmに変更
90 mm D. 915の課金弾の貫通力を248mmから150mmに変更
最高速度を65km/hから60km/hに変更
後退速度を23km/hから20km/hに変更
AMX ELC bis砲塔のモジュールTierを4から5に変更
耐久値を400から320に変更
75 mm SA44L、75 mm SA32L搭載時に砲塔全周旋回可能に変更
搭載可能な拡張パーツに砲垂直安定装置 Mk 1を追加
v1.4.0派生先車輌にPanhard AMD 178Bを追加
v1.9.075 mm SA44Lの総弾数を48発から60発に変更
75 mm SA32Lの総弾数を60発から70発に変更
90 mm D. 915の総弾数を36発から44発に変更
修理費用を35%ダウン
収益性を5%ダウン
HPを320から490に変更

解説

  • 概要
    v0.7.5で追加されたTier5フランス軽戦車
    戦後、ELC計画に基づいて開発された試作空挺戦車の改良型である。
    前身AMX 40から打って変わり、装甲と引き換えに快速と打撃力を併せ持つ。この車輌からフランス快速車輌ツリーがスタートとなる。
    偵察能力の高さから人気が高く、全車輛中4位の使用率を誇る。*1
     
  • 火力
    初期砲はTier4相当の性能なため早急な換装が望ましいが、アップデートにより全ての砲が専用装備となり他車から引継ぐ事ができなくなっている。幸い75 mm SA44Lへのリサーチは近いのでフリー経験値の使用も検討したい。
    最終候補は全周砲塔で扱いやすい75mm砲と、単発火力と貫通力に優れる90mmの二択。
    どちらの砲も発射速度の遅さからDPMが低めで、俯仰角も-5°/+13°しかない難点がある。
    • 75 mm SA44L
      発射速度が若干劣る以外、Tier相応で可もなく不可もなくといった性能。
      このTierの軽戦車が使用できる75mm砲としては弾速もそこそこ速く、遠距離の敵も狙いやすい。
      精度や課金弾の貫通力も特筆すべき点はないが、アップデートにより全周砲塔での使用が可能になった事で取り回しが良くなり、NDKや置き偵からの攻撃も低リスクで行えるようになった。
       
    • 90 mm D. 915
      AMX ELC bisの史実砲。
      Tier5軽戦車としては極めて優秀な単発火力を持ち、貫通力も同格中戦車レベルの十分な値を併せ持つ。弾速もかなり速い。
      反面、発射速度・照準時間が非常に遅い。
      最大の特徴は、この砲を搭載すると砲塔が限定旋回となり、左右の射界が制限されてしまう点にある。
      つまり、駆逐戦車のような待ち伏せ向きの砲性能であり、行進間射撃や逃げ撃ちなどを他の快速戦車のように行う事は出来ない。このため接近戦には滅法弱く、基本的に格下軽戦車にも撃ち負けてしまう。
      また、スナイパーモードで周囲を見渡せなくなるため、茂み越しの置き偵察を出来る15mの調整が難しく、慣れていないと「全周を監視していたつもりが側面視界は茂みに遮られていた」という事も起こりうる。
      この砲を使うのは、できれば通常視点で15mを感覚的に扱えるようになってからの方が良いだろう。
      こうした特徴から75mm砲に比べて極端に扱いの難しい砲ではあるが、使いこなせば戦局を大きく左右できるポテンシャルを秘めている。
      高い威力と後述する極めて優秀な隠蔽性と絡めれば、待ち伏せからの一撃や、格上の瀕死車輌へのとどめなどで、普通の軽戦車には真似のできない戦果を上げる事が出来るだろう。
       
  • 装甲
    耐久力は490と殆どのTier4軽戦車より低い
    装甲も無いに等しいため、遮蔽物の無い場所で見つかると容易に致命傷を受けてしまう。
    このため、随一の隠蔽率や車高の低さを活かして被弾率を下げる事が重要になる。
    車体の軽さから車両同士の接触による被害も大きく、味方との接触は勿論のこと、相手から仕掛けてくる可能性にも常に警戒しておこう。乗員が2名と少ないため、負傷による撃破扱いと車長(無線手、装填手、砲手を兼任)と操縦手(機動性)の負傷によるスキル低下にも注意しなければならない。
     
  • 機動性
    アップデートにより以前ほどの驚異的な加速を失い、同格軽戦車では最も鈍い。
    最高速度と出力重量比そのものは軽戦車として平均レベルにあるのだが、マスクデータである履帯の地形適応が非常に悪い数値に設定されており、加速が鈍く、減速しやすい。
    加えて、馬力自体は180hpしかないため、体当たりで塀や建物を壊したり樹木をなぎ倒して移動しようとすると一気に減速する。
    また、高速走行時はちょっとした段差でフリスビーのようにスピンしながら飛んで行ってしまう場合がある。落下時にはかなりのダメージや搭乗員の戦闘不能等が発生し、最悪の場合は一撃クラッシュも有り得るので、足元には充分注意しよう。
     
    もし主砲に90mm砲を選択している場合、v0.9.14から導入されたハンドブレーキによるスピンターンの制御は是非会得したい。
    機動性を失ったため以前ほど気軽には使えないが、高速状態から一気に進行方向を約180度反転させることができる手段であるため、駆逐戦車の後ろを取る際などに停車⇒方向転換よりも若干素早く砲を向ける、あるいは少し距離を置いて追われている状況で即座に反撃に転ずるなどのテクニックで射界の狭さを補うことが可能になる。
     
  • 偵察性能
    隠蔽率は全車両の中でもトップクラスであり、茂みに隠れた本車を見つける事は(本車が不用意に発砲しない限り)非常に困難である。
    カモフラージュスキルの恩恵が非常に大きく、カモネットと茂みを併用すれば、50mの強制発見距離まで敵に発見されない事もある。
    視認距離は同格軽戦車と同じ360mなので、被膜や双眼鏡でしっかり補強しておけば 置き偵察→視認→発砲→即退避→再び置き偵察 というサイクルも構築できる。
     
    気を付けなければならない点が無線範囲で、上位無線機のSCR 508を装備してもその範囲はわずか400mしかない。同格軽戦車の中では言うまでもなくブッチギリの最下位である。*2
    このような性能では、少し距離が離れただけで情報が共有できなくなってしまう。敵陣地やマップ端まで行くと味方と通信が途絶しやすく、折角偵察して敵を発見できても支援が望めない状況が有り得る。
    確実に情報を伝える為には味方と通信距離を保つ、もしくは味方に通信距離を保ってもらう必要がある。
    車長の兼務が多くスキル選択が悩ましいが、この車両に乗り続けるなら、六感、カモフラージュの次くらいには信号の増強の取得も検討したい。
     
  • その他の情報

    その他の情報について展開

     
    • 搭乗員
      乗員が2名で車長が操縦手以外を全て兼職しているので、乗員負傷時の性能低下が極めて大きいという弱点もある。
      車長が負傷すると、視界の索敵のみならず、兼役している砲手と装填手と無線手の能力が一気に低下する。
      負傷状態のまま戦っていると全滅の危険性も高いので、救急キットは必ず搭載しておこう。
       
    • 搭乗員スキル
      スキルの習得は計画的に行いたい。
      車長は第六感を最優先し、偵察車両として必要な能力を高めるカモフラージュ視界強化系を付けていくのが無難だ。
      操縦手は車長と比べて取得可能なスキル数が少ないので、偵察車両として鉄板のカモフラージュ、機動性を底上げするオフロード走行等を優先すべきだろう。
      履帯破損の応急対策で修理も出番が多めだ。
      上述の無線の短さから、無線手スキルの信号の増強も付けたいが、本車の車長は付けたいスキルが非常に多く、優先順位的に後になってしまいがちである。
      開発先であるAMX 12 tでは砲手が加わり乗員が3人に増えるため、ツリーを進めるのであれば砲手スキルは習得しないように。また戦友を習得しても、AMX 12 tで加わる砲手が習得するまでは効果を発揮しなくなるため注意が必要だ。ただし、前車のAMX 40で砲手も戦友を取得済みならば問題ない。
      エリート化後に搭乗員訓練の促進を有効にすれば、倍速訓練で操縦手と2人で経験値を山分けできるので成長速度は比較的速めだし、共通スキルであれば2人習得だけであるので発動度も高い。
      乗せ換え先で兼役が無くなった車両でも役立つ共通スキルや車長スキルの優先度が高いと言える。
       
    • 拡張パーツ
      拡張パーツの構成は、v1.10.0での刷新に伴い多様化している。
      視界を強化する蟹眼鏡被膜、隠蔽率を向上させるカモネット消音排気システム、全体的な性能を底上げする換気扇、リロードの遅さを補うラマー、照準の遅さを補うスタビライザー、機動性を向上させるターボチャージャー、照準と機動性の両方を向上させる改良型旋回機構からプレイスタイルに合わせて好きな3つを選ぼう。
       
    • 超信地旋回
      本ゲームでは駆逐戦車、自走砲をはじめとした射界制限のある車輌は(M3 Lee等の中戦車を含めて)超信地旋回が可能となっているが、その中で唯一本車だけが限定旋回砲塔(90 mm D. 915装備)かつ超信地旋回不可となっている。*3
      あまり気にする必要はないものの、不便に感じることもあるため留意しておこう。
     
  • 総論
    アップデートにより突出した加速は失われたが、小柄な車体と高い隠蔽率は据え置きなため、依然として偵察の適性が高い軽戦車である。
    また、駆逐戦車に匹敵する90mm砲の単発火力は一撃離脱と相性が良く、置き偵察と絡めて射線から逃れられる場所ならば、「撃っては即退避」を繰り返すことで火力要員としても運用可能である。高い単発と隠蔽率を併せ持つ本車ならではの戦術の一つと言えるだろう。
    注意すべきは壊滅的な防御面で、格下軽戦車相手ですら撃ち負けてしまう程に弱体化したため、より敵の布陣の把握が重要となっている。機動力の低下も考慮し、引き際の判断は早めに行うよう心掛けたい。
     
    余談だが、本車はゲームに登場する車両の中でも1,2を争う低車高である為、砲の位置が高く俯角の取れない車両相手の場合、相手にピッタリ張り付けば「相手はこちらを狙えないが、こちらは相手を撃てる」という状況が生み出せる。そうそう出会う場面ではないが、いざという時には活用してほしい。ただし、重い相手には軽く衝突しただけでも大ダメージを受ける(位置関係によっては、接触したまま旋回されるだけでダメージを受ける)リスクがある点には注意が必要。75mm砲装備なら、この方法がやりやすい。
     

史実

AMX_ELC_Bis.jpg
フランスのソミュール戦車博物館に保存されている「AMX ELC bis」

 

26_11071_25fd7642f09e8c7.jpg
写真の戦車はゲーム内モデルと比べ転輪が1つ少ないことなどから改良前の「AMX ELC」と見られる。

 

1956年フランス国防省は、ELC計画を開始した。
この計画は、空輸可能な車両の開発を目的としており、試作車は低い車高と二人の乗員を砲塔に配置した。
量産はされず、配備されなかった。

詳細はWikipedia

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1,アーカイブ2,アーカイブ3

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。


*1 2019.1~2019.3の戦闘記録より引用
*2 本車を除く同格軽戦車の最終無線機はT-50の650mが最低値、最高値はM24 Chaffeeで745m
*3 v1.0.1現在