Top > 中国
HTML convert time to 0.019 sec.


中国

Last-modified: 2018-03-27 (火) 21:08:57

通常戦車(v0.9.20) Edit

※「ショップ」または「技術ツリー」にて、クレジット(ゲーム内ポイント)で購入出来る戦車。

特殊戦車 Edit

  • 課金戦車
    Tier車種名称価格(Gold)
    6軽戦車Type 643,500
    7Type 6222.59 USD(GiftShop・ガレージ付)
    限定販売
    8中戦車Type 597,500 販売終了(2012/1/16付)
    イベント景品・年末年始のガチャ景品
    T-34-311,000 販売終了(v1.0より)
    59-Patton7,200
    重戦車11210,500
    WZ-111中国サーバのイベントなどで限定販売
    US、ASIAサーバ2014年年末年始のマラソンミッション成功報酬にて配布、ASIAサーバ2015年9月月間ミッション成功報酬
    v0.9.19現在ではプレミアムショップで限定販売されることも
    駆逐戦車WZ-120-1G FT10,200
     
  • 配布戦車
    Tier車種名称説明
    10中戦車121BCWキャンペーン5景品
     
  • 中国サーバー限定
    Tier車種名称価格(Gold)
    8中戦車黄金59式
    坦克百科
    0.7.1アップデートで実装
    開発者や優秀プレイヤーに配布、イベント等で限定販売
    性能や獲得クレジットはType59と同一だが、経験値がさらに倍
    10重戦車113 Beijing Opera113の「京劇」仕様
     
  • その他
    Tier車種名称説明
    8重戦車WZ-111 Alpine Tiger2017年マラソンミッションの報酬車両
    WZ-111の特別迷彩仕様
    9駆逐戦車WZ-120G FT?スーパーテスター用
     

全体的特徴 Edit

  • 譲渡品や鹵獲品などの他国製戦車(ベースになっている車両含む)が多く、性能も元の車両に似通っている。
    • ただし、チハが日本ツリーでは中戦車として分類されているのに対し中国ツリーでは軽戦車として分類されているなど、元の国と異なっているケースも存在する。
  • 軽、中、重戦車ルートはTier5までは共通で、Tier6以降に分岐する。高TierでLTルートからMTルートに行くことは出来るが、その逆は出来ない。
  • 駆逐戦車ルートはTier2から完全に独立しており、始めから開発しないといけない。
  • v0.9.20現在、自走砲は実装されていない。

長所 Edit

  • 良好な機動力
    • ベースとなったソ連車両と比べると、出力重量比、加速力は劣るが、最高速度で勝っている事が多い。
  • 傾斜装甲の採用率が高い
  • 大口径砲を搭載した戦車が多く、単発火力に優れている
    • 特にTier8以降の中戦車は、同格内で1位となる
  • [中戦車・重戦車]砲塔の装甲が厚く、避弾経始も優れている
    • 中戦車はTier7、重戦車はTier8以降
  • [駆逐戦車]後退速度が速い
    • このルートでの搭乗員構成は4人、各役割も全車同じであるため、育成や乗せ替えに不自由しない。
  • [Tier6以降]パーツの互換性が高く、一つ何かを開発すると幅広いルートで使い回しが可能になる。ただし、TDルートは無線機以外は他ルートでの互換性は無い。
  • 速度制限装置の解除を使える。(ソ連と同じ、ただしサイクロンフィルターは装備できない)
  • 他国と同型が多いので、プレイヤー側で戦術を習得すれば、同じ戦術を転用できる。

短所 Edit

  • 俯角が狭い
  • 砲精度が低い
  • 照準時間が長い
  • モジュールの耐久値が低いので、火災や弾薬庫の損傷、誘爆が起こりやすい
    • 火災についてはエンジンの発火率は低い。しかし、燃料タンクの耐久値が低く大破しやすい為、燃料タンクが火元になることが多い。
  • [駆逐戦車]Tier7までは隠蔽を活かす立ち回りが求められるが、Tier8以降は重駆逐と似た運用が求められる事が増えるため、高Tierのものはそれまでのノウハウを活かしにくい。
  • [Tier4以前]パーツの互換性が低く、一つ次の車両へ行くたびにほぼゼロから開発を進める必要がある
    戦術もTierが上がる度に大きく変更を強いられる。

その他 Edit

  • 夏期塗装のバリエーションがもっとも多い。
  • スウェーデンに次いで重戦車の登場するTierが遅い。
  • 戦後の迷彩が使える(フランスと同じ)
  • 大体の国は車長が無線手を兼任するが中国は装填手が兼任する。
    • セカンダリスキルの育成や発動面でも、車長スキルはスキル型含めて多いが装填手はパーク型のみで数も少ないので、負担を分散できて早期育成できる。
  • 中高Tierはソ連戦車の輸入版、ライセンス生産版、もしくはそれをベースにした改良型戦車が大半を占める。特にT-54Type 59(WZ-120)として現代中国戦車の基礎となった。
    • ただし、中国とソ連は1950年代まで同じ共産主義国として友好的であったが、その後は様々なすれ違いから対立が深まってしまった。1969年の中ソ国境紛争が勃発してから現在に至るまで不仲であり、当然だが対立によって技術的連携も解消された。
    • ソ連以外にもイギリス・フランス・アメリカからの導入品、日中戦争の鹵獲車などがある。そのため同じツリーでも低中Tierは技術的つながりが全くと言っていいほど存在しない。
    • 中国兵器の情報は今でも多くの部分が隠匿されており、中国国産車輌の情報はWoTの中国運営を手掛けるKonzhong社がWG社に資料提供して制作している。史実的な信憑性はやや薄い。
  • 車輌の名前は「WZ」か、制式名の「〇〇式戦車」を英語にした「Type 〇〇」が多い。
    • WZとは工厂产品代号(車輛生産番号)を表し、11〇が重戦車、12〇が中戦車、13〇が軽戦車に当てられている。制式化されていない計画車輛も含まれる。
      • 改良型は末尾にアルファベットがつく(105mm砲に換装したWZ-120Bなど)。
    • 制式名は「1959年式中型坦克」や「1962式轻型坦克」などだが通称は59式中戦車や59式戦車などと略されることが多い。ゲームでは年式のみの英語表記なので車種が分かりづらい。
      • 改良型は末尾にローマ数字やアルファベットがつく(105mm砲に換装した59-II式戦車など)。
  • サーバー領域の区分の都合(中国は専用サーバーが用意されている)で、アジアサーバーと北米サーバーともに、中国人がほとんどいない。アジアサーバーが対象としている中国系の国や地域は台湾などに限られる。

編集情報提供 Edit

 

編集用の情報提供フォームです。
ここでの雑談・質問はおやめください。 国籍別の雑談・質問はこちらへ→雑談用
また、煽りや誹謗中傷、無関係なコメントに反応しないようお願いします。

 

 
上記を理解した上でコメントを書き込みます。
 

情報提供フォームアーカイブリスト