Kampfpanzer 50 t

Last-modified: 2021-08-19 (木) 21:38:52

Tier9 ドイツ 中戦車 / 略称: Kpz 50 t / 読み: カンプフパンツァー・フュンフツィヒ・トン

スペック(v1.10.0)

車体

耐久値1,750
車体装甲厚(mm)120/40/20
最高速度(前/後)(km/h)60/20
重量(t)50
実用出力重量比(hp/t)18
本体価格17,500G相当
修理費(Cr)
超信地旋回
ロール万能型中戦車
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
10,5 cm Rheinmetall V17.14APCR
HEAT
HE
268
310
53
320
320
420
2,2860.3321,478
1,173
1,173
501,130
4,800
815
1,300-8°/+17°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
Kampfpanzer 50 t250/40/303540010,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
MB 837 F900121,300
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
Kampfpanzer 50 t553810,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
SEM 25A75050
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Class2Class2Class1Class1Class1Class1
Class1Class2Medium
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時16.87%3.34%
移動時12.65%2.51%
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v1.6.1スーパーテスト用に追加
v1.7.1クライアント内に追加
v1.8.0.2新規実装

解説(v1.8.0.2)

  • 概要
    v1.8.0.2で追加されたTier9のドイツ配布中戦車
    ランク戦2019-2020の報酬車輌。
    1950年代後期、フェルディナント・フォン・ゼンガー・ウント・エッターリン将軍が著作の中で提示した次世代戦車案である。
    "Kampfpanzer"は"主力戦車"を意味する。
     
  • 火力
    俯角は-8°とそれなり。背面では-2°までの俯角制限がかかる。
    • 10,5 cm Rheinmetall V1
      単発火力がTier9中戦車としては低く、それでいてDPMも通常砲の中では低いので力押しには不向き。
      通常弾(APCR)の貫通力と弾速は優秀であり、課金弾(HEAT)も十分な値。
      ドイツ車らしく精度は高く、照準時間も良好。拡散はLeopard PT Aとそれほど変わらず良くはないため、拡張パーツや搭乗員スキルで補う必要があるだろう。
      単発/瞬間火力がないので、一発一発を丁寧に貫通させることを心掛けたい。
       
  • 装甲
    砲塔・車体ともに、正面は中戦車として十分な装甲を持つ一方で側背面は脆弱。
    側背面の薄さはLeopard PT Aと大差ないレベルなので極力晒さないように。
    耐久値は高めの値。
    • 砲塔
      砲塔正面はお椀型で250mmの装甲があり、Tier9中戦車としては十分な防御力を持つ。
      後部に搭載されている連装対空機銃塔は40mmと薄いが、奥まった場所にあるので、正面からは殆ど見えない。
      向かって左側にある照準器の部分は200mmと比較的薄い。

      位置

    • 車体
      正面はソ連の楔形車体とやや似た形状を持つ。120mmの傾斜68度により正面から撃たれた場合では260mm相当(標準化込み)の装甲厚を備える。
      正面に向け強く角度がつけられている為、昼飯の角度で被弾しても250mm相当はある。いずれも敵から撃ち上げで撃たれた場合には角度が70度以上となり強制跳弾しやすい。
      下部は110mmの傾斜45度で160mm相当と弱点。
      側面は40mmしかなく、口径120mm超から3倍ルールが適用される。サイドスカートに判定はない。
       
  • 機動性
    最高速度は60km/hと十分。出力重量比も悪い値ではないのだが、Tier9中戦車の中では平均以下となっている。
    砲塔・車体の旋回速度は中戦車として低く、格闘戦の際には注意。
    全体的にE 50以上Leopard PT A以下といったところであり、中戦車としては十分な水準にはあるものの、快速とは言えないレベルである。
     
  • その他
    視認範囲は400mと十分であり、隠蔽性もかなり高め。戦況によっては偵察の役割も担っていこう。
    搭乗員はLeopard PT Aらと同じ構成となっている。
     

史実


1960年代にドイツで開発された中戦車のプロジェクトのうちの1つです。 この車両は強力な砲と適切な装甲を備えている予定でした。 しかし、計画段階で開発は中止されました。

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。
アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1
コメントの際、当該wikiのモラルを尊重した行動をお願いします。

 

上記を理解した上でコメントを書き込みます