M4A3E8 Fury

Last-modified: 2020-08-27 (木) 14:06:07

Tier 6 アメリカ 中戦車(課金戦車) / 略称:Fury / 読み:フューリー

Fury01.jpg

斜め前からのアングル。車体前面のOVMと、砲身の"Fury"に目を引かれる。

 
Fury02.jpg

斜め後ろからのアングル。

 

その他の画像

shot_029.jpg
shot_028.jpg

砲身の"Fury"の文字やドイツ軍から鹵獲したと思われるガスマスクも再現されている。

搭乗員画像

Fury_Crew.jpg

特別なグラフィックと名前の乗員 上から順に
・Don Wardaddy Collier(ドン "ウォーダディ" コリアー)
・Boyd Swan(ボイド "バイブル" スワン)
・Trini Gracia(トリニ "ゴルド" グラシア)
・Norman Ellison(ノーマン "マシン" エリソン)
・Grady Travis(グレイディ "クーンアス" トラヴィス)

スペック(v1.10.0)

車体

耐久値840
車体装甲厚(mm)64/38/38
最高速度(前/後)(km/h)41.8/18
重量(t)34.49
実用出力重量比(hp/t)14.5
本体価格3,300G相当
修理費(Cr)
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
76 mm Gun M1A218.18AP
APCR
HE
128
177
38
115
115
185
2,0910.42.3792
990
792
7196
2,800
68
1,590-10°/+25°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
M4A3E8 Fury64/64/64383705,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Ford GAA50020708
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
M4A3E8 Fury38448,300
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
SCR 508/1570100
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader
 

拡張パーツ

改良型換気装置Class2装填棒Class2砲垂直安定装置Class2改良型旋回機構Class2改良型照準器Class2追加グローサーClass2
改良型無線機×車長用視覚システム×改良型モジュール構造Class2改良型装甲材Class2内張り装甲Medium
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時11.34%2.8%
移動時8.49%2.1%
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v0.9.3実装
v1.9.0修理費用を11%ダウン
HPを750から840に変更

解説

  • 概要
    v0.9.3で追加されたTier6のアメリカ課金中戦車
    映画「Fury」とのコラボ車両であり、映画内でウォーダディーらが搭乗したM4A3E8 "Easy Eight (イージーエイト)"である。
    搭乗員は特殊な顔グラフィックと名前となっており、映画通りのメンバーが再現されている。
    マッチング優遇は無く、Tier8戦車ともマッチングする。
     
    ASIAサーバーでは2014年10月10日から販売され、USサーバーでは2014年10月15日より販売された。
    購入時に専用氏名の搭乗員が追加される独自仕様の為、兵舎を5人分空けておかないと不具合が起きる可能性がある。
    現在は通常販売されておらず、期間限定でプレミアムショップで販売される事がある。
     
  • 火力
    俯角は-10°と優秀だが、M4A3E8 Shermanから劣化している点には注意。
    • 76 mm Gun M1A2
      Furyが劇中で装備している主砲。
      取り回しに優れており、行進間射撃や地形を活かした射撃がしやすく、発射速度も良好である。
      本車は砲垂直安定装置が装備可能であり、照準拡散も抑える事ができる。
      しかし、貫通力自体はTier5のM4A1 Shermanから据え置きであり、同格中戦車と比較すると物足りなさが否めない。他車両以上にAPCRを多用したり、敵の側背面への回り込む工夫が求められるだろう。
       
  • 装甲
    防楯の装甲厚は177mmと良好であり、同格中戦車の通常弾までなら一定の防御力を発揮する。
    車体に丸太や予備履帯、予備転輪にガスマスク等々色々乗っているが、これらには判定も防御効果も無い。
    M4A3E8 Shermanと比較すると、車体正面下部が50.8mmしかなく、101mmとE8よりも劣っている。
    砲塔はともかく車体は全く頼りにならない為、積極的にハルダウンしていこう。
     
  • 機動性
    最高速度は41km/hと中戦車としてはやや遅い部類。
    M4A3E8 Shermanの48km/hから大きく見劣りし、エンジンの馬力も20低下した事で加速力まで劣化している。
    履帯旋回速度は表記上は4°/s向上しているものの、エンジンの劣化によってM4A3E8よりも実際の旋回性能は低下している。
    移動ルートの選定や陣地転換の判断は、本家よりも一層慎重に決めるべきだろう。
     
  • 総論
    元のM4A3E8からいくらか劣化しているものの、砲俯角が広く、履帯性能の高さもあって地形に対する適応力が本車の売りである。
    性能的な不利を柔軟な運用でカバーする事を可能にする、単純なスペックには表れない強さを秘めているアメリカらしい車両となっている。
     

映画

映画『フューリー』に登場するシャーマン戦車のスペック
シャーマン戦車(型名:M4 A3シャーマン)
乗員 5人
重量 33.6トン
全長 7.54メートル
全幅 2.99メートル
全高 2.97メートル
エンジン Ford GAA V8 ガソリン
速度 時速42キロメートル
航続距離 160キロメートル
武装 76mm砲、ブローニング機関銃×3
装甲 64ミリメートル(前面)、64ミリメートル(側面)、38ミリメートル(後面)

また、本戦車と共に期間限定で実装された野外ガレージでは劇中の曲が使われている。(曲名はThe War Is Not Over)

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。