Škoda T 24

Last-modified: 2020-10-24 (土) 16:25:22

Tier5 チェコスロバキア 中戦車 /日本語表記: シュコダ T 24

T24_Early.jpg
↑ T 24 první model + 75 mm Škoda A13

T24_Late.jpg
↑ T 24 druhý model + 75 mm Škoda A18

スペック(v1.10.0)

車体

耐久値560⇒590
車体装甲厚(mm)50/30/30
最高速度(前/後)(km/h)58/18
重量(初期/最終)(t)18.8/19.3
実用出力重量比(hp/t)23.32
本体価格(Cr)380,000
修理費(Cr)
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
75 mm Škoda A139.38
⇒10.34
AP
APCR
HE
103
139
38
110
110
175
1,031
⇒1,138
0.42.7
⇒2.5
790
990
550
6094
2,800
65
800-10°/+20°
75 mm Škoda A1810
⇒11.32
AP
APCR
HE
132
185
38
110
110
175
1,100
⇒1,245
0.382.5
⇒2.3
900
1,090
680
6094
2,800
65
1,000
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視認範囲(m)重量(kg)
T 24 první model50/30/30363303,000
T 24 druhý model50/30/30403503,300
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Škoda V12 16.2 liter38020510
Škoda V12 19.8 liter (450)45020510
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
T 24 první model19354,000
T 24 druhý model23404,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
Radiostaince vz. 37345150
Radiostaince Fu 741570
Radiostaince Fu 12710150
 

乗員

1Commander2Gunner(Loader)3Driver4Radio Operator
 

拡張パーツ

改良型換気装置Class2装填棒Class2砲垂直安定装置×改良型旋回機構Class2改良型照準器Class2追加グローサーClass2
改良型無線機×車長用視覚システム×改良型モジュール構造Class2改良型装甲材Class2内張り装甲Medium
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時14.82%3.85%
移動時11.12%2.89%
 

派生車両

派生元ST vz. 39(MT/12,380)
派生先Škoda T 25(MT/27,040)
 

開発ツリー

クリックで表示

75 mm Škoda A13
(初期/23,500)
75 mm Škoda A18
(3,600/37,360)
T 24 druhý model
(2,400/10,300)
Škoda T 25
(27,040/930,000)
T 24 první model
(初期/4,500)
Radiostaince vz. 37
(初期/2,250)
Radiostaince Fu 7
(1,360/8,160)
Radiostaince Fu 12
(7,200/43,200)
Škoda V12 16.2 liter
(初期/11,000)
Škoda V12 19.8 liter (450)
(1,700/15,100)
T 24 první model
(初期/4,000)
T 24 druhý model
(2,150/8,900)
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v0.9.13実装
v1.9.075 mm Škoda A13の総弾数を50発から60発に変更
75 mm Škoda A18の総弾数を50発から60発に変更
修理費用を24%ダウン
収益性を6%ダウン
T 24 první model砲塔時のHPを420から560に変更
T 24 druhý model砲塔時のHPを450から590に変更

解説(v0.9.13)

  • 概要
    v0.9.13で実装されたTier5のチェコスロバキア中戦車
    大戦中期、シュコダ社が提案した中戦車の計画案である。
    スペック上は軽戦車に匹敵する機動性と、Tier5中戦車トップクラス*1の砲貫通力を持つ。
     
  • 火力
    俯角が-10°と優秀。また、照準拡散も良好となっている。
    • 75 mm Škoda A13
      初期砲。金弾を多用する事が前提なら、最終砲の開発まで使う事は可能。
      しかし、下記のA18でも劣悪なDPMがさらに低くなっており、早めの換装が望ましい。
       
    • 75 mm Škoda A18
      最終砲は貫通・砲精度・弾速・俯角に優れた75mm砲。
      たいていの同格戦車は正面からAP弾で装甲を抜く事ができ、金弾を使えば重装甲車両にも対応しやすい。
      ただし、75mmクラスの砲としてはきわめて装填速度が遅く、DPMは同格中戦車最下位レベル。強引な攻めには使い難い。
       
  • 装甲
    最低限、機関砲などを正面で受け止められる厚さはあるが、それ以上は格下相手でも信用できない。
    車体はともかく、砲塔正面の防楯以外を狙われると105mm榴弾砲に貫通されることもあり、決して棒立ちしてはいけない。
    加えて車体の正面左、および左側面にある大きな覗視孔のあたりを撃たれると、多数の乗員・モジュールに被害が出やすい。
    また、HPも同格MT最下位グループに入る。
    なお、防盾部分とキューポラの一部のみは例外的に硬い。
     
  • 機動性
    最高速度58km/h、出力重量比は約23と優秀であり、陣地転換などは融通が利く。
    その反面、履帯性能がかなり悪い為、数値よりも遅い印象を受けるだろう。
     
  • 無線機
    最終無線機は710mと十分な性能を持ち、開発すればST vz. 39の欠点だった無線範囲は完全解決する。
    …が、その性能と引き換えに開発経験値が7,200と非常に高い。
    Tierが上がれば味方の無線に頼りやすくなるため、最終無線機は一旦スルーしてŠkoda T 25に急ぎ、そちらで開発してから戻ってくる手もある。
     
  • その他
    隠蔽性は中戦車として高め(改良砲塔のT-34よりやや優れ、Pz. IV Hにやや劣る)であり、視認範囲はTier相応。
     
  • 総論
    やや遠めの間合いからの稜線射撃や、孤立した敵の側面取りなどに適性を持つ中戦車。
    単独戦闘力が低く無理は利かないが、脚を活かして丁寧に立ち回れば結果はついてくるだろう。
     

史実

Skoda_T24_history.jpg
ドイツ占領下のチェコスロバキアにおいて、ドイツ国防軍用として1941年に開発されました。本計画は、ソ連のT-34戦車を参考として傾斜装甲板と先進的な兵装を備えるものでしたが、時代遅れと判断されたため、試作はされませんでした。

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。


*1 通常AP弾は単独トップ、金弾(APCR)は57 mm ZiS-4に次ぐ