KV-2 (R)

Last-modified: 2021-01-20 (水) 18:38:01

Tier6 ソ連 重戦車(課金戦車)

スペック (v1.10.0)

車体

耐久値960
車体装甲厚(mm)75/75/70
最高速度(前/後)(km/h)35/11
重量(t)53
実用出力重量比(hp/t)11.32
本体価格3,700G相当
修理費(Cr)
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
152 mm M-102.5AP
AP
HE
110
136
86
700
700
910
1,7500.64525
525
525
36725
4,800
810
2,300-7°/+12°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
MT-275/75/701633012,050
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
V-560015750
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
KV-2 mod. 194160.81810,600
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
10RK440100
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader6Loader
 

拡張パーツ

Class2Class2×Class2Class2Class2
××Class2Class2Medium
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時4.05%0.61%
移動時2.02%0.3%
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v1.0.1新規実装
v1.9.0修理費用を10%ダウン
HPを860から960に変更

解説

  • 概要
    v1.0.1.1で追加されたTier6ソ連課金重戦車
    ミニチュアゲーム「War hammer 40000」とのコラボ仕様のKV-2である。
     
    パーク「戦友」をゼロスキルとして持つ搭乗員と塗装スタイルがついてくる。
    スペックは152 mm M-10を搭載した最終状態のKV-2とほとんど同じ。
     
  • 火力
    • 152 mm M-10
      本車両最大の特徴となる大口径榴弾砲。本家KV-2と性能は同一なので詳細はそちらを参照のこと。
      20秒という装填速度や精度面には大きな難を抱えるものの、HE弾は格上重戦車相手でも十分なダメージを見込めるため基本的には課金AP弾を使う必要がない。
       
  • 機動性
    スペック上は通常のKV-2と全くの同性能だが、本家の車体旋回速度は初期エンジン基準のため、最終エンジンと比較するとこちらのほうがわずかに遅い。
    とはいえ、気になるレベルの差では無く、マスクデータの履帯の接地抵抗が同じ値のため機動性はほぼ同一と言っていい。
  • その他
    乗員は各役職1名に装填手が追加で一人加わった6名で構成される。
    この構成は全てのソ連重戦車に対応可能で課金戦車の乗員経験値ボーナスも合わさり乗員育成には高い適性を持つ。
     
  • 総論
    特別なスキンと乗員が付いてくる以外は、基本的に課金戦車のクレジット、乗員育成ボーナスを得ただけの通常のKV-2である。Tier6なのでクレジット稼ぎ能力はTier8の課金戦車達には及ばず、通常のKV-2と性能が同一なため新鮮味がない点は欠点と言えるが、スキンや大口径榴弾砲を気に入り、課金戦車に性能面での個性を求めないならば、戦闘を楽しみつつクレジットや乗員経験値稼ぎができる一台として購入するのもありだろう。
     

史実

KV-2自体の史実についてはKV-2参照のこと。

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。
アーカイブ1
※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。