Top > SU-76G FT


SU-76G FT

Last-modified: 2018-08-17 (金) 17:23:52

Tier4 中国 駆逐戦車 Edit

SU-76G_FT_0-min.PNG
↑57 mm ZiS-2
見た目はソ連Tier3のSU-76Mとだいたい同じだが、戦闘室が密閉化されている。

SU-76G_FT_1-min.PNG
↑76 mm ZiS-3

SU-76G_FT_2-min.PNG
↑85 mm 56-85TG FT

スペック(v0.9.20) Edit

車体

耐久値280
車体装甲厚(mm)25/15/10
最高速度(前/後)(km/h)45/12
重量(初期/最終)(t)10.91/11.9
実用出力重量比(hp/t)25.21
主砲旋回速度(°/s)40
視界範囲(m)320
本体価格(Cr)135,000
修理費(Cr)?
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
57 mm ZiS-220AP
APCR
HE
112
189
29
85
85
95
1,7000.42.38056
2,800
28
850-5°/+15°
76 mm ZiS-313.64AP
APCR
HE
85
106
38
115
115
165
1,5680.361.76056
2,400
48
1,255
85 mm 56-85TG FT12.5AP
APCR
HE
128
172
43
160
160
280
2,0000.41.742109
2,800
98
1,750
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
2x GAZ-20327020550
12150L3G30015700
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
SU-76G FT12383,000
SU-76G FT model 414403,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
9RM525100
A-22060040
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass1"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2×RammerMedium Tank
Spall LinerSmall"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 1 t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時20.12%4.79%
移動時12.08%2.88%
 

派生車両

派生元M3G FT(TD/3,100)
派生先60G FT(TD/10,300)
 

射界

射界左15°/右15°
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説(v0.9.20) Edit

  • 火力
    いずれの砲も仰俯角があまり取れないため、地形の凹凸には注意が必要である。
    • 57 mm ZiS-2
      初期砲。M3G FTから精度とDPMが上がっている。単発火力は低いが貫通力(特に課金弾)は十分である。
       
    • 76 mm ZiS-3
      中間砲でM3G FTの最終砲。精度は85mm砲より良いが、このTierの駆逐戦車としては貫通力とDPMが著しく低い。
      M3G FTはTier4までのマッチングであったのに対して、本車はTier6までマッチングするため貫通力が足りない場面があまりに多くなる。85mm砲を開発するまでは初期砲の57mm砲を使う方が格上にも対抗しやすい。
       
    • 85 mm 56-85TG FT
      新たに追加された85mm砲。榴弾砲に次ぐ高い単発火力と貫通力の高さが魅力。
      精度はあまり良くないが照準速度が早く、射界も広めで使い勝手は良い。
      総じてSU-85Bの85mm砲にも負けない強力な性能を誇る。
       
  • 装甲
    前面装甲は大部分が35mmの傾斜装甲、側面は15mm。
    傾斜を含めて実質40mm弱となり、機関砲程度ならある程度耐えてくれる。
    特にPz. I Cの機関砲をほぼ無力化できるのは大きい。
    向かって右側のハッチ付近は傾斜込みで70mmにもなる。
    だが流石に同格以上に通用するものではなく、Tier5中戦車がよく搭載する10榴が貫通して一撃爆散する可能性も高い。
    極力被弾は避けるべきである。
     
  • 機動性
    カタログスペック上の最高速度や旋回速度は平均的だが出力重量比が極めて高く、軽戦車に匹敵する加速力を持つ。NDKへの対処も非常に容易。
    さすがに中戦車のように回り込んだりといった芸当は難しいが、裏取りや陣地転換は容易に行える。
     
  • その他
    隠蔽性は同格駆逐戦車と比べると低い方ではあるものの悪い値ではない。狙撃する機会を増やすためにもできる限り拡張パーツやスキルで補いたい。
     
  • 総論
    優秀な砲と機動性を併せ持っており、砲性能が似通っているSU-85Bより秀でた部分が多い*1強力な車両となっている。
    Tierトップ戦では強力な主砲と機動性で無双することも可能であるが、突出しすぎるとあっけなく撃破されてしまうこともあるため過信は禁物。
    Tierボトム戦では低いHPと紙装甲から少しの隙が命取りとなりやすい。機動力を生かして狙撃と陣地転換を適宜繰り返し、なるべく見つからず攻撃の機会を増やせるよう心掛けたい。
    上手く立ち回ればボトムでも戦局を動かせる力を秘めている。
     

史実 Edit

SU-76M 駆逐戦車の改修案です。1950 年代前半に、約 90 両の SU-76M が中国に輸出され、軍の専門家によって研究されました。本案は、試作には至っていません。(ゲーム内説明より)

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 HP、装甲、出力重量比、視認範囲、射界、照準速度等。砲精度や旋回速度、隠蔽性等はSU-85Bが優る