一〇〇式

Last-modified: 2021-04-20 (火) 20:47:04

戦術人形 | スキル&陣形効果一覧 | 銃種別一覧 | 図鑑順一覧 (未実装込み) 〕



基本情報

No.228基本情報
名前一〇〇式
ランク★5
銃種サブマシンガン
製造時間02:19:00
CV加隈亜衣
イラストかれい
Lv.MAX時ステータス
HP1060(212×5)
火力29射速76
命中14防御-
回避67弾薬-
SD
自己紹介
正式名一〇〇式機関短銃、参る!指揮官、よろしくお願いします!
入手方法
通常製造・大型製造
事前登録特典 (2018/08/01~2018/09/30)
人形製造追加 (2018/12/07~)
陣形効果
アサルトライフルに有効
火力上昇12%、命中上昇35%

スキル

スキル名効果(Lv.10)
桜逆像5秒間、自身に最大42ダメージを吸収するシールドを展開する。
なお、効果時間中にシールドが破壊された場合、
破壊されてからの5秒間、自身の回避を65%上昇させる。
破壊されなかった場合には、シールドの効果時間は終了してからの5秒間、
自身の火力を85%上昇させる。
レベル12345678910
開幕CT8s
CT20s19.6s19.1s18.7s18.2s17.8s17.3s16.9s16.4s16s
前半シールド15182124273033363942
持続時間5s
後半破壊回避+30%+34%+38%+42%+46%+49%+53%+57%+61%+65%
維持火力+40%+45%+50%+55%+60%+65%+70%+75%+80%+85%
持続時間3s3.2s3.4s3.7s3.9s4.1s4.3s4.6s4.8s5s

重傷イラスト

重傷時のイラストを開く

 

セリフ

セリフを開く

入手正式名一〇〇式機関短銃、参る!指揮官、よろしくお願いします!
挨拶指揮官、今日もよろしくお願いします。一〇〇式は頑張りますから。
部隊編入一〇〇式、作戦に参加します。頑張りますから。
強化完了うぬぅ…いろんなところを改造したいです
コミュニケーション1指揮官、何かご用がありましたら是非言ってください。
コミュニケーション2指揮官をお手伝いさせていただきます。
コミュニケーション3指揮官、ここに来たのは、大事な任務のためでしょう? だから・・・いい加減にしてください・・・。
出撃一〇〇式、整備完了。行きます!
敵と遭遇て、敵発見! 攻撃します!
重傷んああ・・・せっかく用意したのに・・・全然使えないじゃん・・・ッ!
勝利良かった・・・勝利して・・・
撤退次は・・・もっと弾使えば・・・いいのに・・・
スキル1伏せて!
スキル2接近戦、用意!
スキル3敵をよく狙え! 弾を無駄にするな!
後方支援開始行ってきます。指揮官の命令、必ず達成します!
後方支援完了ただいま。すみません指揮官・・・これぐらいしか成果がなくて・・・
修復申し訳ございません。もっと、うまくできたはずなのに・・・
編制拡大育ててくれてありがとうございます。指揮官。
自律作戦皆、お手伝いさせていただきます!
誓約指揮官、ごめんなさい・・・もっと上手になって認めてもらえるよう頑張ります・・・。ここで立ち止まらないですからね!
コミュニケーション4指揮官、今日もお仕事お疲れさまでした。先にお風呂にしますか?それとも少しお喋りしてからにします?
ローディング指揮官、少しお待ちください。
人形製造完了新しい同志が入ってきた。
口癖よろしくお願いします。
 

スキン

銃使ノ巫女

銃使ノ巫女
通常時重傷時
入手方法:スキンパック「初詣と鈴の音
期間:2019/01/01~01/24

ココロの埋蔵品

ココロの埋蔵品
通常時重傷時
入手方法:ガチャ「霜夜の旋律
期間:2020/12/19~12/31

蔵六神楽

蔵六神楽 Animated
通常時重傷時
入手方法:ガチャ「浮世奇譚絵巻
期間:2020/09/19~10/09

性能

総評

高HP・中回避を併せ持つがスキルに難のあるメインタンク

  • ドルフロ初の日本銃。日本版正式実装に伴うキャンペーンにおいて、事前登録で先行配布された。現在は人形製造で入手が可能。
  • HPが1000を越えるメインタンク型SMG。
    他の高HPメインタンクは回避が著しく低い傾向にあるが、その中で本銃は高いHPと並程度の回避を併せ持つのが特徴。
    専用装備を与えることで、回避も非常に高い値(★5SMGとしてはJS9に次ぐ2位。メインタンクとしては1位)に到達する。そのため、単純なステータスで言えば最高峰と言える水準にある。
  • 一方、スキルが強力とは言えないため、総合的な評価はさほど高くない。詳細は後述。
  • スキルの性能があまり求められない局面においては優秀な盾。
    短期決戦の連戦が代表的だが、★5ゆえのコア消費に目を瞑れば序盤から中盤にかけての攻略でも活躍するだろう。
  • 一◯◯式と同様に高HP・中回避を併せ持つGr G36Cにはスキルの有用性で大きく劣るため、陣形に優位性を見出したい。

スキル

  • ダメージを肩代わりするシールドを5秒間展開し、その後自身にバフを付与する。
    バフの内容は、効果時間中にシールドが破壊されたかどうかで変化する。
    • シールドを5秒間維持
      • シールド効果終了後に5秒間、自身に火力バフ
    • シールド破壊
      • 破壊されてから5秒間、自身に回避バフ
  • ちなみに専用エフェクトがあり、発動時に桜吹雪が舞う。
     
  • 開幕CT8秒と遅いのが欠点。
  • 8秒経過というのは、強力な榴弾スキルや防御スキルが発動する頃合いであることもあり、大抵の戦闘が終了ないし大勢が決するタイミング。
    よってこのスキルの恩恵を受けられる場面は多くない。
  • シールド耐久値は最大42の固定値であり、序盤の敵なら火力が低いので破壊されることはまずない。
    しかし、中盤以降の敵は火力が上昇し、被弾すれば一発でシールドが破壊されることも多い。
    これが効果時間一杯ダメージを無効化できるフォースシールドとの決定的な違い。「敵の大きな一撃をシールドで耐える」運用はできない*1

  • 85%の火力バフはSMGの火力を考えると少ない。
    倍率の低さ以上にバフが発動するまでに13秒かかるのが致命的な欠点。
    雑魚戦では発動する前に戦闘が終了してしまうし、かといってボス戦では42ダメージのシールドを5秒間維持できる場面は想定しにくい。
  • 仮に被弾しにくい位置に配置してなんとか火力バフを得られたとしても、今度は先述のバフ倍率の低さが足を引っ張る。
    残念ながら一〇〇式をサブアタッカーとして運用するのは非常に難しいと言わざるを得ない。
     
  • 回避バフは最大65%であり、同じ回避スキルである援護上昇(110%~)と比べると物足りない。
    特にC-MSのバフと倍率が同じ上、あちらは事実上のパッシブスキルと言う事を考えるとかなり残念な性能。
  • 多くの場面で他のSMGに劣ると評価されがちな100式だが、日本鯖でついにその有用性が証明されることとなった。
    ヴァルハラコラボイベントの隠しボスを倒すためのタンクとして、100式が最適解としてまさかの大抜擢。
    ディナの範囲攻撃は人形1リンクごと全てにダメージを与えるのだが、桜逆像発動中は1リンク扱いになるため、シールドでそのダメージを無効化できた。
    更に他のシールド持ちにはない、シールドが破られた後の回避バフが長期戦で有効であったため、他のSMGよりも長い時間ディナの攻撃に耐えることができたという。
    参考動画 https://youtu.be/p0h8zGwpLs4?t=1459

陣形バフ

  • トンプソンと同様の、自分の左右斜め後ろを強化するメインタンク用陣形。
    しかしあちらと異なり、火力と命中というARにとって嬉しいバフ対象で、倍率も悪くない。
    このため陣形バフはそこそこ優秀な部類と言えるだろう。
  • ちなみにPM-06と範囲・倍率ともに全く同じ。
  • SMG/ARのF陣形において、4番にHGを差す編成では活きてくる。

運用方法/編成

  • 前述の通り火力バフを活かす運用は非常に厳しい。
    したがって高いHPとシールドを活かしたタンクとしての採用が基本になる。
    タンクとして運用する際はそこそこ優秀な陣形バフをフルに活かせるよう、F型陣形のテンキー5番に配置するのがベター。
  • どうしても火力バフで運用したい場合、F型陣形のサブタンク位置である8番は意外と被弾が多いため、b型陣形(詳しくは編成を参照)の2番か、いっそのこと後列に配置することになる。
    また、SMG特有の低火力/低命中を補うために後列のARやHGは火力/命中バフを持つ人形が望ましい。
     
  • 陣形バフで火力/命中を強化できるため、射速/会心を強化できるHGやSMGと組むと相乗効果でアタッカーのDPSをより伸ばせる。
    例えば、会心・射速強化のFive-sevenをF陣形における4番、一◯◯式を5番に配置すれば、両翼ARをまんべんなく強化できる。
  • スキルが発動するまでの8秒間をいかに耐えるかが課題となるため、サブタンクとしてRO635UMP9を起用するとちょうどよく時間が稼げる。
    両者ともに射速の陣形バフを持つため火力陣形を持つ一〇〇式との相性も悪くない。

装備

  • 基本的には火力バフよりも、回避とシールド、高いHPを活かしたメインタンク運用が主となる。
    そのため回避を最も重視し、T骨格+サイレンサーを採用したい。
    一◯◯式は榴弾系やSR-3MPのようなアタッカー寄りSMGとは言い難いため、ホローポイント弾については優先度を下げてかまわない。
  • アタッカーとして運用する場合はSMGに足りない火力と命中を補うためにX外骨格/HP弾/ホロサイトでほぼ確定。
    あえて茨の道で活用するのだから、HP弾/ホロサイトともに最大限強化された物を装備しよう。
  • 雪夜の無礼講ノクターンで専用装備、折り畳み式銃床が実装される。
    性能はアタッチメント枠で「回避+25/会心率+20%」というもの。
    通常の★5サイレンサーに回避+15のおまけが付いた形であり、これを装備することによってSMG上位のHPと回避を両立できる。
    ただし本人形が低い評価を受けている要因は貧弱なスキルであり、多少ステータスが上がったところでスキルの性能差を覆すには至らないのが現状と言えよう。

キャラについて

  • 日本の銃ということで国花である桜がモチーフとして取り入れられている。大日本帝国陸軍で使用された星章も実は「桜の萼」という説がある。
  • 肩に掛けているコート(?)は袖に線章と星章があるため昭和十八年制式(三式)の冬衣、夏衣または防暑衣であると推定できる。
  • セーラー服なのは赤川次郎の傑作青春ミステリー長編小説「セーラー服と機関銃」からか?
    • 何度も映画化やテレビドラマ化されている「セーラー服と機関銃」であるが映像作品で登場するのはM3,MP40といったサブマシンガン(短機関銃、機関短銃)である。
    • また大日本帝国海軍においてMP18を「べ式自動拳銃」「ス式自動拳銃」の名で陸戦隊に配備していた。特に第一次上海事変(1932年)のMP18を携えたセーラー服の水兵が有名である。
  • 日本独自の人形であるという特別性からか、一◯◯式は宿舎における特殊なアクションが用意されている。花火セットの太鼓を設置し、一◯◯式を目の前に配置してみると……?
  • なんとこのほど、専用のサウンドが実装された。まだ見たことのない指揮官は必見必聴。
  • また、勝利モーションが日本特有のいわゆる「えいえいおー」の動きになっている。
  • ちなみに英語版での名称は「100 SHIKI」。「Type100」ではない。しかし戦闘MAP上小隊アイコン長押しで見られる名前は…。(意味深)
  • 大陸版では『桜花』*2という名称で実装されたが、このネーミングは実は安直なものではない。
    『日本警察の拳銃』で有名なニューナンブM60の射撃競技用モデル(試作のみ)と、日本警察仕様のS&W M360のカスタムモデルには「SAKURA」という名称が与えられており、実に『日本の銃らしい』と言える。
    • ちなみに中国語で『桜花』は、そのまま桜の花を意味する一般名詞である。
  • 公式のプレイヤーデータ発表や図鑑のいいね数などからして純粋な人気が高い人形と言えるが、その一方、宿舎台詞のネタ性などからさまざまな意味で話題に事欠かない人形でもある。それだけに、ネタを楽しむ際には節度を意識しよう。
     

元ネタ

正式名称一〇〇式機関短銃
種類サブマシンガン開発国日本
製造メーカー中央工業, 名古屋造兵廠鳥居松製造所生産対象
生産期間1939~1945採用国家日本(1939–1945)
口径8mm弾薬8㎜南部弾
装弾数30発発射速度450発/m(前期型), 700~800/m(後期型)
初速334m/s有効射程150m
全長872mm(着剣時1260㎜)重量3440g(後期型)4,270g(後期型着剣時)

簡単な説明

  • 一〇〇式機関短銃とは1940年に大日本帝国陸軍が唯一制式化した短機関銃である。”機関短銃”とは当時の日本でのサブマシンガンの呼称である。また一〇〇式とは皇紀2600年に採用されたことを意味し、陸軍では「100」、海軍では「0」とカウントした。……つまり旧日本軍の有名な零式艦上戦闘機と同じ世代である。
    • 余談であるが当時の日本では「機関短銃」の他に「自働短銃」「自動短銃」「自動拳銃」の訳語が充てられていた。現代では主に「短機関銃」または「機関拳銃」の訳語が充てられるが「機関拳銃」の場合はスチェッキンなどの「フルオート射撃ができるハンドガン」のニュアンスが強い。

      詳しい説明

      • 日本のサブマシンガンは陸軍において研究目的で細々と試作や海外製の物を購入するに留め、海軍においてはドイツのMP18ないしMP28を「ベ式自動拳銃」「ス式自動拳銃」*3*4という呼称で、後年にオーストリアのステアーMP34を買い増しして海軍陸戦隊で運用していたが、日中戦争を契機に予算上の制約が無くなり、独自開発にこぎつけることができた。
        • 1927年頃から試製自働短銃*5を皮切りUZIのようにグリップ内にマガジンを装填する現代的な南部式機関短銃一号、マガジンは独立しているもののグリップとストックが一体化しコンパクトにまとめた南部式機関短銃二号及び試製二型機関短銃が開発されたが野心的な設計が祟ったためか結局一〇〇式はサブマシンガンの祖であるドイツのMP18に強く影響を受けたデザインとなっている。
      • 一〇〇式の量産型は前期型、落下傘部隊向けの折り畳み銃床を備えた特型、後期型に類型される。本作で戦術人形が所持しているのは着剣管が無いため後期型と推定される。
      • 資源の枯渇による銃本体及び弾薬の調達が遅れたことや、そもそも本銃が輸送船ごと沈められるなどしたことから前線での使用は多くなかった。
        • 記録に残る成果として大戦後期に挺身部隊(パラシュート降下部隊)による飛行場襲撃作戦(「テ号作戦」沖縄戦の「義号作戦」)に用いられ、アメリカ軍に損害を与えている。
      • 実戦での使用例が少なかったからか、作動不良といった欠点の話は聞かれないが、前期型と後期型のマガジンに互換性が無い不具合があった。これが原因か不明であるが、一〇〇式で撃とうとしたらマガジンが取れてしまい役に立たなかったという証言がある。
        • また使用する弾丸が8×22mm南部弾で威力が低いという指摘もあるが、これは国軍の制式拳銃弾に由来するので互換性を重視するうえでやむを得ない状態であった。またその分反動が抑えられるため命中精度に寄与するメリットがある。
          • 余談であるが戦前の陸軍将校の拳銃は自費で用意する必要があり.32ACP弾を使用するFN ブローニングM1910とコルトM1903の人気が高く.32ACP弾は国内でも製造されていた。威力の面では8×22mm南部弾の方が高かった。
      • こうした経緯からか銃の性能より「なぜ日本は一〇〇式を大量に配備できなかったのか?」と批判され「少資源国の悲哀」と語られることも多いが、「射程が短いサブマシンガンより、軽機関銃と擲弾筒*6を配備すべき」という反論もある。*7
      • 短機関銃としては珍しいことに本銃には着剣装置がついており、イラストでも銃剣*8が装着されている。(支援火器にあたる九九式軽機関銃等にも着剣装置がついている。一部ではバランサーの役割があるのではないかと指摘されているが…それにしても好き過ぎるだろう陸軍)
      • このように何かとネタにされる本銃や軽機の着剣装置であるが、真相は昭和12年の歩兵操典改訂の際、援護射撃は重機関銃や迫撃砲に一任し、軽機関銃手は歩兵とともに突撃し最前線で前進する仲間を守るものであるとされ、それに対応した装備として九六式軽機関銃に着剣装置が備えられたことからはじまっている。
        • 海軍で輸入したベ式自動拳銃、ス式自動拳銃は銃剣を装着できるように改造された他、オーストリアのステアーMP34は当初から着剣装置と銃剣が用意されているので少数派であったが「銃剣が付けられるサブマシンガン」は他にも存在した。
          この他M38の初期型、ステンMk.Vや戦後の代表的なサブマシンガンであるUZIGr MP5の初期モデルも銃剣が取り付けられるようだ。
          • 変わった事例としてカールグスタフm/45にはパレードや儀仗用として銃剣を取り付けられるモデルもある。
        • 現代の価値観では違和感を覚えるが現在の軍用突撃銃はほぼ全て着剣装置を備えているように「白兵戦に移行した場合に備えて短機関銃にも銃剣を着けられるようにする」という発想に至るのはむしろ自然と言ってよい。傍証としてアメリカ軍のM1897といったショットガンにも銃剣が装着できるようになっているので旧日本軍が極端に拘っていたというわけではない。
        • また、当時の価値観で言うと「国軍=天皇の軍隊」で「軍刀≒天皇から信任された証」であり、*9銃剣も軍刀と同様の扱いであった。*10このため小銃が無くとも必ず銃剣を携行していた。*11こうした背景から本銃に着剣装置が着いていた方が合理的であるとも言える。*12
      • 余談だが第二次大戦をモチーフとしたゲーム(特にFPS等)で本銃は多く採用されている。どのような銃か気になる人は探してみてもいいかもしれない。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 南部系列もそうだけど威力は弱いが反動が少ないから精度が高いし連射も速い的な方向で性能になったらネタ以外でも活躍できる気が……しないかな……… 前期型のごつい着剣装置かっこいいからMODで来て欲しいな……… -- 2020-12-30 (水) 14:57:24
  • さっそくはふ式ってあだ名が出来てて草 -- 2021-01-05 (火) 13:02:45
  • エリート塩大福がフラッシュバックした。訴訟。 -- 2021-01-07 (木) 07:56:27
    • 89式の腋で握ったおにぎり食うかい? -- 2021-01-07 (木) 09:16:26
      • アドバーグさん?! -- 2021-02-22 (月) 14:55:59
  • MODが欲しいですねぇ! -- 2021-01-21 (木) 13:00:01
    • 防御とスキル強化の付いた専用装備も欲しいですねぇ! -- 2021-01-21 (木) 18:57:06
    • ノースリーブの服とサングラス姿で巨大ビーム砲をぶっ放す100式MOD -- 2021-01-21 (木) 21:06:26
  • 鉄血レ〇プ!野獣と化した一〇〇式 -- 2021-01-21 (木) 23:21:18
  • スキルの表がもっさりしてたから整理してみたけど、余計にもっさりしてしまった気がする。なぜだ... -- 2021-01-30 (土) 09:47:06
  • 口癖はやりますねぇではないのか? -- 2021-03-05 (金) 22:38:05
  • 結局柔らかシールドのせいで星5なのにネタキャラにしかならなかったな -- 2021-03-20 (土) 18:58:41
  • 更に専用装備を追加するなら軍刀かな... -- 2021-03-26 (金) 09:39:47
  • ニコニコ動画の挑発妖精無しEX装甲列車撃破動画で、一〇〇式が活躍していて笑った。(動画はsm38501868) -- 2021-04-10 (土) 22:50:32
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

製造報告用コメント

製造報告、ドロップ報告、爆死報告などはこちらで行ってください。

【過去ログ】


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ACRはもう十分堪能したよ・・・(物資箱) -- 2021-04-13 (火) 11:43:17
  • 物資箱ぉぉぉおお…… -- 2021-04-15 (木) 18:07:28
  • 退院しましたありがとうKord -- 2021-04-15 (木) 22:38:21
  • 物資箱、おりゅやつしか来ない -- 2021-04-16 (金) 19:32:01
  • kord5回か6回で落ちた。なんか拍子抜け -- 2021-04-17 (土) 14:44:13
  • 天井直前ドロップ…この際だからコア節制用に2体目確保するか -- 2021-04-19 (月) 00:36:59
  • ウィークリーの大型製造をこなしたら、初の空挺妖精が出た。ランキング戦はクリア済み。 -- 2021-04-19 (月) 09:28:32
  • 残り日数的に物資箱は240連だけど目当てが出る気しない、渋い通り越しててつら -- 2021-04-19 (月) 19:29:14
  • kord出すのに195周。もう交換できる量の勲章出ちゃったよ -- 2021-04-20 (火) 00:51:41
  • 350でkord未だ一体!やべえかも -- 2021-04-20 (火) 20:46:57
お名前:

*1 不足分のダメージを受ける仕様であるため
*2 正しくは中国語漢字で『樱花』、文字化け等を考慮し常用漢字で表記。
*3 ここで言う「自動拳銃」とは短機関銃の意味であり所謂「自動式(オートマティック)拳銃」ではない
*4 「ベ式=ベルグマン式」「ス式=スマイザー式」の意味で製造メーカーの違いを意味し中身は同じである
*5 トンプソンに影響をうけたのか保弾版式ドラムマガジンという珍しい機構を備えていた
*6 一人で運搬可能な小型の迫撃砲
*7 「ボルトアクションライフルで装填している間にサブマシンガンで何発も撃ち返される」というステレオタイプな主張に対する反論でもある
*8 刀身の長さの具合から恐らく二式銃剣と思われる
*9 「節刀」という古来の文化を継承していた。欧州で将官が元帥になると「元帥杖」と呼ばれるバトンが授けられるが日本では「元帥刀」という軍刀であった。
*10 2・26事件に参加した部隊の兵士達は“罰として”訓練などで銃剣を携行することができなくなったという証言がある。
*11 「輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち」で有名な「輜重輸卒」は小銃などで武装する「輜重兵」と別の存在で自衛装備として銃剣のみ携行していた。
*12 機関銃手も同様で銃剣を携行していた。そのため九六式軽機関銃以降に着剣装置をとりつけたのも「当時の日本軍としては」合理性があった。