PM-9

Last-modified: 2021-02-26 (金) 21:25:34

戦術人形 | スキル&陣形効果一覧 | 銃種別一覧 | 図鑑順一覧 (未実装込み) 〕



基本情報

No.259基本情報
名前PM-9
ランク★5
銃種サブマシンガン
製造時間製造不可
CV大地葉
イラスト音符
Lv.MAX時ステータス
HP860(176×5)
火力28射速102
命中13防御-
回避85弾薬-
SD
[添付]
自己紹介
はぁ、あんたが新しい指揮官か?あたしの名は、ミネベアPM-9機関けん銃、ちゃんと覚えておけよ。
入手方法
イベント「少女の鉄拳」8ライン達成報酬 (2021/02/06~02/26)
陣形効果
アサルトライフルに有効
射速上昇15% 命中上昇30%

スキル

スキル名効果(Lv.10)
幻影無明5秒間、自身の一部ステータスを変化させる。
ステータス効果:回避+100%/火力-30%/命中-30%
また、攻撃時、目標に2回ダメージを与える。
レベル12345678910
開幕CT6s
CT10s        8s
効果回避+50%        +100%
火力-50%        -30%
命中-50%        -30%
攻撃回数2回
持続時間3s        5s

セリフ

セリフ一覧を開く

入手はぁ、あんたが新しい指揮官か?あたしの名は、ミネベアPM-9機関けん銃、ちゃんと覚えておけよ。
挨拶サボりは禁止だかんな、指揮官。
部隊編入さあ、気張っていくぞ、みんな!
強化完了良い調子だ!パンチがまた速くなった!
コミュニケーション1指揮官?好き嫌いがあるのは感心しないな。辛い物くらい、食べられなきゃかっこ悪いぞ。
コミュニケーション2基地の中には格闘技に精通している人形がたくさんいるそうだが、できれば手合わせをお願いしたいものだ。だって……チャンピオンは一人で十分だからな。
コミュニケーション3し、指揮官、顔が近いって……ちょ、壁ドンもやめーー!……って、おいコラ!髪の毛まで押すんじゃないっ!どけって!
出撃そこの素人共に本物の拳法ってやつを見せてやるよ。
敵と遭遇待ってろよ!
重傷あたしの髪が……!許さない!
勝利はは!当然だな!
撤退ふ……退くのも戦術のうちさ……
スキル1ハハハ、どけ!
スキル2フン、雑魚どもが。
スキル3切られた髪の怒りを知るがいい。
後方支援開始じゃあ行ってくる。お土産でも期待して待っててくれ。
後方支援完了指揮官!こいつを受け取れ!
修復こっから出してくれ!まだ戦えるって!
編制拡大ハッ!今のあたしならすげぇパンチが打てそうだ。
自律作戦容易いな、また訓練の成果を見せる時だ。
誓約はあ?指揮官、これはいったい何の冗談だ?いや……その……ダメってわけじゃないが……はぁ、もうずるいって……あぁ、これからあたしも、同じくらいの愛をあんたにやるさ。
コミュニケーション4え?最近までいつもあたしのパンチを受けてたじゃないか。どうして今になって、指輪をしてない方の手はダメになったんだ……?
ローディング
人形製造完了
口癖おねえさんにまかせな!

重傷イラスト

重傷時のイラストを開く

スキン

スキンイラストを開く

スキン名
通常時重傷時
[添付][添付]
入手方法

性能

総評

 回避と攻撃のハイブリッド型サブタンク

  • 回避上昇と、火力・命中減少と引き換えに2回攻撃を得るスキルを持つSMG。
  • スキルの性能は端的に言って器用貧乏。
    開幕CT6秒という微妙な遅さ、回避バフの倍率、デバフなど諸々の要素が足を引っ張る。
  • 陣形はTMPの射速版とでも言うべき性能。
    JS 9と比べると劣るが、それなりに優秀な部類ではある。
  • やや優秀な陣形を持つもののスキルの貧弱さが足を引っ張る。
    総合的に見ると使いにくさが目立つと言わざるを得ない。

先行サーバーでの評価 ※ネタバレ注意

  • 大陸版でも登場からしばらくは有効な使い道が見いだされず、TMPと同様に陣形バッファー要員として使えなくもないだろう…程度の評価だった。
  • 大型イベント「連鎖分裂」のランキング戦では一転して高い評価を得る。
    正規軍の新ユニット「オルトロス」対策には攻撃回数の多さが重要なため、射速バフ・攻撃回数増加系のスキルを持つ人形が最適とされたのだ。
    ARでは火力バフARに比べて劣位に置かれていた97式K2が大きな脚光を浴び、敵の重装甲化に伴って活躍の場が狭まっていたGr G11も復権した。
    それはSMGとて例外ではなく、攻撃回数増加スキルを持つPM-9にも脚光が当たった。
  • もっとも、有志による韓国サーバーで100万点以上の高スコアを記録したユーザー(dcinsideに使用編成を投稿したユーザーを集計)の人形採用率統計ではわずか16%の採用にとどまった。ちなみにSMGで一番高いのはC-MSの96%。
    PM-9はオルトロス対策以外では決して強力な人形ではなく、そもそもオルトロスの対策法は多岐にわたるため、未育成ユーザーが資源と資料を投じてわざわざ育成するほど重要な人形ではないと評価されている。
    要は「育成したなら使えるけど、わざわざ育成しなくても大丈夫」ということだ。

スキル

  • 開幕CT6秒で回避バフ・火力デバフ・命中デバフ・攻撃回数増加を5秒間得る。CT8秒。
    • スキルの回転率はスオミらが持つ「援護集中」と全く同じ。
  • 回避バフとしてみると倍率の低さが目立つ。
  • 火力・命中にそれぞれ30%のデバフを受ける代わりに、GSh-18と同じ2回攻撃を得る。
    • SMGは火力と命中が低い銃種であり、例えば攻撃型SMGの代表格であるSR-3MPも味方のサポートで命中・火力を補うのが定石となっている。
      その点、いくら攻撃回数が増えると言っても最重要ステータスの火力と命中に大きなデバフを受けるのは痛手。
    • また、攻撃回数が2回に増えるというのは実質火力+100%バフとも言えるわけだが、前述のSR-3MPは+260%、ドロシー・ヘイズは常時+100%である。
      他に比べて特別ダメージ増加率が高いわけでもないにも関わらず大きなデバフを負ってしまっている。
  • 総じて使いにくいスキルだが、手数が増える点は意味がある。
    例えばヴァルハラコラボE1-8のNytoのように、ダメージよりも手数が重要になる敵の対策として運用できる。

陣形バフ/編成

  • 後方2マスに射速15%/命中30%バフを付与する。
    • 陣形の形状は違うが、マス数・バフ内容はスオミと全く同じ。
  • 特筆すべきはTMPの射速版とも言うべき陣形範囲。
    F型陣形の8番から1番・7番に陣形バフを付与できるため、F型陣形8番への配置適性が非常に高い。
  • ただし、8番から1番・4番・7番に射速バフを付与できるJS 9というライバルがいる。
    あちらは3マスにこちらより高い射速バフと会心率バフを付与できる。

装備

  • X外骨格orT外骨格/ホローポイント弾/ホロサイトorドットサイト
    • 運用次第で装備が大きく変わる。
      回避を重視するならT外骨格、サブタンクとしてダメージを期待するならX外骨格を装備しよう。
    • アタッチメントも、想定する敵回避とPM-9が受ける火力・命中バフの数値次第。
      編成によって使い分けていこう。

キャラについて、小ネタ

  • 同絵師のPM-06P22JS05R5と共にグリフィン戦隊をやっている(?)のか、脚のポーチに“Yellow”と書いてある。日本担当のグリフィンイエロー。
  • 先行する一〇〇式62式64式自89式たちが「学生服」をモチーフとしているのと異なり、「日本の銃」ということなのかニンジャ装束めいた鎖帷子を着用している。
  • 男勝りで喧嘩っ早い格闘技マニア。道場で修行をし、挨拶代わりに相手にカラテパンチを入れる。コワイ!
  • パンチで相手の強さを測るのが趣味。新入りが入隊する度にパンチさせているらしい。
    その胸は平坦であった
  • 彼女の持つ個体は良く見ると航空自衛隊の刻印が入っている。
  • 公式のキャラクター紹介ツイート

元ネタ

正式名称9mm機関けん銃
種類短機関銃/マシンピストル開発国日本
製造メーカーミネベアミツミ社生産対象自衛隊
生産期間1999年~現在採用国家日本
口径9mm弾薬9x19mmパラベラム弾
装弾数25発(箱形弾倉)発射速度約1,185発/分
初速247m/秒以上有効射程100m
全長339mm重量2.8kg

簡単な説明

  • 9mm機関けん銃とは1999年に自衛隊で採用されたマシンピストルである。当時採用されていた9mm拳銃の更新用装備火器として主に指揮官などの自衛用に開発された。
    M9(エムナイン)という公式の愛称を持つが、誰もこのような呼称は使ってない紛らわしかったり直訳気味に「MP9」にすると別のサブマシンガンと被ることから海外製のゲームなどでは「PM-9」という名称が使われることが多い。

    詳しい説明

    • 9mm拳銃を装備していた指揮官の火力増強を目的としているため、所謂PDWの指向性を持った銃器として紹介されることもある。
      • 以前は「PKO派遣で最小限の武器しか許されないためにハンドガン枠で通す為に開発された」などと紹介されたが、最近この説は否定されている。
        • 9mm機関けん銃以前のサブマシンガンとしては、前身である警察予備隊の時代からトンプソンM3がアメリカ軍から供与されてきたが、1965年頃からこれらに代わるものとして、9x19mmパラベラム弾を使用する「ニューナンブM66短機関銃」が試作されたものの、世界のトレンドはM16A1に代表される小口径高速弾を使用するアサルトライフルに移行しており、結果として時代遅れの烙印を押され日の目を見ずに終わった。
    • セレクターは国産の銃器の例によって「ア」「タ」「レ」の表記である。
    • 国内メーカーで設計、採用された自衛隊の兵器は基本的に「〇〇式」の名称が冠されるが、この9mm機関けん銃はそのようになっていない為、「どこかの海外メーカーからライセンスを取得しているのでは?」と考えられているが事情が公表されておらず真相は闇の中である。グリップ内にマガジンを持ちL字型のテレスコピックボルトを採用していることからMicro Uziあたりがベースではないか?と言われている
    • 戦車や装甲車の搭乗員の自衛火器として使われていた11.4mm短機関銃の更新用として配備する計画もあったが、後述する問題により折曲式銃床の89式となった。
    • この銃の抱える問題としては、プレス加工ではなく鋼材の切削加工で生産性が低く、射撃機構としてオープンボルト、シンプルブローバックを採用したが、ストックが無いためバーティカルフォアグリップのみで約1,185発/分という高速な連射速度を制御しなければならず、フルオートでの命中率は低かった。加えて約3kgとM4A1に匹敵するほど重く、サブマシンガンとしては取り回しにも問題があった。*1
    • このため現場の自衛隊員から「当たらない」「使いにくい」という苦情が寄せられた一方で、「(Micro Uziがそうであるように)瞬発的な火力で弾をバラ撒いて面制圧する」「銃を突き出してスリングをピンと張って保持力を高める事ができる」という主張もあり使い手を選ぶようだ。*2
      • コストの面でメリットがあるプレス加工でない点については、CNC制御工作機械による切削加工を採用しており一部で主張されるほどコストに関係しないという主張がある。また9mm拳銃の一部代替であることから、大幅な調達が見込めず大規模な機械を必要とするプレス加工では難しかったとも言われている。
      • 貫通力が劣る9×19mmパラベラム弾についても、P90Gr MP7などが用いる5.7x28mm弾や4.6x30mm弾を新たに購入する必要があり、既に大量の備蓄がある弾薬が使えなくなることから弾薬の共通性を重視する軍事組織としては妥当なところである。*3
        • これらには、設立当初から国土を侵略された場合はアメリカ軍から弾薬の融通してもらう事が前提にあることの他に旧日本軍時代の弾薬規格の統一の失敗*4や、自衛隊においても11.4mm短機関銃用の.45ACP弾*5のストックが無くなり訓練などに難儀した経験が根底にあるとされる。
      • また自衛隊側が「空挺降下などの激しい衝撃に耐える」「戦車や装甲車の自衛用銃器として何十年も使用できる」*6と必要以上に耐久性を要求したため、一見すると時代錯誤めいた銃となってしまったという意見もある。
        • オープンボルト方式も、命中精度が低くなるが構造が単純であり、故障しづらくメンテナンス性も優れているため、射撃機会が少ない後方部隊も含めた全体の稼働率を上げるためのものであるとも考えられる。
    • このように賛否両論が多く、仮に好意的な意見を取り上げても「アサルトライフルでは大げさすぎるがハンドガンの火力では心許ない」というようなニッチな需要にしか対応出来ないため、陸上自衛隊では早々と調達を打ち切ってしまった。*7
      • 陸上自衛隊では266丁のみ調達され精鋭の第一空挺団、空中機動を旨とする第12旅団、水陸両用作戦を任務とする水陸機動団隷下の第1水陸機動連隊(元西部方面普通科連隊)の指揮官や小銃を装備できない対戦車兵器の射手の自衛兵器として運用されている。
      • 2004年に発足した特殊作戦群では他国と足並みを合わせたのかPM-9ではなく4.6mm短機関銃(B)が配備されていると推定される。
    • しかし制式採用時に創設時のアメリカ軍供与の銃器が多数残っていて尚且つ本格的な陸戦が想定されない航空自衛隊、海上自衛隊では未だ調達されている。
      • 航空自衛隊では基地警備隊の隊員が運用しているシーンが見られるようになり、近代化改修された64式、グレー系のデジタル迷彩作業服、近代的な装備品と共に注目されるようになった。
      • 海上自衛隊では護衛艦に自衛火器として搭載されている他、基地などを警備する「陸警隊」や狭い船舶内で行動する「護衛艦付き立入検査隊」で運用していることが知られるようになった。
    • フィクションの世界では「自衛隊の銃」ということで独特の存在感を持っており映画などで露出する機会もあってよく似たサイズのエアソフトガンを9ミリ機関けん銃化するガレージキットも出回っている。
      • 特に「図書館戦争」では劇中に登場する「図書隊」という武装組織が9mm機関けん銃を多用していることで話題になった。劇中ではダットサイトが装着されていたが、この「図書隊」のように改造された9mm機関けん銃が訓練中の写真に写っていて話題になったこともある。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「PKOでAR持っていくとうるさいから作った」みたいな説が「否定された」っていう話はよく見るんだけど否定の根拠が微妙でんじゃあなんでストックつけてないのさとかよくわがんねんだよな -- 2021-02-06 (土) 10:20:21
    • だって陸自は普通にAR持ってpko行くし…それに開発にしても調達にしても積極的だったのは陸ではなく空。パイロットやグランドクルーに持たせる「ライフルより小さくてピストルより強力な銃」として予算計上されてる。pkoに持っていく為と言うのは部分的に正しいけど、ARだと五月蝿いから、と言うのが正しく無い。と言うのがマニアの通説 -- 2021-02-06 (土) 11:40:25
      • つまりはPDWという事..!?ジャパニーズぴーでーだぶりゅー!? -- 2021-02-08 (月) 18:03:30
      • 違うでしょ -- 2021-02-09 (火) 06:20:36
      • 概念としてはPDWだけどP90やMP7の後にMicroトンプソン作ってそう言いはれる神経の持ち主はそうは居ない -- 2021-02-09 (火) 07:42:20
      • と言うかPDWは取り回しはSMGのままライフル弾に準ずる火力を持たせた短機関銃の派生であって、これ自体は派生でも何でもない純然な短機関銃だし -- 2021-02-09 (火) 08:13:56
      • 9パラのMP5にもPDWを自称するモデルはあるし米陸軍も要人護衛用にAPC9KPro採用してるくらいだから専用弾を使用するPDWは1周回って時代遅れですらある -- 2021-02-09 (火) 20:20:53
      • そんなウージーやイングラムまでPDW扱いしそうな自称PDWはスルーでいいんじゃないかな。というかAPC9は普通にSMGでは -- 2021-02-09 (火) 20:36:57
      • だからわざわざ「専用弾を使用するPDWは時代遅れ」って言ってるんだけどわからないかな? -- 2021-02-09 (火) 21:29:25
      • PDW自体は警察組織等に普及しつつある -- 2021-02-10 (水) 03:16:29
      • 今は色んな人が初期のPDWとは違う括りでPDWと言う言葉を使っているのは知ってるけど、だからって例えば戦車兵用のM3やM4A1をPDWって呼んだりしないでしょう?だからあえて護身用のSMGとPDWをキッチリ分けて話したいって事なんだけれどもダメだろうか -- 2021-02-10 (水) 05:08:01
      • それ言ったらVz61やスチェッキンにM1カービンまでPDWか?という話になるがこれらがPDWに区分された話は聞かない。 -- 2021-02-11 (木) 21:36:33
      • 個人の感想の話ではなく現実に9パラをPDWとして売るメーカーと買う組織があって、9mm機関けん銃もそういう商品だという話。まあPDWのどこがパーソナルディフェンスだ特殊部隊の攻撃や制圧にしか使われてないじゃないかというのもある -- 2021-02-12 (金) 18:15:27
      • MP5K PDWはHKが手堅くMP5のバリエーションで作ったところFNがP-90と5.7mm弾を開発してるのを知って「あっやっべ」となってMP7にシフトチェンジした経緯だった筈。 -- 2021-02-13 (土) 17:27:15
  • 図書館戦争では図書隊が使ってた。敵対する検閲隊(政府側・文科省)はMP5使ってたな -- 2021-02-07 (日) 11:38:43
  • やっと手に入れた。コミュ3ボイスでメスの声出すのすき -- 2021-02-14 (日) 00:54:48
  • 何か目が爬虫類っぽい…ゴールデンパイソンとか名前が付いてそうな雰囲気。 -- 2021-02-14 (日) 04:20:48
    • アップでみると結構怖い目してると思う -- 2021-02-14 (日) 10:06:23
      • ソシャゲの立ち絵にしてはちょっと珍しい目線のずらしかたしてる上に前髪で一部隠れてるせいで解像度低いと左右の目線がずれてるように見えちゃうんだよね。おいしいですよねカブトムシネタ思い出したわ -- 2021-02-14 (日) 13:16:59
      • 立ち絵に若干の恐怖と既視感を覚えていることに疑問を持っていたけど、そうかおいしいですよねカブトムシっぽかったからか -- 2021-02-15 (月) 01:25:54
  • たは、やっちゃいました⭐︎、とか言うタイプかと思ったら、結構な武闘派だった -- 2021-02-15 (月) 08:40:09
  • 初見の時 -- 2021-02-15 (月) 22:46:14
  • ↑誤爆申し訳ない 初見の時、続編のUMP9かと思った -- 2021-02-15 (月) 22:50:52
  • 感度9千倍の機関拳銃 -- 2021-02-17 (水) 03:41:08
  • マカロフ「将校のおもちゃ」 -- 2021-02-17 (水) 06:36:46
  • 髪の毛気にしまくり女子、壁ドンにも弱い。 乙女力結構高い -- 2021-02-17 (水) 10:01:18
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 ただしC-MST77など同程度の重量のサブマシンガンも存在する。
*2 例えばMP5Kのようにストックが無いモデルも存在する。
*3 所謂「PDW」の弾薬はNATOで2021年2月25日にP90の5.7×28mm弾での標準化が発表された段階でP90Gr MP7自体も各国の特殊部隊などの限定的な採用である。
*4 小銃弾の威力不足から6.5mm弾から7.7mm弾に転換したが補給の面で混乱し結局統一できなかった他、7.7mm弾も重機関銃の配備が先行したため航空機関銃用、重機関銃用、小銃・軽機関銃用と統一できなかった。
*5 未だアメリカ軍の一部でまだ使われているがNATOで標準化の拳銃弾ではない。
*6 実際に11.4mm短機関銃は戦車等の自衛用火器として2010年頃まで現役であった。
*7 なお更新されるはずだった9mm拳銃は一時期調達を打ち切られていたものの、市街地戦が重視されるようになると再開された。