密偵

Last-modified: 2021-03-07 (日) 16:50:46
収録拡張コストカード種別効果
基本(初版)4アクション-アタック+1カードを引く
+1アクション

各プレイヤー(あなたも含む)は、自分の山札の一番上のカードを公開し、
そのカードを捨て札にするかそのまま戻すかをあなたが選ぶ。
 削除されたカード
このカードは初版のみに収録されており、第二版には収録されていません。
第二版および公式サービスであるDominion Onlineでは使用することが出来ません。


概要

全員のデッキトップを公開させ、それぞれ捨て札にするか選べるアタックカード。
アタック効果自体は控えめだが、アタックカードに珍しくアクション権と手札を減らさないキャントリップであるため、他のアクションカードの補助としては使いやすい。
相手への攻撃以外に、微力ではあるが自分のデッキトップも操作できるため、コンボデッキで必要なパーツを引くための補助にもなる。

利用法

アタックとして

基本的には相手のデッキの一番上から有用なカードが公開された場合は捨て札にし、そうでないカードはそのままにするのが一般的な使い方となる。
この後にデッキから有用なカードを盗む・廃棄させるアタックカードを使う場合、逆に有用なカードを残し、そうでないカードは捨て札にすることで、アタックが成功しやすくなる。

デッキの操作手段として

カードを引いてからデッキの一番上のカードを公開するため、密偵を1枚だけ使った場合は次のターンの手札を最大1枚交換するだけの効果になる。
整理したデッキからすぐにカードを引くためにはさらにカードを引くアクションか追加の密偵が必要になる。

関連カード

拡張名前関連
錬金術念視の泉全員デッキの一番上のカードを公開し、捨て札にするか戻すかあなたが選ぶ。
密偵と違い、カードの公開とカードを引く順序が逆になっている。

余談

  • ドナルド・Xによる削除理由は以下の通り。

    原文と日本語訳

    【原文】(引用元)

    This is both weak and slow.

    Make one decision per player; now play another Spy and make another decision per player.

    These days I prefer Spies to look more like Rabble and Fortune Teller: no +1 Action, no decision.

    I thought I would replace Spy with something like Rabble, but as you can see I didn't.

    Dominion itself is joining the ranks of the later expansions, that go lighter on attacks and heavier on non-attack interaction.

    【日本語訳】

    こいつは弱い上にゲームを遅延する。

    密偵を使う度に、プレイヤー1人当たり1回の(カードを捨てるか否かの)判断を要求する。もう1回使えばまた判断する羽目になる。

    今日では、大衆占い師のような、+1アクションがなく判断を要求することもないカードの方が密偵よりも好ましいと思う。

    私は密偵を大衆のようなカードに替えようと考えたが、皆さんご存知の通りそうしなかった。

    ドミニオン基本セットは以降の拡張と比べ、アタックは少なく、アタック以外のインタラクションが多いエキスパンションだと位置付けているんだ。

コメント