道化師

Last-modified: 2020-07-06 (月) 11:32:12
収録拡張コストカード種別効果
収穫祭5アクション-アタック+2コイン
他のプレイヤーは全員、自分の山札の一番上のカードを捨て札にする。
そのカードが勝利点カードの場合、そのプレイヤーは呪いカード1枚を獲得する。
勝利点以外のカードの場合、捨て札にしたカードと同じカードをそのプレイヤーが獲得するか、
あなたが獲得するかをあなたが選ぶ。

概要

相手のデッキトップを捨て、追加効果を得るアタックカード。有用なカードなら自分も同じカードを獲得できるし、いらないカードなら相手にもう1枚押し付けられる。
銅貨を押し付けてデッキの弱体化を狙ったり、庭園品評会のためにとにかくカードを集めたりと状況に応じて色々できる。圧縮している相手からは有用なカードを獲得できる確率が上がる。
1回のアタックはさほどでもないが、序盤から何度も使われ続けるとデッキが銅貨や呪いにまみれて機能不全になってしまう。また、呪いを撒く枚数が不定なので、呪いの山札の切れるタイミングがわかりにくい。デッキ内の勝利点の枚数が増えるとそれだけ呪いを受け取りやすくなるので、勝利点を買うタイミングには気をつけよう。

利用法

  • 魔女のような呪い撒き効果と、密輸人のような相手のデッキに応じたカードの獲得効果を併せ持っている。。当たり方にはどうしても運が絡む。
    サプライにある勝利点以外のカードなら何でも獲得できるので、運が良ければ白金貨支配といった高コストのカードも手に入る。
  • 複数人で道化師を打ち合う試合展開になるとサプライからカードが次々と減っていくので、三山切れのタイミングに注意。
  • 密偵念視の泉で相手のデッキトップを調整し、欲しいカードを狙い撃ちする、占い師大衆と組み合わせて確実に呪いを撒けるようにする、といった工夫ができるなら利用したい。
  • コンボ対ステロのように自分と相手のデッキ構築の方向性に違いがある場合、銀貨のようなカードがめくれるともらっても嬉しくなく、かといって相手にあげると手助けになるだけ、といったジレンマに陥りやすい。
  • なお、道化師への対策は、望楼はもちろん有効だが、「サプライに置かないカードは獲得できない」という性質を利用し、獲得しやすく捨て札にされても余り痛くは無いをデッキに積み込む方法もある。
    道化師を使われるゲームでは、圧縮戦法は高価なカードに当たりやすくなるため考え物だが、馬による引き切り戦法であれば高価なカードを守りつつデッキ構築ができるため、簡便な対策となりやすい。
    同様に、闇市場トラベラーなどでもサプライ外のカードを集めやすいが、この場合のサプライ外カードは「結局捨て札になると悲しいカード」なので、あまり良い対策にはならない。

詳細なルール

  • デッキにも捨て札にもカードがなく、カードを公開できないプレイヤーは道化師の効果を受けない。
  • 複数の種類をもつカードは、その中に勝利点を含めば勝利点カードとして扱う。
    • 道化師で大広間が公開された場合、大広間はアクション-勝利点カードなので、そのプレイヤーは呪いを受け取り、誰かが大広間を新たに獲得することは無い。
  • サプライの山札に同名のカードが残っていないカードが公開されると誰も獲得できない。
  • 避難所や褒賞や狂人のようにサプライに置かないカードが公開されると誰も獲得できない。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White