大使

Last-modified: 2022-06-04 (土) 02:07:51
収録拡張コストカード種別効果
海辺3アクション-アタックあなたの手札1枚を公開する。
公開したカードと同じカード最大2枚までを、あなたの手札からサプライに戻す。
その後、他のプレイヤー全員は、それと同じカードを1枚ずつ獲得する。
 削除されたカード
このカードは初版のみに収録されており、第二版には収録されていません。
第二版および公式サービスであるDominion Onlineでは使用することが出来ません。


概要

自分のデッキ圧縮と、相手のデッキの汚染を同時に行えるアタックカード。
初期デッキ銅貨屋敷を相手に押し付けることが主な役割。自分のデッキを2枚減らし、相手のデッキを1枚増やすことで展開力に大きな差をつけられる。
デッキの掃除が終わった後は、銅貨1枚を残してアタックのみに利用することも可能。もっと強引なアタックとして呪いを自ら購入し、大使で相手に送りつけても良い。
銅貨をサプライに戻すとそれだけ使用したターンの手札が減り、購入がしにくくなる。このカードの使いすぎで資金不足に陥らないように気をつけよう。

利用法

  • 自分が圧縮しつつ、相手に対しては銅貨や屋敷を送り付ける呪い撒きの役割を果たす。相対的なデッキ枚数に大きな差が出る。
    • デッキを村2枚、大使3枚、銅貨(or呪い)1枚にして、毎ターン相手に3枚のおジャマカードを押し付けるなど。相手のデッキが膨大になり平均金量も落とせる。
    • 圧縮している間は自分自身もろくにカードが買えなくなるが、相手が動けなくなった後で構築を始めてもデッキ成長が間に合うことは多い。
  • 相手のアタックによって配られた呪い廃墟を送り返すことも可能。
    • 大使があるサプライで魔女のような呪い撒きカードを使っても、大使で送り返されて自分の足を引っ張るだけになってしまう可能性がある。
  • 2人戦と4人戦では評価が変わるカード。
    • 2人戦で一方的に使われると展開速度に大きな差を付けられてしまうが、お互いが2枚減らして1枚もらうので圧縮は可能。よほどの事態がない限り、初手で買うのをお勧めする。
    • 4人戦で全員が大使を使うと、デッキ1週で最大2枚までしか戻せないのに他プレイヤーから3枚受け取ることになる。全員のデッキがどんどん厚くなり、回転速度は落ちていく。
      • 大使の撃ち合いに出遅れたのであれば、大量に撒かれる屋敷を保持して点差をつけて勝つことを狙ってもよいだろう。自分も銅貨を押し付けていれば、上記の通り他プレイヤーも圧縮が進まないはずだ。
      • 1枚も戻さない場合、サプライの山を3枚も減らせる。タイミングが合えば三山切れによる勝利を狙える。
  • 特定のランドマークがあるとさらに影響力が増すことがある。
    • 山賊の砦を用いるゲームでは、終盤に銀貨をサプライに戻す&相手に押し付けるのも有効。2枚戻すことができれば、これで実質6点の差をつけたことになる。
    • 狼の巣を用いるゲームでは、相手が持っていないカードを押し付けられるので、より効果が凶悪になる。
    • を用いるゲームでは、自分は圧縮しつつ相手のデッキを厚くできるので、より効果が凶悪になる。

詳細なルール

  • 公開したカードの残り枚数が他のプレイヤーの人数よりも少ない場合、左隣のプレイヤーから順に公開したカードを獲得する。サプライに公開したカードがなくなった場合には何も獲得しない。
  • 公開したカードを0枚サプライに戻すことを選択してもよい。その場合も他プレイヤーは公開されたカードを獲得する。
  • 公開したカードが廃墟分割された山札のカードであった場合、戻す処理の後、同名カードがサプライの山札の上にあれば他プレイヤーはそのカードを獲得する。
  • 大使の効果は「カードを【サプライ】に戻す」というモノである。『サプライに無いカード』は公開しても戻すことはできず、他プレイヤーも獲得できない。
    • 似た処理に交換馬の習性チョウの習性の「カードを【由来する山札】に戻す」という処理があるが、これとは少し異なることに注意。
      例えば、は【サプライ】に置かないが、【由来する山札】はあるカードである。なので、チョウの習性の効果で戻すことはできるが、大使の効果で戻すことはできない。
  • 他プレイヤーが、アタックカードを使用された際に誘発するリアクションカード(秘密の部屋馬商人物乞い隊商の護衛外交官)でリアクションするのは、大使の効果が発揮されるよりである。
    • そのため大使使用者は、他のプレイヤーのリアクションの有無&その処理結果を確認した後に、公開するカードを選択することになる。
      大使使用者は、「他のプレイヤーが堀でリアクションしたので、今回は呪いではなく屋敷を公開しよう」という動きができる。
      また、逆に大使使用者がカードを公開した後には上記のリアクションはできないことになるので、大使使用者は(たとえ手札が1枚しかなくても)他プレイヤーにリアクションの有無を確認してから、手札のカードを公開すべきである。
  • ターン中に一時的にサプライの山が3つ以上空になったor属州(あるいは植民地)の山が空になっても、大使の効果により山にカードが戻り、ターン終了時にサプライの山が3つ以上空になっていない&属州(あるいは植民地)の山が空になっていなければ、終了条件を満たさないのでそのままゲームを続行する。

余談

  • ドナルド・Xによる削除理由は以下の通り。

    原文と日本語訳

    【原文】(引用元)

    Ambassador! It's such a classic old Dominion card. At first it just looks silly; later you find out it's a powerhouse.

    It's not necessarily a problem in 2-player, though you get a sub-game of trashing down with Ambassadors before you get to the main game after that.

    But in multiplayer, it can just shut you out. As with Ghost Ship, you don't get to see your deck.

    【日本語訳】

    アンバサダー!こいつは古き良きドミニオンのカードだ。一見アホみたいに弱そうだが、使ってみるとぶっ壊れなことに気づく。

    二人戦ではそこまで問題にならない。ただ、実際の勝負にかかる前にまずは大使でデッキを圧縮するというミニゲームが始まるだけだ。

    しかし複数人戦では、まさにゲームから締め出されてしまう。幽霊船と同様、自分のデッキは目も当てられない有様になる。

コメント

  • don't get to see your deck. が香具師に対しても使われているので、周辺を意訳しました。 -- 2022-05-31 (火) 09:46:09