大使

Last-modified: 2020-05-28 (木) 12:17:49
収録拡張コストカード種別効果
海辺3アクション-アタックあなたの手札1枚を公開する。
公開したカードと同じカード最大2枚までを、あなたの手札からサプライに戻す。
その後、他のプレイヤー全員は、それと同じカードを1枚ずつ獲得する。

概要

自分のデッキ圧縮と、相手のデッキの汚染を同時に行えるアタックカード。
初期デッキの銅貨や屋敷を相手に押し付けることが主な役割。自分のデッキを2枚減らし、相手のデッキを1枚増やすことで展開力に大きな差をつけられる。相手のアタックにより配られた呪いや廃墟を送り返すことも可能。
デッキの掃除が終わった後は、銅貨1枚を残してアタックのみに利用することも可能。もっと強引なアタックとして呪いを自ら購入し、大使で相手に送りつけても良い。
銅貨をサプライに戻すとそれだけ使用したターンの手札が減り、購入がしにくくなる。このカードの使いすぎで資金不足に陥らないように気をつけよう。

利用法

  • デッキを村2枚、大使3枚、銅貨(or呪い)1枚にして、毎ターン相手に3枚のおジャマカードを押し付ける。相手のデッキが膨大になり平均金量も落とせるが、その間自分自身もろくにカードが買えなくなる諸刃の剣。
  • 大使があるサプライで魔女のような呪いを撒くカードを使っても、大使で送り返されて自分の足を引っ張るだけの場合がある。相手が大使を獲得している場合、普段よりも優先順位は下がるだろう。
  • 2人戦と4人戦では評価が変わる。
    2人戦で一方的に使われると展開速度に大きな差を付けられてしまう。よほどの事態がない限り、初手で買うのをお勧めする。
    4人戦で全員が大使を使うと、デッキ1週で最大2枚までしか戻せないのに他プレイヤーから3枚受け取ることになるので全員のデッキがどんどん厚くなり、回転速度は落ちていく。
  • ランドマークに山賊の砦があるゲームの終盤で、手札の銀貨をサプライに戻し相手に1枚ずつ押し付ける。2枚戻すことができれば、これで実質6点の差をつけたことになる。

詳細なルール

  • 公開したカードの残り枚数が他のプレイヤーの人数よりも少ない場合、左隣のプレイヤーから順に公開したカードを獲得する。サプライに公開したカードがなくなった場合には何も獲得しない。
  • 公開したカードを0枚サプライに戻すことを選択してもよい。その場合も他プレイヤーは公開されたカードを獲得する。
  • 避難所や褒賞カードのようにサプライに置かれないカードを公開した場合、そのカードをサプライに戻すことはできず、他プレイヤーも獲得できない。
  • 廃墟騎士を公開した場合、同名カードが山札の上にあれば他プレイヤーはそのカードを獲得する。
  • 属州の山札が切れたり、サプライが三山なくなったターンにこのカードを使用し、ゲームの終了条件を満たさなくなった場合、ターン終了時に終了条件を満たしていなければそのままゲームを続行する。
  • 他プレイヤーが、アタックカードを使用された際に誘発するリアクションカード(秘密の部屋馬商人物乞い隊商の護衛外交官)でリアクションするのは、大使の効果が発揮されるよりである。
    • そのため大使使用者は、他のプレイヤーのリアクションの有無&その処理結果を確認した後に、公開するカードを選択することになる。
      大使使用者は、「他のプレイヤーが堀でリアクションしたので、今回は呪いではなく屋敷を公開しよう」という動きができる。
      また、逆に大使使用者がカードを公開した後には上記のリアクションはできないことになるので、大使使用者は(たとえ手札が1枚しかなくても)他プレイヤーにリアクションの有無を確認してから、手札のカードを公開すべきである。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White