海の魔女

Last-modified: 2022-07-31 (日) 15:01:59
収録拡張カード名コストカード種別効果
海辺(第二版)Sea Witch5Action-Attack+2 Cards
Each other player gains a Curse.
DurationAt the start of your next turn, +2 Cards, then discard 2 cards.
海の魔女5アクション-アタック+2 カードを引く
他のプレイヤーは全員、呪い1枚を獲得する。
持続あなたの次のターンの開始時、+2 カードを引く、その後カード2枚を捨て札にする。

概要

魔女地下牢の持続効果が付いたアタックカード。
元の魔女も5コストであり、追加された持続効果も手札が減らない手札交換なので効果そのものは強力。
ただし、持続カードの例に漏れず最大でも2ターンに1回しか使えない点は、呪い撒きアタックの観点では欠点とも言える。

利用法

  • 魔女や海の妖婆同様、一方的に使われるとデッキの回転力と点数に大きな差を付けられてしまう。
  • 自分が買って呪いを撒く側に回るほうが被害が少なくなる。
  • アタック以外の効果が魔女よりも強力な一方、持続カードである分リシャッフルに混ざりにくく、呪いを撒き切るまでに時間がかかりがち。
    • そのため、複数人戦で出遅れたとしても買う価値はある。
    • 船着場地下牢同様、引き切りの安定化に貢献できる。もちろん相手も呪いを撒いて阻害してくるが、呪い場での地下牢効果を海の魔女自身が備えている分、支配的な性能とも言える。
    • 画策などで使い回す、もしくは航海士などでデッキ回転を速めることで、リシャッフルに混ざりにくい弱点を補える。ゴミあさりなら両方できる。

詳細なルール

  • このカードは使用したターンのクリーンアップフェイズには捨て札にならず、次のターンのクリーンアップフェイズに捨て札になる。
  • 海の魔女の持続効果でカードをドローできなかった場合でも、2枚捨て札にしなければならない。手札が2枚未満の場合は残っている手札全てを捨てる。
  • 手札から複数の枚数のカードを捨て札にする際には1枚ずつではなく、カード全てを同時に捨て札にする処理であることに注意。
    • 例えば、手札からまず坑道を捨て札にする→坑道のリアクション効果で金貨を獲得→手札から 望楼を公開し金貨をデッキの上に置く→望楼を捨て札にする…という動きはできない。
    • 例えば、手札の村有緑地を捨て札にする→村有緑地をリアクションして即座に「+1ドロー、+2アクション」を得る、という動きはできるが、ここでドローしたカードを更に捨て札にすることはできない。

関連カード

拡張名前関連
海辺(初版)海の妖婆元々収録されていた呪い撒きのアタックカード。4コストと安く、魔女よりも強力な呪い撒きを行うが、代わりにアタック以外の効果を何も持たない。

余談

  • ドナルド・Xによる追加理由は以下の通り。

    原文と日本語訳

    【原文】(引用元)

    Sea Witch is a more classic Witch. In fact it starts off being classic Witch exactly. Then it hangs around and Cellars a little next turn.

    【日本語訳】

    海の魔女はより古典的な魔女だ。実際に使用したターンは魔女そのものである。そして次のターンに持続してちょっとした地下貯蔵庫として働く。

コメント

  • わざわざ航海士とのシナジーに言及してるのが意味深…なのか? -- 2022-05-20 (金) 12:25:40