幽霊船

Last-modified: 2020-07-22 (水) 12:58:25
収録拡張コストカード種別効果
海辺5アクション-アタック+2カードを引く
手札を4枚以上持っている他のプレイヤーは全員、手札枚数が3枚になるまで、手札のカードを自分の山札の上に置く。

概要

相手の手札破壊とデッキ回転速度の低下を同時に行うカード。船着場の持続によるドロー1回分、または隊商2枚分のドローを打ち消すレベルと考えれば、効果が蓄積しないとはいえその強力さがよく分かるだろう。仮に毎ターンこのカードを使い続けたとしたら、こちらの手札は6枚・相手の手札は3枚と2倍の差が生まれる。他の手札破壊と異なり、手札がデッキの上に置かれるので願いの井戸のようなカードを利用される可能性はあるが、デッキから新しいカードを引けなくなるために足止めされる効果は非常にいやらしい。

利用法

  • 道化師騎士のような相手のデッキに干渉するアタックカードを、幽霊船の後に続けて使う場合、「どうでもいいカード」を山札の上に置かれて威力が半減するので使う順番に注意。
    • しかし幽霊船後に山札干渉を受ける可能性のある場合は、デッキの上に何を戻すべきかで慎重にならざるを得ないので、場が非常に「重たく」なる。仮面舞踏会のような手札干渉もあると更に複雑化する。
    • ややこしいのは、自分で山札参照のカードを使う予定があったり、学者寵臣が手札にあって強いカードを山札の上に戻したい場合。上記のような山札干渉をされる可能性を忘れていると痛い目に合う。
    • 辺境伯などで後からカードを引かされて計算が狂うことも。
  • 大衆占い師のようなデッキトップを汚すアタックとは相性が良い。相手のデッキを汚した後で幽霊船を打つことで、ダメージからの回復がより遅れることになる。
    • 特に大衆は、デッキの上から3枚を操作するため、相手のデッキに十分な数の勝利点や呪いが入っていれば、完全なロックに持ち込むことも可能である。

対策法

相手に毎ターン使用されると、実質的に自分は毎ターン手札を3枚しか引けないような状況になり非常に不利となる。そのため、特に引ききりが出来る場では要注意カードとなる。

  • 通常のハンデスと同様、移動動物園書庫をうまく使えばアタック効果を帳消しにできる。学者寵臣なら更に有効。
    • 特に案内人なら、手札の強い2枚をデッキトップに乗せて5枚引き直せば、手札に倉庫を加えられたも同然であり強力。。
  • 手札に十分なアクションカードがあれば、デッキトップにアクションを積むことで念視の泉でもほぼ無害になる。
  • デッキの上2枚が操作できると考えれば、家臣伝令官ピアッツァなどとの相性が良いとも言える。あるいはこれらを使うことで相手の幽霊船使用を牽制できるかもしれない。

詳細なルール

  • 手札のカードをデッキの上に置く順番は、アタックを受けたプレイヤーが任意で決めることができる。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White