Top > 呪いの森

呪いの森

Last-modified: 2019-05-18 (土) 01:43:09
収録拡張コストカード種別効果
冒険5アクションアタックあなたの次のターンの開始時まで、他のプレイヤーがカード1枚を購入したとき、
そのプレイヤーは自分の手札を自分の山札の上に好きな順番で置く。
持続あなたの次のターンの開始時:+3カードを引く

概要 Edit

他のプレイヤーのカード購入時に誘発する特殊なアタック。圧縮がない場や勝利点を先行した相手には幽霊船以上の非常に強力なアタックになる一方、コンボに対しては未使用のコンボパーツをトップに戻せてしまうためいつでも強いわけではない。カードの購入に対してのみ働くのでイベントの購入では何も起きない。自身の持続効果の3ドローは決して弱くはないが、プレイしたターンに何もしないので必要かどうかは吟味する必要がある。手札の枚数が増えることで不要なカードも集まりやすくなるので相手の呪いの森にも弱くなる。

利用法 Edit

  • 工匠秘密の部屋のような手札の枚数が重要なアクションとは高相性。
  • 毎ターン呪いの森を使えば常に手札8枚からターンを開始できるので、ステロ戦術も可能である。
  • 相手に呪いの森を使用された場合、余ったアクションや財宝を次のターンに回す、手札を使い切る、そもそも購入をしないといった状況に合わせた選択が大事になってくる。
  • 夜想曲から出た夜行カードに対する最大のアンチカードになる。夜フェイズは購入の後なので、使う前の夜行カードをデッキに戻す羽目になる。
    • ただし、獲得時に手札に加わる効果を持つ夜行カードを購入した場合は呪いの森が場に出ていても使用可能である。
  • 支配+呪いの森
    呪いの森を使用し支配で無理やり購入させて5枚のゴミをデッキの上に戻してあげることで、相手の行動を封じるロック戦術。

詳細なルール Edit

  • このカードは使用したターンのクリーンアップフェイズには捨て札にならず、次のターンのクリーンアップフェイズに捨て札になる。
  • 呪いの森の効果は、使用した時に全ての効果が予約される。
    • 場に出ていることが条件ではない。また、効果は使用毎に累積する。
      • 行進で呪いの森を2回使用し場から廃棄すると、他プレイヤーはカード購入時に「手札をデッキに戻す」を(実質的に1回しか意味は無いが)2回実行し、使用者は「次ターンの開始時に+3カード」を2回得る。
    • 呪いの森が使用されたタイミングに、他プレイヤーはアタックカードの使用に誘発するリアクションカード(秘密の部屋馬商人物乞い隊商の護衛Diplomat)でリアクションができる。
    • 呪いの森が使用されたタイミングに、灯台チャンピオン守護者の効果を発揮している他プレイヤーは、この『呪いの森の予約されたアタック効果』を受けない。
      • (他プレイヤーが呪いの森を使用し、)自分のターンになってから、灯台やチャンピオンを使用した場合では、『呪いの森の予約されたアタック効果』を防げないので注意。
  • 呪いの森のアタック効果が持続するのは、「呪いの森を使用したプレイヤーの次のターンの開始時」まで、であるので注意。
    • 呪いの森を使用したプレイヤーが追加のターンを得ていた場合は、このアタック効果は他プレイヤーに影響する前に消えることになる。
    • 逆に、他プレイヤーは追加ターンを含め「呪いの森を使用したプレイヤーの次のターンの開始時」までの全てのターンにおいて、カード購入時に手札をデッキに戻すことになる。
      • 支配は「左隣のプレイヤーに追加のターンを与える」という効果であることに注意。
  • 呪いの森のアタック効果は、他プレイヤーがカードを購入した際に、購入時効果として誘発する。
    • 闇市場の効果でカードを購入した際もアタック効果は誘発する(手札をデッキの上に置かなくてはならない)。
    • イベントprojectの購入ではアタック効果は誘発しない。
    • 他の「カードの購入に誘発する効果」とも同時に誘発する、どの効果を先に処理するかは、カードの購入者が自由に選択できる。
      • 例えば、農地を購入した場合、先に農地の購入時効果を処理(手札1枚を廃棄し、コストがちょうど2多いカード1枚を獲得)してから、呪いの森のアタック効果を(購入時効果として)処理すること選べるし、
        呪いの森のアタック効果を(購入時効果として)処理し、手札を0枚としてから購入時効果を処理(手札が0枚のため手札を廃棄できない)することも選べる。
  • カードの購入時は、①購入時効果の発生・解決⇒②購入したカードを捨て札or指定獲得先(手札、デッキの一番上など)に獲得する⇒③獲得時効果の発生・解決、という順に処理が進む。
    呪いの森の影響がある際に「捨て札以外の場所(手札、デッキの一番上など)に獲得するカード」や「獲得時効果のあるカード」を購入した場合は、処理順に注意が必要。

【例】呪いの森の影響を受けている状態で、遊牧民の野営地を購入した場合・・・

  1. 呪いの森のアタック効果を(購入時効果として)処理する(手札を任意の順番でデッキの上に戻す)。
  2. 遊牧民の野営地を1枚獲得し、デッキの上に置く。

【例】呪いの森の影響を受けている状態で、ヴィラを購入した場合・・・

  1. 呪いの森のアタック効果を(購入時効果として)処理する(手札を任意の順番でデッキの上に戻す)。
  2. ヴィラの獲得時効果を処理する(ヴィラを手札に加え、+1アクションを得る。この時購入フェイズであれば、アクションフェイズに戻る)。

余談 Edit

  • 名前に「呪いの」と付いているが、呪いカードを獲得させる効果ではない。
    • 英語ではHaunted Woods、直訳すると「お化け(幽霊)の出る森」となり、日本語訳は実質誤訳。
      幽霊船のように手札をデッキの上に置かせる攻撃は、ドミニオンでは幽霊によるものらしい。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White