木こり

Last-modified: 2020-05-19 (火) 23:58:36
収録拡張コストカード種別効果
基本(初版)3アクション+1カードを購入
+2コイン

概要

アクションを消費する代わりに、購入回数が増える銀貨
ただ2コインを得るだけではアクション分だけ銀貨に劣るため、獲得するのであればカードの購入枚数が増える効果を利用したい。

非常に地味な効果であり、あまり購入される事も無かったためか、第二版で削除された。

利用法

通常であれば1枚しかカードの購入はできないが、木こりを1枚使うだけで2枚までのカードを購入することが出来る。
次のように、1ターンに複数のカードを購入できる状態にすることで効率よくデッキを作ることが出来る。

  • 集めたい低コストカードを一度に2枚購入する。
  • キャントリップを何枚も集めた後、それらをプレイして0コストになった行商人を複数枚購入する。
  • 4コイン2購入で庭園と銅貨を購入し、デッキを厚くしつつ庭園を集める。
  • コンボデッキに入れてコンボパーツ集めを効率よく集め、最終的には16金2購入で属州を2枚購入できるようにする。

コメント

  • 木こりプレイ最強です。木こりをたくさん買い、更にたくさん木こりを買っていきます。 -- 2019-06-12 (水) 13:10:36
  • 詐欺師のある4人戦だと頻繁に売り切れる。また、民兵系のアタックを食らった際に、手札が有用なターミナル、財宝×2、木こり、屋敷などという状況なら、木こりと屋敷を捨てればノーダメージ。また、呪い場で1枚あたりの生産力が1金を下回っているとき、銅貨を追加で買うことで生産力向上につながる。また、騎士を打たれて2枚とも3~6コスでうち1枚が木こりであれば、もう1枚のカードを守りながら圧縮できて一石二鳥。このように、様々なアタックに対して耐性があり、非常に便利なカード。逆にコンボがつながる場では16金出た際に木こりを打って属州を2枚買うなど、裏ワザ的な使い方もある。また、初心者の人と対戦するときに、将棋の2枚落ちと同じような感じで、経験者が初手で木こりを2枚買うなどして、バランスの良いゲームをすることもできる。また、初心者にアクション権がいかに重要で強力であるかインストするのにも最適。上級者同士のゲームでも、木こりがあれば王国カードが実質9種類となることも珍しくなく、長考が減ってゲーム時間の短縮につながる。このように木こりはいぶし銀のような働きをすることが多い。決していぶしてくすんで劣化した銀貨ではない。 -- 2019-08-07 (水) 20:50:52

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White