蛮族

Last-modified: 2022-07-31 (日) 15:01:59
収録拡張カード名コストカード種別効果
AlliesBarbarian5Action-Attack+2 Coins
Each other player trashes the top card of their deck.
If it costs $3 or more they gain a cheaper card sharing a type with it; otherwise they gain a Curse.
同盟蛮族5アクション-アタック+2 コイン
他のプレイヤーは全員、自分の山札の一番上のカードを廃棄する。
そのカードのコストが3以上の場合、そのカードよりもコストが安い同じタイプのカード1枚を獲得する。それ以外の場合、「呪い」1枚を獲得する。

※注 上記のカードテキストに『同じタイプのカード』と書かれている部分は誤訳である。
    正確には『同じカードタイプを1つでも持つカード』と読み替えて処理する。詳細なルールの項目で後述。

概要

2金を出しながら、相手のデッキトップ1枚を確定廃棄するアタックカード。
廃棄したカードがコスト3以上であれば同じカードタイプを持つ低コストカードに、コスト3未満なら呪いに変換してしまう。
アタックの効果は呪詛の蝗害詐欺師に近く、どんなコスト帯のカードだろうと必ず廃棄してしまう点が凶悪。

利用法

  • 騎士などのデッキ破壊アタックとは異なり、コスト制限は実質ないようなもの。
    • デッキトップ1枚が、呪いか廃墟避難所か廃棄時効果が強いカードなど限られた一部のカードである場合を除き、ほぼ確実に相手に不利益を被らせることができる。
    • 略奪品狂人褒賞カードインプなど、0~2コストのサプライ外の特殊なカードも呪いに変換されてしまうので、蛮族を用いるゲームではこれらのカード(を獲得するカード)が弱体化する。
  • 構築段階で致命傷を負う可能性に加え、終盤の勝利点レースでも確実にダメージを与えることができる。
    • 特に属州に当たると公領となり-3勝利点なのでとても痛い。植民地にあたると属州となり-4勝利点でもっと痛い。
    • ただし、コスト6で2勝利点を持つカード(農地貴族ハーレム遠い海岸要塞が該当*1)を公領に変換すると却って点数が伸びるパターンがあることには注意。
  • 蛮族のアタック効果は特にコスト減効果は相性が良いといえる。
    • 発明家の家族があるゲームでは、銀貨や相手の多く持つコスト3のカードを1コスト減してやる動きが凶悪になりやすい。
  • 後述の通り、負債コストカードorポーション+2コイン以下のコストを持つカードは呪いに変換されてしまう。
    • これらの特殊なコストのカードは強力なものが多く、似た効果の詐欺師では対策にもなるが、蛮族を用いるゲームでは取りづらく手が伸びにくくなるだろう。
    • 呪いの山が切れてしまうとわざわざ呪いの廃棄を手伝ってしまうことになって弱体化するが、それでもそれ以外のカードへのデッキ破壊効果は健在。

詳細なルール

  • 廃棄したカードと「同じタイプのカード」とは、廃棄したカードが持つカードタイプのうち少なくとも1つのカードタイプを持つカードのことである。
    • 全く同じタイプのカードである必要は無い。1つでも同じ種別が含まれていれば良いため、同じ種別が何か・含まれていない種別があるかどうかなどは考慮しない。

【例】夜襲(コスト6・夜行-アタック-持続)が蛮族で廃棄された場合、サプライにある下記のようなカードが獲得の候補となる。

悪魔の工房(夜行)などのコスト5以下の夜行カード

蛮族(アクション-アタック)・遺物(アタック-財宝)などのコスト5以下のアタックカード

船着場(アクション-持続)・契約書(財宝-持続-連携)などのコスト5以下の持続カード

【例】領土(コスト6・勝利点-衝突)が蛮族で廃棄された場合、サプライにある下記のようなカードが獲得の候補となる。

・公領(勝利点)などのコスト5以下の勝利点カード

戦闘計画(アクション-衝突)などのコスト5以下の衝突の山のカード(=領土以外の衝突カード)

  • コスト3以上のカードとは、正確には「コスト3コイン0ポーション0負債以上」のカードのことを指す。
  • 等の効果でカードのコストが下がっている場合、下がった後のコストを参照する。
  • 廃棄したカードより安いカードとは、コイン・ポーション・負債が全て元のコスト以下で、少なくとも1つは元のコスト未満のカードのことである。
    • 錬金術師(コスト3+P・アクション)が蛮族で廃棄された場合、コスト3以下もしくはコスト2+P以下のアクションカードを獲得する。
    • 大金(コスト8+<8>・財宝)が蛮族で廃棄された場合、コスト8+<7>以下もしくはコスト7+<8>以下の財宝カード*2を獲得する。
  • 総じて、蛮族で廃棄されたカードがコスト3以上の場合、廃棄されたカードよりコストが安く同じ種別のカードがサプライにあればいずれか1枚を必ず獲得する必要がある。
    • 該当するカードが無い場合は何も獲得しない。
    • また、コウモリなどサプライに置かないカードは獲得できないことに注意。
      • 条件に合致するカードがサプライに無く、サプライ外にのみあった場合、獲得は行えない。
  • アタックを受けたプレイヤーの山札と捨て札が0枚だったことでカードを廃棄できなかった場合、呪いを獲得させる。
    • 廃棄処理が行われなかった場合、テキストの「それ以外の場合」に該当する。呪詛の蝗害のテキストおよび処理とは異なることに注意。
  • 蛮族のアタック効果はターンプレイヤーの左隣のプレイヤーから順に①デッキトップのカードを廃棄→②廃棄したカードのコストに応じてカードを獲得、という処理となる。
    • 他プレイヤー全てのデッキトップのカードを廃棄→それぞれに獲得カードを選ぶ…という処理ではない。呪いの山札が枯れそうな場合などにおいても、左隣のプレイヤーが獲得するカードを選択した後にしか、次のプレイヤーの廃棄カードは判明しないことに注意。
    • 特に行人は、各プレイヤーがカードを獲得する度にコスト変動が発生するので、組み合わせに注意。
    • ①でのカード廃棄に対して廃棄時効果が誘発するタイミングは①の直後であり、②の後ではないので注意。
      • 例えば、蛮族の効果でカードを廃棄した際、手札の青空市場でリアクションできるのは①の直後である。
        つまり、②のカード獲得に対して牧羊犬のリアクションでドローが発生したor②で青空市場を獲得しそりのリアクションで手札に加えた、などにより青空市場が手札に有る状態となっても、①の廃棄に遡ってリアクションする、ということはできない。

余談

  • 呪詛の蝗害のようなアタック効果を持つが、使用したプレイヤーに恩恵がある・獲得が強制・必ずしも高コストのカードを廃棄しなくなった代わりに低コストのカードを廃棄しても呪いを獲得させられる等、陰謀第二版で削除された破壊工作員の調整版カードとも言える。

コメント

  • 3金+ポーションの錬金術師や8金+8負債のカードの大金の処理はテキスト的に破壊工作員と同じくそれぞれ2金+1ポーション以下、7金+8負債以下の(同タイプ)カードを獲得になるのでしょうか。 -- 2022-03-13 (日) 14:13:48
  • そのはずです。ただし錬金術師なら3金(+0ポーション)、大金なら8金(+7負債)以下でも可能です。 -- 2022-03-13 (日) 14:52:26
  • 破壊工作員を連想していましたが蝗害の効果に近いのですね。ありがとうございます。 -- 2022-03-13 (日) 17:07:19





*1 幽霊城も「コスト6で2勝利点を持つカード」だが、特性上城1枚あたりの勝利点は3勝利点以上になっていることが多い
*2 ただし同盟発売時点で大金以外に負債を含む財宝カード、もしくはコスト8の財宝カードは存在しないため、この条件に該当するのはコスト7(銀行)以下の財宝カードに限定される。