橋の下のトロル

Last-modified: 2021-05-11 (火) 09:57:33
収録拡張コストカード種別効果
冒険5アクションアタック他のプレイヤーは全員、自分の-1コイントークンを自分の手前に置く。
持続現在とあなたの次のターンの開始時:
+1 カードを購入
--------------------
このカードが場に出ているかぎり、あなたのターン中、カードのコストは1少なくなる。
ただし0未満にはならない。

概要

と似た効果を持つ持続カードで、相手に対するアタック効果も持つ。
橋と異なり1金は出ないが、次ターンも効果を得られる。複数枚使えばそれだけ効果も重複するので、系のアクションと組み合わせたり、毎ターン橋の下のトロルを使用するなりすればさらに購入がはかどる。
アタック効果は-1コイントークンを相手にばら撒くもの。特に序盤では出力が1金下がるだけで構築が遅れてしまうため大きな影響力を持つが、複数回使っても効果は重複しない。

利用法

  • 実質的に1アクションで2購入を生むカードとも言える。何枚かデッキに仕込んでおけばいざという時に3山切れを起こしやすい。
  • ビッグブリッジに使える。
    • との差別化点として、持続カードのため2ターンかけて並べればよいことがある。アクションを出すの枚数が少なくて済む、ビッグターンのデッキ内のトロル枚数が橋の場合の半分になり事故率を抑えることができるといった強みがある。
    • また、アタック効果によって、デッキ構築中にも相手を足止めすることができる点も良い。
    • こちらは1金が出ないので、パーツをかき集めるのが橋の場合と比べて少々大変であるのが一応の欠点。ただしある程度完成が近づいてこれば、欲しいカードのコストが0金になってくるのであまり関係ない。
  • 相手に-1コイントークンをばら撒く数少ない手段であり、荒れ場特殊勝利点狙いのような、金があまり出ない相手には特に有効。
  • デメリットとして、弟子引揚水夫のような廃棄したカードのコストを参照するカードは弱体化してしまうので組み合わせる際には注意。

詳細なルール

  • このカードは使用したターンのクリーンアップフェイズには捨て札にならず、次のターンのクリーンアップフェイズに捨て札になる。
  • 橋の下のトロルのコスト減効果は「場に出ているときに発揮される効果」である。似た効果を持つは使用時効果であり、処理が異なるので注意。
    • 玉座の間系で複数回使用しても、場に出ている枚数(=1)しかコストが下がらない。
    • 焚火などで場を離れると、コスト減効果が消える。
    • はみだし者などのCommandカードでサプライから使用する場合など、カードが場に出ない場合は、コスト減効果は発揮されない。
    • 逆に、女魔術師のアタック効果や習性により使用時効果が書き換えられても、場に出ていればコスト減効果は発揮される。
      • なお、使用時効果が書き換えられると、次のターンに持ち越す効果が無くなるため、橋の下のトロルは使用したターンのクリーンアップフェイズに捨て札にされることに注意。
  • デッキや廃棄置き場などあらゆる領域にあるカードのコストが下がる。
  • イベントプロジェクトはカードではないため、コストは下がらない。
  • -1コイントークンの機能については、舞踏会の-1コイントークンの機能を参照。
    • +1コイントークンを置いた隊商の護衛で橋の下のトロルに対してリアクションする処理は以下の通り。
  1. 橋の下のトロルを使用された。
  2. 隊商の護衛でリアクションし、使用する。
    1. +1コイントークンにより+1コイン。
      1. -1コイントークンを持っている場合は1少なく得て、トークンを取り除く。
    2. 隊商の護衛により+1カードを引く・+1アクション。
  3. -1コイントークンを得る。
  4. 相手がさらに橋の下のトロルを使用する場合は1に戻る。

余談

  • トロル(トロール)とは、北欧(特にノルウェー)の伝承に登場する妖精の一種。
    • どのような存在であるかは作品によって描写が異なるため一定しないが、毛むくじゃらの巨人など、醜い姿であることが多い。
    • ノルウェーの昔話「三匹のやぎのがらがらどん」では、橋の下に住んでいる恐ろしい怪物として描かれている。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White