Top > 45TP Habicha


45TP Habicha

Last-modified: 2019-01-24 (木) 16:48:53

Tier 7 ポーランド 重戦車 (略称:45TP / 日本語表記:チテルジェシチピエンチテープー・ハビハ) Edit

45TP_0-min.PNG
↑ 45TP Habicha I + 90 mm wz. 39/90
初期砲塔では前身からあまり代わり映えがしない。重戦車というよりは中戦車っぽい風貌。
45TP_1-min.PNG
↑ 45TP Habicha II + 105mm Bofors wz. 34
最終状態。改良砲塔はプリンのような愛嬌のある形状が特徴。
搭載砲はスウェーデンのボフォース社製10,5 cm kanon m/34 の戦車砲仕様だと思われる。

スペック(v1.1.0) Edit

車体

耐久値1,186⇒1,200
車体装甲厚(mm)100/50/40
最高速度(前/後)(km/h)35/14
重量(初期/最終)(t)44.27/44.54
実用出力重量比(hp/t)16.84
本体価格(Cr)1,450,000
修理費(Cr)
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
90 mm wz. 39/907.32
⇒7.5
AP
APCR
HE
156
198
45
240
240
320
1,756
⇒1,800
0.42.5
⇒2.3
45
⇒50
290
4,000
240
1,850-8°/+20°
105mm Bofors wz. 345.45AP
APCR
HE
192
225
53
320
320
420
1,7450.42.340490
4,800
420
1,245
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
45TP Habicha I150/90/60383307,200
45TP Habicha II170/100/70283507,500
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Maybach HL 157 P65020850
2x PZInż. Rytla-Wernera750151,400
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
45TP Habicha I45.53211,500
45TP Habicha II47.43511,500
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
N2 L48041
RKD53070
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass3"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerLarge Tank
Spall LinerHeavy"Wet" Ammo RackClass2Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 5+ t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時7.58⇒7.02%1.47%
移動時3.42⇒3.17%0.66%
 

派生車両

派生元40TP Habicha(MT/43,550)
派生先53TP Markowskiego(HT/84,200)
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説(v1.1.0) Edit

  • 概要
    v1.1.0で追加されたTier7のポーランド重戦車
    エドヴァルト・ハビフ技師の設計の発展型、とされる架空戦車である。
     
  • 火力
    初期砲は課金弾を使っても同格以上の重戦車相手だと厳しいレベルなので、改良砲塔と併せて早急に換装しよう。
    • 105mm Bofors wz. 34
      T29の最終砲と似通った性能を有し、Tier7重戦車としてはごく平均的な主砲である。あちらと比較すると貫通力と弾速、俯角で劣るが、精度、照準拡散、仰角で勝る。
       
  • 装甲
    改良砲塔はそれなりに防ぐことが出来るが、車体装甲に関してはTier7重戦車として平均的な防御力に留まっており、同格HTとの撃ち合いにおいては頼りになるとは言い難い。-8°の俯角を生かして出来るだけハルダウンで車体を隠して戦っていきたい。
    耐久値はTier7重戦車の中ではKV-122と並んで最下位。
    • 砲塔
      初期砲塔は40TP Habichaの改良砲塔の微強化版。あちらから全周満遍なく20~30mmの増厚がなされているが、せいぜい正面で同格MTの通常弾を防げるかどうかと言った程度の防御力であり、Tier7重戦車の砲塔装甲としては頼りない。
      一方で避弾経始に優れた円錐台形をした改良砲塔では、正面は正味200mm~相当と、所謂175mm組の砲撃をシャットアウト可能な装甲を手にする。
      また前部天板は60mm厚の傾斜72°であり、平地ではAPやAPCRは殆ど跳弾することが出来るが、傾斜が減ると容易く撃ち抜かれるようになるため低所や下り坂にいる時は要注意。
      ただしキューポラは150mm程度の弱点箇所となっている。
    • 車体
      正面上部はAPの標準化込みで155mm相当、下部は130mm相当となる。
      側面装甲は50mmとかなり薄め。背面も言うまでもなく紙装甲だが、上下に鋭い傾斜面があり、小口径砲を運よく跳弾で防ぐことはありえる。
 
  • 機動性
    重戦車としてはかなり優秀で、ISと同等かそれ以上の機動力を見せる。
     
  • その他
    これまでと同様に無線範囲が短めだが、このTierまで来れば周囲の無線範囲が広くなるため通信途絶に陥ることは少ない。
     
  • 総論

史実 Edit

...

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。