Top > WZ-111-1G FT
HTML convert time to 0.033 sec.


WZ-111-1G FT

Last-modified: 2018-09-13 (木) 14:20:27

Tier8 中国 駆逐戦車 (略称: WZ-111-1 FT) Edit

WZ-111-1_FT_0-min.PNG
↑ 122 mm D-25TG FT
初期状態。WZ-111のお椀型砲塔が取り外され、代わりに角ばった固定戦闘室が設けられている。

WZ-111-1_FT_1-min.PNG
↑ 122 mm 60-122TG FT
中間状態。初期砲を長砲身化し、排煙器を取り付けたような見た目。

WZ-111-1_FT_2-min.PNG
↑ 130 mm 59-130JG FT
最終状態。ある意味、現存している北京のWZ-111(ダミー砲塔付き)に最も近い外観をしている。

スペック(v0.9.20) Edit

車体

耐久値1,000
車体装甲厚(mm)180/80/60
最高速度(前/後)(km/h)35/18
重量(初期/最終)(t)44.5/45
実用出力重量比(hp/t)13.33
主砲旋回速度(°/s)26
視界範囲(m)370
本体価格(Cr)2,520,000
修理費(Cr)9,000
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
122 mm D-25TG FT7.06AP
HEAT
HE
192
250
61
390
390
530
2,7530.382.9301,025
5,600
608
2,590-6°/+15°
122 mm 60-122TG FT4.96AP
HEAT
HE
248
310
61
440
440
530
2,1820.382.9301,065
4,800
630
2,800
130 mm 59-130JG FT4.29AP
HEAT
HE
271
340
65
560
560
660
2,4000.362.8251,215
5,200
1,020
3,090
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
12150LSG55012750
12150LTG60012750
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
WZ-111-1G FT452210,000
WZ-111-1G FT model 2482510,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
A-22060040
A-220A75040
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass3"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerLarge Tank
Spall LinerLarge"Wet" Ammo RackClass2Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 5+ t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時16.7%2.56%
移動時10.03%1.53%
 

派生車両

派生元T-34-2G FT(TD/76,400)
派生先WZ-111G FT(TD/116,600)
 

射界

射界左12°/右12°
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説(v0.9.20) Edit

  • 概要
    v0.9.20で追加されたTier8の中国駆逐戦車
    WZ-111をベースにした対戦車自走砲の計画案である。
     
  • 火力
    • 122 mm D-25TG FT
      前身から引き継ぐ初期砲。発射速度、精度、照準時間が改善されている。
      DPMの高さは魅力的だが、Tier8TDの主砲としては力不足。
       
    • 122 mm 60-122TG FT
      本車両専用の中間砲。単発火力が上昇、貫通力も相応に強化された。初期砲とは打って変わりDPMが低くなっている。
       
    • 130 mm 59-130JG FT
      最終砲。単発火力はTier8車両としてはISU-152の152mm砲やRhm.-Borsig Waffenträgerの15cm砲に次ぐ高さを誇り、通常弾貫通力も3位、金弾貫通力は1位と恐るべき威力を有する。さらに精度や照準時間も122mm砲よりも向上しており、取り回しがよくなっている。
       
  • 装甲
    この車両から中国駆逐戦車ツリーは重装甲化が顕著になるが、ベース車両であるWZ-111からは全体的に防御力が低減している。一方正面に実装甲厚170mmを下回る箇所は無いため、格下に対しては頼りになるだろう。
    戦闘室正面は180~200mm厚で換算200~230mmほどとそれなりの防御力を持つが、WZ-111の砲塔ほどの硬さは無い。
    キューポラは当たれば抜けるものの、非常に小さく狙いにくい。
    車体装甲はWZ-111よりも薄くなっていることに注意されたい。車体上部は100mmに減厚されており170~180mm相当、下部はベースから据え置きで120mm厚170mm相当。
    側面は最上部の120mm部分が80mmに減厚されているが、そのほかは変化なし。空間装甲と裏のきつい傾斜装甲はそのままである。
    最大俯角を取り車体下部を隠すハルダウンを行えば、貫通190mm程度の弾であればシャットアウト可能。とはいえ俯角が6度と微妙なため、積極的な活用は難しいかもしれない。
    天板が25mmと薄く、自走砲の榴弾が貫通する危険性がある。
    HPは1,000と同格駆逐で最低*1であり、重装甲とは言っても迂闊な被弾は避けたい。
     
  • 機動性
    比較的軽快な機動性を持っていたこれまでの駆逐戦車から一転、重装甲化の代償に重戦車レベルにまで低下してしまった。重駆逐の中では速い方だが、最高速度の35km/hはある程度直進できる距離が無いと到達できず、平地では30km/h程度である。
    旋回速度も相応になり中戦車などに纏わりつかれると一方的に撃破される危険性が高い。
    一方で後退速度は優秀で18km/hもの速度で後退することができる。出力の問題があるため出足は遅れるものの、前後退による位置調整はしやすい。
     
  • 総論
    総合的に見れば火力に重きを置いた重駆逐戦車である。
    砲威力は同格3位と強力であり、貫通力も高い為、格上にも正面から攻撃を通すことができる。
    砲精度がやや悪いので必要に応じて距離を詰めよう。
    防御面は、重駆逐として見れば弱点が大きくHPが低い代わりに、隠蔽率がTier8重駆逐の中ではT28に次いで高い。ついでにそちらよりは機動力もある。
    バランスタイプになり損なった中途半端な特性の重駆逐戦車という印象も受けるが、戦闘室装甲は十分であるので、ハルダウンを駆使してこちらの火力を押し付けて行くことができれば、重駆逐として戦線を支えることができるだろう。
     

史実 Edit

WZ-111-1G FT 駆逐戦車の開発は、WZ-111 重戦車の開発経験に基づいて行われました。WZ-111 の試作車輌が 1960 年代前半に製造され、走行試験が実施された結果、その設計に多数の欠点があることが判明し、WZ-111 の開発は 1964 年に中止されました。WZ-111-1G FT の設計にはソ連の戦車製造技術の影響が見られましたが、試作車輌が製造されたという情報はありません。(ゲーム内説明より)

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 他5両と並ぶ