Top > T-34-2G FT


T-34-2G FT

Last-modified: 2019-10-01 (火) 12:11:05

Tier 7 中国 駆逐戦車 Edit

T-34-2G_FT_0-min.PNG
↑100 mm 59-100TG FT

T-34-2G_FT_1-min.PNG
↑100 mm 60-100TG FT

T-34-2G_FT_2-min.PNG
↑122 mm D-25TG FT
ソ連のSU-122-44に類似した形状だが、こちらの方が一回り小さく、かなり車高が低い。

スペック(v0.9.20) Edit

車体

耐久値800
車体装甲厚(mm)70/45/45
最高速度(前/後)(km/h)50/16
重量(初期/最終)(t)31.58/32
実用出力重量比(hp/t)16.25
主砲旋回速度(°/s)30
視界範囲(m)360
本体価格(Cr)1,440,000
修理費(Cr)?
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
100 mm 59-100TG FT8AP
APCR
HE
181
241
50
250
250
330
2,0000.351.940252
4,400
252
2,257-5°/+15°
100 mm 60-100TG FT8.57AP
APCR
HR
189
244
50
250
250
330
2,1430.351.840252
4,400
252
2,257
122 mm D-25TG FT6.32AP
HEAT
HE
192
250
61
390
390
530
2,4630.43301,025
5,600
608
2,590
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Type 102SG45012750
V-5452012895
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
T-34-2G FT32358,000
T-34-2G FT model 235408,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
9RM525100
A-22060040
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerLarge Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 3 t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時25.31%4.81%
移動時15.05%2.86%
 

派生車両

派生元WZ-131G FT(TD/50,400)
派生先WZ-111-1G FT(TD/76,400)
 

射界

射界左12°/右12°
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説(v0.9.20) Edit

  • 概要
    v0.9.20で追加されたTier7の中国駆逐戦車
    T-34-2をベースにした対戦車自走砲の計画案である。
     
  • 火力
    左右射界は12°ずつと平均的だが、俯角が-5°とかなり悪い。
    最終砲は履帯を変えなくてもギリギリ載るが、装填棒や改良型射撃装置を載せられなくなる。
    • 100 mm 59-100TG FT
      前身の最終砲。初期砲ながらそこそこ戦える。
       
    • 100 mm 60-100TG FT
      本車輌専用の中間砲。
      初期砲の純粋な強化版である。122mm砲と比較するとDPMや火力は低いが、収束速度とそれなりの精度が売りとなっている。遠距離で戦うなら悪くなく、高隠蔽との相性も良い。
       
    • 122 mm D-25TG FT
      単発火力・貫通力・DPMと三拍子揃った強力な砲。格上にも対抗できる性能を有する。
      精度や収束速度は口径相応に悪いため、遠距離狙撃には比較的向かない。
       
  • 装甲
    正面上部装甲は前身から傾斜角はそのままに装甲厚が2倍に強化され、換算120mm程度となった。Tier5~6車両の通常弾であれば防ぐ機会もあるだろう。
    同格のJagdpantherT25 ATと同程度の防御力といえるが、俯角が-5°と劣悪なためハルダウンが難しい点については引け目を感じるところもある。
    HPはIkv 90 Typ BSteyr WTと並び同格TD最下位。装甲がそこそこあるので、あちらのように152mm榴弾があっさり貫通して即死と言うことは正面を向けていれば無いが、122mm砲2発でもダメージの振れ次第で撃破される。
    また、弾薬庫も中国らしく耐久度が低いため120mm~122mm砲が直撃すると一発大破する可能性がある。
    搭乗員スキルの弾薬庫保護を取得していても128mm~130mm砲で一発大破、75mm砲で損傷の危険がある。
    小口径の敵を侮ると弾薬庫損傷から苦戦を強いられる場合もあるため、無闇に車体を晒すのは避けたい。
     
  • 機動性
    流石に軽戦車ベースであった前身からは低下しているが、中戦車がベースであるのでそこそこの機動性を持つ。後退速度も駆逐戦車としてはやや速めで、俯角が狭く前のめりになりやすい本車にとってはありがたい。
    T25 ATの類の「陣地転換はこなせる駆逐」相当と考えて問題無い。
    旋回性能が高いためNDKに対してもある程度耐性がある。
     
  • その他
    隠蔽率は中国駆逐戦車の中では最も高く、かのE 25と同等という優秀さ*1。全員でカモスキルを取得すれば忍者じみた動きも可能。さらに視界も同格駆逐戦車のなかでは悪くない部類なので、双眼鏡の装備も検討したい。
     
  • 総論
    最終砲の122mmは単発火力に優れながら貫通力も悪くなく、バランスが良い。
    ただし、HP・装甲が控えめな割に精度に難を抱えているので、隠蔽を活かして敵に接近、それを活かす少々独特な立ち回りを強いられる事もあるだろう。
     

史実 Edit

T-34-2 中戦車をベースとした駆逐戦車の計画案であり、ソ連の SU-122-54 と二次大戦期の各種自走砲から様々な技術革新を取り入れる予定でしたが、試作には至りませんでした。(ゲーム内説明より)

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 ただし発砲時は大きく劣る