Top > Atlanta


Atlanta

Last-modified: 2019-07-13 (土) 02:19:08

アトランタ級軽巡洋艦 Edit

Atlanta(3.1).jpg

他画像

性能諸元 Edit

編集時 ver.0.7.6

・基本性能

Tier7種別プレミアム艦艇
艦種巡洋艦派生元-
国家アメリカ派生先-
生存性継戦能力27500
装甲13mm-89mm
・防郭 13mm-89mm
・艦首/艦尾 16mm
・砲郭 13mm
・装甲甲板 13mm-32mm
対水雷防御ダメージ低減-
機動性機関出力75,000馬力[hp]
最大速力32.5ノット[kt]
旋回半径610m
転舵所要時間8.4秒


隠蔽性 通常副砲主砲火災煙幕
海面発見距離11.0km--13.0km4.6 km
航空発見距離5.1km-0.0km8.1km-


射撃管制装置船体モジュール主砲射程最大散布界
-Mk7 mod.111.1km98m


主砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填180度旋回弾種
-127mm/388基×2門HE弾 1800(5%)
AP弾 2100
5.0秒7.2秒HE Mk32
AP/SC Mk38


魚雷船体口径基数×門数(片舷)最大ダメージ装填射程雷速発見
-533mm Mk15 mod.32基×4門(4門)1663398秒4.5km65kt1.3km


対空砲船体距離口径基数×門数爆発数秒間ダメージ命中精度有効ゾーン
爆発半径内継続的
-20mm Oerlikon Mk4
28mm/75 Mk2 mod.2
8基×1門
4基×4門
-19179.0%0.1-1.8km
127mm/38 Mk32 mod.128基×2門5112021983.0%1.8-5.8km



・アップグレード

スロット1スロット2スロット3スロット4スロット5スロット6
搭載可能アップグレード

・消耗品

搭載可能消耗品

ゲーム内説明 Edit

アトランタ級は、駆逐艦隊を指揮する嚮導艦として設計されました。巡洋艦としては比較的小型ですが、強力な対空兵装が備えており、雷装および多数の両用速射砲を搭載していました。

解説 Edit

Tier7のアメリカプレミアム巡洋艦。
とにかく他の巡洋艦とは使用感が根本的に異なる。プレミアム艦とは本来かくあるべし。
 
 

  • 主砲
    防空巡洋艦として誕生した本艦は、両用砲である127mm連装砲を片舷7基、計14門を指向可能。アメリカ駆逐艦の主砲と共通の砲弾を巡洋艦の船体(と発見距離)で運用しなければならないが、最大14発の弾を装填速度5.0秒で敵艦にお届けすることが出来る。
    しかしその投射量と引き換えに、射程距離が短いうえに弾道特性は非常に悪い、特に射程距離ギリギリにもなると最大ズームだと敵艦を画面からはみ出させなければならない程の偏差を求められる。
    そのため開けた場所での射撃戦になると逃げ回りながらそれを行うことになるため、活躍するにはかなりの熟練が必要となる。
    また、砲自体は駆逐艦のそれであるため一発あたりの火力は期待できず、投射量の割にはダメージが伸びないことがほとんどである。しかし、この悩みは艦長スキル「榴弾用慣性信管(通称:IFHE)」を取得することで劇的に改善される。主にTier6-7戦艦の艦首・艦尾にダメージを出せるようになり、ダメージ効率が目に見えて上がるため、ポイントが溜まったら是非取っておきたい。*1寧ろ現段階では必須とも言えるが…
    当てにくい砲ではあるが、当てなければ始まらないので頑張って慎重に花火を打ち上げよう。
    それでも一応接近すれば、腹を晒した巡洋艦相手にはAP弾によるバイタルパートの貫通を狙うこともできる。リロードは相当速いので、上手く相手の真横を取れた場合の接近戦には非常に強い。対駆逐艦については姿を10km以内に捉えようものなら、その圧倒的な投射量で大損害を与えられる。数秒のうちに駆逐艦のHPが蒸発する光景は見物である。また煙幕を張られてもレーダーで丸裸にできるので、駆逐艦を見つけたら生かして帰さないつもりで。
    ただし、距離を取られてしまうと途端に当てにくくなるため深追いは禁物。後述するように装甲は使い物にならないため、深追いは厳禁。
    射程については「上級射撃訓練」スキルによる延長が可能で13.3kmまで延ばせるが、前述の弾道特性により、延長した分を当てられるかどうかは腕次第。本艦にとってこのスキルの真価は、対空砲の射程距離延長にあるので、主砲の射程距離延長についてはあくまでおまけとして考えよう。
     
  • 機動力・隠蔽
    速力32.5ノットは一般的な巡洋艦のレベルであり、転舵所要時間が非常に短い同Tierの重巡PensacolaC船体よりは舵が重いものの転舵半径は小さいので小回りはきく。UGで補強してやろう。
    隠蔽については11.0kmとSt. Louisと同等であり、艦長スキルの隠蔽専門家を併用すると9.4kmまで短縮することが可能。
    しかし、後述する生存性の問題により、相手に接近して不意打ちを仕掛ける用途には向かず、有利な位置取りをするためと考えた方がよいだろう。
     
  • 対空
    防空巡洋艦と呼ばれるだけあってその対空能力は強力。
    本艦は「対空防御砲火」の使用回数が無制限となっており(※他の米巡は通常3回)、射程の長い両用砲の対空砲火の威力が特に高い。空母のいる試合では防御砲火を使用出来ない場合であっても敵機への強烈な殲滅力を発揮するので、存在するだけで相手空母へのかなりの抑止力になる。
    ただし中距離砲を持たないため長・短距離砲の有効ゾーンがそれぞれ大きくなっており*2、近距離の火力はけして高くない。
    是非Tier7最強空母と名高いサイパンと分艦隊を組むなどして防空力をいかそう。
     
  • 装甲・生存性
    一言でいえば「動く棺桶」である。
    このTier帯では絶望的な程の紙装甲かつHPが低く、試合開始時点で既に棺桶に片足を突っ込んでいるようなものである。
    砲塔が多いので全身がバイタルパート…かと思いきや、見た目に反して意外とバイタルパートは小さめ。
    とは言え紙装甲であることは間違いない。船体外殻の装甲は13mmとティア5巡洋艦並で、これは8インチ以上のAP弾に強制貫通される。戦艦の砲撃を喰らおうものなら高確率で瀕死か破壊的一撃は免れないので注意。
    「隠蔽専門家」を付けた場合、被発見ギリギリまで接近して一撃を加えても、相手を沈めきれなければ離脱できずに返り討ちに遭う事がほぼ確定するので、相手に反撃されない位置取りを優先しよう。
    また砲塔が非常に脆いので、砲塔の複数大破は日常茶飯事である(数は多いので多少は目を瞑れるのが救いだが)。
    主砲が低威力かつ高発射レートのためひたすら撃ちまくってしまいがちだが、撃つべき時と我慢して隠蔽する時を周囲の状況に応じてしっかり使い分けないと生き残る事は難しい。元より見付かったら優先的に狙われやすい艦なので、すぐに死ぬという人は陰に隠れられるまでは隠蔽状態を維持する事を意識すると良い。
     
  • 魚雷
    4連装を左右に計2基装備しているが、射程が4.5kmしかないのでお守り程度に考えよう。しかし島陰からこっそり接近出来た場合など、撃てる機会があれば忘れずに使おう。
     
  • その他
    バージョン0.5.9以降はTier7としてはIndianapolisBelfastと同様に警戒レーダーを持っている。効果時間は25秒、距離8.49km。
     
  • 総評
    撃たれ弱く一発の重さもないが、その投射量は敵にとって非常に嫌われる。陰に隠れてこれでもかという砲弾の雨を降らせて相手に嫌がらせするのが主な仕事になる。
    その他を圧倒する投射量のために、トリガーハッピーな艦というイメージが強いと思われるが、その本質は対空面を除いては艦の性能に甘える事など一切許されず、島や僚艦を上手く利用するなどの非常にシビアな立ち回りを要求される艦である。
    こう書くとどうしようもない印象を持つかもしれないが、その独特な使用感から「使うのは難しいが使いこなせると非常に楽しい」・「噛めば噛むほどに味が出るスルメ艦」と言え、それを愛する熱心なファンも多い。
    アトランタはレーダを搭載できる艦である。空母がいなく対空が出来なくとも、レーダー射撃によるアンチ駆逐艦の能力は高い。ただし、レーダーの使用には癖があるので慣れるまでが大変である。
     
    この艦に興味を持った人は実際に購入する前に次の点をよく考えることをオススメする(リアルマネーは大事!)
    「中~近距離向けな性能なのに、被弾に対して非常に脆い巡洋艦」という、課金艦の中でもひときわ尖った性能のため、深く考えずに買うと「買ったはいいが使いにくくて港のオブジェ」となる危険性が非常に高い艦である(買ってから無理やり慣れるという考えもあるが)。 
     
    公式ムービー[[Premium Ship Spotlight: Atlanta]]

 

  • 備考
    掲示板での愛称は「らんらん」
    (´・ω・`)らんらん♪

史実 Edit

アトランタ級はオマハ級の後継艦として建造された軽巡洋艦であるが、発達する航空機の脅威に対抗するため38口径5インチ両用砲を主砲に多数搭載した防空巡洋艦として知られている。この38口径5インチ砲が登場する以前の米艦艇は5インチ砲でも対艦(平射)用の51口径と対空用の25口径の異なる砲を搭載していて効率が悪く、対艦・対空両方で使える両用砲が開発されて以降、統一されるに至った。また前述した経緯から水雷戦隊旗艦として運用されることも想定し4連装魚雷発射管を2基装備していたが、旗艦として求められるはずの水上機運用能力は無く、一部では砲熕武器での打撃力不足から装備されたものとも推測されている。装甲は垂直が最大で89mm、水平が32mmとブルックリンやクリーブランドと比べ薄い。
アトランタ級は8隻の建造が戦前に決まり、さらに3隻が戦時中に追加され、合計11隻が建造された。
1番艦アトランタから4番艦サンファンまでが5インチ砲8基16門搭載、5番艦オークランドからは復元性を考慮して5インチ砲2基を撤去した12門、9番艦ジュノー(2代目)からは魚雷発射管を撤去。これらを初期型、中期型、後期型と分類することもある。追加3隻の後期型は戦後に竣工した。
大戦を通して奮戦し、機動艦隊に随伴すれば防空巡洋艦と呼ばれる通りの活躍で南太平洋海戦やマリアナ沖海戦では日本の攻撃隊に大打撃を与えた。ネームシップのアトランタと2番艦のジュノーの2隻がいずれも第3次ソロモン海戦の戦闘で沈没した。
 
アトランタ級の中でも特筆すべき艦は3番艦「サンディエゴ」である。
1942年1月10日に就役した後、主に防空軽巡として空母の直衛に当たる。ソロモン諸島の戦いでは護衛対象である空母「ホーネット」を守りきることができず、姉妹艦であるアトランタとジュノーを立て続けに失う。
大切な仲間を失いながらも、サンディエゴは太平洋戦争における22の主要作戦のうち19もの作戦に参加し、総合航海距離は、終戦時点で48万kmに達した。護衛艦だったので目立った戦果というのはないのだが、終戦後初めて東京湾へ入港するという名誉を果たしたのはサンディエゴである。また第二次世界大戦において18個の従軍星章を授与される。これは武勲艦として名高い空母「エンタープライズ」に次ぐ第2位の受勲数であり、彼女の活躍ぶりがわかる。

 
【参考】
紛らわしいことに、アトランタ級には2隻のジュノーという名の艦が存在する。沈没した2番艦のジュノーと1946年に就役した9番艦の2代目ジュノーの2隻。
伊-26の雷撃により沈没した2番艦のジュノーには5人兄弟が乗っていたが全員戦死している。生存者は10人だった。

小ネタ Edit

第三次ソロモン海戦で、探照灯を照射した暁を沈めたのがアトランタである。
しかし暁同様、探照灯を照射していたのが仇となって比叡と長良から集中砲火を浴びた上に味方から誤射されて指令部が壊滅した挙げ句、撃沈直前に暁が放った魚雷で致命傷を受けてしまい、最期は自沈処分となった。
ジュノー(初代)は暗闇の中での乱戦で多数の命中弾を受けて戦場を離脱した後に、伊26の雷撃で撃沈された。

編集用コメント Edit

編集用のコメントはこちら

コメント欄 Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 16艦長で隠蔽と上級取ってたけど隠蔽諦めてIFHEにしたら戦艦が溶けるようになった -- 2019-06-05 (水) 23:55:31
    • ぶっちゃけ隠蔽投げ捨てて火力特化の方が強いまである。ソースは俺の直近200戦。7ー8割勝ててるし -- 2019-06-17 (月) 21:30:44
  • 持ってない俺が書いて悪いけど、シナリオだとよく衝突してくる船。発射レートが高いから望遠鏡をよく覗くのが原因だろうけど、そういう人はちょっとで良いから気を付けてほしい -- 2019-06-24 (月) 05:45:47
    • 耐久紙なのに自分より敵に近い奴が何隻居ても自分にばっかヘイトが向かってくるから死に物狂いで転舵してるんだよ。 -- 2019-06-24 (月) 06:41:44
    • 順射しているタイプは、特にそういうのが多いね。斉射し装填迄の短い時間を使って、右クリックで周囲状況確かめつつ、射撃するタイプは、なかなかそういう事にならない。 -- 2019-06-24 (月) 11:53:20
  • 何か上手い人が使うと島裏から延々と撃ってくるけど、ここ最近何故か他の巡洋艦みたいに何もない所で撃ちまくってくる奴がいるんだよね。しかも距離が10キロ以内まで近づいて撃ってくる始末。此方は戦艦なので美味しく頂いたけど、使い方分かってなさそうで少し気の毒に思ったな。 -- 2019-06-27 (木) 15:14:21
    • 状況に依存するけど、最近は開けた場所で撃ちまくることが増えたよ。岩裏だと対空が通らないんだよね、 -- 2019-06-29 (土) 17:18:03
    • 遮蔽物もないのに重巡に喧嘩売るランランも増えた気がする。NOやヨルクあたりには普通に強制貫通からの縦抜きバイタルの憂き目に遭うの分かってるのかしら、と思う。 -- 2019-06-29 (土) 17:35:19
    • ハイエナ戦法だけだと味方からゴミ呼ばわりだからなそらたまには違う戦い方もする -- 2019-07-13 (土) 17:29:20
  • でも上級つけて13キロから射つと敵がモニターからはみ出て見えなくなるんだよねー。上級無しだと11キロくらいから打つことになるけど。 -- 2019-06-29 (土) 14:31:38
    • 米駆砲使う時はカメラを1~2ノッチ引くな。そうすればはみ出なくなる。むしろそのままで射撃してる人マゾ過ぎるでしょ -- 2019-06-29 (土) 21:04:13
  • 画像いいね 発砲炎で見にくくもなってないし -- 2019-07-13 (土) 07:56:12
    • うん、たしかに。それに比べてウースターは・・・・。 -- 2019-07-13 (土) 18:51:27
  • フリントと比べると、HE一発当たりで劣るんだよな。どーなってんだ、これ -- 2019-07-15 (月) 21:09:25
  • らんらんってナライとの相性がとてもいいと思う。上級は必須だけど。 -- 2019-07-20 (土) 20:59:08
  • 中級者の下、にはなれたかなと思うアトランタ乗りなのですが、味方陣地占領中の敵アトランタ(対応できるのは私一隻だけの状況)に距離5km前後で1VS1の同航戦、島影からでてきたところをAPで迎え撃ったのですが(3,4斉射)VPは抜けず、支援に来た敵数席から集中砲火を浴び負けました。アトランタ同士の打ち合いの場合APは使わないほうがいいのでしょうか? -- 2019-07-21 (日) 03:01:48
    • 書き込みしたあとに装甲レイアウト見たら 近距離じゃ真横89mmのVP抜けそうにないですね、失礼しました。 -- 2019-07-21 (日) 03:06:34
      • もっと近くならAP弾でも大丈夫。 それより距離の管理が大切な艦なので、基本的には10キロ以上でIFで敵艦をガリガリ削る運用がいいよ。 -- 2019-07-22 (月) 11:33:22
    • 5km前後なら89mmのVP確か抜けたと思うよ。角度付けられてたら厳しいけど -- 2019-07-22 (月) 08:50:20
    • 真横向いてて5kmなら妙高あたりでも抜けたはずだぞ。それに通常貫通が見込めるならHEよりも素のダメが高いAPで削るのは悪くない。HP差がどれくらいだったかわからんけど撃ち負けたのは相手にだけ支援があったからだと思うので弾種選択は間違ってないと思う。 -- 2019-07-22 (月) 11:42:38
    • ナライ作戦の専門家であるクラメンが言ってたんだけど -- 2019-07-22 (月) 13:05:23
      • 途中送信。アトランタとかダラスみたいな米巡洋艦は気持ち船体の後ろを狙うとバイタル抜きやすい。しかもシアトルとかバッファロー相手でもこのテク使えるよ -- 2019-07-22 (月) 13:06:47
  • 対空砲火って無料のほうがよくないですか? -- 2019-07-22 (月) 21:38:30
  • 空襲なんてあんまり来ないし -- 2019-07-22 (月) 21:39:11
お名前:

過去ログ Edit

Atlanta過去ログ一覧





*1 爆発物専門家のみに留めて放火魔運用をするのも一応あり。
*2 爆発の密度が下がり、対空防御砲火の適用ゾーンも狭まる