イベント/ハロウィーン

Last-modified: 2020-02-29 (土) 23:13:33

概要

ハロウィーン前後の期間に開催されるイベント。2016年から開始。
春のイベントはエイプリルフールへどうぞ。

オススメ艦長スキルや艦種毎の攻略概要情報(最新版)

この項の情報は毎年最新の情報に上書き、追記されます。
シナリオそのものの詳細や艦の詳細データ等については各シナリオの項をどうぞ。

パートI:「Transylvania を救え」

・一言でわかる攻略法
四 の 五 の 言 わ ず に 前 に 出 て カ タ パ ル ト を 潰 せ !

もう少し詳しい解説

護衛対象であるトランシルヴァニアは結構なHPを持っている上に、敵として出てくるZikasaは魚雷無しで副砲しか撃たないというイージーモード。
ではなぜトランシルヴァニアが沈むかと言えば、火災で割合ダメージを貰ってしまうからである。
この火災の主要因となるのがやたらと高い火災発生率を持つカタパルトの砲弾。
エイムも駆逐艦に普通に当ててくるレベルなのでトランシルヴァニアが狙われたが最後、大火災を起こして一瞬でHPを削られる。
カタパルトは発見状態の最も近い位置の敵を狙うらしいので、味方艦隊が芋ってトランシルヴァニアが先行した時点でほぼ失敗が確定する。

各艦種の動き

戦艦「Jackal」の場合

  • 艦長スキル
    「熟練砲手」と「管理」、
    副砲特化用に「アドレナリンラッシュ」「基本射撃訓練」「上級射撃訓練」「榴弾用慣性信管」。
    「副砲の手動制御」は艦がTier3で効果が小さく、指定艦以外には一切射撃しなくなるので不要。
    もし火災対策したいなら「厳戒態勢」「防火処理」(応急工作班のCTは30秒と短く「応急対応の基本」は不要)。
    だがサークル内を維持しつつ消耗品を適宜使っていれば前線に居ても余裕で生き残れるのでどうしても不安な人用。
    1火災でもすぐ消す位で良い。基本的には主・副砲強化優先で問題ないだろう。
    1Pスキルは「予防整備」か「危険察知」になるだろうが、どちらでも構わない。
     
  • 戦闘での立ち振る舞い
    AP弾を用いてカタパルトを最優先で攻撃する事。発火率0%なのでHE弾は一切不要。
    射程内にカタパルトが無い場合は艦隊針路前方の戦艦を狙おう。後ろや横から来る敵は放置して良い。
    必ず1艦は先行し、カタパルトの最優先排除とタンク役を担う。敵の大半は前方から来るので副砲も活躍出来る。
    無理に全門指向する必要は無い。鈍足なので悠長に蛇行していると艦隊から取り残されてしまう。
    Zikasa殲滅後の最終盤は、サークル内に他艦が居る事を確認した上でラスプーチン目掛けて体 当 た り(ラムアタック) だ !
    なお信号旗Hotel Yankee(体当たり旗)を掲げた上で自艦がフルHPに近い状態で体当たりすると、10万近いダメージを与えられる。

巡洋艦「Igor」の場合

  • 艦長スキル
    戦艦Jackalと同じく「厳戒態勢」「熟練砲手」「管理」「防火処理」の他に「最後の抵抗」を取得。
    残りはプレイスタイルとお好みで。
    発火率を下げる「榴弾用慣性信管」、(素の発火率が高いので)「爆発物専門家」は不要、他のスキルに使おう。
  • 戦闘での立ち振る舞い
    最優先でやる事は、とにかく多数の敵艦を火炙りにする事。
    本艦の稼ぐダメージはその大半が火災ダメージなので、如何に放火し続けていくかが重要。
    出現する敵艦は1ヶ所でも発火するとすぐ応急班を使う。応急班の効果切れ(約10秒後)までは他艦を狙い、改めて再着火しよう。
    前方の敵を最優先。横から来る敵も積極的に狙って良いが、やはり後方から来る敵は無視。
    カタパルトについては戦艦に任せても良いが、1,2斉射で破壊できそうなら壊してしまおう。
    Zikasa殲滅後は、ボスRasputinに対してJackalはラムアタック、Bladeは雷撃に前進する。
    本艦はTransylvaniaが停止しない様にサークル内を維持しておこう。
    RasputinのHPは膨大なので火災ダメージも凄まじい量を稼げるボーナスタイム。是非とも複数ヶ所着火を狙いたい。

駆逐艦「Blade」の場合

  • 艦長スキル
    「最後の抵抗」「雷速向上」「魚雷専門家」を最優先。
    雷速向上は魚雷射程が20%短くなるが、戦闘では距離6km未満の近接戦闘になるため全く問題無い。
    逆に隠蔽処理専門家はその交戦距離の短さから不要。
    後は「厳戒態勢」「防火処理」スキルで火災に備えよう。
    ポイントに余裕があれば「敵弾接近警報」を取り、カタパルト砲弾を察知するのもオススメ。
     
  • 戦場での立ち振る舞い
    最優先でやる事は、Transylvaniaに近い敵艦に魚雷攻撃する事。
    Transylvaniaのサークル内に敵艦が侵入しただけで☆1つを失う事になるるめ、サークルに迫る敵艦を最優先で沈めるのが任務となる。
    煙幕でTransylvaniaを隠すのはボスRasputinが登場する終盤だけで良い。
    どうしてもHPを回復したいという場合と最終盤の煙幕展張時以外は基本的にサークル内に入らない方が良い。
    戦艦と巡洋艦は遅れない様にするのが精一杯なので、余り船頭が多いとTransylvaniaが突出して攻撃を受け易くなる。

絶対にやってはいけない事

  • スタート地点に出現した敵艦に向かう事。
    中盤に差し掛かると、スタート地点に2隻の敵艦が出現する。
    これを沈めようと反転する人がいるが、反転すると最後まで仲間に追いつけなくなるので絶対に反転してはいけない
    どうしても攻撃したいのであれば、射程距離内に出現した場合に限って榴弾で炎上させるだけでいい。放っておけば勝手に燃え尽きて撃沈数と獲得ダメージが増える。
      

パートII:「暗闇を照らす光」

・一言でわかる攻略法
突 っ 込 む な 。 引 き 撃 ち し ろ 。(※ただし駆逐を除く)

もう少し詳しい解説

覚えておかねばならないのは三点。
まず、敵はT8艦群であり、こちらと同格な上に速度が盛られていること。(要は単純な個艦性能は敵の方が強い)
次に、数は敵の方が圧倒的に優勢であること。
最後に、瘴気はプレイヤーにはひたすら不利なだけであること。(※駆逐を除く)
ゆえに、プレイヤー側が単純な単純な殴り合いで勝てる道理はない。瘴気外縁で消耗品と塔までの縦深を利用して敵を削り取るのが基本戦略である。
 
ただし、駆逐についてだけは例外。発見距離短縮と魚雷の相性はすこぶる良い上、今回は瘴気ブーストの性能がハンパないので、むしろ常時瘴気に潜伏するぐらいでいい。
ゴルゴン撃沈は戦艦がラムしに出向く必要はなく、駆逐2隻が突撃して強襲するのが最適解である。

各艦種の動き

 

戦艦「Magnu-S」の場合

前線でのタンクが仕事になる。
巡洋艦および駆逐艦は撃たれればすぐ瀕死になるレベルの虚弱体質なので、基本的に戦艦が弾受けをするしかない。
今回は駆逐艦の性能向上が著しく、ボス相手にラムアタックに行く必要はない
シールドも自艦の防御に使い切ってしまってよいので、とにかく前線の維持に注力しよう。
 
修理班は、与ダメージによって範囲が倍化していき、範囲内にいる味方艦の数で回復量が増減する仕様である。
いくらダメージを稼いでも味方と行動を共にしていないと回復量は雀の涙。
兎にも角にも、艦隊の中核として振る舞うことが求められるのを忘れてはならない。
 
ちなみに、弾受けをサボると味方がどんどん減って塔もすぐ崩壊、最後は一人寂しく失敗と分かった作戦をダラダラと続ける羽目になる。
 

  • 艦長スキル/アップグレード
    コスト1234
    艦長スキル予防整備
    危険察知
    熟練砲手基本射撃訓練上級射撃訓練
    榴弾用慣性信管
    副砲の強化は最大限しておきたい。
    「副砲の手動制御」に関しては、中盤以降の乱戦で両舷に敵が居る事が多く、ほぼ近距離戦闘なので不要。
    「榴弾用慣性信管」(IFHE)を付ける事で副砲が戦艦にも有効打を出せる様になる。
    1Pスキルに関してはどちらでも構わないが、魚雷保護の為に予防整備で補強しておきたい。大破したり肝心な時に修理中だったりする事が稀によくある。
     

巡洋艦「Svyatozar」の場合

 
 

  • 艦長スキル/アップグレード
    コスト1234
    艦長スキル    

 

駆逐艦「Urashima」の場合

瘴気に潜航してのボス殺しが仕事になる。あと戦艦。
「見つかる=死の危険」なので、隠蔽にボーナスがある瘴気内の方が安全である
瘴気内の発見ルールは前回よりもプレイヤー有利(視程ペナルティではなく発見距離減少)なので、敵と鉢合わせする危険は相当減った。
 
消耗品「瘴気エンジンブースト」が強化されており、発動中は直線で100kt以上というキチガイじみた速力を発揮する
この速力と2.2㎞という隠蔽を活かした一撃離脱が極めて強力。
瘴気エンジンブーストは発動80秒クールタイム30秒、デフォルト装備数6なので、クールタイムが終わるたびに即時再発動しても終盤までもつ。出し惜しみせずにガンガン使おう。
なお、回復効果はブースト中かつ瘴気内でのみ発動するので注意。
 
このエンジンブーストと再装填装置、アンチガイダンスを駆使すれば、ラスプーチンは瘴気外なら1度、瘴気内でも2度の接触でほぼ損害なく叩きのめせる。
ゴルゴンも(何故か艦載機がただの花火と化しているので)時間をかければ単艦で撃沈可能。ただし、こちらは2隻以上での協働が望ましい。

 

  • 艦長スキル
    コスト1234
    艦長スキル予防整備最後の抵抗魚雷専門家
    抗堪専門家
    管理
    隠蔽処理専門家
    雷駆のテンプレ構成でほぼ間違いない。ただし、ゴルゴンの相手を考えると基本射撃/爆発物専門家の放火仕様が候補に入る。
    打撃力と機動力(=生存性)の双方を消耗品に依存するため、管理は取っておきたい。なんでも屋まで取るかは要検討。
     

 

2016年

イベント/ハロウィーン/2016

WoWsHalloween2016.jpg

【ストーリー】

【ストーリー】

Silver Spear列島の海軍
駆逐艦Bladeの航海日誌
艦長 Abraham V. Hellsinger
10月31日の記載より
国王の旗艦 Transylvaniaは 円柱の間の謎めいた 光に引き込まれ 消えてしまった
Mages Guildが送る信号と 塔からの光線が 門を指すのが見えた
そして王が通り過ぎた見えざる門が ゆっくり閉じ始めたことを感じ
一切の躊躇なしに 私と友人のHideとEinsteinは 艦を門へ向けた
門を過ぎるとすぐに 空は暗くなり とても奇妙な場所に いることに気づいた
違う世界のようだった
Transylvaniaはそばで 動かずに浮かんでおり 幸運にも王と 搭乗員は無事だった
遠くに門の円柱が見えたので そこまで王の艦を 曳航することにした
すると突然 巨大な カタパルトが我々に砲撃し 恐ろしい艦が現れた
どんな手段を使っても 怪物の攻撃を撃退し
Transylvaniaを守り 我らの王を 帰還させるのだ!

2017年度動画 - Halloween: Saving Transylvania 日本語字幕
(改行を一部編集)

ハロウィーンモード: Transylvania を救え
イベント開始: 日本時間 2016年10月27日(木)
イベント終了: 日本時間 2016年11月10日(木)

ハロウィーンモード

ハロウィーンに併せてWoWsもハロウィーン仕様となる。
母港と新しい戦闘モードが実装される。

  • 港:ハロウィーン
    • イベント港「ハロウィーン」が使用可能。
      イベント期間限定ではあるものの通常艦艇も表示でき、通常の港でもイベント艦を表示・出撃出来る。
    • 専用戦闘マップ同様、霧と雲のかかった風景。
      港と呼べるような設備は無いが、接岸出来る可能性が0ではない程度の岩場から岩山の洋風な城へと道が続く。
      作り込まれた城はフリーカメラで眺めたい。緑の霧・液体が至る所から滴っている。飲んだらきっと下り龍。
      • 2017年版ではパート2用の港も追加されている。こちらは打って変わって荘厳な雰囲気。
    • 3隻のイベント艦艇それぞれに専属艦長が乗艦して港に追加される。スロットも同時に追加されるので安心。
    • 国籍も表示されないがハロウィーンの3人で固定。
    • 2016年度は専属艦長には経験値が入らない為スキル振りは不可だった。
      • 2017年度はレベル19艦長となり、スキルで強化できるようになった。
    • イベント艦の装甲レイアウトは見れずモジュールも固定、アップグレードは搭載可。
  • 「シナリオ」モード
    ランダム戦とは異なりPvE(対CPU戦)形式だが、Co-op戦とは異なり達成すべきタスクが設定されるなど独自の要素を持った新しい戦闘モード「シナリオ」となる。
    イベント艦艇しかマッチングせず、戦闘中の一覧は味方側のみ表示。
    戦闘マップはイベント専用の物となるがゲーム内ではマップ名称は出ない。
    内部設定では「VanHellsing」となっているらしい
    (プレミアム消耗品を使わなければ)戦闘によるクレジットの支出は無いので、チャレンジやターゲットをクリアした数だけフリー経験値・クレジット・強力な迷彩を稼ぎ放題でかなり美味しい。
    ただし戦闘結果画面では経験値・クレジットが0と表示される。
    港画面に戻ってから報酬を入手した通知が入るが、数戦経った後に纏めて表示される事もある。
    達成する事で戦闘勝利となる「メインターゲット」と、達成すると報酬を追加入手出来る「サブターゲット」がある。
     
  • 報酬
    ※2016年度の記述。2017年度の報酬については後述。
    初回クリア時に実績「ゴーストバスター」を入手。
  • メインターゲット:完了で試合勝利。フリー経験値100を獲得。
    • 艦艇「Transylvania」を目標地点(ポータル)まで護衛する。
      (「Transylvania」の円内に入ると船は進み始める。円内の味方艦が多いほど船は早く進む。
      物語上の設定としては「曳航している」という設定である。
  • サブターゲット:いずれか1つを完了する毎にフリー経験値100を獲得。
    • 「Transylvania」の HPが50%よりも多い状態で戦闘を終える。
    • Zikasaを16隻以上撃沈する。
      「全て撃沈する」と書いてあるが、Zikasaは20隻近く出現するので定数を満たせば良い。
    • 全てのカタパルトを撃破する。
    • 「Transylvania」の移動開始後、一度も停止させない。
      Transylvania円内に敵艦が侵入する事が失敗条件。味方が全員円から出ても失敗である。
    • 「ラスプーチン」を撃沈する。
       
      イベント期間中に提示されるチャレンジをクリアする事でクレジットや迷彩といった報酬も取得可能。

イベント艦艇

港に追加された3隻の他に、護衛対象であるトランシルヴァニア、敵艦3隻がある*1
それぞれモデルになった艦艇があるが、見た目はスチームパンクとゴーストをバスターしそうなアレを足して2で割らずに色々突っ込んだハロウィーン仕様。艦長も敵といわれても違和感無いほど怪しげでダンディズムなオッサン3人がご乗艦。
相変わらずネタイベントでも細かい部分までハイクオリティ、さすがWGプロの仕事。

味方
JackalmobBBZikasa
Igor砲台カタパルト(Catapults)
BladebossBBラスプーチン (Rasputin)
Transylvania(護衛対象)詳しくは各艦艇ページへ

味方

味方

  • Transylvania(護衛対象/沈むと敗北。)
    これを曳航してゴールに連れていくのがミッションの目的。
    Transylvaniaを中心としたサークル内に味方艦が入る事でこの船は進み始める。
    円内の味方が多いほど速度は上がり最高で20ktとなるが、敵艦が一隻でも侵入すると停止する
    しっかり護衛すれば敵艦Zikasa(13kt)より速いので、後ろのZikasaは追い付けない。
    一方で戦艦Jackalや巡洋艦Igorより僅かに遅い程度なので、気を付けないとTransylvaniaが突出、カタパルトに集中砲火されてしまう事になる。
    かといって意図的に円内から離脱して速度を落とすと大抵碌でもない結果になるので、余裕のある艦は少し先行してターゲットを引き付け、間に合わない場合は駆逐艦が煙幕で守ろう。
    • 2017年度からは工作能力を持ち、円内では僅かだがHPを回復出来る。
      そのおかげで意思疎通が困難なチームでも船が一向に進まない、という事態は少なくなった。
       
  • Jackal(プレイヤー戦艦/モデル:Nassau)
    詳細は個艦ページ参照。
    敵装甲の都合上、主砲はAPオンリーで良い。そもそもHE弾は副砲も含め発火すらできない。
    Transylvaniaに追い越されると追い付くのが困難になるので、あまり舵を切らずに動かした方が良い。元のモデルが河内ではなくナッサウなので、真正面に3基6門撃てる事は意識しておこう。進行方向にカタパルトがある場合は舷を向けずに正面で対処しよう。
    優先するべきはカタパルト。Zikasaがどんなに近くても、まずはカタパルトを潰す事
    最後のラスプーチンは真横をとって砲撃する。Hotel Yankee信号旗を積んで体当たりもアリではあるが、味方が理解していないと曳航艦が足りなくなって別のサブタスクを落とす事があるので、考えて実行すること。
    • 2017年度からは艦長スキルが使用出来る。
      副砲をIFHEで強化しておくとそれなりにダメージを稼いでくれる。
      両舷に敵がいることが多いので手動副砲は不要である。
      敵艦Zikasaのダメージ源は火災なので、防火処理等の対策をしておくとダメージコントロールがし易い。
      護衛対象に工作能力が付与されたので、修理班と併せれば多少の火達磨は物ともしない。
       
  • Igor(プレイヤー巡洋艦/モデル:St. Louis)
    詳細は個艦ページ参照。
    主にJackalやBladeの攻撃を補助して確実に敵を撃破するのが仕事。
    基本的にHE弾を使う。敵艦に火災を引き起こせるのは当艦のみである。
    弾自体の威力が低い訳ではないので、火が付いても手を休めずに撃ち続けよう。
    射程内で前方の敵艦全てに火をつけて回るのが基本となる。
    モデルがセントルイスなので足が遅い。射界の関係で全門撃てない場合も、舵を切って艦隊から離れるよりはマシな場合もある。状況判断はしっかりと。
     
  • Blade(プレイヤー駆逐艦/モデル:Wakatake
    詳細は個艦ページ参照。
    魚雷で敵艦を浸水、撃破するのが主な仕事。
    主砲もHE弾でダメージが入るので撃たないのは勿体ないが、あくまで魚雷最優先である。
    味方を守る事も重要となる。カタパルトの攻撃を引き付けたり、護衛対象にZikasaが接近し過ぎた時、ラスプーチンが出現した時は煙幕を被せて守ろう。
    カタパルトは危害範囲が結構大きいので6km以上は離れたほうが良いだろう。
    • 2017年版から使用出来るようになった艦長スキルについて、基本的にすぐ見つかるので隠蔽処理専門家は必要ない。敵は舵が鈍く、Zikasaの副砲圏内に近寄らなければ良いので、雷速向上で命中精度を上げるのが良いだろう。味方を隠す為に煙幕専門家もオススメ。

  • Zikasa*2(敵戦艦/モデル:Mikasa) 
    HP27500 / 副砲射程4.0km。多数のザコ敵枠である。
    主砲は無いが大量の副砲を装備している。この副砲はかなり精度が良く、発火率も非常に高い*3
    2ヶ所以上火災になると応急工作班を使い消化する。
    一ヶ所だけ燃やすか、早々に使わせて20秒後に再度複数個所を焼こう。
    1ヶ所でも火災が起こると応急工作班を使うのでガンガン焼こう。
    複数出現した場合は味方艦隊前方のZikasaを優先して撃破する事。
    Zikasaがトランシルヴァニアの円内に入るとサブターゲットは失敗となるが、最大速度は13ktしかない為順調に進んでいれば後ろのZikasaはまず追い付けない。試合終盤の包囲時のみ注意すれば良いだろう。
    特に、中盤でスタート位置から出現する3隻のZikasaは絶対に相手しない事。あれはこちらの火力を分断する為の罠である。別にその3隻は倒さなくてもサブタスクの達成には余裕で足りる。
    余談だが、禍々しい外見の割には妙に綺麗な副砲を装備している。モデリングが間に合わなかったのだろうか?
     
  • Catapults
    HP30000 / 射程9.0km
    ドクロの投石器形状で燃え盛る特大の榴弾を投擲する*4
    当たると確実に火災発生する上に2000~5000程の大ダメージを食らうので大変危険。
    カタパルトを残したままZikasaと乱戦になるとシャレにならない事態となる。
    トランシルヴァニアが照準されると回避できない為、放置すると凄まじい勢いでHPが減っていく。
    護衛対象が射程に入る前に破壊するか、危険だが誰かが先行して弾を引き付ける事。
    弾速は遅いので見てから回避も可能だが、それでも5.0km圏内に近付くのはやめよう。
    戦艦に乗っている場合は最優先で破壊する事。近くのZikasaより遠くのカタパルトである。
    • 巡洋艦のHE弾は2017年版以降は1発1000ダメージになったので時間がかかる。AP弾は通れば早いが、6kmを割らないと貫通しない。
      2016年版は装甲は特に気にならなかったが、2017年版から装甲は90mmとなった。
      戦艦のAP弾は射程ギリギリの11kmでも貫通し最大ダメージが出るが、駆逐艦のAP弾はまず効かず、巡洋艦でも相当に近付かないと厳しいので素直にHE弾で良い。
      表示される距離は土台までの距離であり、照準も土台の心持ち上くらいで良い。
      カタパルトはとても大きいため散布界で手前に落ちても命中する。
      むしろカタパルトの中央を狙うとあらぬ方向に飛んでいく事が多いので、障害物が無ければ低めを狙おう。
       
  • Rasputin(ボス戦艦/モデル:Imperator Nikolai I
    所謂ラスボスである。だが倒さなくてもメインタスク達成になるのは内緒。
    HP200000 / 副砲射程5.0km。
    Zikasaと違い三連装四基12門の主砲を撃ってくる*5。副砲は極普通の性能。
    火災浸水ダメージなら割合ダメージなので巡洋艦のHE弾と駆逐艦の魚雷が有効(巡洋艦以外のHEは火災を起こさないので注意)。魚雷なら命中弾そのもののダメージもかなり蓄積する。
    ラスプーチン撃破はサブタスクの条件だが、護衛対象のサークル内に入れずすれ違う事があり、沈めなくてもクリアは可能である。尤もラスプーチンがトランシルヴァニアを沈める可能性もあるので狙って放置出来るものではないが。
    せっかくカタパルトやジカサから守り抜いたトランシルバニアを、最後の最後にこのラスプーチンに沈められてしまう事も珍しくない。 
    • 2016年度は砲塔を1基しか使わなかったが、2017年版のラスプーチンは主砲斉射を行う。
      砲の威力はHE6600(33%)、AP9460が12門と正に怪物で、駆逐艦でまともに食らえば一撃で蒸発する。
      ちなみにパッチノートには書かれていないがモデルのニコライIでラスプーチンと同じモデルが使えるようになる永久迷彩が販売されている(2017年)。

攻略豆知識

  • 駆逐艦はゲーム開始直後にTransylvaniaの円に入らない事。
    南回りルートの場合、すぐ動かすとカタパルトによる被弾が確定し、サブターゲットの達成が困難になる。
  • 巡洋艦は火災は効率良く起こそう。
    火災はIgorのHE弾で唯一引き起こせる。この艦の醍醐味である。
    火災発生率は33%と高く火災発生自体は割と容易である為、敵艦への撃ち方が効率の良し悪しを左右する。
    基本的にはどれか一隻に発砲したら2斉射目は別の敵艦を狙うのがベスト。
    Zikasaは火災が同時に2箇所以上発生しなければ応急修理班を使用しない。もし2箇所以上同時に発生した場合は別の敵艦に1斉射してから再度攻撃しよう(1箇所の場合でも基本は別の艦を狙うのが良い)。そうすれば丁度応急修理班の効果が切れて再度火災発生を狙える。後は2箇所程着火したら放っておけば勝手に沈んでくれる。
    1ヶ所でも焼けばすぐ応急工作班を使うので、使わせたら10秒程は他艦を狙い、改めて2、3か所焼く。焼く事に集中すれば総ダメージ20万も狙える。
    このやり方で敵艦を燃やしまくればミッションの10万ダメージも余裕でクリアできる。更に敵艦撃沈の可能性も激的に上がる
  • 戦艦はカタパルトは最優先で壊そう。
    道中のダメージはZikasaではなくカタパルトに因る物が多い。
    出現位置は固定なので、見えた瞬間にAP(巡洋はHE)弾による集中砲火で一気に破壊する気持ちでいた方が良い。
    できたら戦艦が1隻、針路へ最短距離まっすぐに全速力で先行しカタパルトを破壊すると、中盤以降の艦隊がZikasaとカタパルトの同時攻撃を受けずに済む。
  • 初期地点後ろに出たZikasaは無視しよう。
    Zikasaは最終的に20隻程出現するのでサブターゲットの為に後方の艦まで狩る必要は無い。
    更に言えば、遅過ぎてトランシルバニアに追い付く事も無い。
    後方の敵に構っていると前方から殺到する敵は到底捌けなくなり、簡単に戦線が崩壊する。
    • 2017年版はZikasaを全滅させろと書いてあるが必要数は16隻であり、途中でスタート位置に出現する3隻のZikasaの相手は不要である。

小ネタ

配置オブジェクトについて

2018-10-18 (2).png

Transylvania?。護衛対象である。王が乗っている船。
両舷には「TREATS」というネオンサインが光っている。 お も て な し 。
非武装であるがサークル内の味方艦を回復するという特殊能力を持っている。シナリオでは別に珍しい能力ではないが。
サークル内に敵艦が侵入したり、サークル内から味方艦がいなくなったりするとその場で停止してしまう。
一応随伴艦が曳航しているという設定であるが他シナリオのシマロンやリバティに比べると情けないことこの上ない。
 
元ネタはグレート・イースタンという19世紀最大の蒸気船。
英国からオーストラリアまで無補給で行こうとした結果こうなったという船。
18,915トン 211mという当時の普通の蒸気船の6倍はある超巨大船だった。
トン数はレンジャーに匹敵し、長さは長門並である。これを1858年に建造した。
1889年に解体されるときも世界最大だったという。
 
このバカでかい船はオカルトじみた噂や不幸話がわんさか流れている。
以下はその一部。
・進水に失敗する。まあ何とも縁起の悪い。
・試運転中に煙突が吹き飛ぶ。作業員が数名死亡。
・運営予定の会社がつぶれかける。客船として運用した会社もケーブル敷設船として運用した会社もつぶれる。(まあ後者2つは役員が同じなのだが)
・設計者が過労で倒れ、試運転中の事故の情報を受けた後死ぬ。
・初航海の乗客がドタキャンしてガラガラの状態で処女航海。
・完成後にスエズ運河が開通して存在意義を失う。
・大嵐で被害を受けた翌年に地図に無い暗礁に乗り上げて中破。それ以外にも事故起こしまくる。
・解体時に造船時に閉じ込められたらしい白骨がいくつも発見される。
…など。ハロウィンのモデルになるだけのことはある。
 
2018-10-18 (4).png
開始地点付近で炎上しているLibertyもどき。いつもの廃船オブジェクト。
ジカサか何かに襲われたんだろう。南無。
2018-10-18 (6).png
正面の島で座礁しているFletcher。下手を撃てばプレイヤーもこのようになるという一種の演出である。
ハロウィン艦は見た目が特殊だがこいつはごく普通の見た目をしたフレッチャー級である。
大抵のプレイヤーは目の前のカタパルトやらジカサやらに目を奪われているが、この子はある重大なメッセージを我々に伝えている。
この艦や上のリバティもどきが存在すること。それは…
われわれが普通にランダム戦をしている世界からでもこの異世界に迷い込んでくることがあるということである。
なんて恐ろしいことだ!…え?普通に返り討ちにできる?むしろエサ?…まあね
2018-10-18 (5).png
カタパルト。優先すべき敵目標である。
仕様としては他シナリオの要塞と似ている。
攻撃は戦艦級と推定されるHE弾を一発ずつ発射してくる。以前に比べれば精度は下がっているものの火災率やダメージが高く、特にトランシルヴァニアが連続で食らうと轟沈しかねない。
防御力はそれなりに高く、IgorのAP弾は近距離でないと通用しない。
他シナリオの要塞同様戦艦砲を食らわせればかなりの大ダメージが入る。Jackalは最優先でカタパルトを制圧すること。
2018-10-18 (8).png
カタパルトの砲弾は一見巨大な火の弾だが…
2018-10-18 (10).png
2018-10-18 (9).png
拡大すると何の変哲もないただの砲弾に変わる。炎のエフェクトは「撃墜されて火を噴きながら墜落していく航空機」の
ものを流用しているようだ。
それにしても見てはいけないものを見てしまったような気がする。
2018-10-18 (7).png
他シナリオの地上目標同様、視認するまでは何もない。ただし周りの煙だけは見える。
2018-10-18 (11).png
Zikasa。メインの雑魚敵艦。とにかく大量に出現する。御覧の通り闇落ちしたMikasaである。東郷提督は泣いていい
上部構造物が多いためか全身はほぼ16mmであり、IgorやBladeのHE弾もIFHE無しで通用する。
速度は遅いが回避能力に優れ、正面からの魚雷は結構かわす。意外に頭はいいらしい。
2018-10-18 (14).png
前部。主砲は本家以上に飾りと化している。というか大破していて全く撃ってこない。
ハロウィーン登場艦の中で唯一永久迷彩が存在しない理由はおそらくこれ。
2018-10-18 (16).png
メイン火力の副砲群。副砲や小物は永久迷彩時の色と変わらない色をしている。つまりこいつは迷彩付きである。
射程は上級艦長搭乗時の三笠同様3.8kmと推定される。
2018-10-18 (13).png
折れたメインマストに旗を掲げている。13隻あったはずの艦載艇はすべて無くなっている。
2018-10-18 (17).png
後部。ここまでいろいろめちゃくちゃに壊されているハロウィン艦も珍しい。
…ひょっとしたら今なお日本海海戦のことを気にしてるのかもしれない。
2018-10-18 (19).png
Rasputin。当シナリオのボスである。
基本性能はImperator Nikolai Iに準ずる…が、HPは20万もあるとんでもない化け物である。
それに本家譲りの強固な装甲と攻撃力が合わさり、相当凶悪な性能の化け物と化している。
ちなみにIgorにIFHEを付けても甲板装甲は抜けない。そのためIgorにIFHEを付けるべきではない。
 
元ネタはグリゴリー・ラスプーチン。ロシア帝国を崩壊させた原因ともいわれる怪僧。
彼が取り入ったニコライ2世はニコライ1世のひ孫にあたる。何とも皮肉である。
2018-10-18 (22).png
主砲発射時には雄叫びのような笑い声のような邪悪な声があたりに響き渡る。
2018-10-18 (24).png
凶悪な砲門数を誇る。副砲射程もジカサよりも長いので注意。
2018-10-18 (25).png
ポータル。最終目標地点。この近辺までトランシルヴァニアを護衛すればよい。
2018-10-18 (29).png
随伴艦はポータルを超えられない。御覧の通りである。

2017年

イベント/ハロウィーン/2017

ver0.6.12

パートI:「Transylvania を救え」

イベント開始:日本時間 2017年10月??日
イベント終了:日本時間 2017年11月??日

パートII:「暗闇を照らす光」

イベント開始:アップデート 0.6.12.1 リリース時より
イベント終了:アップデート 0.6.13 リリース時まで 

2018年

ver0.7.10
今年はシナリオが3段階あり、パート1は2016年版とパート2は2017年版を概ね踏襲、パート3が新規の内容となる。

イベント開始:日本時間 2018年10月??日
イベント終了:日本時間 2018年11月??日

  • ハロウィーンイベント パートI:「Transylvania を救え」
  • ハロウィーンイベント パートII:「暗闇を照らす光」
  • ハロウィーンイベント パートII:「暗闇を照らす光(高難易度)」
  • ハロウィーンイベント パートII:「海中に潜む恐怖」
  • ハロウィーンイベント パートII:「海中に潜む恐怖(高難易度)」

イベント開始: アップデート 0.7.10 リリース時より
イベント終了: アップデート 0.7.11 リリース時まで

パートI:「Transylvania を救え」

パートI:「Transylvania を救え」

パートI:「Transylvania を救え」
パート1の概要に関しては2016年版の内容を参照して貰いたいが、これまでのアップデートに則っていくつか調整が加えられている。
 
変更点

  • Transylvania:耐久値(HP)を毎秒 30 HP回復する修復エリアを追加。
  • 本シナリオに登場する投石機の数を10機に、投石機の装甲を90mmに変更。
  • 『Transilvania を救え』専用艦艇「Blade」「Jackal」「Igor」の消耗品を調整
    • 応急修復班:再使用まで 40 秒、効果時間 10 秒
    • 煙幕発生装置:使用回数 2 回、再使用まで 180 秒、効果時間 30 秒
    • 修理班:使用回数 2 回、再使用まで 40 秒、効果時間 10 秒、秒間 3% 回復
    • プレミアム消耗品は使用回数を1追加で、再使用までの時間を25%短縮出来る。
  • 3隻の艦長は最初からスキルポイントが19付与されている。

サブタスク

  • Transylvaniaが耐久値50%以上の状態で生還する。
    • 非常に細かい話ではあるが、内部計算では恐らく49.0%到達で失敗扱い。画像ではHPは49.435%(当然ゴール前からこのHPだった)だが成功扱いになっている。
      49_435.jpg
  • チームで合計16隻以上Zikasaを撃破する。
  • チームでマップ上にある投石機をすべて撃破する。
  • Transylvaniaが停止する事無く、目標地点に到達する。
  • Rasputin を撃破する。

報酬

  • 初回クリア時に特別勲章
    サブタスク達成数によって下記の報酬を追加で入手出来る。
  • 迷彩「Halloween」x15
  • 迷彩「Halloween 2016」x15
  • 迷彩「Halloween x15」+「Halloween 2016」x15
  • 25,000 エリート艦長EXP
  • プレミアムアカウント1日

サブタスク達成報酬は他のシナリオと同様に一度きりな為、周回する旨みはあまり無い。

パートII:「暗闇を照らす光」

  • 「今週のオペレーション」として登場
    イベント開始:日本時間 2018年10月25日
    イベント終了:日本時間 2018年11月01日
    その後、このオペレーションは、アップデート 0.7.10 の終了まで分艦隊専用として提供される。

パートII:「暗闇を照らす光(高難易度)」

  • 分艦隊専用として登場
    イベント開始:日本時間 2018年10月18日
    イベント終了:日本時間 2018年11月22日
    このオペレーションは、アップデート 0.7.10 の終了まで分艦隊専用として提供される。

パートII:「暗闇を照らす光」

【ストーリー】

【ストーリー】

駆逐艦Urashima 航海記録
シルバースピア列島 王室艦隊 艦長Mina
記録日 10月31日
 
王を乗せたTransylvaniaは ポータルを通過し… 消えた
賢者たちは慌てて 扉を封鎖した
艦隊の精鋭で赴いたが 上役たちは行動を 許してくれない
だが総攻撃の 準備はできている
 
名機械工のIvanは 反転チャージを開発 Svyatozarに装着
再装填時間を短縮し HPも回復してくれる
 
Klaus V. Teslau 電磁工学の権威
Magnu-Sに エナジーシールドを搭載 一時期的に瘴気以外の ダメージを防ぐ
そして周囲の仲間を 回復する修理ゾーンも開発
 
私の艦には アンチガイダンスシステム… 敵の照準を外す装置…
そして瘴気エンジンブーストと 蒸気式魚雷装填装置だ
 
物理学者Lazarusの 艦はNobilium 強力な能力を有する空母だ
敵のあらゆる行動を封じる エクリプス そして味方を回復させる シャイニング
 
私たちはいつでも戦える だが今は待つ時… そして扉が開いた!
中からTransylvaniaと 僚艦が姿を現した
王は生きていた! しかし王だけではなかった 瘴気と敵が死を 撒き散らしていた
できるだけ早く 敵の侵攻を防がなければ! 封印の塔を 起動させたが時間が必要だ
 
封印が完了するまで敵を 退け 塔を守らなければ!

2017年度動画 - Halloween: A Sunray In The Darkness日本語字幕
(改行を一部編集)

パート2で新規に登場する艦は敵味方共にTier8艦がモデルとなっている。
プレイヤー艦艇はスロットCが使用できるが、UG配布などは無くアップグレードは自前で用意する必要がある。あとスロットCに何故か副砲と対空砲のUGが無い。
パート1のTier3モデルは砲弾や魚雷にファンタジーな名称がついていたが、パート2の一部艦船はモデルとなった艦船の砲弾をそのまま使っている。納期に間に合わなかったのだろうか?
パート2で乗艦する艦はいずれも特殊消耗品を搭載しており、これを如何に活用するかが攻略の鍵となる。

メインタスク

  • ポータルの封印が完了するまで、塔を防衛せよ。

サブタスク

  • 最低でも塔2つを破壊されずにオペレーションを達成する。
  • Rasputinを撃破する。
  • Great Gorgonを撃破する。
  • 瘴気内のすべての敵艦艇を撃破する。
  • Transylvaniaを救出する。

報酬

報酬

  • 初回クリア時に特別勲章(エクソシスト)
    サブタスク達成数によって「ハロウィーン ジャック・オー・ランタン コンテナ」を最大5個入手できる。
    ただし、やはり例によって他のシナリオ同様コンテナは最初の一回のみ入手である。
    (パート1と異なりTier8級の艦を撃ちまくるため、勝利時の収入は悪くない)
    内容は下記からランダム。
     
    ・迷彩「ハロウィーン」 x15
    ・迷彩「ハロウィーン 2016」 x15
    ・20,000フリー EXP
    ・1,500,000クレジット
    ・信号旗「Sierra Mike」x75
    ・信号旗「India Delta」x75
    ・信号旗「India X-Ray」x75
    ・迷彩「Storm Wind 」x15
    ・迷彩「Blue Lagoon」x15
    特別 ハロウィーン無期限性迷彩
     
    最後の物はハロウィーンイベントに登場した艦艇のモデルとなった艦に搭載する事ができ、ランダム戦等にハロウィーンデザインの艦艇で出撃する事が出来る。
    ただし迷彩が当たるかどうか、どの艦の迷彩が当たるかはランダムである。なのでシナリオクリアのコンテナだけでコンプリートする事は不可能。プレミアムショップへどうぞ!
    前年のクリスマスコンテナガチャでは入手済みの艦が当選した場合、別の艦艇を再抽選するがこの仕組みが今回も適用されているかは不明。

登場艦船
味方艦船

護衛対象

護衛対象

  • Jackal,Blade,Igor,Transylvania(いずれもパートIと同じ。)
    門から脱出してくるが追撃を受けている。
    Transylvaniaが沈没するとサブタスク失敗。随伴の3艦は沈んでもペナルティは無い。
    随伴の3隻はTier3級なので放っておくと開幕からZikasaの攻撃でIgorは撃沈され、追撃のVarg他でJackalとBladeが落ちる。TransylvaniaはHPが高いためかなり耐えるが、さすがに放置してると撃沈される。
    敵艦隊を適切に撃沈していれば1本目の塔が瘴気へ飲み込まれる頃にTransylvaniaは安全圏へ抜け出すが、それまではプレイヤーが寄って守り、適時回復させるなどの対応も考えたい。
     
    なお随伴の3隻はプレイヤーが開幕全速力でZikasaを撃沈し消耗品を使ってでも守るといったことをすれば序盤を乗り切らせることも可能。所詮Tier3級のため強くはないが攻撃を引き受ける分Transylvaniaを安全に退避させやすくなる。Bladeは魚雷を味方の位置も考えずよく発射するためうっとうしいこともあるがそこはご愛敬。それに随伴3隻の中でも魚雷は一番火力がある。
     
    注意点として、ルート上に味方艦船がいると停止、命中しうる魚雷を味方のものも含めて回避する行動ルーチンを持っている。Transylvaniaを回復させようと接近することで停止させないように注意したいのと、Transylvaniaの前で魚雷を使うと大きく転舵させてしまうため注意すること(前方辺りから横へでも転舵するかもしれない)。そもそもTransylvaniaの前方辺りで戦うことは避けた方が良い。
    もちろん味方の魚雷に限らず敵艦や敵雷撃機による魚雷でも転舵する。Transylvaniaの離脱が遅れて一番後ろ側になり対空援護も無かった場合、次々と雷撃機に襲われてUターンさせられてしまうこともありえる。
     
  • ポータル(防衛対象/固定オブジェクト)
    艦船ではないが便宜上ここに記載。
    2つ破壊されるとサブタスク失敗。
    初期に3つあるが、門に一番近いポータルは中盤のラスプーチン出現イベントで周囲に大量に敵艦が現れるのでほぼ間違いなく破壊される。たいていは後ろの2つを防衛する事になる。
    2つ目の塔の防衛に成功すれば、おおよそ14分以内に試合に終了する。
    なお崩壊の際に衝撃波が発生し、周囲数kmの敵艦を撃沈するほどの大ダメージを与える。その撃沈はサブタスク「瘴気内の~」の撃破数には含まれない。場合によってはすぐ崩壊させたいとも思うが実際は崩壊が早ければそれだけ後が苦しくなるので、そもそも崩壊してくれないとまずいという状態にならないように
     
    1本目の塔を躍起になって防衛する必要はないが、塔は立っている限り封印プロセスを進行させ封印完了までの時間が短縮する。つまり1本目の生存時間が長ければ長いほど2本目の防衛が楽になるため、防衛した時間は無駄にはならない。
    一応敵艦隊、特にラスプーチンを即撃破できれば1本目の塔を守り切ってシナリオクリアすることも理論上は可能だが、ラッシュを守り切っても瘴気に覆われ周囲に次々と出現する敵艦隊から守る必要があり、あまり現実的ではない。
    そのため適当に戦って適当に放棄することとなるが、戦艦以外が突っ込むと簡単に沈むので適切な距離をとること。また出待ちするために1本目の周囲へ早くから移動するのはトランシルヴァニアの防衛が手薄になる点に要注意。
     
    2本目の塔はサブタスクの可否に関わってくるためサブタスクを狙うならこちらは捨て身で守る必要がある。1本目の生存時間によっては瘴気がほぼ到達するまで守ることとなり敵艦隊が塔のすぐ近くにまで出現するため非常に辛いが、クリア時点でプレイヤーの艦艇が1隻でも残っていればいいため塔の前へ出て決死の防衛をしよう。
    ただしまともに囮役となれるのは戦艦くらい。守ると言っても即撃沈されては意味が薄いため、位置取りはとても大事。
     

プレイヤー艦船

プレイヤー艦船

  • Urashima(ウラシマ型駆逐艦/モデル:Kagero)
    アンチガイダンス・システム一時的に敵から自艦に対する主砲攻撃を止める。
    ただし副砲や航空機、また新しく表れた敵には効果が無い
    瘴気エンジンブースト一時的に最大船速を増加し、瘴気に入っている間は継続的にHPを回復。
    回復量は基本毎秒25、自艦の与えたダメージ量が5万10万20万40万を超えるごとに倍化。
    また加速力自体も大幅に強化される
    蒸気式魚雷装填装置一時的に魚雷装填時間を短縮する。
    魚雷射程6km/装填50秒/雷速は70kt(但し、敵のモブ艦船は全て45kt以上ある)。
    魚雷再装填装置を積んでおり、短時間で大量の魚雷を斉射できる。
    再装填装置無しでも装填は早いのでバンバン流すこと。シナリオ戦ではFF判定は無いので敵艦を早く沈められるなら味方が居ても射出して良い。但し魚雷接近アラートは鳴るので、敵駆魚雷と混ざると混乱の元になる。狙える相手に困ることは少ないので多少は注意しよう。
    発見距離はデフォルトで5kmだが、パート2ではモブ敵は全て主砲を撃ってくるので見つかったら魚雷を放って急いで退避する事。自前の消耗品は回復量が少なめで、HPは味方の消耗品次第という面がある。
    その味方頼りの回復も、戦艦はたいてい危険な前線近くで(前線にいない場合はだいたい範囲が狭い)回復も範囲拡大する後半でなければ微々たるもの、空母の回復は瞬時に回復するものの回数が限られている上にそもそも的確に使ってくれる人が少ないため、あまり期待できないのが現実
     
    他の三隻と比べて瘴気によるダメージ量が少なく、消耗品の瘴気エンジンブーストは瘴気内で回復する特殊な性質を持つ。瘴気内は非射撃かつ航空機が居なければ発見距離を2kmに下げられるため隠れやすく、瘴気内を潜航するのにやや適している。ただし瘴気内、特に前線近くは敵が多くさらに突然出現する仕様で、また奥に行くと今度は敵空母の航空機が攻撃してくるため基本的に瘴気内は危険である。そもそもNPCは「発見」していなくとも位置を把握しているチート状態のため容赦なく航空機が飛んでくる。
     
    船体は非常に脆く、アンチガイダンス・システムによるロックオン回避は副砲や航空機だけでなく新しい敵からの砲撃も防げずさらに一度切れるとクールタイムが長いため、うっかり敵艦隊の近くへ突っ込んでしまうと沈む。
    シナリオクリアを目指すだけなら瘴気の境界外側から安全な距離をとって魚雷をひたすら打ち続けるという方が良い。1本目の塔に現れる増援にも要注意。
     
    そもそも他の3隻にも魚雷兵装は備わっているため駆逐艦の雷撃が必須という状況はあまりなく、また魚雷同士で獲物を奪い合ってしまうのは効率がやや悪い。なので機動力を生かして味方の手薄な場所へ滑り込んで魚雷を撒いて敵を削っていくと良い戦果を出しやすい。敵艦が特に多い終盤こそ駆逐艦の腕の見せ所。
    ただボス艦へ4本x2基x2回の魚雷16連発を叩き込めるのは巡り合わせの良い時だけで、もし16発を叩き込んでもそれだけではボス艦は撃沈できない場合があることに注意。(瘴気内のボス空母相手だと16発叩き込んでも致命傷にすらならないため、駆逐艦単体での強襲は削ることはできても撃沈は難しい。)
    脆い上に効果的な自力回復もできないため孤立や距離には注意しよう。特に敵駆逐には要注意、砲撃の間隔が短くかなり当ててくるためとても痛い。アンチガイダンスの準備は常に確認しておこう。
     
    魚雷の使い道はダメージを与えるだけでなくボスに回避行動をさせる効果がある。ボス艦はかなりしっかりと雷撃に回避行動をとるようで、それを逆手に取りやや遠くから魚雷を撃つことで誘導したい方向へ引き込む、追いやることもできる。その際は命中は期待せず適時広角にも撃ち分けてみよう。
     
    瘴気内の潜航に向いているため敵ボス空母への強襲に向いているように思えるが、実際は火力不足に耐久力不足が否めず戦艦や巡洋艦より強襲の難易度が高いかもしれない。コチラは魚雷を何セットも当てる必要があるのに、襲い来る雷撃機には一発でも受ければ致命傷を受け母艦自体からも副砲で削ってきて、しかもどちらもアンチガイダンスシステムでは妨害できない。一応船体の前後は副砲の死角だが魚雷が当てにくく、火災を起こせば航空機を一時的に制限できるが火災発生率は低め。ダメージをとりつつも味方艦隊の方へ誘導することを狙った方が良いかもしれない。
    そもそも今シナリオでは駆逐艦自体が他の艦に比べてより敵味方の状況に応じた臨機応変な行動が大事で扱いが本当に難しい。幸い敵が攻めてくるため魚雷を当てやすいものの装填時間があり敵を抑えきることはできないため防衛も得意といえるほどでもない。
     
    まったくの余談だが瘴気エンジンブーストを使った状態で低速から3/4以上の出力を出して前進すると一気に加速する性質がある。通常なら遅い状態だとゆっくり加速して速度を上げていくが、この状態では最初から高い速度が出る。
    この仕様により味方艦などに衝突しても出力が低下しない。艦自体は軽いため押す力は弱いが、軽いために「Transylvaniaの上を通る」ことができたりする。残念ながら陸を乗り越えることはできないし、加えて艦の姿勢がおかしな状態になると兵装がまともに使えなくなってしまう。遊んでないでまともに戦おう。

     
    • オススメ艦長スキル/アップグレード
      コスト1234
      艦長スキル予防整備最後の抵抗魚雷専門家
      抗堪専門家
       
      スロット12345
      UG主兵装改良1推力改良1射撃システム改良1操舵装置改良2操舵装置改良3
      スキル/アップグレードの補足:
      モジュールは普通に壊れるので最後の抵抗は必須。予防整備も事故防止になる。できるだけ生存性を上げるために抗堪専門家も欲しい。
      細かい立ち回りが必要なためこちらもクレジットに余裕があるなら操舵装置改良3も入れてもいい。敵航空機の雷撃も回避しやすくなる。
       
      なお互い射程が短いとはいえ敵の船足は早く、雷速向上で魚雷射程を縮めるのはためらわれる。どうしても雷速向上を付けたいのなら隠蔽雷撃出来る様に艦長スキルとUGスロット5で隠蔽を向上させよう。この場合隠蔽雷撃が可能な猶予は800mとなる。
       
      ほとんどの敵とは撃ち合うと不利なため砲撃を強化するビルドはあまり有効ではない。
      ただ空母が相手の場合に限っては基本射撃訓練(連射向上)と爆発物専門家が有効。
      火災を起こせば艦載機のリロードを制限して事故率を下げられるだけでなく、そもそも浸水よりも火災ダメージの方が強力(浸水1ヵ所限定の0.667%:火災最大4ヵ所で空母0.8%x4)で多数の火災を取れるかどうかが撃沈の可否を大きく左右すると言ってよい。
      特に2本目の塔クリアだと安全策途中からの強襲は、魚雷だけではいくら当てても空母撃沈までの時間があまりに足りない。その為少しでも早く撃沈するために砲撃や火災ダメージを積み上げることはほぼ必須。
      立場の難しい駆逐艦でさらにピーキーなビルドになるためオススメはしにくいが空母強襲を狙うなら主砲も強化しよう。なお射程は瘴気内であれば十分なため上級射撃訓練は不要。また決して確実ではないため単独での撃沈にこだわらず前線への誘導が優先。

       
  • Svyatozar(スヴィヤトザル級巡洋艦/モデル:Chapayev)
    警戒レーダーIII瘴気内を含め、一時的に索敵範囲が強化される。
    反転チャージ一時的に主砲のリロード時間が短縮され、与ダメージの25%分のHP回復
    回復量は自艦の与えたダメージ量が5万10万20万40万を超えるごとに倍化。
    自艦の与ダメージなら砲撃以外のダメージでも回復する
    射程9kmのチャパエフ。魚雷の射程は4kmと短め(駆逐艦戦艦は6km)
    発火率48%のHE弾と真横からのAP弾が強力だが、巡洋艦なのでバイタル貫通による突然の大ダメージを受けることがあるので注意。
    魚雷は射程が短く、魚雷が使える距離では致命傷を受けやすく使いにくい。あくまで緊急用。
     
    射程15kmの回数無限のレーダーを積んでいる。瘴気内部を索敵する重要な消耗品で、特にボス戦艦出現以降敵艦隊を把握するために使う。瘴気内は味方の視界・敵の被発見距離が短く、レーダーが無いと瘴気内に敵艦が「居ない」のかそれとも「見えていない」のか分からない。慣れない内は(ボス戦艦出撃以降)ミニマップ上に敵艦隊が少ない、あるいは偏っている場合味方艦が瘴気内にいるタイミングで使うと良い。ただ巡洋艦は砲戦にとても忙しいため面倒くさければ回数無限を活かしてクールタイム終了次第即再使用と連発してもいい。
    味方艦隊によって瘴気の外から内部へ砲撃しやすくなるだけでなく、自身が瘴気に入っていてもレーダーを使えば視界5km制限を超えて敵を捕捉して砲撃できる。ただ見えるからと言って安易に瘴気内に入ると敵からの集中砲火で死ぬため立ち回りは慎重に。うまく使えば敵空母へ放火や集中砲火したりもできる。
    反転チャージは、一定時間4倍近い装填速度で射撃出来る。一見凄まじいが敵艦もTier8級の上に絶えず出現する為、魚雷射程外や装填時間中だとそもそもこれ位の能力が無いと敵艦隊の撃破が間に合わない。
    ダメージ量に応じて回復するためHPが減った時に使いたいが、出し渋っていると敵艦の撃沈が遅れて不利が大きくなるため回数に余裕があれば惜しまず使おう。特に運が悪いと敵戦艦やボス戦艦からの一斉射で即死する事もあり抱え落ちしてしまうことも多い。
    非常に強力で敵巡洋艦をバイタル貫通できれば2~3隻を次々と撃沈したりもできるが、敵戦艦は撃沈が難しくラスプーチンやゴルゴン相手に至っては効果時間目いっぱいの砲撃を叩き込んでも撃沈にはやや遠い。
     
    なお反転チャージを使えば回復しながら攻撃が可能といっても効果が切れた時点で安全圏にいなければ危険で、またラスプーチンの主砲斉射など一度に極大ダメージを受けると回復できずに沈むこともある。その前に与ダメージを稼いでおかないと回復量が少なく計算が狂って沈むことも。
    ダメージは稼ぎやすいが多数の敵艦に狙われれば簡単に撃沈されるため決して無茶はせず、適切な距離から多数の敵を燃やして沈めることに専念しよう。逃げ遅れると沈むので立ち回りには特に気を付けたい。
    「それなりに近くで側面が見えている敵巡洋艦」がいた場合に限りAP弾の変えて防郭を狙うと素早く撃沈できる。また戦艦が相手でも側面を見せている所のやや上部辺りへならAP弾の効きが良い。
    とても高火力ではあるが反転チャージが無ければ脆いため前に出る戦艦などと一緒に行動したい。また2本目防衛時、砲戦に忙しすぎてレーダーを使い忘れないように。
     
    沈みやすい点に注意は必要だが慎重に立ち回りつつ適切に砲撃していればそれで結構なスコアを稼げる。特に敵の駆逐艦・巡洋艦へ的確に打撃を与えていけば着実にスコアを伸ばせる。その反面、戦艦の相手は苦手で距離をとって放火する以外に安全な戦い方が無く、また戦艦以外でも敵が多いとすぐ死ぬため防衛自体には不向きかもしれない。
    ほとんど火力だけが取り柄の艦で、駆逐艦や巡洋艦なら好条件で的確に砲撃すればすぐ沈めて敵をどんどん減らしていける。苦手な戦艦も多数の火災をとれば大ダメージを与え、反転チャージで連打すれば致命傷も取れる。しかし艦自体は脆く、こちらの有効射程は大体敵の有効射程でもあり危険が伴う。
    巡洋艦が塔の前に出て守らないことがあるのはそもそも前で守らないのではなく前だと死ぬという事情がある。砲撃をしながら戦う艦ではあるが砲撃を受けながら戦ってよい艦ではないのだ。

     
    • オススメ艦長スキル/アップグレード
      コスト1234
      艦長スキル予防整備なんでも屋
      熟練砲手
      抗堪専門家
      管理
      榴弾用慣性信管
      上級射撃訓練
       
      スロット12345
      UG主兵装改良1射撃システム改良1操舵装置改良2操舵装置改良3
      スキル/アップグレードの補足:
      榴弾用慣性信管は戦艦の処理速度(と自分の回復量)に関わるので取得必須。横向きの艦には対戦艦含めてAP弾の方が早いのは憶えておく事。
      交戦距離が近すぎるため隠蔽関連は不要。
      管理は(レーダーが無制限なので)チャージしか増えないが、巡洋艦はHPを高めに保たないと一撃死の危険があるので一個でも余裕があると安心できる。
      操舵装置改良は細かい立ち回りをしやすくするためと、防御回避行動を取りやすくするため可能ならあると助かる。
       
  • Magnu-S(戦艦マグヌ-S/モデル:Tirpitz)
    エナジーシールド一時的に瘴気ダメージ以外の全てのダメージから無敵状態になる。
    修理ゾーン使用者の周囲に一時的に回復ゾーンを展開。初期半径750m。
    ゾーン内の味方艦艇全てのHPを回復。
    範囲内に居る艦艇が多いほど回復量が増加。
    範囲は自艦の与えたダメージ量が5万10万20万40万を超えるごとに倍化。
    主砲射程8km、副砲射程4kmと射程が短い点に注意。他のステータスはほぼティルピッツである。
    戦艦砲なので安定性に欠ける事がある。特に敵戦艦のモデルはビスマルクでありバイタル貫徹は困難である。
    魚雷の使用機会は通常戦より遥かに多いので忘れない事。
     
    主砲のAP弾は距離が近ければ敵戦艦にも有効な場合もあるが、貫通力故に敵巡洋艦や敵駆逐艦には過貫通を起こしやすい。HEに切り替えるか、その暇が無ければ喫水線を狙って砲撃するとダメージが入りやすい。(水面を分厚い装甲の代わりにする。ただし深すぎてもダメ)
     
    修理ゾーンは自分を含めた味方艦を回復させるゾーンを発生させる。基本的な回復量はそれほど大きくないが代わりに持続性があり回復の総量はそれなりになる。近くに負傷した味方艦がいるなら使ってあげよう。
    修理の範囲は与ダメの量で拡大し、また回復量はゾーン内の艦艇の数によって増える
    与ダメを稼げば回復量も増えやすくなる効果だが単独では効果が弱いため艦隊行動が重要。多数の艦艇を範囲内に入れれば結構な回復量となり艦隊全体を保全する。なお与ダメが低いとエリアが狭く回復力も弱い。
    蛇足だが回復効果は自艦も(修理班ではなく)ゾーン回復の扱いなので災害、被弾によらず全てのダメージを回復できる。
    エナジーシールドは10秒間だけ瘴気以外の全てのダメージを無効化する。
    主に魚雷の防御に使うがあくまでダメージ無効化であり、浸水・火災の発生判定は消えない事に注意(災害の継続ダメージは消せる)。応急工作班の状況は確認しておこう。
    なお魚雷防御に限らず(最後の囮役として)敵艦隊の中へ突っ込む際にシールドを連打して生存時間を無理やり引き延ばすことも可能。
    また体当たりのダメージも消せるのでボス艦に体当たりするとほぼ一方的に大ダメージを与えられる。とは言え敵艦はプレイヤーの艦よりも速いためほぼ正面側からしか体当たりできない上に敵は回避もしてくる。さらに万全なボス艦は衝突一発分で死なないこともあり、ぶつかったままシールド効果が切れて沈むということもある。(特に敵空母は実質HPが多すぎるため衝突の仕方が悪いと撃沈に至らない)
     
    戦艦はダメージを引き受けることも重要な役割なのでおのずと戦闘距離が近くなり、敵艦との距離が近ければ副砲が威力を発揮するようになる。一発一発は弱いが連射速度がすさまじく、火災まで発生させれば十分なダメージを与える。副砲を強化して左右両方の副砲を生かすように動くと下手な主砲よりも与ダメージ量を稼げることも。
    魚雷は大破しやすいが使える時はとっさに使えると結構な効果を期待でき、そこに主兵装である主砲までしっかり運用できればかなりの与ダメを稼げる。与ダメ40万を超えた修理ゾーンはもはや誰のゾーンか分からない。
     
    今シナリオでは時に身を挺して塔を守ることも重要になってくるが敵艦の攻撃にさらされながらまともに耐久することができる艦艇は戦艦のみ。ただし沈むときは沈むため2本目の塔防衛時点以外では無理しないこと。危険な時はシールドも温存せず使っていこう。
    なお戦艦の機動性は決して良いものではなく端の方へ突っ走ると中々戻って来れない。体当たりで大ダメージが取れるからと言って遠いボス戦艦やボス空母にまで突撃をすると、戻ってくるまで時間がかかりすぎる点にも注意したい。状況も見て、位置が良い場合に限った方が堅実。
     
    頑強な独逸戦艦が元でさらに修理ゾーンとシールドを駆使すると極めて長い耐久戦が可能。その戦艦が2隻修理ゾーンでスクラムを組むとさらに耐える。またシールドは使用回数が多く抱え落ちしないよう集中砲火を受ける場面で早めから使えばさらにさらに耐える。ただ反対に言うと敵の攻撃を受けながら耐えられる艦艇は戦艦しかいないため、防衛の前線維持は戦艦の役目と言える。
    それに副砲が豊かで魚雷付きと接近戦が得意なので前線に出なければ備わった火力を十全に発揮できない。副砲魚雷主砲と全てで火力を発揮すれば巡洋艦に匹敵するスコアを出せる上に、ついでに味方や塔を守ることもできる。ただ調子に乗っていると早くに撃沈されてしまうので途中で突っ込んだり孤立しないように注意は必要。
    強力な前線型の艦艇であり、裏を返せば前線を守る戦艦が居ないと防衛はかなり厳しいというバランスになっている。ボスの撃破は他の艦にもできても塔の前で盾となれるのは戦艦だけ。ボスへの突撃は他の防衛の戦艦がいてこそ。

     
    • オススメ艦長スキル/アップグレード
      コスト1234
      艦長スキル予防整備熟練砲手基本射撃訓練上級射撃訓練
      榴弾用慣性信管
      対空兵装の手動制御
       
      スロット12345
      UG主兵装改良1
      副兵装改良1
      ダメージコントロールシステム改良1副砲改良2
      対空砲改良2
      射撃システム改良1
      操舵装置改良2
      スキル/アップグレードの補足:
      まず副砲/対空砲の強化は揃えておこう。交戦距離が短く命中しやすく、細また左右両方に敵がいることも多いので「副砲の手動制御」不要。元がドイツなのでIFHE(榴弾用慣性信管)が無くても戦艦以外には効くが、(修理ゾーンのために)少しでも与ダメージを稼ぐためIFHEも用意したい。
      それらで大半のポイント(11/19)を使い果たすため残りの選択肢は少ないが、手動対空を入れるか消耗品系を伸ばすかあるいは他のスキルか、好みに合わせて取ろう。(なお回復が特殊なため抗堪専門家を取るくらいなら消耗品の管理のほうが効果的)
       
      スロット1は安定火力を維持するなら副兵装改良、ただ魚雷発射管が壊れると大きな火力と近距離での緊急攻撃手段を失うため主兵装改良1も一考?
      スロット3はプレイスタイルに合わせて、主砲で敵の弱点を狙えるなら射撃システム改良1、砲撃に自信が無く副砲の効果に期待するなら副砲改良2、より敵空母と近い所で戦いたいなら対空砲改良2。
       
      「対空兵装の手動制御」まで入れた対空特化ビルドの場合、近づく敵機を文字通り溶かしつくす。ただ手動制御の効果の発揮には優先目標をしっかり指定する必要があり、加えて通常の主砲に副砲指定にとかなり忙しいがそれだけの効果は期待できる。
       
  • Nobilium(航空母艦ノビリウム/モデル:Lexington
    シャイニング約5秒間、使用者と全ての味方艦艇のHPを毎秒250回復させる。
    回復量は自艦の与えたダメージ量が5万10万20万40万を超えるごとに倍化。
    エクリプス全ての敵艦艇を一時的に(攻撃も含めて)行動不能にする。
    戦雷爆:131/構成機数454機。パート1には居なかった念願のプレイヤー用空母である。
    「対人戦だと怖いけどNPC相手なら…」と初めて空母に乗ろうとしてるアナタ、10分もかからないのでまず初心者ページ/空母での戦闘だけでも一読していただきたい。
    今回のミッション、空母は初動をミスると即沈する上にそれを抜けても中盤以降は敵空母に対等からやや劣位な戦いを強いられる(初心者にとっては)ハード仕様である。そして空母が下手をうつ=艦隊の敗北なのは対人戦と同じなのだ。
    航空機の戦闘力も通常空母とはかなり違い、使い勝手は既存の航空母艦とは異なる物である。モデルのレキシントンより利便性が高いのでは?
    加えて今イベントでの空母の効果的な運用法は対人戦とは全く異なるため、変な癖を残さないようにも注意。
     
    母艦は被発見距離が長く、初期位置で既に門位置の敵から視認される。他のターゲットがあればPvPのように被発見即集中砲火とはならないが敵艦の足は速く単独で逃げて生き残るのは難しい。
    しかしかといって被発見距離よりも遠くまで逃げると艦載機の回転率が激減し、打撃力の低下とそれによる回復力の伸び悩みを招くため味方艦隊の後方で狙われない程度の距離を保とう。防衛目標である2本目の塔~3本目の塔の近くにいるのがベター。
    慣れないうちは、「まずマップの自動航行(機関は半速のまま)で東に移動して第2塔の南東位置に付く」「第1塔が崩壊したら自動航行で第3塔の南東位置に移動する」くらいに動けばよい。
    ただ味方艦隊が崩壊したり明後日の方向に行っていたりすると、塔の防衛もままならず危険にさらされる。状況を見て全力で逃げること
    瘴気の方はもちろん、決して1本目の塔の近くへも行ってはいけない。突然敵艦が現れて大変危険。
    その他今マップは開けているようで細かい島が点在しており、うっかり島に追突して逃げ遅れないようにも注意。航空機の運用や味方の確認に気を取られて、母艦の位置確認も忘れないように。
    幸い船体はそれなりに頑丈なため多少撃たれる程度では沈むことはまずない。ただ火災は厄介なため撃たれないに越したことはない。
     
    戦闘機は1中隊しかないが敵空母Gorgonは戦雷爆:242と圧倒的に多い。また戦闘機は極めて硬いが攻撃力は低く、敵戦闘機と通常の空戦を行うと(空戦は乱数要素が強いので)脱出に時間が掛かる事がある。とても抑え切れた物では無い。敵の雷撃機は遅く(110kt)脆いため近くに寄せれば落とせるが、戦闘機に絡まれるとこちらが不利。
    幸い戦艦が対空能力を上げて優先目標を指定すればかなり落とせ巡洋艦駆逐艦なら回避できるため、空母が制空しなければどうしようもないということは少ない。ただTransylvaniaには何かしら防空が必要。
    なお敵空母は単体でも高い対空力を持っているため敵空母ボスへの襲撃の援護に戦闘機を飛ばすとすぐ落とされる。
     
    雷撃機は1発攻撃力12,000強の5機編成が3中隊あり、柔軟かつ強力な攻撃が可能。爆撃機は通常4機編成でHPが高く威力も元と同じで高めで、結構確実に威力が出る。
    ただし敵の艦隊は集まるとかなりの対空力となる他、敵空母は単体でも高い対空力がありそうしたところへ飛ばすと航空機が帰ってこないこともしばしば。特に敵空母は航空攻撃での撃沈がほぼ不可能と思ったほうが良い。劣勢な終盤、大艦隊に押し込まれると航空機が溶けて尽きる。
    また航空攻撃に威力があるといってもリロードに時間がかかるため総合的な火力は低く、ハッキリ言えば他の艦の砲撃&雷撃の方が強い。リロードが長い分攻撃は大事に確実に敵の体力を削っていきたいので、(無駄撃ちになりやすい)味方艦隊や魚雷の狙っている敵艦や体力の少ない敵艦よりも、味方が攻撃できない艦や体力の多い戦艦を狙ったほうがよい。敵の駆逐艦や巡洋艦は味方が撃沈できそうなら味方に任せよう。(ランダム戦と違って駆逐艦が隠れて怖いということもない)
    航空機の利点は攻撃行動が確定するまではターゲットを細かく変更できる柔軟性。回復消耗品の強化に与ダメージを稼ぐためにも攻撃は確実に成功させたい。無駄撃ちによるロスは他の艦に比べてはるかに大きいことを覚えておこう。失敗が多いとダメージは意外なほど伸びない。
    ただ敵の対空力は少数でもそれなりにあるため、近くを飛行させてると地味に削られる点にも注意。
    回転率を上げてしっかりとターゲットを選び攻撃を成功させていけば、味方の質によっては2本目の防衛成功時点で40万~50万超の与ダメを稼ぐことも可能。
     
    航空攻撃を確実に成功させるためにも細かい状況確認が非常に大切。攻撃に確認に、とにかく忙しいが空母の利点を活かすには必須なことである。ついでに視界が悪い時は航空機で索敵することも仕事の一つ、暇はない。もちろん母艦の位置にも要注意。
    なお航空攻撃自体はターゲットを選択するだけの自動攻撃でも良い。雷速向上スキルがあればしっかり当たる。真横からになるよう攻撃開始少し前に角度を調整するとなお良い。
    と言うより扱う中隊数が多い上に瘴気内は見づらく、そもそも手動で成功させるかどうかより味方による攻撃があるかどうかなど状況確認する方が重要。さらに攻撃以外でも全体の把握が大事と忙しいため、毎回Altキーで手動攻撃している暇などない。手動攻撃が主だと目を回してうっかり味方艦を攻撃するくらい忙しい
     
    空母の消耗品はマップ全体に効果を与えるので極めて重要である。それこそ航空攻撃よりも重要かもしれない
    エクリプスは全ての敵艦を停止させ、攻撃を短時間封印する能力を持つ。有効な使い方は「シャイニングとセットで瀕死の味方艦を救護」「味方艦がボスへ強襲をかけている時、特に戦艦がボスへ体当たりを敢行しているなら位置を見て機関停止させる」「塔を守るために敵艦隊を停止させる」あとは「固まった敵艦隊の対空砲を停止させて航空攻撃をする」といったところだが効果時間が短くタイミングよく使うのは難しい上に、多少の準備時間もあるため続けての連発はできない。
    効果+準備時間の一周がおよそ45秒~50秒、「残りの分数-1<エクリプスの残数」ほどになったら連打も考えよう。魚雷への配慮もしたいが、なるべく早めから使って味方艦の生存時間を伸ばすことも大事。
    ただ考えず過ぎて出し渋って余らせるより使い切った方が良いので、考えるのがめんどくさいなら第一塔の包囲がされた段階から連発して使い切るだけでもそれなりの援護になる。(ただ魚雷を予測線に載せて撃ったら停止させられて外したり、敵ボス艦の速度を見ながら体当たりに行ったらエクリプスで敵を止められて前を通過してしまったり、本当は考えなしに使っていいわけでもないがまったく使わないよりはいい。特に対Gorgon(敵空母ボス)はエクリプスを使ってもらえないと簡単に逃げられてしまう)
    シャイニングの味方艦隊全体回復も同様。「ダメージを受けた艦が多い時」などと考えるよりは、頭数を減らさないために1隻でもHPが減っているときに使ったほうが有用である。特に駆逐艦はダメージを受けやすい上に自力の大きな回復手段を持たないため、駆逐艦以外も含め死にそうな艦がいないか頻繁に味方艦のHPを確認しよう。ただし与ダメを稼いでおかなければ回復量が少ないのと、使用回数が少ないことに注意。
    味方艦でもTransylvania以外のNPCの3隻は見捨てても問題ない。
     
    砲艦は射撃するので精一杯なので、ボスを発見した際の位置取り的に火力投射が望めるならコマンドチャットで指示したり司令艦としての役割も持つ事になるだろう。空母に暇という文字は無いのだ。
     
    ちなみに非常に強力な艦艇ではあるが巧妙に運用しても全体的に味方艦隊を補助し負担を軽減させるというくらいしかできない。攻撃も停止もリロードが長くそれらだけで敵艦隊を壊滅させることはできず、ボス空母本体に至っては手も足も出ない。空母の手の回らない部分は味方艦隊に任せるしかないし、空母も味方艦隊の手の回らない部分へ対応した方が効率が良い。
    極端な話シナリオへの練度が高く連携も取れる艦隊であるならば空母の活躍も必須というほどでもない。もちろん空母の練度で難易度が変わるのも確かだが、空母自体がいなくてもどうにかなる。
     
    空母は性質上与ダメを大きく稼ぎにくく、消耗品は味方艦隊の補助で使っても戦果に換算されないため他の艦に比べexpスコアが伸びにくい。消耗品の利用がいくら効果的でも他の艦のスコアが伸びるだけ。
    今シナリオは戦艦か巡洋艦なら立ち回りを覚えて周回するとクレジットやエリート艦長expをそれなりに稼げるのだが、空母だと優秀でも大変な割に他艦艇ほど稼げない。それだけに優秀な空母はありがたいかも。駆逐艦はピーキーすぎるけど

     
    • オススメ艦長スキル/アップグレード
      コスト1234
      艦長スキル航空機整備専門家
      ドッグファイト・エース
      雷速向上
      エース後部銃手
      魚雷専門家
      管理
      制空権
       
      スロット12345
      UG飛行機隊改良1航空管制改良1
      スキル/アップグレードの補足:
      奇を衒わずに航空機を強化しよう。ドッグファイト・エースもTier差が機能する。
      艦長スキル(航空機整備専門家&魚雷専門家)とUG(航空管制改良1)で整備時間短縮に特化すれば雷撃機は22秒で準備完了出来る。ついでに雷速向上があれば自動の雷撃でもそれなりに命中する。
      なお無駄遣いしなければシナリオ中に艦載機を使い果たすことは滅多に無いためスキルの回避機動は不要。
       
      消耗品は的確に使えれば全体を補助してシナリオの成功率を上げられるため管理も持っておくと良い。
      またポイントに余裕があるならエクリプス連打の為になんでも屋をとってもいいかもしれない。
       
      被発見距離の短縮は母艦が見つかっても味方艦隊が前線を守ってさえいれば狙われにくいため特に必須ではない。元々の被発見距離が長すぎるため気休め。
      有用なスキルやUGが絞り易いので悩まないのは嬉しいが、その分戦場では最も忙しい。

敵艦船

シナリオ進行

シナリオ進行
徐々に広がる瘴気と、瘴気中から現れるこの敵艦隊から逃げながら戦う。
開幕時点は異界の門付近から1隻ずつ出現するので集中砲火で始末すればいいが、瘴気が広がってくると瘴気内側の境界付近へ突然次々に出現するようになる。またその序盤の攻勢の後1本目の塔周囲(瘴気の外側含む)に多数の敵艦が出現し、1本目の塔をほぼ確実に崩壊させる。
1本目の塔への強襲後はまた瘴気内の境界付近へ無尽蔵に出現する敵艦をひたすら撃破して塔を防衛することになる。序盤はまだ対応しやすいが中盤以降は対応しきれないほど敵が増える。
敵が多数出現するため瘴気の中は危険だが、瘴気に入るだけなら微量の持続ダメージを受けるだけで大事にはならないため必要以上に恐れることは無い。もちろん敵艦隊へ近づきすぎるのは危険だが、かといって必要以上に離れると攻撃が弱まり敵の撃沈が遅れ、敵を減らせずどんどん増えてしまう。
(Zikasaを除く)敵艦隊の船体や兵装自体はプレイヤーの艦艇の性能と遜色ないため油断していると簡単に撃沈されるし、こちらからもしっかりと有効打を取らなければ中々沈まない。プレイヤー側には優秀な消耗品が用意されているため確実に敵の数を減らせば優位に立てるが、多数の敵には不利となる。
 
サブタスクにはボス戦艦の撃破とボス空母の撃破がある。(公開テストから)敵空母が門付近でまごつく行動は直り瘴気の奥深くまでプレイヤーが行く必要はあまりなくなったが、すぐに外へ出てくるわけではないためサブタスク制覇にはたいてい大なり小なり瘴気の中へ入ってでも倒しに行くこととなる。しかしシナリオ達成条件は塔の防衛なのでまず敵艦隊を着実に倒せることが大前提、その上でチャンスができた時に撃沈を狙おう。
ちなみに門封印のシナリオ達成時にイベントとしてマップ全体の敵艦へ大ダメージが入る。これによる撃沈は(恐らくダメージを与えていれば)サブタスクの一つ「30隻撃沈」に換算されシナリオ達成時に未到達でもこれで到達できることも。またボス艦も達成時点で生きていてもHPをかなり削ってさえいれば撃沈できる場合がある。
 
ちなみに敵側も応急修理班を持っている。中々使ってこない場合もあるが浸水などを起こしてもすぐ修理されることがある点に注意。ボスへ確実に浸水ダメージを狙う場合、一度浸水させた後に少ししてからもう一度浸水を起こす必要がある。
 
瘴気はプレイヤーにダメージを与え敵を出現させる基点となるだけでなく、視界を制限する性質がある。視界の制限は煙幕に近いが煙幕とは性質が異なり航空機から発見が可能な他、被発見距離は砲撃しなければ通常の被発見距離の半分ほど?砲撃した場合は通常の砲撃後の被発見距離まで広がる。
プレイヤー側の視程は5kmほどまで低下するが、敵側の視程は広い模様で一方的に砲撃を受けることも。(瘴気外からであれば通常の視程で瘴気内の敵も捕捉できるが、瘴気内に入ると視程が短くなり少しでも遠いと捕捉できなくなる)
ともかく瘴気内ではプレイヤーはやや戦いづらくなる
さらに視界の制限だけでなく、瘴気内は敵艦を微量回復させる効果がありボス艦はさらに特殊な防御性能を得て耐久性が異様に上がる。撃沈できないほどではないがとても苦労する。
 
 
また、瘴気内で出現した敵艦は瘴気から出たがらない行動をとることがある。45ktが0ktになるので照準を誤らないように。
 

モブ

モブ

  • Zikasa(パート1と同様)
    門から脱出した艦隊を追撃する形で出現するが雑魚。Bladeの魚雷で沈んだりもする。
    後続が本命なのでこれに手間取っている暇は無い。
  • Varg(敵戦艦/モデル:BismarckA船体)
    主副砲共に射程7km/速度45kt。敵はモデル艦より相当速いがそうでもなければ瘴気から中々でてこれない
    他は対空兵装含めてほぼビスマルクと思って良い。
    装甲配置も同様でバイタル貫徹は困難なため砲撃だけでは撃沈に手間取る。
    このシナリオは中盤以降敵艦の数が尋常では無く一隻一隻の撃沈に時間がかかると厳しいため可能な限り魚雷も織り交ぜて倒したい。
  • Scarab(敵巡洋艦/モデル:Charles MartelA船体)
    主砲射程8km/速度49kt。
    駆逐艦で孤立すると瘴気内のコイツに気付けず酷い目に合う。
    戦巡のAP弾をVPへ直撃させればすぐ沈むため、なるべく魚雷を温存して主砲で沈めよう。
    あまり目立たないが後半辺りから(出現から装填時間が経つためか)魚雷も撃ってくる。
  • Ghoul(敵駆逐艦/モデル:BensonA船体)
    主砲射程6km/速度49kt。
    (モデル艦同様)主砲が強く砲撃戦だとコチラの駆逐艦は大きく不利なのでなるべく逃げること。有利な巡洋艦に任せよう。
    ただ船体が小さいため有効打が微妙に取りづらく一番有利な巡洋艦でも沈めるのにたいてい主砲2~3斉射を費やす面倒な敵。
    狙われやすい駆逐艦が危険なだけでなく長く生き残っていると魚雷も使ってくるため早め早めに沈めておきたい。
    なお装填時間の関係か出現直後に戦う前半は魚雷をほぼ使ってこないが、前半でも放置されて生き残ってると発射してくる。

ボス艦船

ボス艦船

  • Rasputin(パート1と同様)
    怪僧、再び。ボス艦の1隻。
    1本目の塔周辺に敵艦隊が突然出現した少し後にさらなる増援として出現し、大抵その前後で1つ目の塔が崩壊する。
    味方の艦性能はパート1と比べ遥かに強力だが、ラスプーチンとて装甲こそTier4級だが火力は標準Tier10戦艦をも凌駕している。油断はしない様に。
     
    改めて載せるが、主砲諸元は以下の通り。
    射撃管制装置船体モジュール主砲射程最大散布界
    --14.1km152m

    主砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填180度旋回弾種
    -305mm4基×3門HE弾 6600(33%)
    AP弾 9460
    12.5秒18.0秒gag
    gag

これをNikolai Iの射界(前方射界20度-3基、32度-4基)で振り回してくる。
巡洋艦は一斉射で即死する可能性があるため近づいたり狙われる位置で側面を見せてはいけない。戦艦でも直撃すれば大ダメージを受けるため狙っているのか分からずとも側面を見せていて咆哮が聞こえたらシールドを発動するくらいでもいい。駆逐艦はアンチガイダンスを使えば主砲を防げるが副砲も中々痛い。
 
魚雷と火災で倒すのがセオリーだが、戦艦ならやや遠くからでもバイタルパートを抜ける。
また戦艦の位置が良ければシールドを張って体当たりしてもいい。位置が悪い場合は主砲で沈めよう。
 
出現位置は1本目の塔の北西・北東・南(瘴気内)のいずれかで戦艦・巡洋艦を伴って出現する。北西側でも瘴気内へ逃げ込むことが多く一度瘴気内に入ると中々外へは出てこないため、瘴気の外に出たら外側にいるうちに集中砲火で撃沈したい。外なら集中砲火できれば撃沈は比較的容易。
瘴気内のラスプーチンはGorgonと同様にHPが減りにくくなる上に結構な速度で回復するため撃破はとても難しい。半端な砲撃ではすぐ回復されてしまうため無駄。一気に大ダメージを与える、多数魚雷を当てつつ艦隊で集中砲火をしたり戦艦でシールドラムを決めれば撃沈できなくはない。
しかし厄介な点として一度逃げ出すと意外と速く、逃がしてしまうと回復されて仕切り直し。しかも出現直後なら敵も限られているが時間が経つと敵艦隊が次々と出現するため撃沈は恐ろしく困難となる。無理に単独で追えば返り討ちにされ、艦隊で追うと今度は防衛ができなくなる。即撃沈ができなさそうなら深追いせずサブタスクは諦めよう。
ラスプーチンも魚雷へ回避行動をとるため瘴気から離れるようへうまく誘導できると撃沈が楽になる。
 
北東側に出現した時など稀に瘴気の奥へ逃げ込まず2~3本目の塔へ向かってくることもあり、その場合放置するとあっという間に塔が崩壊するため急いで撃沈すること。
戦艦でシールドラムを敢行する際は敵正面へ位置取り、速度を調節して敵の艦首を自艦へぶつけさせる形を狙いたい。敵主砲の威力も脅威であるため接近する段階から(クールタイムをしっかり考慮しながら)シールドを連続で展開して衝突させよう。ただし瘴気内では特にシールドラムで確実に沈められるとは限らない博打半分な点に要注意。当たり方が悪ければシールドが切れてこちらだけが沈む。
 

  • The Great Gorgon(敵航空母艦/モデル:Shokaku)
    戦雷爆:242/構成機数434/搭載機数140機/艦の航行速度49kt。
    HP250,000となっているが、瘴気内では防御機能があり(瘴気内だと)撃沈に75万前後のダメージを要する。
    ボス艦その2。装甲配置は翔鶴だがそれ以外は原型を留めていない。ラスボスの風格堂々である。

航空部隊の諸元は以下の通り。

航空管制格納庫搭載容量管制搭載機数 [予備機数]
戦闘機雷撃機爆撃機
140機-2中隊[ ?機]4中隊[ ?機]2中隊[ ?機]


戦闘機Tier名称巡航速度生存性隊の機数発艦時間秒間平均ダメージ弾薬 
8gag171ノット10134機24秒7038
雷撃機Tier名称巡航速度生存性隊の機数発艦時間最大ダメージ雷速魚雷射程後部銃座
6gag110ノット7803機15秒1236730ノット3.4km10
爆撃機Tier名称巡航速度生存性隊の機数発艦時間最大ダメージ(火災率)着弾範囲後部銃座
8gag161ノット8004機20秒4600(1%)134-335m14

航空機のHPは左程でもなく、各艦が対空砲火をしっかり行えば攻撃までにかなり数を減らすことができる。また高威力の雷撃も航空機、魚雷共に遅く、舵を切る余裕があれば回避は容易である。
しかし単艦行動時に狙われた場合は常軌を逸した中隊数と回転率で苦戦を強いられる。母艦の船速も相まって単艦で攻め掛かると射程に入る事すら大変。副砲は精度が悪いが装填2秒なのでUrashimaだと喰らい続けて良いものではない。
パブリックテスト時のような瘴気の奥深くに潜って出てこない行動は直っているが、代わりに前線にやってくるので航空機の回転率は上がっている。Gorgonによる塔への攻撃は大したことないが、頻繁にやってくる雷撃機は艦艇にとってとても厄介。
 
サブタスクの撃破対象になっているが、様々な要因で難易度は高めである。
まず、前線に出てくるといっても時期にかなりムラがある。Gorgonはポータル周辺の一定範囲内にスポーン位置があるがかなりの距離差があり、ラスプーチンと10数kmしか離れていないこともあれば、2本目の塔防衛が失敗した後、3本目の塔防衛の最中くらいにようやく姿が見えることもある。ついでに稀に島に引っかかって動けない。(サブタスク制覇の為に)瘴気内へ強襲せず2本目の防衛をしながらGorgonを倒すには運よくかなり前に来ている所へ火力を全力投入することになる。その場合敵艦隊の攻撃にも晒されながら艦隊で連携し、シナリオクリアまでのかなり短い時間で撃破する必要がある。かなり厳しく、予め巡洋艦が早くから放火しておくなどの工夫を尽くしたい。
 
しかし瘴気内のGorgonへ強襲し撃沈するのもかなり難しい。おおよそ70万超のダメージを与えなければならないが、Gorgonは航行速度が49ktと非常に速く雷撃機も来るため一度背を向けられてしまうと中々追いつけない。単艦の一度の接敵で70万ダメージをはじき出す手段はほぼ無く、味方空母のエクリプス(敵全体停止の消耗品)の援護がなければ強襲での撃沈はほぼ不可能で、エクリプスがあってもかなり厳しい。攻撃しながら敵の雷撃も適時回避しなければならず、逃げる方向と位置によっては他の敵艦隊の砲撃まで飛んでくる。
それでも応急工作班を使わせた直後に浸水をとれれば航行速度をそれなりに低下させることができ、運良く機関部が停止してくれれば立ち往生してくれる。辛くともしぶとく攻撃を加え続けることができれば撃沈することも可能ではある。敵空母を強襲する限りは確実に沈めるつもりでやること。またできることなら雷撃などで誘導し、可能な限り味方艦隊が援護しやすい前線側へ追いやりたい。
また誰かが強襲するということは防衛する艦が少なくなり、それだけ塔の防衛側の負担が増える。回復を考えるとより多数の艦で一斉攻撃した方が確実に撃沈できるが、かといって敵空母を強襲する艦を増やすとそれだけ塔の防衛が手薄になり、今度はシナリオクリアも危うくなる。
ゲート付近で待機する出待ちは防衛の負担が特に大きくまた中止もできないためリスクが特に大きい。
理想的な戦略としては安定策からの防衛の余裕度に応じて余裕のある艦艇が襲撃する方法だろうか。特にラスプーチンを素早く撃破したすぐ後なら敵はまだ少なく比較的襲撃をしやすいし、余裕が無ければ中止もできる。

 
なお戦艦の体当たりの場合、一撃では耐久力を削りきれないことに注意。シールドを使いながらぶつかれば戦艦側はダメージを受けないが、そのまま艦が絡まった場合、1回目のラムダメージが出てから次のダメージが出るまで2秒ほど時間がかかる。衝突時の速度喪失もあり、自艦が側面から衝突した場合は2回目以降はダメージがあまり出ず、敵艦に絡まったままシールドの時間切れで一方的に撃沈されることになる。
もし体当たりをしかける場合、こちらから当たるより敵の艦首を自艦へぶつけさせる形が良い。敵正面へ当たれる位置につき、敵艦の回避行動に合わせて転舵し加速減速と調節するといい、かと。ただ繰り返すがGorgonの航行速度は最大49ktと非常に速く、その上しっかりと回避行動を取ってくるため簡単ではない。しかもエクリプスを貰ってもまず正面には戻れないためシールドラムのチャンスは一度きりだ。
 
ちなみにシナリオクリアまでにギリギリ撃沈できないという場合、シナリオクリア時点で縮小していく瘴気の外側(=前線)の敵艦隊には大ダメージが入るため前線側へ追いやっておければそのまま撃沈できる可能性はある。とは言えそれまでに7~8割くらいは削っておかないと撃沈には至らないが…
 
ちょっとしたネタだが(浸水で遅くした後などに)Gorgonの船尾を追いかけるように動くとGrogonは母艦近くへ雷撃をして自分自身に魚雷を当てることもある。戦績上自爆になることも。

 
 

オマケ

  • Intania Queen
    2017年ハロウィーンの港で遊覧している単動ピストン外輪船。25kt。

攻略豆知識

  • 敵艦隊と適切な距離を維持して引き撃ち態勢をとること
    最初に救援対象であるトランシルヴァニアが見え、直後に敵も来るので瘴気の中へ突撃したくなるがぶっちゃけ罠である。
    瘴気の中ではこちらが不利なことを忘れないこと。特に敵艦隊はこちらの艦隊より優速で、蛇行したり瘴気の外に出るのを嫌がったりするため追い付くのも不可能ではないが瘴気の奥側からでは高火力な魚雷が使えない。
    ついでに敵艦の基本性能はこちらの艦と同クラスであり、数は敵艦隊の方が上である。油断すると簡単に撃沈される。瘴気の外側北東辺りに陣取り、適切な距離から敵艦隊へ主砲や魚雷を叩き込める位置取りをしよう。ただ遠すぎても有効な攻撃ができずジリ貧になる。
  • 消耗品は積極的に使おう
    こちらの艦艇は全て特殊な消耗品を搭載している。
    多くは使い方次第で極めて強力な効果を発揮し、また全艦種が何らかの形で回復能力を持っている。
    ただそもそも消耗品を活用することで初めて優位に立てるようなバランスになっているので、間違っても消耗品を抱えたまま沈むことのないように。
    消耗品性能は要約すれば以下の通り。
    • 戦艦:ラム攻撃にも使えるシールドと範囲回復
    • 巡洋艦:装填の高速化と与ダメージに比例する回復
    • 駆逐艦:魚雷の高速再装填と瘴気内での回復とロック外し
    • 空母:マップ全体回復と敵艦隊の全兵装・主機の停止
      • なお回復系は与ダメージの量に応じて性能が倍化していくという仕様。
        戦艦以外は回復量が、戦艦も範囲が倍化する。(戦艦も回復量が増えやすくなる)
        特に戦艦・空母は味方艦へ効果を与えられる反面、与ダメが少ないと効果が弱い。
  • 敵艦は近い方への攻撃を優先する
    終盤になるとほぼ間違いなく2本目の塔近傍での戦闘になる。
    この時、(サブタスクを達成したいなら)決して戦艦は塔の後方に退いてはならない。
    敵艦は塔とこちらの艦について近い方への攻撃を優先する。言い換えれば塔より前に居れば囮として塔への攻撃を防止できる。
    装甲とシールドを持つ戦艦の踏ん張りどころとなり、全艦で踏ん張る戦艦の支援をしてあげよう。
     
  • 1本目の塔防衛は堅実に
    1本目の塔は対応しないとすぐ崩壊しその崩壊の衝撃波で周辺に現れた敵艦隊も勝手に消滅する。
    1本目の塔のみ敵のラムアタックを受けると即崩壊する為、塔に向かう敵駆逐艦と敵巡洋艦を素早く排除するとかなりの時間を稼げる。
    巡洋艦のスキル反転チャージを使うと素早く排除できるが、スキル準備中にラスプーチンが湧くので気を付けよう。
    放置していても大勢への影響はわかりにくいが、対応する価値もそれなりにある。
    ただ撃沈されないことが大前提。戦艦以外は特にすぐ沈むので突っ込まないこと
    1. 1本目の生存時間によってもシナリオクリアまでの時間は短縮され、2本目の塔の防衛が容易になる。
      敵空母撃沈に使える時間は減るが、空母を襲いに行くなら防衛が薄くなるため短い方が好都合なことも
    2. 自艦隊が与ダメージを稼ぐことで回復消耗品の効果を引き上げやすくなる。
      もちろん撃沈されては元も子もないので突っ込んだりしないこと。戦艦以外はすぐ沈む。
    3. 撃沈数を稼げばサブタスク「30隻撃沈」を達成しやすくなる。(塔の崩壊では撃沈に含まれない)
      敵はほぼ無限に湧くため必須ではないが撃沈しておけば早く達成しやすい。
    • 1本目は完全放置して2本目の塔の防衛に専念する作戦の場合、
      敵艦隊が2本目の塔の眼前に出現する状態まで防衛することになる
      なお敵空母が自然に前線へ到達するのはたいてい2本目が飲み込まれる頃。2本目を防衛するとその前に終わる為、塔を守りながらの空母撃沈も容易ではない
       
  • ボスは一度逃がすと撃沈困難
    サブタスクにはボス戦艦の撃沈と、ボス空母の撃沈がある。しかしボスは非常に頑強で瘴気内だとさらに与えたダメージに対して実際に減少するHPが減り、しかも他敵艦と同様に回復まで入る。大量の魚雷や体当たりなどの極大ダメージを連続して与えるくらいでなければ撃沈できない。
    しかも瘴気内に出現するボス空母の航行速度はこちらより遥かに速い(49kt)ため、背を向けられると追いつくことすらできない。さらに攻撃機の雷撃までしてくるため、逃げられたら空母の消耗品(全敵の停止)を使ってもらえなければ体当たりどころか魚雷も有効に使えず逃げ切られる。戦う艦が上手く攻撃できていなければ消耗品を注ぎ込んでも撃沈できないが。あと時間が足りなくても撃破し損ねる。
    幸いボス戦艦の方は瘴気の外に出現することもあるが、瘴気の外であってもかなりの耐久力で何発もの魚雷か体当たりがほぼ必須。瘴気の中に入られるとダメージのほとんどを即時回復(戦艦の無敵体当たりで50万以上のダメージが出ることも)されるようになり、多少の集中砲火では削ることすらできなくなる。しかもその上に主砲が非常に強力なだけでなく他の敵艦隊まで近くに現れるため、瘴気内のボス戦艦を沈めるにはかなりの損害を覚悟する必要がある。HPは回復できても沈んだ船は戻せない。
    そもそもボスを撃沈してもシナリオをクリアできなければ本末転倒であるため、ボス撃沈を目指す前に味方艦隊の状態が良好であることは必須で、ボス戦艦を即時撃破し損ねた場合はサブタスククリアは断念したほうが良い
     

主な定石・艦の役割まとめ

  • 主な定石
    1. Transylvaniaを防衛、護衛して2本目の塔まで守りきる
      開幕Transylvaniaの周辺まで駆けつけて敵を殲滅しつつ反転、そのまま離脱するTransylvaniaを護衛する。
      ※Transylvaniaは進路目の前に誰かがいると進まなくなるためやや横にズレること。
    2. 1本目の塔は死なない程度に対応する
      1本目の防衛完遂はほぼ無理なので適当に放棄する。メインはまだTransylvaniaの護衛。
      ただ死なない範囲でならしっかり対応して撃沈数と与ダメを稼いでもいい。
      • 1本目の塔へは戦艦以外が近づくと死ぬ危険性が高いので要注意。早期の出待ちは開幕ラッシュへの防衛力殲滅力が低下する上、出待ち側もかなり危険
      • もしボス戦艦が瘴気の外なら集中砲火で対応。瘴気の内側だと集中砲火しつつ誰かが突っ込まないとやや厳しい。
    3. 2本目の塔の近くに到達したらその塔を防衛する
      Transylvaniaはその辺りで安全圏へ脱しているはずなので塔の防衛へ切り替える。
      敵を倒せていて残り時間も短く守り切れそうなら捨て身で守る。守れそうにない場合は死なない程度に戦ってから3本目の塔へ移動する。
      • ボス空母の撃沈がサブタスクにあるが護衛防衛が大前提。
        戦力に余裕がある時に対応可能な艦が瘴気の奥に突っ込む。
        出待ち作戦は防衛の失敗、シナリオ自体の失敗を招く危険もあり高リスク。
        もし1本目の塔時点で敵艦隊にボス戦艦を即撃沈できたなど1本目の塔を長く守れていてまだ艦隊にも余裕があるなら、すぐ行けそうな一部が瘴気内に突っ込んでボス空母を狙いたい。防衛時間が短く済むため防衛しやすく、しかしボス空母を撃破する猶予も短いため。強襲班以外は2本目の防衛に回ること
    • 無茶は敵を倒してクリアまで生き残れるならいいが、そうでないなら良い方法ではない
      • Zikasa以外のモブ敵艦の船体兵装はプレイヤーと同クラス。楽な相手ではない上にどんどん出てくるので確実に沈めて数を減らすこと。
        いわゆる出待ち系の作戦が高リスクなのは前線で戦闘する艦が減ることで殲滅力が低下し、さらに敵艦が増えて押し込まれてしまいやすいため。そのリスクを跳ね返すには防衛側が多少減っても問題無いくらい優秀なプレイヤーが揃っている必要がある。その上で出待ち側は確実に成功しなければならない。
        空母強襲を途中から行うのは減っても防衛ができる余裕があるのか、わかる段階で判断するため。それに敵空母側から出てくることも稀にあるのでしっかりと防衛していれば撃破のチャンスが巡ってこないとも限らない。もちろん途中からでも防衛できるかすら怪しいのに突撃するのは出待ちと大差無い。

         

各艦種の主な役割

  1. 戦艦:盾役
    役割は明確で、撃たれながら耐えられる艦は戦艦しかいないため前線は戦艦にしか維持できない。修理ゾーンとシールドを駆使して耐えつつ、副砲魚雷主砲と敵を削っていくことが役目。ただし耐え損ねて死ぬことが無いように。敵の魚雷はもちろん敵戦艦の主砲も結構痛い。
    最低でも1隻(可能なら2隻)はTransylvania~塔の防衛に就いておかないと防衛自体が成立し辛い。しかし戦艦2隻がスクラムを組めると被ダメが分散しつつ修理もしあってめっちゃ耐える。
    もしボスへ強襲をかけるなら防衛側に別の戦艦がいる場合に限った方が良い。戦艦が居ないマッチングや、いても戦艦が門で出待ちしたり明後日の方向へ逃げてたりして防衛にいないと戦線は維持するのは至難。勘弁してくれ…
    前線では兵装をフル活用すればかなりのダメージが稼げるものの戦艦単体では敵を殲滅できるほどの火力にはならず、敵の物量には押しつぶされる。クリア時間まで長く、味方の援護もなければ退くこと。
    ボス空母強襲については瘴気内では遠距離砲撃ができない・足が遅く逃げられると追い付けないなど苦しい面もあるが、肉薄できれば消耗品で耐久しながら主砲に副砲に魚雷にと確実に体力を削っていける他、運が良ければシールドラムで極大ダメージをとれることも。ただ肉薄できるまでが長いとクリアに間に合わないことも多く、シールドラムも滅多に決められない上ダメージ量は半分博打。また空母のエクリプス(停止)が無いとすぐ逃げられる。
     
  2. 巡洋艦:中衛~後衛の火力役
    敵を燃やしたり丁度良い巡洋艦にはAP弾をぶち込んだりして敵を確実に削っていく。
    レーダーを持っているので瘴気内の敵艦隊やボス空母を確認するも役割。
    ただし脆いまともに攻撃を受けるとすぐ沈む。反転チャージで攻撃しながら回復できるといっても一時的なもの、集中砲火を受けたり敵戦艦に近距離から攻撃されると死ぬ。なので戦艦の後ろ側や、戦艦が居ないならより遠くから火力を出すことになる。余程度胸と判断力のある戦艦がいなければスコア上位になるのは優秀な巡洋艦
    敵戦艦やボス戦艦が相手だと最悪一斉射で死ぬ。巡洋艦や駆逐艦が相手でも魚雷をまともに受けると死ぬ。離れれば死ぬ確率は減らせるため敵には近寄りすぎないことが重要。だがかといって遠いと有効打を得にくいため、戦艦が前にいるなら少し近づいて火力支援をすること。
    脆いのでボス空母へ強襲をしかけられるタイミングは防衛に余裕がある状態で敵が少ない時だけ。瘴気内でもレーダーで遠距離から砲撃を始められ、早くから放火できれば効果的にボス空母を削ることができる。
     
  3. 駆逐艦:臨機応変に対応する役。いなくてもつらくない
    しぶとく生き残ることが仕事。ついでに持ち前の機動力を活かして敵味方の状況を見ながら、味方の手薄な所へ行って魚雷を撒いていく役。状況が許せばボスへも突っ込む。
    駆逐艦はとても脆い上に自力の回復手段がとても弱い。最後まで戦うには味方による回復がほぼ必須と生き残ることすら辛いため、扱いの難易度がとても高い。
    しかし臨機応変に移動しつつ味方が手薄な場所でも魚雷によって敵を削れるのは駆逐艦以外、航空機くらい。雷撃機より命中させにくいが雷撃機よりは回転率が良く、多数当たればかなりの火力が出る。
    ボス空母への強襲も自艦がもろくまた魚雷を何セットも当てないと沈められないため難しいが、浸水をさせればボス空母に追いついて攻撃できる速度がある。またうまく魚雷を使えば前線へ逃げるように誘導することもしやすい。前線へ近づけば味方も援護しやすい。
     
  4. 空母:全体の補助役効果は大きいがいなくてもどうにかなる
    全体を見渡しながら敵戦艦や味方の対応できない敵へ雷撃をぶち込むのが火力面での補助役。注意点として獲物を奪い合わないようにすること、前線から適切な距離を保つ事。距離が遠いと艦載機の回転率が低下して火力補助が弱くなる。死んだら元も子もないが。
    ボス空母は高い対空力があるため手を出せない。敵航空機に対する戦闘機の防空も万全ではない。
    本命は消耗品による味方全体への援護。とにかく細かく全体を見渡して味方艦隊の体力や戦況を把握し、適時エクリプス(停止)やシャイニング(回復)をする。うまく使えれば味方の生存率を引き上げ、作戦の失敗率を引き下げることができる。ただしあくまで補助しかできない。
    エクリプス(停止)を使うタイミングは主に「味方が敵艦隊と戦闘している時」、特に「ボスへ強襲をしかけている時」「塔直前で防衛をしている時」そしてその両方の時。あとは空母自身が危険になった時。
    シャイニング(回復)を使うタイミングは主に瀕死の味方艦がいる時など、エクリプスと併用するとより確実に救護できる。なおボスへ強襲をしかけた味方がいる場合は頻繁に確認し回復して沈ませないこと。与ダメを稼がないと弱いので効果的な火力支援も一応重要
    うまく使えば味方が敵艦を撃破するチャンスや時間をより多く稼げて、塔の生存時間も停止時間以上に長く引き延ばせる。
     
    ただし空母はあくまで補助しかできない。空母の消耗品はどちらも味方艦が活躍しなければ効果が無いも同然。味方艦を活かす消耗品であり、生かされた味方艦が何もできなければ使った意味がない。
    それこそ全体補助がなくても活躍できる艦隊なら空母自体が必須でもないし、また全体補助に頼らなくても活躍できる艦隊であれば全体補助の効果も最大限発揮できる。特に回復は後半ほど効果が大きくなるため、早くから使ってしまうのはもったいない。
    野良だとそもそもしっかりした空母自体少ないので空母以外は空母に助けてもらわなくても問題ない立ち回りを心掛けたい。

パートIII:「海中に潜む恐怖」

  • 「今週のオペレーション」として登場
    潜水艦を利用したミッションなので各潜水艦の情報は潜水艦のページ参照のこと
    イベント開始:日本時間 2018年11月01日
    イベント終了:日本時間 2018年11月08日
    その後、このオペレーションは、アップデート 0.7.10 の終了まで分艦隊専用として提供される。

パートIII:「海中に潜む恐怖(高難易度)」

  • 「今週のオペレーション」として登場
    潜水艦を利用したミッションなので各潜水艦情報は潜水艦のページも参照。
    イベント開始:日本時間 2018年11月08日
    イベント終了:日本時間 2018年11月22日
    その後、このオペレーションは、アップデート 0.7.10 の終了まで分艦隊専用として提供される。

「逢魔時バトル」

  • 「今週のオペレーション」として登場
    イベント開始:日本時間 2018年11月22日アップデート 0.7.11スタート
    イベント終了:日本時間 2018年??月??日アップデート 0.7.12スタートまで
    アップデート 0.7.12 のリリースに伴い、逢魔時バトル用の艦艇と艦長がアカウントから削除されます。

ハロウィンイベントで登場した敵艦艇を操作する7vs7の対人戦モード。
陣地やCAPエリアがない純粋な殲滅戦。
MAP外周は瘴気で覆われており、それが時間の経過とともに広がっていくため、嫌でも短時間で決着が着くようになっている。
もちろん瘴気のなかにとどまっていれば戦艦だろうがあっという間に沈む。
最大の特徴は、各艦がぶっ飛んだ性能の特殊な固有消耗品を持っていること。
それらの性能を知ったうえでいかに有効に使えるかが勝利の鍵となる。
特に味方に有効な消耗品を持っている艦の場合、自分だけでなく味方支援のためにも使えるように味方の動向をよく見ることが大事。
回復効果のある消耗品はすべて、味方の数が敵より少ない場合に効力が倍増するようになっているが、実際は1隻でも差がついたら逆転は困難である

艦名
(元艦)
主砲射程消耗品効果
Ghoul
Benson
9km修理班性能は応急工作班2と同じ。他艦も同様
堅固エンジンブースト最大速度50%UP。ブースト中は撃沈されない
隠密修理自艦の隠蔽距離を半減し、自艦が隠蔽状態の間、毎秒HP100回復
Steel Rat
Z-23
7km修理班
回復チャージ主砲装填を1/4に短縮、味方に砲弾を1発命中させるごとにその味方のHPを1000・自艦のHPを500回復
蒸気発煙装置展開時間が長いかわりに持続時間が短いタイプ
緊急リザーブ半径5km以内の味方(自艦を除く)の消耗品の個数を1個増加
最大値(ゲーム開始時の初期値)を超えて増える
Razorworm
Kiev
修理班
超反転瞬時に反転し、HP2000回復
照準妨害システム3敵の主砲の精度を一時的に低下させる
Scarab
Charles Martel
12km修理班
反転チャージ敵に命中した砲弾1発につきHP1000回復
バイオ装甲被ダメージの1.5倍相当のHPを回復
水中長音3魚雷・艦艇5km
Octpus
Mogami
17km修理班
警戒レーダー3範囲15km、効果20秒
放射3全ての味方艦のHPを瞬時に10000回復
Varg
Bismarck
11km修理班
エナジーシールド315秒間瘴気以外のすべてのダメージ無効
Matter RestorerHPを毎秒300回復,5km以内に敵がいる場合、1隻につき回復量が毎秒300HP増加
Leviathan
North Carolina
15km修理班
修理ゾーン3半径5kmの範囲に修理ゾーンを設置し、自艦と味方のHPを毎秒500回復
厳酷精度主砲の射撃精度が劇的に向上
Rasputin
Imperator Nikolai I
反転チャージ2敵に与えたダメージの50%相当のHPを回復
信号ジャミング装置敵の消耗品の使用を阻害。すでに発動中の消耗品には効果が及ばない

2019年

「逢魔時バトル(2019)」

  • 概要
    2019年ハロウィーンイベントの3週目で実装されたイベント。名称が昨年に行われた「逢魔時バトル」と同じだが、内容が大きく異なっておりバトルロイヤル要素を含んだものとなっている点に注意する必要がある。
     
  • 大まかな流れ
    港で逢魔時バトル専用の艦艇を選択して戦闘開始ボタンを押す。1チーム3隻づつ3チームに分かれ、敵艦を沈めたりマップ上に点在している「瘴気」サークルに入り瘴気ポイントを集める。一定時間経過後にマップ中央のゲート(ポータル)が開通するのでそこへ赴く事で戦場を離脱する事が出来る。無事に離脱に成功するとチームで集めた瘴気ポイントが回収され、武器庫の「ハロウィーン」からランダムバンドルやクレジットなどと交換出来る。
     
  • 戦闘開始前
    • 使用艦艇
      今回の「逢魔時バトル」では駆逐艦、巡洋艦、戦艦の3つの艦種を使用出来る。最初は各艦種1隻づつ配布されるが、3万艦EXPで次級の艦を開発出来る。艦の一覧は下記を参照。
艦名
(元艦)
主砲射程消耗品効果
Steel Lancet
Gearing
5km
(副砲扱い)
修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:30秒
修理班HPを毎秒400づつ回復 動作時間:15秒 準備時間:30秒
魚雷装填棒魚雷装填を5sに短縮 準備時間:60秒
エンジンブースト速度+30% 動作時間:60秒 準備時間:60秒
Angler
Shimakaze
4.5km
(副砲扱い)
修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:30秒
修理強化装置自艦から半径5kmの味方を対象に1秒毎に30HPずつ回復する。効果は戦闘終了まで継続。10段階まで重複可能。準備時間:60秒
装填強化装置自艦から半径5kmの味方を対象に再装填時間を5%短縮する。効果は戦闘終了まで継続。10段階まで重複可能。準備時間:60秒
機動性強化装置自艦から半径5kmの味方を対象に転舵所要時間を10%減らし、最高速度を5%増やす。効果は戦闘終了まで継続。10段階まで重複可能。準備時間:60秒
Mutantovsk
Khabarovsk
8km修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:30秒
隠密修理被発見距離を半減し、自艦が敵に発見されていない限り、HPを毎秒300回復します。 動作時間:120秒 準備時間:30秒
逢魔時ターン自艦を一瞬で180度転回させ、魚雷の装填時間を短縮します。 魚雷発射管の装填時間:1秒 準備時間:1秒
堅固エンジンブースト自艦の最高速度を向上します。艦艇が自艦のHPを超えるダメージを受けなくなります。体当たりを除くあらゆるタイプのダメージが対象です。 最高速度+50% 動作時間:30秒 準備時間:60秒
Rust Nightfall
Hindenburg
14km修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:30秒
修理班HPを毎秒1,040づつ回復。 動作時間:15秒 準備時間:30秒
主砲装填ブースター主砲装填時間-50% 動作時間:40秒 準備時間:60秒
水中聴音Ⅲ回数無制限、船、魚雷共に12km内を探知。 動作時間:5秒 準備時間:45秒
Octodroid
Alaska
14km修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:30秒
放射Ⅲすべての味方艦のHPを10,000回復 動作時間:1秒 準備時間:5秒
回復チャージ味方艦艇に一発命中させた際、その味方艦艇のHPと自艦のHPを3,000回復 主砲装填時間半減 動作時間:40秒 準備時間:30秒
警戒レーダーⅢ回数無制限、発見距離15km 動作時間20秒 準備時間:60秒
Fossil
Henri IV
14km修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:30秒
エネルギー吸収装置艦艇HPを毎秒1,000回復し、被ダメージを80%低減します。 動作時間:20秒 準備時間:10秒
反転チャージ主砲の装填時間を短縮します。自艦のHPを与ダメージの50%回復します。 主砲の装填時間-50% 動作時間:40秒 準備時間:60秒
水中聴音Ⅲ回数無制限、船、魚雷共に12km内を探知。 動作時間:5秒 準備時間:45秒
Maverick
Republique
12km修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:60秒
修理班軽度の損傷を修理し、艦のHPを一部回復します。効果:+2848HP/秒 動作時間:15秒 準備時間:30秒
地獄の耐久力被ダメージを90%低減します。動作時間:10秒 準備時間:90秒
Scorpioid
Yamato
12km修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:60秒
修理ゾーン半径5km以内の自艦と味方艦を毎秒500回復させる 動作時間:60秒 準備時間:60秒
保護ゾーン5km以内の自艦と味方艦を無敵にする 動作時間:10秒 準備時間:60秒
Crocosaur
Montana
12km修理班火災を消火し、浸水を復旧し、損傷したモジュールを修理します。動作時間:10秒 準備時間:60秒
物質修復装置自艦のHPを毎秒500回復します。半径5km以内の敵艦一隻につき回復効率が500上昇します。動作時間:60秒 準備時間:60秒
エナジーシールドⅢ自艦をあらゆるタイプのダメージから保護します。動作時間:15秒 準備時間:30秒

 

  • 戦闘開始
    • AI艦について
      戦闘開始すると一定時間毎に特定ポイントにAI艦が出現する。AI艦は名前の横に白い雫のアイコンが付いている(プレイヤーは色付き)。
      艦種毎に瘴気ポイントが設定されており駆逐艦を50、巡洋艦は100、戦艦は200を持っている。撃沈すると瘴気が獲得出来るサークルが出現する。このサークルに入る事で瘴気ポイントを獲得出来る(駆逐は1秒で4ポイントづつ収集。巡洋艦:10ポイント毎秒、戦艦:30ポイント毎秒の違いがある。)。なお、敵AI艦も瘴気サークルに入ると瘴気を収集するが、収集した分はその艦の瘴気ポイントに加算され撃沈した際にその数値分の瘴気を手に入れる事が出来る。
  • Boss艦について
    戦闘開始から一定時間(不規則)が経過すると、マップ上にランダムでBossのラスプーチンが出現する。このラスプーチンは距離や障害物に関係無くどこに出現したかマップ上に表示される。ラスプーチンは2000分の瘴気ポイントを持っているが、周辺には4隻程の駆逐艦が同時に出現したりゴールであるポータル周辺にも無数の駆逐艦が出現するため、単独で挑むのはかなり危険である。
  • 敵プレイヤー艦について
    自チームとは別に2チーム(1チーム3隻)がマップ内に配置される。扱いは敵AI艦と変わらずランダム戦と同じように敵艦として戦う事になる。ただし、消耗品の効果は各チーム毎にしか適用されずAI艦の消耗品もプレイヤー側には適用されない。なので、敵AI艦がソナーを使用しても敵チームはソナーの効果を見れないので注意しよう。
  • プレイヤーとの談合について
    戦闘開始時に敵チームから「PvE?」や「Peace plz」といったチャットが見受けられる。これは「ランダム戦のようなプレイヤー同士の戦闘は避けませんか?」と聞いてきている。戦闘仕様を考えれば談合的なものだが、プレイヤー同士で争うと瘴気や経験値などの時給が悪くなるため悪い取引ではない。あくまでも任意であり従う必要はないが、アジア鯖では結構な確率でPvEを中心とした戦い方が見受けられる。
  • ポータル(ゲート)について
    戦闘開始から一定時間が経過するとマップ中央のポータルが開通しゲートをくぐると戦場を離脱する事が出来る。開通するまでの時間は2分から10分以上とランダムであり、時間を早めたりするようなギミックは無い模様。時間が経過する毎にポータル周辺に敵AI艦が複数出現し、魚雷の射角が広い艦が多数出てくるため注意が必要。また、PvPを望むプレイヤー艦が待ち構えている場合もある。
  • 撃沈された場合
    撃沈された場合は獲得した瘴気ポイントを失い、自艦を中心に瘴気獲得サークルが出現する。味方艦がこのサークルに入って取り返す事も可能だが敵艦に奪われる事も可能になる。なお、撃沈されても僅かに瘴気ポイントが回収される。
  • ラスト5分経過後
    ラスト5分が過ぎるとポータル周りの3方向にBOTのMutantovskが湧いてくる。基本的には一番近いプレイヤーに攻撃を仕掛けるが体力が低いと砲撃が集中し駆逐などには特に驚異となる。また、他で出会うMutantovskと違い最初から堅固エンジンブーストを所持しており、かなり手強い。戦艦で残って稼ぐ事も可能ではあるが十分に余裕を持った対応などが必要である。なお、制限時間経過後は失敗となるのでその点も注意である。
  • 戦闘終了後
    • 武器庫で瘴気ポイントを使う
      戦闘終了後に武器庫のランダムバンドルで瘴気ポイントと引き換えに景品と交換可能。
       

編集用コメント

編集用のコメントはこちら

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 2017のところに大事だから追記しといた。あと2018を少し追記したので見やすいように編集手伝ってほしい。尚、潜水艦について追記は必要かな。 -- 2018-10-25 (木) 22:35:09
    • 2017の追記したのは「ダーシャからの手紙」で使うからなので今回だけ畳まなくても良かったかも。 -- 2018-10-26 (金) 17:14:47
  • 今年分のところ少し修正しました。攻略説明など含め最適化どうしましょうか。基本データは一か所にまとめたほうがいいのかな? -- 2018-10-26 (金) 07:07:53
  • 編集相談のページにもある通り、ここのページの行数が限界に近づいてるんだよなー 潜水艦の記述入るかねこれ -- 2018-10-26 (金) 12:46:55
    • 過去分の情報一部削るか別ページにまとめてはどうだろう?本体のこのページはその年のハロウィン情報関連に限定したらもう少しスマートにならないかな? -- 2018-10-26 (金) 13:54:46
    • 尚、編集してた時思ったけど何かエディタかなんか使わないと編集しんどい。EXCELでも使おうかな。 -- 2018-10-26 (金) 13:55:55
    • 過去のを別ページに分割した上でincludeでこのページに組み込み。そしてもう邪魔だろうからregionで畳んどいた -- 2018-10-26 (金) 14:17:22
    • 攻略情報に関しては今の「一言でわかる~」の項目に集約(必要なら見出しも変えて)して毎年最新に更新していく(パート2も追記)。「過去のイベント内容」で最新情報とダブってる攻略部分は可能な限りごっそり消すのはどうかな?やっていいならするけど。 -- 2018-10-26 (金) 14:31:29
      • 過去のイベントの攻略情報は流石に不要かと思うので過去ログ的なとこに退避など出来てれば最新の今年の攻略方法に書き換えて不要な部分は削ってもいいと思います。お願いします。自分も様子見て編集手伝います。 -- 2018-10-26 (金) 17:10:33
      • とりあえずお試しとして戦艦のスキル等についてだけ記載。よさげであれば転載元の方を消しても良いかな。立ち回りに関しては今ある分の記載が膨大なので時間掛かりそう。要約が得意な人がいればありがたいけど。 -- 2018-10-26 (金) 22:25:53
    • 1000行あると「ここを編集したい」ってだけでも面倒なんだよな 「Transylvania を救え」「暗闇を照らす光」「海中に潜む恐怖」をそれぞれ新規ページで作ったほうが将来的にもいいと思うわ どうせ来年も新規ハロウィンシナリオくるだろうし -- 2018-10-27 (土) 00:10:59
      • 見出し名の横にある鉛筆Editマークをクリックすればその項目だけいじれるよ -- 2018-10-27 (土) 00:27:55
      • 2018のところが2017に飛ぶとかあって鉛筆がうまく機能していない -- 2018-10-27 (土) 04:18:18
      • 見出し作成時に[#id]まで余計なコピペをされるとその不具合が出る。重複してたidを削除したから直ったよ -- 2018-10-27 (土) 05:31:19
  • パート1がダブってる感じなので1つにまとめたほうが良さそう。 -- 2018-10-30 (火) 23:55:44
  • 冗長で長い感じになってたんでとりあえずregionでまとめた 中身は順番以外いじってないです -- 2018-11-04 (日) 00:43:55
  • 2019のMutantovskとFossilを追加。複数の編集者で書式が別だったので、書式を全統一。誤字脱字の修正〆 -- 2019-11-03 (日) 16:15:08
  • 簡単な概要を記載 -- 2019-11-03 (日) 22:48:58
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメント欄

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • IM-で始まるクランが相手にいた時は即やめた方がいいかもしれん。pvp分艦隊みたいだし -- 2019-11-21 (木) 22:53:31
    • というより分艦隊は殺せ。 -- 2019-11-21 (木) 23:25:21
      • 分かる気がする。分艦隊で、他チームのBB潰したくせにいざ分艦隊のやつのBB沈めたら「平和か開戦か」だとよ。まあその前に自チームのDDそいつらに沈められたが。 -- 2019-11-23 (土) 18:10:59
  • 経験上多分位置取り完璧にできれば(賭けにはなる)クロコサー単艦でもラスプーチンの撃沈は可能。目安は出現位置手前5km位で。最初DDは砲撃のみしてくるのでヒールで対処可能(装填前もしくはラスプーチン近くでは魚雷攻撃をしてこない)ラスプーチン撃沈後はポータル方面に撤退するので放置。ただしDDがタグボートのようにラスプーチンの進路を変えることもあれば、残骸のせいでDDが残留した場合かなり痛い、最悪沈む。 -- 2019-11-22 (金) 08:08:46
    • 出現位置もなんだけど消耗品の偏り具合の影響がすんごくデカいと思うわ -- 2019-11-22 (金) 08:50:01
    • 出来るよ。出現位置は2箇所なのでそれが当たる必要はあるけど、至近スタートならラスプーチンの出現向きは決まってるからそれの移動距離も含めて配置しておく。これならバリア一枚あれば終わる。バッチリ合った時は出現時でミューたん2隻くらい撃破しつつラスプーチン前に出て頭を抑えてラムダメージで落として即終了した。出現ガチャが外れて反対のラスプーチンに遠くから近づいていく場合に自分一隻では厳しい。囮してくれる艦がいれば安定するけど。 -- 2019-11-22 (金) 12:35:33
    • ラスの出現位置は北東か北西だから、一番近いのは北スポーンの青菱形チームだけど、南東の方の200瘴気とクロコサーを狩りに行ってると北西に出た場合は遅刻する場合があるね。誰もラスに行かずに終了している試合もあるけどねw。 -- 2019-11-22 (金) 12:43:42
  • ラスにも行かず、俺がBOTクロコサーを攻撃している後ろから撃ってきて撃沈していきやがった肉入りクロコサーめ、許さん!BLだ!!。 -- 2019-11-22 (金) 16:24:19
  • オイコラ!アンコウ駆逐!おめェ何で自動回復アイテムねぇんだよ!バンバン! どのアイテムかはランダム何ですけど。。。って味方からも撃たれるのはEUだけです(FFダメ無いが極めて不快)。 -- 2019-11-22 (金) 18:15:30
    • あるあるだなそれ。Tの回復が出ないでYの装填促進やらUの機動性アップばかり出て来ることはあるぞ。自分でもアングラーに何回か乗ってみてWGランダムマジックを実感できてるから。 -- 2019-11-22 (金) 18:21:30
      • ミューたんでも引きが悪いのはよくあるよ。Tの回復無し、YのTRB1個、Uのエンブー6個とか。ふざけんな!帰る!なんて。 -- 2019-11-22 (金) 20:51:09
      • こちとらさっきフォッシルで13回中12回反転チャージだったぜ -- 2019-11-23 (土) 01:47:53
    • EU他の実例 「おいコラ!俺の瘴気奪うンぢゃねぇ!」味方に魚雷発射、主砲バンバン! チームメイト2名懇願しても絶対消耗品使わないアンコウ駆逐さん。 シーズン終盤って事で(いいかげん学習して)殺し合い止めるのか、ほのかに期待・・・今日もみんなで殺伐と殺し合い。。。 -- 2019-11-22 (金) 20:12:42
  • 先程数字垢の戦艦にずっと後ろから撃たれ続けてたのですが、プーチン撃破後他チーム合わせ7人がフルボッコに反撃加担してくれました。こんな事ってあるんですね。ハロウィン怖い・・・ -- 2019-11-22 (金) 21:33:04
    • 10桁数字垢は中華だからな、よくある話。 -- 2019-11-23 (土) 02:08:39
  • 何がpeaceだ?守るやつも守らない奴に文句言う奴も赤猿だから狩るの楽でいいね -- 2019-11-23 (土) 13:40:00
    • むしろ分隊以外で撃ってくる奴らは赤さるばっかりで狩られる側やん -- 2019-11-23 (土) 20:45:13
    • ミューたんだというだけで、むやみに撃つんじゃねぇ!!味方じゃねーか!ミニマップで居場所わかってんだろーが!奉仕スキルなんか持ってねーし。 -- 2019-11-23 (土) 22:17:27
  • 終わらねぇ…。 -- 2019-11-24 (日) 06:49:18
  • 自チームの2隻が簡易漢字でチャットしてて「おいおい中華か?」って最初不安になったが、T10のクロコとオクトだったからか、T9のようなPvPを仕掛けるような事はしていなかったな。偶にT10のミュータントでPvP仕掛けて来る奴も居るが、大概はT9乗ってる奴等だね。 -- 2019-11-24 (日) 09:38:11
  • 最近序盤の駆逐、巡洋、巡洋、戦艦の4隻を撃沈してから遠方の200とクロコサーを狙いに行くという作法を守らずに、2隻目終わったらさっさと200瘴気に向かう奴多すぎ。残った2隻で2隻相手する羽目になるし、酷い時はその1隻がT9で使えなくてほぼ1隻で相手するなんて無理。大概簡易漢字使ってチャットしてるから中華人なんだが、分かってる奴と分かってない奴の差が激しいわ。 -- 2019-11-24 (日) 17:19:53
    • 気持ちはわかるがあの2隻ぐらい一人で沈められるでしょ。出待ちでFossilをまず落とせばいい。Vargには頭向けてれば大してダメ受けないんで、Fossilの瘴気も余裕で無駄なく回収できるはず。 -- 2019-11-24 (日) 18:04:33
      • 分かってる1,2割の人以外は、ヴァルグから狙うのが多い。Fossilの方が動き出したら面倒だと思うんだけどね。不思議 -- 2019-11-24 (日) 19:15:58
    • Fossilをワンパンか大破で副砲任せにしてVargに無敵ラム。ラムるまでの3隻で消耗品が回復3じゃなければだが -- 2019-11-24 (日) 21:27:34
    • もう集め終わったのと最近PVP仕掛けてくるT9多いからミュータンで出てるけどルーチンとしては最初の駆逐は砲のみで次の巡洋は魚雷と砲でほぼワンパン、次の2隻のはフォッシルから魚雷と砲で撃沈、戦艦残ってたらそっち片付けるって感じだね。味方が使えるかどうかはそこで判断して次に200とクロコやったら使えない味方ならすぐ帰っちゃう -- 2019-11-24 (日) 21:50:54
    • 戦艦ならね、アングラーやオクトドロイド、フォッシルだと苦戦するんだよ。 -- 2019-11-24 (日) 22:11:05
  • ワイ正義マン、PvP野郎を沈めてニッコリ。何事かわめいてたけど気にしない。だって中国語なんてわからんもーん。でもちょっと後から気になる。そういやあいつオクトロイド乗ってた様な??ま、ええか^^ -- 2019-11-24 (日) 18:29:02
  • そういや地獄迷彩は通常のランダム戦で使うと照準拡大で普通の音だけど、サソリとかクロコでもアオオオーンて音は無くなるんか? 消えないならクロコちょっと欲しいとこなんだけど -- 2019-11-24 (日) 23:06:21
  • ひどい奴もいたもんだ。開幕全チャでpveと言っておいて、pkしてくるやつとか。 -- 2019-11-25 (月) 23:54:53
    • truce, but tit for tatと全体チャットして、開始、ああ、なんだかんだで楽しかった逢魔時バトルも終わりかぁ……。 -- 2019-11-26 (火) 13:08:34
  • また出た味方馬鹿フォッスル。オクトドロイドの俺とスティール残してさっさと自己中行動。お陰でHP回復させようと撃つ味方が駆逐で走り回られて当らんからHP回復出来ずにBOTミュータントの餌食に。アホ・ボケ・フォッスルめ! -- 2019-11-26 (火) 14:18:10
  • 結局駆逐以外の艦はページ作成されなかったんだな -- 2019-12-12 (木) 12:24:39
  • 久しぶりにログインしたら、港にハロウィーン艦が居続けてるんだけど、同じ症状の人いますか? -- 2020-02-29 (土) 22:57:19
お名前:

過去ログ


*1 プレイヤー乗艦の3隻について、2016年版では3隻ともTier9となっていたが2017年版ではTier3となっている。尚モデルになった艦はいずれもTier3である。
*2 ZombieMikasaの略と思われる
*3 152mm砲が片舷7門HE3000(75%)、76.2mm砲は片舷9門HE1(75%)。砲配置は凡そ三笠と同じと思って良い
*4 ダメージ等から410mm砲級のHE弾と思われる
*5 発砲音がゾンビ的な呻き声になっている
*6 パートII実装以降、パートIへは拡張分艦隊を組んだ場合のみ参加可能となる。