日本

Last-modified: 2022-05-19 (木) 19:57:56

概要

総員、戦闘配置!

我らが大日本帝国海軍のツリー。IJN(Imperial Japanese Navy)*1
アメリカとともに最初に実装された国。

日本は攻撃力と機動力を重視し、細い船体に強力な大口径砲や魚雷を積もうとする傾向にある。
その無理を通す為に装甲や対空砲が割を食いがちであり、生存性はやや劣る。

当然といえば当然だが、日本人プレイヤーは多い。

史実と異なり、ゲーム中では日章旗が掲揚されている*2
他のWargamingのゲーム(戦車のWoTなど)は戦後の自衛隊兵器が実装されているが、WoWsでは実装されていない*3

日本海軍のHEについて

日本ツリーの艦種は総じて強力なHE弾を使用しているが、これは下瀬火薬(しもせかやく)といい、日本独自のHE弾を使用しているためである。
下瀬火薬(しもせかやく)は、大日本帝国海軍技師の下瀬雅允が実用化した火薬(炸薬)である。日露戦争当時の帝国海軍が使用し、日露戦争における大戦果の一因とされた。
成分は純粋ピクリン酸であるが、砲弾への充填方法に特徴があった。すなわち、下瀬火薬では金属と反応するピクリン酸を多量に腔発が発生しないように充填できる方法となっていた。一方、陸軍で用いられたピクリン酸爆薬の黄色火薬では腔発の多発を引き起こしたという。
1931年(昭和6年)2月現在の下瀬火薬の領収規格によると、下瀬火薬は純粋ピクリン酸である(それ以前の規格の変遷は不明)。
下瀬火薬は1888年(明治21年)に実用化され、1899年(明治32年)には大量生産が開始され、日露戦争(1904年(明治37年) - 1905年(明治38年))で大きな役割を果たした(「歴史」節で詳述)。
日露戦争当時、他国海軍の用いていた炸薬は黒色火薬や綿火薬(ニトロセルロース)であったが(ロシア帝国海軍は綿火薬を用いていた。)、下瀬火薬は、それらより爆発力が強かった。ピクリン酸は、鉄と接触すると、ピクリン酸塩を生成して爆発する。爆発の際には摂氏3千度の高熱を発する。日露戦争当時の世界で最大の爆発力を持つ炸薬であった下瀬火薬は、いわば帝国海軍の秘密兵器であった。大日本帝国海軍が砲弾に下瀬火薬を14%充填していたのに対し、ロシア帝国海軍は綿火薬を2.5%充填していた。
大日本帝国海軍の連合艦隊が、明治38年5月27日の日本海海戦でロシア帝国海軍のバルチック艦隊を粉砕したことには、焼夷力が極めて強い下瀬火薬が貢献したとされる。
下瀬火薬は、メリニット(1885年(明治18年)、フランスのE・テュルパンの発明。ピクリン酸に硫化エーテルを添加して爆発反応を遅延させたもの。)のサンプルを下瀬が分析し、メリニットより爆発力の強い純粋ピクリン酸を炸薬に用いるアイディアを得て、研究の末に実用化したもの。
下瀬は、1888年(明治21年)に、列国に先んじて純粋ピクリン酸を砲弾などに注入して炸薬とすることに成功した。酸性の強いピクリン酸は、砲弾の素材である鉄と不安定な塩を形成して暴発する危険があったが、下瀬は砲弾の内側に漆を塗ってピクリン酸と鉄を分離することを考案してこの問題を解決した。
下瀬火薬が実用化された後に、フランスが「新型火薬」を日本に売り込んできた。フランスに派遣された富岡定恭は、「新型火薬」のサンプルが提示された際に、微量を自分の爪の中にすり込んで持ち帰った。この微量の試料を分析した結果、下瀬火薬と同様のピクリン酸であると判明したという。
下瀬が、下瀬火薬(純粋ピクリン酸)の試作に成功した後も、当時の日本の技術レベルでは手工業的な生産しかできず、量産は困難であった。
1898年(明治31年)1月から1年間、下瀬は、ピクリン酸製造技術の導入のため、欧米を視察した。ドイツのグリーシャム社の元技師長であるバーニッケと会い、5万円の代価で、ピクリン酸合成工場設計図20枚余、及びピクリン酸製造技術の提供を受ける契約を結んだ。しかし、代価の5万円は支払われず、バーニッケは1906年(明治39年)4月に契約履行を迫る書簡を送り、下瀬はこれを受けて斎藤実海軍大臣に上申を行ったが黙殺された[13]。
1899年(明治32年)に設立された海軍下瀬火薬製造所によって下瀬火薬の大量生産が始まった。下瀬火薬は日露戦争(1904年(明治37年) - 1905年(明治38年))で大きな威力を発揮することとなった。なお、下瀬火薬製造所は小規模な工場で、戦争中の拡充もなされなかったが、必要量は生産できたものと思われる[16]。
ピクリン酸は衝撃に対して感度が鋭敏であるという問題があり、その後諸外国や日本の陸軍ではトリニトロトルエン(TNT)への移行が進んだが、日本海軍は出遅れた。また、海軍はピクリン酸の生産法においても従来の石炭酸法に代わるヂニトロ法の開発で陸軍より遅れた。海軍ではTNTの原料であるトルエンの生産量の問題や陸軍がTNTを採用してることから、TNA系火薬を下瀬火薬に代わるものとして開発を進めた。新爆薬が開発されていっても、航空爆弾用は依然下瀬火薬であった。下瀬火薬生産では民間の由良染料、三井鉱山三池染料工業所への助成が行われ、それらに依存することとなっていった。
1912年7月の日中戦争勃発に伴い航空爆弾の需要が増加すると下瀬火薬の生産規模拡大が図られるも、その後の戦況の変化により需要は減少。そして、1923年6月に南昌において上述のピクリン酸の欠点に起因する問題(被弾機の爆弾爆発が友軍機の誘爆をもたらす)が発生したことにより航空爆弾用も下瀬火薬からH乙爆薬(TNA+HNDA)へと変更されることとなった。
しかし、下瀬火薬は太平洋戦争(大東亜戦争)で再び使用されるようになった。極度の石油不足状態にあった戦時中の日本では、石油から作られるトルエンを原料とするTNTの製造は困難になったが、石炭から作られる石炭酸(フェノール)を原料とする下瀬火薬(ピクリン酸)は問題なく製造できたためである。下瀬火薬の多くは砲弾などの強い衝撃がかかるものを避けて九九式手榴弾などに使用されていた。

日本海軍の魚雷について

大日本帝国海軍ではワシントン軍縮会議の結果がもたらした不利を克服するため、魚雷を主力兵装と位置づけ、戦術と併せて開発を進めた。この時点での水雷戦術は日本海海戦で示された通り、主力海戦で損傷した敵艦隊に対し至近距離から「とどめ」として投入することが考えられていた。しかしこうした投入方法は、冷走魚雷・乾式魚雷・湿式魚雷と魚雷の構造的発展が得られたこと、材料強度の向上、続いて大型化、多連装化などの発展により変化した。第一次世界大戦では、昼間の海戦でも主力艦に対して打撃を与えうる戦例が見られるようになった。そこで大日本帝国海軍では、列強の先端を行く主力艦の水線下防御を突破して確実に撃破しうる大型魚雷を装備した大型駆逐艦睦月の導入に踏み切っていった。

「幸運を祈る!」

通常艦

特殊艦

傾向と特徴

駆逐艦ツリー

高い機動力と隠蔽性を併せ持ち、高威力・長射程の魚雷を主兵装としている。隠蔽状態を維持したまま敵艦に魚雷を撒く戦術を基本とし、特に敵戦艦に対しては非常に有利。

 

一方で主砲は同Tier帯でDPMが最弱であり、砲旋回が遅いため他国の駆逐艦との近接戦闘を非常に苦手としている。
ただし127mm砲搭載艦は米ソ駆逐艦に比べ単発火力、発火率、弾道に秀でているため、味方と共に行動して2対1の状況にあるなど余裕があれば全艦種に対して積極的に撃っていこう。うまくいけば大火災を起こせるだろう。
対 米駆逐艦においては弾道、弾速、威力はこちらが秀でており、近接戦に持ち込まれなければ対等に渡り合うことができる(近接戦に持ち込まれると発射レートに圧倒され、こちらは砲旋回が間に合わなくなる)。

 

一撃必殺の魚雷火力と隠蔽性が武器であるため、生きているだけでも敵艦隊にプレッシャーを与えうるが、敵艦や航空機に見つかると一方的にやられることもあり、戦果のバラつきが激しい。

 

中Tierからの魚雷は雷速に対して被発見距離が圧倒的に長くなり回避されやすくなるため、距離の管理や敵の動きを読む工夫が求められる玄人好みの艦になる。

 

Tier5からツリーがMutsukiルートとMinekazeルートに分岐する。
前者が「雷撃特化」、後者が「砲力特化」と言われているが、実際にはMinekazeルートはTir7までとTier8以降で大きくコンセプトが異なっている。
大型雷駆のMutsuki~Shimakazeルート」「小型雷駆のMinekaze~Shiratsuyuルート」「大型砲駆のAkizuki~Harugumoルート」の3つの区分があると考えると分かりやすい。

余談だがもしも日本艦を専門に乗っていくつもりなら、Minekazeルートtier8の秋月まで開放しないと主砲の着弾数を稼ぐミッションでは苦労することになる。

 

ちなみにかつては日本の駆逐艦ツリーは現実に建造された艦で構成されていた。これは米空母ツリーと日本の駆逐艦ツリーだけであった。(2018年8月の北風と春雲実装まで。両艦は史実計画艦ではあるが建造はされていない。)

 

初心者の方へ

このwikiを見ているということは恐らくあなたは日本人であろう。となれば、日本艦艇に乗りたくなるであろう。
日本の駆逐艦は低Tierのものは強いが、上へ上がるにつれ段々と辛くなってくる。理由は色々あるので割愛する。
初心者にお勧めできるのはアメリカ駆逐艦とイギリス駆逐艦なのだが、どうしても日本の駆逐艦に乗りたいという方に覚えておいて欲しいことが3つある。
1. 隠蔽距離を下げる迷彩を付けること。
2. 後ろでうろうろしないで、敵が見える位置までは前に出ること。
3. ダメージを稼ぐことよりもまず、生き残って相手を見ること。
これだけで大分変わる。頭の片隅でいいので覚えておいて欲しい。
ただし敵に見つかればハチの巣を突いた様に砲撃される。
従って、敵に見つからないように行動する必要がある。

巡洋艦ツリー

  • 生存性
    装甲、船体幅は平均的である。一方で船体が長く、VPは横から見ると凸の字のような形状で中央部が海面から飛び出す形になっており、防御姿勢には十分な注意が必要である。
    HP量は平均的~少なめ。特に高TierではHP量の劣位が目立つ。
  • 火力
    総じて強力なHE弾を使用しており大きなダメージが期待できる。
    Tier5から他国よりも早く203mm砲が使用可能となり(一部例外あり)低Tierにおいては絶大な威力を有する。最大の特徴として主砲の散布界が駆逐艦と同等という大きなアドバンテージを持つ。
    10km先で10%、15km先でも5%ほど狭いため、より多くの命中弾が期待できる。
    一方で、短射程、長い装填時間、砲塔旋回速度が遅いという欠点からDPMが低い。また砲塔が他国巡洋艦と比べると薄く破損しやすいという弱点を持つ。そのため高ティアになるほど大口径砲の火力アドバンテージを失うことになる。
  • 魚雷
    Tier3以降の日本巡洋艦は全艦が魚雷を搭載している。この魚雷は駆逐艦と同じく高威力と長射程を持つため、近接戦の切り札としての使い方以外に10km前後の中距離戦でも牽制などで運用可能な状況もある。
    Tier8以上の艦はアップグレードやスキルの構成次第で魚雷射程が被発見距離を上回る。Tier10になると最終的に12kmの魚雷を扱えるようになる。しかし艦によっては射界が大きく制限され、弱点であるVPを晒すため使用には細心の注意が必要である。
  • 機動性
    高速であり、重巡の中では舵は比較的軽い。
    しかし旋回半径が大きいため、旋回自体はそれ程速いわけではない。
  • 隠蔽性
    Tier5から重巡洋艦になる割に良好な部類に入り、高Tierでは隠蔽特化で10kmを切る。ただし英軽巡や米軽巡などには劣る。
  • 対空火力
    低い。
    とはいえTier6以降の艦は消耗品「対空防御砲火」が搭載できるため、航空機への対処は戦艦より楽である。ただし「対空防御砲火」は「水中聴音」との選択なのでよく考えよう

戦艦ツリー

  • 生存性
    最高装甲厚は米独の戦艦と比べてやや薄いものの、傾ければ十分な生存性を発揮する。
    巡洋艦のHE弾への耐性は特別高いわけではないが、長門天城以外は甲板が少し厚めになっており、フランス戦艦、イギリス戦艦よりはHE弾への耐性があると言える。
    水雷防御は概ね平均以上といったところだが、後述の通り旋回性能もあまり良くなく、全長も長いため被雷はしやすい。
    T7までは比較的にHPが高めでT8以降は平均的に落ち着く
  • 火力
    同格と比べて口径の大きい砲を搭載し、火力は高い。射程が長く、遠距離での精度が良好*4であることから、中距離での砲撃に適している。
    AP弾の貫通力や威力は平凡で、弾道は出雲を除いて平均的~平均より少し高い(着弾までに時間がかかる)といったところ。
    HE弾は最大ダメージが高い一方、発火率はやや低め。AP弾よりも弾速の減衰が大きく設定されており、遠距離では偏差をかなり大きく取る必要がある。
  • 機動性
    中Tierまでは相対的に速力が優れている(ただしTier3を除く)が、高Tierでは遅い部類になってしまう。
    とは言え、Tier7以下のアメリカ戦艦のように味方に置いて行かれてしまう程ではなく、困ることはないだろう。
    船体が長いため旋回半径は大きめで、転舵時間も長い。魚雷の咄嗟の回避は難しい。
  • 隠蔽性
    悪い。隠蔽状態に戻れず、集中砲火を受けて沈む事が無いように注意しよう。
    ちなみにTier6の扶桑はWorld of Warships実装艦の中で最も被発見距離が長い。
  • 対空火力
    短距離対空砲の秒間ダメージはそこそこだが、ツリー艦には中距離対空砲が文字通り存在せず、長距離対空砲もあまり強くない。
    つまり、日本艦らしく貧弱である。

空母ツリー

(編集v0.8.0.3)
艦載機が米空母のものに比べ全体的にややピーキーな性能で扱いがやや難しい。
ただ基本速い攻撃機だけでなく雷撃機爆撃機の速度もやや速いため、その速力を活かした戦略的な運用が試される。
(なお単純に標的を見つけて攻撃するというだけなら米空母の方が扱いやすく安定しやすい)

v0.7.12以前

日本空母の1中隊は4機で構成される。米空母の1中隊は6機で構成されているので、1中隊を比較すれば数的に不利である。その代わりに中隊の数そのものが多い傾向にある。その分、操作が面倒複雑。
どの編成(航空管制)を選んでも必ず雷撃機中隊が含まれており、総じて対艦攻撃を重視しているのが特徴(実装当初は初心者でも容易に高スコアを出せてしまうほど雷撃編成が強力だった点が問題視され、編成には必ず戦闘機中隊が組み込まれるようになった)。

  • 戦闘機
    米空母の戦闘機中隊は6機で1中隊を構成しているが、日本空母の戦闘機中隊は4機で1中隊を構成している。
    つまり、同Tierの1中隊同士がぶつかればほぼ100%負ける。囮、時間稼ぎ、敵攻撃機の迎撃などが役割か。
  • 雷撃機
    戦闘機と同じように中隊構成機数は4機だが、米空母より同時に運用できる中隊数が多い。
    回避困難な十字雷撃(文字通り、敵艦に対して左右から雷撃を行う)を行い易い。
    (日本空母以外で雷撃機2中隊が使える空母は、アメリカのTier7課金艦Saipan、Tier8課金艦Enterprise、Tier10通常艦Midway、ドイツのTier8課金艦Graf Zeppelin)
  • 爆撃機
    手動爆撃(alt爆撃)を使えば爆弾の着弾範囲を非常に小さくでき、駆逐艦にも命中させることができる。難しいが。
    中隊構成機数が他の中隊同様、4機と少ないため総ダメージ量に劣る(爆弾1発当たりのダメージ量も劣る)。
    目標が修理班を使用した後に爆撃し、火災を引き起こして火災ダメージを狙うなどの工夫が必要。
  • 空母本体
    総じて隠蔽性が高いものの、対空火力はあまり高くない。

情報提供

日本ツリーへの情報提供はこちら

  • 巡洋艦について見やすくしました -- 2018-11-26 (月) 18:08:04
  • 空母仕様変更後のツリーを追記・格納 -- 2019-01-26 (土) 03:30:53
    • ん?空母刷新後のツリー間違ってない?「航空母艦: チューニング方法」では日米ともに駆逐から分岐してるけど -- 2019-01-26 (土) 08:56:12
  • ツリーが今のものと全然違うので一旦削除 -- 2019-01-31 (木) 20:01:59
    • 駆逐から分岐するよう修正しました -- 2019-01-31 (木) 21:25:40
  • 武蔵の備考を販売停止に変更 -- 2019-02-11 (月) 11:32:21
  • 「空母ツリー」について暫定的に編集 -- 2019-02-23 (土) 02:07:31
  • 夕立を実装欄に移動 -- 2019-09-19 (木) 19:12:45
    • 疾風をお引っ越し -- 2020-04-29 (水) 20:53:12
  • その他実装予定艦にテスト鋼鉄プレミアムと追記 -- 2020-05-03 (日) 22:34:13
  • フリーEXP艦の価格表記を他国に合わせた -- 2020-05-26 (火) 04:10:18
  • 実装予定の肥前を追加 -- 2020-08-28 (金) 09:58:10
  • ARPコラボ艦の並び順変更しました。 -- 2020-09-20 (日) 16:43:34
  • HSF3艦を引っ越し -- 2021-04-23 (金) 20:50:06
  • 日向引っ越しました -- 2021-04-29 (木) 09:11:52
  • 伊勢引っ越しました -- 2021-06-04 (金) 16:51:03
  • 利根引っ越しました -- 2021-06-20 (日) 12:03:28
    • ついでに朝潮販売停止の旨を追記 -- 2021-06-20 (日) 12:03:52
  • とりあえず石見追加 名前の元ネタが本州西部とあったので石見と判断しました。 -- 2022-02-12 (土) 06:15:05

コメント

  • 早く摩耶使いたーい -- 2022-04-21 (木) 22:43:50
  • とうとう摩耶でるのか!!艦長日誌で艦艇出てるのでびっくりした。テストサーバーやってればよかったと後悔。 -- 2022-04-23 (土) 07:55:38
  • この流れだと日本の超空母も来るんだろうけどどういう味付けだろうか?ジェットでAP爆弾?とんでもない高ダメージ高速魚雷? -- 2022-05-02 (月) 22:57:42
    • どういう流れか知らんが「来るんだろう」じゃなくて「来てほしい」じゃないの?来ないと思うよ。 -- 2022-05-02 (月) 23:03:23
      • 全ツリーにT11作ろうとしてるように見えたけど日本空母だけ作らん理由も無いんじゃね? -- 2022-05-02 (月) 23:11:55
    • 独超巡は素のスペック頼りで特殊ギミックないっぽいし、日空がそうなるかはともかく『母艦と標準飛行隊は高性能だが戦術飛行隊(ジェット機)なし』って超空母がどこかに来そうではある -- 2022-05-02 (月) 23:18:05
      • 艦載機魚雷の酸素魚雷化に成功したと言うことで、雷撃機がF3を搭載してるとかでも良いんじゃないかな -- 2022-05-03 (火) 06:36:42
      • なるほど隠蔽航空雷撃復活か -- 2022-05-04 (水) 17:57:28
      • 酸素魚雷は整備が難しいのと、酸素そのものも危険物だし、発生機やら充填する機材が危険物だってのを忘れてないか? -- 2022-05-05 (木) 13:33:16
      • 惑星WoWsでは魚雷発射管に直撃喰らっても誘爆しないし平気平気 -- 2022-05-06 (金) 17:59:39
      • 酸素魚雷の艦載機搭載は実際の計画にもあったので、その実用化に成功したことにすればいけるだろ。 -- 2022-05-09 (月) 09:30:15
    • 超大鳳型?に震電と橘花みたいな感じ?仮想戦記過ぎて草生えるけど、惑星wowsだからいけるか。差別化するならジェットAP爆弾と超威力魚雷1本って感じか、又は12線低威力魚雷とか? -- 2022-05-03 (火) 08:44:49
      • 初期FDRみたく曲がってこなければジェットで12本もありなのだろうか -- 2022-05-03 (火) 09:48:16
  • 12本は多すぎだろ -- 2022-05-04 (水) 11:37:40
  • 遂に軽巡ツリー実装か~秋を楽しみに待つぜ~ -- 2022-05-05 (木) 04:41:55
    • それソースどこ?教えて欲スィ -- 2022-05-05 (木) 11:13:01
      • 公式ニュースに出てるで -- 2022-05-05 (木) 11:51:29
      • 感謝ナリ -- ? 2022-05-05 (木) 12:55:41
    • プレ艦あたりで長10てんこ盛りの弾幕軽巡が出たりするんかな・・・ -- 2022-05-05 (木) 15:40:38
  • 150mm両用砲なんて積んでる計画艦あったかな? -- 2022-05-05 (木) 14:02:38
    • ドイツから入手したエルビンの主砲を載せた架空艦なんかね? -- 2022-05-05 (木) 15:38:19
      • 陸軍の五式十五糎高射砲の技術協力を得て開発された架空の両用砲かもしれない。海軍の127mm高角砲の技術協力得て陸軍は120mm高射砲開発してるし -- 2022-05-05 (木) 16:30:43
      • そんな架空やめて素直に秋月砲載せときゃいいのに… -- 2022-05-05 (木) 16:35:17
      • 155の次が秋月砲だと振り幅大きすぎるというか、ツリーとしての統一感がね -- 2022-05-05 (木) 16:41:55
      • 155mmを強引に両用砲にしましたでええのに -- 2022-05-05 (木) 23:03:14
    • 5式15cm高射は3年式15.5cmと比べるとそんな弾道特性良さそうに見えないんだよな…弾体は陸軍既存の15加農と同じ(だとすると15.5cmより軽い)だろうし、それでいて初速も3年式15.5cmよりちょっと遅い位だし -- 2022-05-05 (木) 21:54:41
      • 両用砲と言っている以上、対艦でも設計にしたか対艦砲弾を用意した設定なんでしょ。 -- 2022-05-05 (木) 22:34:44
      • 高射砲なのと、発射速度が3年式とダンチなのが大きいかもだ -- 2022-05-07 (土) 23:06:11
    • いっつも思うんだけど、無理してTier10まで作んなくても良いと思うんだけど…、秋月ルートの時みたいに途中で止まっても良いと思うんだが… -- 2022-05-06 (金) 08:11:36
  • 「アンナコンナ日軽ヲ実装キボンヌ」VS「ネタガネェダロ」で永く議論になってきたが、WGが出す答えが楽しみやねぇ。 -- 2022-05-05 (木) 21:26:02
  • ティア11に北上を出したいがために取ってつけたような軽巡ツリーかな -- 2022-05-06 (金) 12:26:40
    • 架空OP艦の中に魚雷数だけOPの史実艦入れるのは違和感しかないんだよなあ… -- 2022-05-06 (金) 13:22:01
    • Tier Vの矢引から分岐するロマンの重雷巡ツリーまち。 -- 2022-05-08 (日) 00:19:40
  • 砲撃をしつつ艦上、艦載機の操作も出来るマルチな船の実装、潜水艦をなかば強引に導入…次は日軽巡で甲標的を操作出来る船の可能性が微レ存? -- 2022-05-08 (日) 23:21:32
  • ニュース・「2022年秋の計画」のJAPANESE LIGHT CRUISERSの小さな絵を見てると、右最上段は「阿賀野型」、左最上段は前半分が見えないけど煙突~艦尾が「最上」に見えなくもない?極力史実艦、とすればTier5~6が152mm砲ということから5は「矢矧」に準じて「阿賀野型」、6は「改阿賀野型(4基8門)」、7が155mm砲なので何かを削った「最上」か「(シルエットには無さげだけど)利根筑摩のif軽巡」とか。ただ、この絵の中に「大淀」のシルエットは?左3段目は一見似ているけどちょっと違う。右下なんて摩耶そっくりだし・・・・・という夢をみてる。 -- 2022-05-09 (月) 21:48:30
    • 既存実装艦の適当なシルエット使ってるだけで別にネタバレとかヒントではないぞ。ちなみに左上から利根↓天龍↓吾妻・吉野↓橋立。右上矢矧↓古鷹↓蔵王↓摩耶 -- 2022-05-09 (月) 22:07:23
    • みぎもがみにひだりもがみ…一体どれだけのもがみが居るんだ…(違 -- 2022-05-09 (月) 23:06:56
  • 2つ目の軽巡洋艦ツリーか…春雲は駆逐艦見たいな事ができたけど今度はどんなツリーになるのかね… -- 2022-05-12 (木) 01:30:29
  • 高雄未実装の伏線回収が来たのかな… -- 2022-05-12 (木) 08:33:29
    • 最上、伊吹、ZAOですら軽巡というのに重巡の方くれよ‥って思った -- 2022-05-12 (木) 19:13:30
      • ん? -- 2022-05-12 (木) 20:18:42
      • 高ティアだと203mm砲は軽巡砲。 -- 2022-05-12 (木) 21:40:49
      • ぬあーそうだったー -- 枝主? 2022-05-13 (金) 01:04:41
      • だけど、180mm砲は重巡砲っていう -- 2022-05-18 (水) 12:52:36
  • べつに主砲強化しないでもでも後少しだけバイタルパートの位置下げてくれれればいいよ -- 2022-05-12 (木) 22:47:25
  • 今更ながらWGって平賀譲デジタルアーカイブの存在は把握してるんかね。46cm連装砲塔やら41cm四連装砲塔やら陸奥変体(A-125)やら資料は色々あるけど、ありすぎて探しにくいのと何より他言語対応してないのがネックか -- 2022-05-18 (水) 02:08:35
    • Myogi -- 2022-05-18 (水) 02:15:23
      • 把握してると思うよ。まあ把握してなくても平賀アーカイブ以外から見つけることはできるだろう(枝 -- 2022-05-18 (水) 02:17:56
      • Global wikiだと妙義の出典はアルファテスターのフォーラム投稿になってた記憶があったけど、見返してみたらその投稿自体が平賀アーカイブから引っ張ってきたものっぽいね。なら存在は把握してると思っていいか -- ? 2022-05-19 (木) 19:57:56
  • 金剛の代案も平賀譲と平山とかいう人の案があったらしいね -- 2022-05-18 (水) 22:33:24

コメント過去ログ


*1 旧海軍は当時艦船接頭辞を使用していなかったが、英語圏の著述者が他国の流儀に合わせてIJN(Imperial Japanese Navy)と表記している事もある(慣例に準じ省略している人もいる)。
*2 アルファテストの頃、旭日旗であったが、クレームにより変更されてしまった残念。(WGは今後も旭日旗を実装しないと公言している)。
しかし、艦首には菊の御紋が存在している。細かく言えば日章旗は艦艇停泊する際に「艦首旗竿」に掲揚するものであり、航行する際は陸との繋がりがなくなった際に降納する旗である。
なおver.0.6.2(2017年3月上旬)まで日本だけ軍旗が艦尾旗竿に掲揚されていたが(平時であれば動静に関係なく艦尾旗竿に掲揚するものであるが、このゲーム中の「作戦行動中または戦闘中」である場合戦闘旗としてマストに掲揚するのが習わしである。他国艦は正しい位置にあった。)、これは当該アップデートで修正された。

*3 他国では戦前、戦中に計画、起工された戦後艦も実装されている、また日本でも1948年に竣工予定であった改大鳳型が実装されている。
*4 水平方向の散らばりを指す。垂直方向への散らばりは隠しパラメータだが、他国より悪く設定されているようだ