Top > 駆逐艦


駆逐艦

Last-modified: 2019-01-09 (水) 20:33:43

概要 Edit

「でも今の駆逐艦はすごいぞ。最高だ」
「戦艦だってぶちのめすターミネーターさ!*1
駆逐艦(艦種記号:DD)は、史実では様々な状況に対応し、主に主力艦や船団の護衛、哨戒活動、対潜警戒を行っていた。
史実、ゲーム内共に火砲の威力に劣るが機動力が高く、魚雷で敵の大型艦を攻撃することも可能。

主な役割 Edit

WoWsのゲーム中では、高い機動性と隠密性を活かした先行偵察や陣地占領が主な役割となる。
特にゲームモード「制圧戦」では駆逐艦の数と働きが勝敗の最大の鍵と言って良い*2

陣形の変更に多大な時間のかかるWoWsでは、索敵も重要な要素となる。
航空機と手分けをして敵の侵攻ルートを探り、味方の戦艦や巡洋艦に判断材料を提供しよう。
 
詳細は駆逐艦での戦闘を参照にしてほしい。
 

ラインナップ Edit

参考:ver0.5.15現在の駆逐艦の全長比較(NAフォーラム記事)
Size Comparison: All Destroyers

艦長スキル・アップグレード・迷彩による海面発見距離の最も良い値は便宜的に(最良値)として下の表に記載した。

アメリカ Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
2Sampson8.6km5.0km5.9km(5.2km)3.0km29.5kt
Smith6.5km4.5km5.8km(5.0km)2.6km28.0kt
3Wickes9.2km5.0km6.7km(5.8km)3.1km34.0kt
4Clemson8.6km5.5km7.0km(6.1km)3.1km35.0kt
5Nicholas10.9km5.5km6.7km(5.8km)3.1km37.0kt
6Farragut12.6km6.4km7.6km(6.6km)3.4km36.5kt
Monaghan12.5km9.2km7.2km(6.3km)3.5km36.5kt
7Mahan11.7km9.2km7.6km(6.6km)3.6km35.0kt
Sims12.9km9.2km7.6km(6.6km)3.7km38.5kt
8Benson11.6km9.2km7.4km(5.8km)3.6km38.0kt
Kidd12.1km9.2km7.4km(5.8km)4.1km38.0kt
9Fletcher12.9km10.5km7.4km(5.8km)4.0km36.5kt
Black12.9km13.7km7.4km(5.8km)4.0km35.0kt
10Gearing11.1km16.5km7.6km(5.6km)4.3km36.0kt

日本 Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
2Umikaze8.0km8.0km5.6km(4.9km)2.9km33.0kt
Tachibana8.0km5.0km5.4km(4.7km)2.3km30.0kt
3Wakatake9.4km7.0km6.1km(5.3km)2.5km35.5kt
4Isokaze10.7km7.0km6.1km(5.3km)2.8km34.0kt
5Mutsuki8.9km8.0km6.2km(5.4km)3.2km37.5kt
Minekaze8.9km7.0km6.2km(5.4km)3.1km39.0kt
Kamikaze(Fujin)8.7km7.0km6.2km(5.4km)3.1km37.5kt
6Fubuki11.5km10.0km7.0Km(6.1km)3.8Km35.0kt
Hatsuharu10.8km10.0km6.7Km(5.8km)3.5Km36.5kt
Shinonome9.0km8.0km7.0km(6.1km)3.8km35.0kt
7Akatsuki10.4km10.0km7.4Km(6.4km)3.8Km38.0kt
Shiratsuyu11.0km10.0km6.7km(5.8km)3.5km34.0kt
8Kagero9.4km10.0km6.8km(5.4km)3.8km35.0kt
Akizuki12.5km10.0km7.8km(6.1km)4.4km33.0kt
HSF Harekaze9.4km10.0km6.8km(5.4km)3.5km35.5kt
Asashio10.4km20.0km6.8km(5.4km)3.8km35.0kt
9Yugumo12.0km12.0km
8.0km
7.0km(5.5km)3.9km35.5kt
Kitakaze13.1km12.0km
8.0km
7.6km(5.9km)4.4km36.0kt
10Shimakaze11.4km20.0km
12.0km
7.1km(5.6km)4.2km39.1kt
Harugumo12.6km12.0km
8.0km
7.9km(6.2km)5.2km35.7kt

ソ連 Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
2Storozhevoi9.7km4.0km5.8km(5.0km)2.7km35.0kt
3Derzki10.3km4.0km6.1km(5.3km)2.9km34.0kt
4Izyaslav10.2km5.0km6.7km(5.8km)3.3km35.0kt
5Podvoisky10.5km4.0km7.7km(6.8km)4.2km42.0kt
Gremyashchy11.9km8.0km7.0km(6.1km)3.6km37.0kt
Okhotnik9.2km4.5km6.5km(5.7km)4.5km34.5kt
6Gnevny11.9km4.0km7.0km(6.1km)3.6km38.0kt
7Minsk12.2km4.0km7.7km(6.8km)4.3km43.0kt
Leningrad11.6km8.0km7.6km(6.6km)4.3km43.0kt
8Kiev12.3km8.0km9.0km(7.1km)4.4km42.5kt
Ognevoi12.0km10.0km7.7km(6.1km)3.8km37.0kt
9Tashkent12.7km8.0km9.4km(7.4km)5.0km42.5kt
Udaloi12.1km8.0km9.2km(7.2km)4.1km40.0kt
10Khabarovsk11.2km6.0km10.0km(7.9km)5.0km43.0kt
Grozovoi12.3km10.0km7.6km(6.0km)4.8km39.5kt

ドイツ Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
2V-258.3km6.0km5.4km(4.7km)2.5km36.0kt
3G-1019.0km7.0km6.7km(5.8km)3.1km33.5kt
4V-1709.0km7.0km6.3km(5.5km)2.9km35.5kt
5T-2210.7km7.5km6.5km(5.7km)3.4km34.5kt
6Ernst Gaede10.9km8.0km7.6km(6.6km)4.3km36.0kt
T-6111.6km8.0km7.0km(6.1km)3.8km35.0kt
7Leberecht Maass10.8km8.5km7.7km(6.8km)4.0km37.0kt
Z-3911.8km8.5km7.7km(6.1km)4.4km36.0kt
8Z-2310.8km9.5km7.9km(6.2km)4.4km37.0kt
9Z-4611.0km10.0km7.6km(5.9km)4.4km37.5kt
10Z-5212.1km10.5km7.7km(6.1km)4.6km37.5kt

ポーランド Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
7Blyskawica12.0km8.0km7.7km(6.8km)3.8km39.4kt

パンアジア Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
2Long Jiang8.5km8.4km5.4km(4.7km)2.5km36.0kt
3Phra Ruang8.7km7.3km5.8km(5.0km)2.5km36.0kt
4Shen Yang9.7km7.3km6.5km(5.7km)3.1km39.0kt
5Jian Wei10.9km6.4km6.8km(6.0km)3.2km37.0kt
6Fu Shun11.9km8.0km7.0km(6.1km)3.6km38.0kt
Anshan11.9km8.0km7.2km(6.3km)3.6km38.0kt
7Gadjah Madah11.9km8.0km7.0km(6.1km)3.3km36.0kt
8Hsienyang12.5km9.2km7.4km(5.8km)3.6km37.5kt
Lo Yang11.6km9.2km
6.7km
7.4km(5.8km)3.6km38.0kt
9Chung Mu12.1km10.5km7.2km(5.7km)4.0km38.0kt
10Yueyang11.9km13.5km7.4km(5.8km)4.2km36.5kt

イギリス Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
2Medea8.8km6.0km5.4km(4.7km)2.4km32.0kt
3Valkyrie10.7km6.0km6.3km(5.5km)2.9km34.0kt
Campbeltown9.2km7.5km6.7km(5.8km)3.1km35.0kt
4Wakeful10.8km6.0km6.5km(5.7km)2.9km35.0kt
5Acasta11.1km6.0km6.8km(6.0km)3.2km35.0kt
6Icarus11.6km7.0km6.8km(6.0km)3.3km35.5kt
Gallant10.2km8.0km6.8km(6.0km)3.4km36.0kt
7Jervis12.1km7.0km7,2km(6.3km)3.7km36.0kt
8Lightning12.2km8.0km7.0km(5.5km)3,8km36.0kt
Cossack11.9km10.0km7.0km(5.5km)3.9km36.0kt
9Jutland12.7km10.0km7.2km(5.7km)4.1km34.0kt
10Daring12.8km10.0km7.5km(6.0km)4.3km35.0kt

イギリス連邦 Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
3Vampire10.1km6.0km6.48km(5.6km)2.97km34.0kt
7Haida12.3km8.0km6.5km(5.7km)3.9km36.5kt

フランス Edit

Tier艦名主砲射程魚雷射程発見距離最大速力
海面(最良値)航空
6Aigle12.8km7.0km7.7km(6.8km)4.4km36.0kt
8Le Terrible12.3km8.0km8.5km(6.6km)4.6km43.0kt

各国の特徴 Edit

国籍別に大まかな性能と主な違いを下記に記載する。
より詳しい説明や立ち回りは各艦のページを参照すること。
 

アメリカ Edit

アメリカの駆逐艦の性能は全体的にバランスが整っており、目立った欠点が少ない。
そのため、駆逐艦として戦うための機能が一通り揃っており、最前線で戦える能力を備えている。
これは駆逐艦のプレイ経験が少なかったり、スキルポイントが少ない艦長しかいないプレイヤーでも扱える事を意味しており、
駆逐艦に乗った事が無い初心者のプレイヤーには最適な駆逐艦ツリーと言える。
 

他国と比較すると主砲、魚雷、機動性、継戦能力の各性能が平均的(またはそれ以上)
中Tier以降は隠蔽雷撃が可能
対空性能が高く、対空ダメージを倍増出来る消耗品「対空防御砲火」を搭載出来る
他国と比較すると突出した性能を持たないため、器用貧乏なところがある
中Tier以降は砲弾の弾速が遅く、山なりの弾道を描くため当てづらい(遠距離射撃は不向き)
Tierが進む毎に魚雷の再装填時間が長くなる

 

  • 主砲
    主砲は他国と比較すると高威力、短い装填時間、良好な砲塔旋回を持つため、近距離の機動戦に向いている。
    しかし、Tier5のNicholasの後期船体に変更すると主砲が更新され、威力は上がるが弾速が遅くなる。
    このため、弾道が大きく山を描くような飛び方をするため、10kmを超える遠距離射撃は当てづらくなる。
    この特徴的な弾道はTier10まで続くため、当てられるよう偏差射撃に慣れる必要がある。
     
  • 魚雷
    低Tierから中Tierまでは魚雷の射程が短いため使用する場面は少ない。
    Tier7以降になると魚雷射程は大幅に伸び、水上発見距離より遠い艦へ攻撃する事が出来るようになる。
    また、Tierが上がる毎に門数が増えていくが、再装填時間も伸びていくデメリットも生じてしまう。
     
  • 対空
    低Tierでは他国の駆逐艦に比べ高いが、敵の艦載機に対して単独で対処出来る程ではない。
    しかし、中Tier以降になると対空性能が向上し、消耗品の「対空防御砲火」を搭載する事が出来る。
    この消耗品を使用する事で敵艦載機の迎撃や攻撃態勢に入った敵艦載機の命中精度を下げる事が出来るようになる。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    他国に比べて継戦能力(HP)と機動性は高い。
    Tier10のGearingは前級より機動性が落ちるものの、砲郭21mmと装甲が厚くなる。
    隠蔽性は平均的(日英よりやや悪く、ソ仏よりは良い)。
     
  • 消耗品
    消耗品は駆逐艦としては標準的な「エンジンブースト」と「発煙装置」を使用出来る。
    発煙装置による煙幕の持続時間は、他国の駆逐艦の煙幕より長いという特徴がある。
    Tier5以上の一部の艦では後期船体(所謂「C船体」)に変更する事で、
    エンジンブーストの代わりに「対空防御砲火」を搭載可能になる。
    (高Tier帯は船体を変える事なくエンジンブーストと対空防御砲火のどちらかを選択する事が出来る)
     

日本 Edit

我らが日本の駆逐艦ツリーは、高い隠蔽性と優れた魚雷装備を持つのが特徴。
初心者に最適と言われる米駆に比べて、魚雷兵装に特化している。
雷撃を身に付けるには最適なツリーではあるが、砲戦能力が低い日駆ツリーは初心者には少々厳しいツリーとも言える。
(駆逐艦を上手く使いこなすためには、米駆と当ツリーを並行しながら艦に乗るのがオススメ)
 
中TierのTier5(磯風)から開発ルートが分岐する。
隠蔽と魚雷性能が順当に向上していく島風(高速重雷装駆逐艦)ルートと、
対艦と対空に特化していく春雲(防空駆逐艦)ルートに分かれていく。
それぞれ船の性能も運用も全く異なるため、以下の各ルートを参照。
 
v0.7.11以降、127mm砲の威力が1800から2150に、火災発生率が9%に強化されDPSは格段に向上した。

島風(睦月)ルート Edit

高い隠蔽性と強力な魚雷を備える高速重雷装駆逐艦ルートである。
低Tierから高Tierまで運用方法は一貫しており、船長スキルの振り直す事もなく進めやすいツリーと言える。
しかし、低い抗堪性でも対駆逐艦相手に戦い生き残る腕など、求められるプレイヤースキルは高い。
(魚雷を当てられず、戦果を上げられないまま沈められる事も珍しくない)
そのため、当ツリーは中~上級者向けツリーとも言える。
 
主砲のDPSが高く、火災発生率も高い(v0.7.11以降強化された)
隠蔽性が高い(一部の艦は実装艦でもトップ)
魚雷性能が高い(長射程、高威力、再装填時間が短い)
魚雷命中時の浸水発生率が他国より突出して高い
主砲のDPMが低く、DPMの高い砲駆相手には砲戦は苦手(砲駆相手にジリ損に陥りやすい)
抗堪性(HP)が低い

 

  • 主砲
    低Tierから高Tierにかけて、120mmを超える主砲を備える。
    共通して言えるのは、DPMが低い(装填時間が長く、砲塔旋回能力が悪い)ため、
    砲戦能力の高い駆逐艦相手に単純な撃ち合いをすれば間違いなく負けてしまう。
    幸い、一斉射の威力(DPS)は高いので相手の残HPや状況に応じて撃ち、基本は魚雷攻撃に徹しよう。
     
  • 魚雷
    当ツリーの主兵装。
    上述した主砲は頼りないが、魚雷性能は非常に高くTierが上がる毎に射程、威力が向上していく。
    最終のTier10島風にもなれば魚雷発射管3基15門を獲得し、文字通り最強の雷駆になる。
     
  • 対空
    駆逐艦の中では最低レベル。
    同格どころか格下の艦載機すらなかなか落とせず、空母の艦載機に発見されれば常時張り付かれてしまう程に弱い。
    威力の低い対空砲を稼働させて発砲ペナルティで見つかるより、Pキーで対空を無効化する方が安全である。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    抗堪性は平均以下、機動性と速力は平均的な部類に入る。
    速力自慢の艦が当ツリーにいるが、常時40ノットを超える化け物も多数いるため、相対的に高いとは言えない。
    しかし、隠蔽性能は駆逐艦最高クラスであり、Tier8~9の陽炎夕雲に至っては、
    実装艦の中でも最高の隠蔽性能(発見距離5.4km)を誇る。
     
  • 消耗品
    消耗品として「エンジンブースト」と「発煙装置」を搭載出来る。
    一部の艦は発煙装置の代わりに、魚雷再装填時間が数秒に短縮される「魚雷装填ブースター」に変更が可能。
    これを使用する事で、疑似的に十数本による魚雷攻撃を行う事が出来る。
     
     

春雲(峯風)ルート Edit

高い対空性能と発射レートを備える防空駆逐艦へと進むルート。
Tier6の初春とTier7の白露は性能的に島風ルートと変わらない性能であるが、
防空駆逐艦と言える艦はTier8の秋月からである。
(以下は秋月以降の艦の性能を元に解説)
 
上記の島風ルートとは違い、砲戦能力が上がり隠蔽性(と魚雷性能が若干)下がる真逆の性質を持つルートである。
 

(Tier8の秋月から)高威力、高対空性、短い装填時間を持つ長100mm両用砲を搭載可能
対空性能が高い
抗堪性が高い
魚雷装填ブースターを独立枠で使用可能
隠蔽性が低い(それでも大型艦のソ連やフランスの駆逐艦よりマシ)
速力と機動性が低い
魚雷発射管が1基になる
 

  • 主砲
    峯風から白露まで島風ルートの艦と同じく、砲戦に不向きな主砲(低DPM)を搭載している。
    しかし、Tier8の秋月になると対艦対空両用砲の長100mm砲の主砲に切り替わる。
    それまでの主砲と違い、装填時間・砲塔旋回能力が劇的に向上し、苦手だった砲戦を克服する事が出来る。
    ver0.7.7以降、25mm未満の装甲を貫通出来るようバッフ(強化)されたため、
    Gearingや大型艦の艦橋にダメージを与える事が可能となった。
    また、艦長スキル「榴弾用慣性信管」を取得する事で、戦艦の艦首艦尾にある32mm装甲を貫通できるようになる。
    高い発射レートと相まって大型艦をゴリゴリ削る様子は戦艦乗りに恐怖すら与える程である。
     
  • 魚雷
    峯風から白露まで2~3基の魚雷発射管を搭載している。
    Tier8の秋月以降は、魚雷による斬減思想の衰退を忠実に反映させてか1基に減ってしまう。
    幸いにも白露以降から独立スロットで「魚雷装填ブースター」を装備出来るため、
    疑似的ではあるが魚雷発射管を2基搭載したような運用方法で雷撃する事が出来るが、
    全体的な雷撃性能は島風ツリーに比べて低いと言わざるを得ない。
     
  • 対空
    峯風から白露までは島風ルートと同様に貧弱の一言。
    秋月以降は両用砲の長100mm砲になるため、対空値は劇的に向上する。
    しかし、米駆のような消耗品「対空防御砲火」を搭載できないため、過度な期待は禁物。
    孤立した戦い方は低い機動性も相まって艦載機の餌食になりやすいので注意。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    秋月以降は船体が大型化するため抗堪性も向上し、最前線で戦えるHPを手に入れる。
    しかし、その代償として機動性と隠蔽性が悪化してしまう。
    特に速力低下は著しい上に、旋回性能は巡洋艦並に落ち込んでしまう。
    悪化してしまった隠蔽性能では、これまでの「隠れて戦う」運用が難しくなる。
    (ソ連の駆逐艦より大きい船体であるものの、発見距離がそれより短い点を考えると隠蔽性は高いのかもしれない)
     
  • 消耗品
    「エンジンブースト」と「発煙装置」の他に、秋月以降は独立スロットとして「魚雷装填ブースター」を搭載可能。
    白露は「発煙装置」と「魚雷装填ブースター」の選択制。
    使用出来る消耗品が増えた分だけクレジット消費量も増えるので有料版を搭載する際は要注意。
     

ソ連 Edit

ソ連の駆逐艦は他国の駆逐艦と比べ、砲撃能力に重きを置いた性能を有するのが特徴。
高速弾道のため遠距離でも当てやすく、偏差射撃が苦にならない。
また、速力もある事からちょっとした巡洋艦として立ち回る事が出来る。
欠点として機動性と隠蔽性が悪く、魚雷射程が短い艦が多いため雷撃に頼る事が出来ない。
ある程度、駆逐艦を乗りこなした中級者向けのツリーとも言える。
 
日駆ツリー同様に、Tier7のMinskから分岐している。
隠蔽性と機動性を犠牲にし、火力と装甲に特化した装甲嚮導駆逐艦のKhabarovsk(Kiev)ルートと、
若干の隠蔽性を犠牲にしつつも、全体的にバランス良く強化されるGrozovoi(Ognevoi)ルートである。
それぞれの特徴は以下の通り。

Khabarovsk(Kiev)ルート Edit

装甲嚮導駆逐艦のKhabarovskを目指すルート。
 

  • 主砲
    門数・装填時間ともに十分。適切な距離を保てば対駆逐艦はもちろん戦艦や巡洋艦にすら有利に撃ち合うことができる。
    砲塔旋回速度も優秀なため、総じて主砲性能には文句のつけようがないだろう。 
  • 魚雷
    Tier7までと違ってKiev及びTashkentは射程8kmの魚雷が使える。
    被発見距離を最短まで縮めることで1km未満の猶予ではあるが隠蔽雷撃が一応可能になる。
    とはいえお世辞にも使いやすいとは言い難く、魚雷を使わずに戦闘を終える事も珍しくない。
    Tier10のKhabarovskに至っては、最良隠蔽距離以下の6kmの射程しかないのでほとんどお守りである。
  • 対空
    対空性能はあまり良くない。
    射程が短く、大型艦であるが故に艦載機からの攻撃を躱しきれない。
    艦載機から狙われた際は、ある程度の犠牲は覚悟する必要がある。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    Minskから引き続き最高速度は42kt以上。
    継戦能力(HP)もTierがあがるごとに上昇し、後述する修理班と合わせ駆逐艦とは思えない耐久性を誇る。
    Khabarovskに至っては戦艦のAPすら跳弾可能な装甲を持ち、まさに装甲嚮導駆逐艦と呼ぶに相応しい高速な軽巡洋艦のような性能に仕上がっていく。
    その分隠蔽性と旋回性が犠牲になり、一部の艦は発見距離が巡洋艦並に悪化する。
    (Khabarovskより船体が大きいHarugumoの方が発見距離が短いとは如何に…)
  • 消耗品
    Tier8までは他国と同じく「エンジンブースト」と「発煙装置」を搭載可能。
    Tier9のTashkent以降になると、発煙装置の代わりに「修理班」を搭載出来うようになる。
    これにより、高い継戦能力と装甲と相まって戦闘終盤までしぶとく戦う事が出来る。

Grozovoi(Ognevoi)ルート Edit

40号計画型Grozovoiを目指す駆逐艦ルート
 

  • 主砲
    Khabarovskルートの主砲と比較すると軽微な差はあるものの、
    ソ連駆逐艦の主砲らしく高威力、高レート、良好な弾道に変わりはない。
    ただしOgnevoiは主砲塔が2基しかないのでその分砲戦性能は控えめである。
     
  • 魚雷
    Khabarovskに比べて魚雷射程10kmと射程が長いため、雷撃戦も十分に行えるポテンシャルを得る。
    (Tier9のUdaloiのみKhabarovskルート並の射程8kmと若干短い)
    しかし装填時間の長さと最大ダメージの低さに泣かされることもしばしば。
    ソ連駆逐艦のメインは主砲であり、魚雷はあくまでオマケと考えよう。
     
  • 対空
    米駆並に良好。Tier10のGrozovoiでは駆逐艦最強の対空能力を獲得する。
    消耗品の「対空防御砲火」も装備出来るため、艦載機相手に単独で相手に出来る数少ない駆逐艦になる。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    抗堪性は流石にKhabarovskルートには劣るが、それでも他国からすれば十分。
    速力はMinskより多少落ちるが、他国に比べれば優秀。
    旋回性能は悪く、Khabarovskルートの駆逐艦よりは多少マシといった程度。
    隠蔽性では他国に不利を取るが、ハバロルートと似たような性能のUdaloiを除けば他国との差は小さいため、隠蔽特化ならある程度前線で戦う事が可能になる。
     
  • 消耗品
    「エンジンブースト」と「発煙装置」以外に、エンジンブーストの代わりに「対空防御砲火」と交換可能。
    Tier9までは「修理班」が無いため、隠蔽の悪さも相まって継続して戦闘するのが難しい。
    しかし、Grozovoiになると一転し「エンジンブースト」「発煙装置」「対空防御砲火」「修理班」の4つを
    それぞれ個別で搭載する事が出来る万能駆逐艦に化ける。
    単独で砲戦、雷撃、対空が出来る恐ろしい艦になる。
    ただし地味なデメリットとして、消耗品を全て上位にすると1戦毎に(応急工作班も足して)112,500クレジットという祖国が破綻しかねない莫大な出費を強いられる。
    また、消耗品を使用する際に押すキーボードの初期配置では指が届かない事もあるので設定変更も検討しよう。
     




ドイツ Edit

日米ソに続き4番目に実装されたツリー。
消耗品「水中聴音(ソナー)」を搭載出来るのが独駆の特徴で、
ソナーを持たない艦よりも遥か先から艦(又は魚雷)を探知出来る。
また、中Tier以降から150mmの大口径砲搭載出来たり、他国よりも遥かに威力が高いAP弾を使えるようになる。
 
ただし、駆逐艦が主流で使うHE弾の威力は他国よりも一回り弱いのが欠点である。
HE弾しか使わないような戦い方では全くお話しにならなず、
腹を見せた相手にAP弾に切り替えて戦うテクニックを必要とする中級者向けツリーと言える。

  
AP弾の威力が高い
一部の艦は150mmの大口径主砲を搭載出来る
高Tierから消耗品「水中聴音」が搭載可能
「水中聴音」は他国の駆逐艦より半径が広い
HE弾の威力が低く、同格とDPMで比較すると最低クラス
「発煙装置」の煙幕持続時間が短い(英駆よりは長い)
隠蔽性は低め
旋回性能が悪い
 

  • 主砲
    独駆の主砲は初速に優れているため、砲駆として十分立ち回れる。
    使用するAP弾は高威力だがHE弾の性能は心許ないため、適宜弾種切替により有効なダメージを出すよう心掛ける必要がある。
    基本はHE弾で運用し、側面を向けている敵艦に対してはAP弾で有効打を与える戦い方をしよう。
    (AP弾だけでの運用は弾を弾かれたり、高い貫通力が仇となって過貫通を起こしてしまうため偏った運用は厳禁)
    一部の艦艇では軽巡クラスの150mm砲を搭載可能であり、(艦長スキルなどの制約を受けるが)AP弾・HE弾性能が向上する。
     
  • 魚雷
    魚雷性能は日駆のようにTierを通して隠蔽状態からの雷撃が可能。
    Tier4までは(左右一門ずつではあるが)艦首方向への魚雷投射が可能という変わった特徴を持つ。
    Tier6以降は基数、威力、装填時間は据え置きで雷速と射程が徐々に向上して行き、
    派手さこそ無いが使い易い性能となり、雷撃をメインに据えた運用も可能ではある。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    Tier6から船体が大型化し、高いHPと安定した速力の艦に仕上がっていく。
    反面、巨体になった事で砲弾の被弾面積が拡大し、舵がやや重く咄嗟の魚雷回避が難しいデメリットも生じてしまう。
    隠蔽性能も悪化し、ソ連駆逐艦に次いで悪いという状況が続く。
    HPの高さに慢心せず、警戒と回避はしっかりと行おう。
     
  • 消耗品
    Tier6からは「エンジンブースト」と「発煙装置」以外に、「水中聴音」と搭載する事が出来る。
    水中聴音の性能は英駆より範囲は広く、Tier10のZ-52は独巡の高性能ソナーを搭載出来るようになる。
    この水中聴音の効果時間中であれば対駆逐での近距離戦において、
    魚雷事故を無くし距離によっては相手の煙幕やさえも無効化できるので生存性を向上させている。
     
    一方で、「煙幕装置」の持続時間は他国と比べてやや短いという欠点がある。
    煙幕射撃に使用するよりは緊急時の撤退用だと考えておこう。
     

ポーランド Edit

v0.7.9の時点では、プレミアム艦艇のBlyskawicaのみ実装されている。
 
現時点ではBlyskawica1隻しか実装されていないため、国としての特徴を挙げづらい。
(船に関する性能はBlyskawicaを参照)

パンアジア Edit

史上において、アジア各国に賠償、供与された駆逐艦で構成されたツリーであり、
イギリス、ソ連、アメリカ、日本、ドイツの艦艇で構成されている。
そのため、Tier上がる毎に艦の性質が全く異なってくるため、
運用方法の見直しや艦長スキルの振り直しなどが生じる。
言わば、各国の駆逐艦をある程度操作してきた事がある熟練プレイヤー向けのツリーとも言えよう。
 
深度魚雷を搭載出来る(性能は後述)
「発煙装置」の使用回数が他国より多い
「発煙装置」の持続時間が長く、CTが短い
高Tierでは「警戒レーダー」を搭載可能
駆逐艦に対して魚雷攻撃が出来ない
(必須ではないが)艦毎に特性が異なるため、艦長スキルの振り直しが必要
 

  • 主砲
    艦毎に搭載する主砲が異なるため、詳細については各艦のページを参照。
     
    主に低Tierではイギリスの主砲を搭載するが、威力が貧弱なため砲戦では非常に苦戦する。
    中Tierになると平均的な主砲となり、砲戦で十分に戦えるようになる。
    Tier8以降はアメリカ艦艇になるため主砲も米砲になり、米駆を扱い慣れたプレイヤーであれば十分戦えるようになる。
    (逆に、米駆の独特な弾道に慣れていなければ最後まで扱いに苦労するツリーとも言える)
     
  • 魚雷
    当ツリー最大の特徴とも言える「深度魚雷」を装備している。
    この深度魚雷は高威力と高雷速で、高い浸水発生率、短い被発見距離という高性能な性能を持つ。
    代わりに駆逐艦に一切命中しないというデメリットを併せ持つ。
    このため、対駆逐艦に対して魚雷による抑止力が一切働かないため、
    砲戦が得意な艦に距離を詰められて追いつめられやすく、
    魚雷による刺し違えも出来ないため不利に立たされやすい。
    不利な状況に立つ事なく戦えるプレイヤースキルを求められる事から、パンアジアは上級者向けと言われる所以である。
    なお、プレミアム艦艇を除き建造国や運用国に関係なく、パンアジアツリーの艦は全て深度魚雷が搭載されている。
     
  • 対空
    低から中Tierにかけて性能は低い。
    アメリカから譲り受けた高Tierの艦に関しては対空が高めであるが、
    消耗品の「対空防御放火」を搭載出来ないため艦載機の撃墜は期待出来ない。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    艦毎に性能が異なるため、詳細については各艦のページを参照。
     
  • 消耗品
    「エンジンブースト」と「発煙装置」を搭載可能。
     
    「発煙装置」は他国より使用回数が多く発煙時間も長い、準備時間が短いため取り回しが非常に良い。
    (以前は準備時間が10秒以内だったため連続して使用可能だったが、現在は30秒程の開きがある)
     
    Tier8以降になると「発煙装置」の代わりに「警戒レーダー」が交換する事が出来る。
    レーダー射程や有効時間は巡洋艦のレーダーよりだいぶ劣るものの、
    煙幕に隠れる敵駆逐艦を炙り出すには十分な性能を有している。
    (特に開幕のcap争いに有効で、高Tierのランク戦ではパン駆は常連組である)
    注意点として、警戒レーダーを持っているとしても対駆逐艦で必ずしも優位に立ち回れるという訳ではない。
    味方と十分な連携が無ければ真価を発揮する事は出来ない。
  • 備考
    ※プレミアム駆逐艦「Anshan」「Lo Yang」は当ツリー特有の性能を有していないため、当該ページを参照

イギリス Edit

イギリスの駆逐艦は、日本の駆逐艦に次ぐ高隠蔽と砲戦能力を有しているのが特徴。
他国よりも高い加速性能と水中聴音が搭載出来るため、初心者にも扱いやすいツリーとも言える。
米駆で砲戦を学び、日駆で雷撃を学んで次のステップを目指すのであれば本ツリーがオススメ。
 
隠蔽性能が高い
砲戦能力が高い
加速性能が英巡のように高く、英巡のような減速性能は悪くない
消耗品「発煙装置」の使用回数が多く、効果範囲が広い
中~高Tierでは消耗品「水中聴音」を搭載出来る
消耗品「エンジンブースト」が搭載出来ない
高Tierになると口径が小さくなるため、艦長スキルの振り直しが必要
「発煙装置」の持続時間が短い
「水中聴音」の効果範囲は短い
中~低Tierの魚雷射程は短め
 

  • 主砲
    低~中Tierの主砲は口径が120mmと比較的小さく、HE弾とAP弾共に威力は低めである。
    しかし、火災発生率は高く装填時間が短いためDPMは高いため、砲戦能力は十分高い。
    また、高Tierになると砲を全周旋回が出来るようになるため、砲塔管理のストレスが軽減されるのは利点である。
     
    Tier9以降になると主砲口径が114mmと小さくなり、19mm装甲の駆逐艦に対して有効打を出せなくなるため、
    艦長スキル「榴弾用慣性信管」は必須になるため、スキルの振り直しが必要になってくる。
    (序盤から同一艦長で進めているのなら、「榴弾用慣性信管」を取得するつもりで育成するのがベスト)
     
  • 魚雷
    英巡同様に「単発式」と「集束式」のどちらかので射出する形式になっている。
    低~中Tierの魚雷は射程と威力が他国より一回り低めの性能ではあるが、
    高TierになるとTier相応に強化され、単発式による一点集中による攻撃で戦艦に容易く大打撃を与えられる。
    Cキーを押す事で魚雷が再装填される事を忘れずに活用しよう。
     
  • 対空
    全体的に貧弱の一言。
    日本の雷駆同様、常時停止状態でも問題ない。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    機動性に関して、英駆は英巡のようにエンジンブースト無しでも非常に高い加速力を有している。
    そのため、停船状態からでも最大戦速まで短時間で到達する事が出来る。
    また、英巡のような悪い減速性能も無いため、キビキビとした動きで戦う事が出来る。
     
    隠蔽性能は非常に高く、高隠蔽を誇る日本の雷駆と僅差のため、雷駆のような運用方法も可能である。
    (一時期は日駆より発見距離が短いと言われていたが日駆に若干劣る程度で落ち着いた)
    継戦能力も米駆並に高いため、高隠蔽と相まって対駆逐艦では先手を取りやすい。
    しかし、Tier9以降になると隠蔽性は一気に悪化してしまう。
     
  • 消耗品
    上記の良好な加速性能の代償のせいか、「エンジンブースト」は搭載できない。
     
    「発煙装置」は搭載出来るが、他国の性能とは違う性能になっている。
    他国より使用回数が多く効果範囲も広いが、煙幕持続時間がたったの40秒しか保たない。
    そのため、煙幕射撃に用いるというよりは、敵から姿を消す撤退用と割り切ろう。
     
    Tier6より「水中聴音」を搭載できるが、水中聴音を使える独駆に比べて捕捉距離は劣る。
     
     

イギリス連邦 Edit

イギリス連邦の駆逐艦は、特殊な「発煙装置」を装備しているのが特徴。
 
v0.7.9時点では、通常ツリーの実装予定はなくプレミアム艦艇が数隻実装されているのみ。
イギリス帝国の元植民地であった各国で混成されたグループになっており、
当グループに所属する艦はイギリスで建造された船が中心になっている。
 
英駆同様、魚雷を「単発式」「集束式」で射出可能
消耗品「発煙装置」で煙幕に隠れながら移動が出来る(詳細は後述)
一部の艦は消耗品「水中聴音」を搭載可能
弾速が遅いため、山なりの弾道を描く(米駆以上)
 

  • 主砲
    イギリス連邦艦に共通して言えるのは、「比較的に高DPM」「山なり弾道」という点である。
    DPMは同格と比較すると高めではあるが、弾速が遅いため偏差射撃が非常に難しい。
    砲弾が着弾するまでの時間はあの米駆よりも悪い程である。
    遠距離での射撃は控え、なるべく近距離から砲撃するよう心がけよう。
     
  • 魚雷
    英巡英駆同様に単発式と集束式で射出する事が出来る。
    現在、実装されている艦の魚雷発射管は1基しかないため火力不足感は否めない。
    そのため、ここぞという場面以外で気軽に使用する事が出来ないと言える。
     
  • 対空
    対空兵装は比較的多めであるが、同格と比較すれば並といったところ。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    それぞれの性能は並の性能である。
    注意点として、イギリスで建造された艦ではあるが、英駆のように加速性能が高いと特殊性能は無い。
     
  • 消耗品
    イギリス連邦艦の最大の特徴がこちら。
    消耗品「発煙装置」は他国のソレとは全く異なっており、
    煙幕持続時間が極端に短いが、発煙時間が極端に長い」という特殊な性能を有している。
    これはつまり、「10ノット以下の微速であれば煙幕に隠れながら移動という芸当が可能」という事であり、
    cap争いで煙幕内で停船する事なく、雷撃に備えながら移動が出来る戦い方が可能である。
    また、「水中聴音」を独立枠で搭載出来る艦もあるため、魚雷事故を完全に防ぎながら戦う事が出来る。
    (英駆同様、補足距離は独駆に劣る)

フランス Edit

フランスの駆逐艦は、速力と速射を活かした性能が特徴
v0.7.9時点では通常ツリーは無く、プレミアム艦艇(又はテスト艦)が数隻のみ実装されているに留まる。
 
仏駆は運用思想に駆逐艦の役割(護衛や高速魚雷艇の排除)以外に、
巡洋艦の役割(対駆逐艦戦など)も担っていた関係で船体はあのソ連駆逐艦を超える巨体になってしまった。
そのため、主砲の口径は130mm後半と大口径を備えた重武装になっている。
 
主砲の威力が高く、発火率も高い
速力がずば抜けて高い
消耗品「エンジンブースト」の性能が他国より高い(詳細は後述)
主砲の射角が狭い
隠蔽性能が非常に悪い
魚雷の門数が少な目
 

  • 主砲
    主砲は他国より一回り大きい口径を搭載しているだけあって、威力は申し分無し。
    難点としては射角が悪いため、最大火力で発砲しようとすると横腹を晒しかねない点である。
    また、米駆のように山なりに弾道が飛ぶため、10km以上の射撃は苦手とする。
     
  • 魚雷
    威力は高めではあるが、それ以外の性能面は並といったところ。
    門数が少ないため、面制圧という視点で見ると他国に劣る。
     
  • 対空
    非常に悪く、頼りにならないと言っても過言ではない。
     
  • 抗堪性/機動性/隠蔽性
    HPは比較的高い方ではあるが、船体の大型化に対してあまり高いとは言えず、
    ソ連駆逐艦のような厚い装甲も消耗品の「修理班」も無いため、抗堪性は低いと言わざるを得ない。
    また、隠蔽性能は最悪の部類であり、ソ連駆逐艦とタメを貼れる程に悪い。
    一方で、速力に関しては仏巡同様に非常に優秀である。
    素の速力が速いだけでなく、消耗品と旗を駆使する事で45ノットから50ノット以上を出す艦すら存在する。
    この優速を活かし、敵の偏差射撃を狂わす戦法やマップ移動など自由自在に動き回れるだろう。
     
  • 消耗品
    艦によって異なるが、「エンジンブースト」を基本的に備えている。
    仏駆の「エンジンブースト」は他国と異なり、使用中は速度が+20%増速される事である。
    (他国は+8%増速されるに留まる)
    ただでさえ速い速力が更に速くなるその姿は、もはや化け物である。
    特殊アップグレードで有効時間が延長される「エンジンブースト改良1」は是非とも搭載したい。
    また、最近実装された仏艦には、「主砲装填ブースター」を搭載する事が出来る。
    大口径の主砲と相まって、敵駆逐艦が煙幕に隠れるまでに仕留める事が可能な程に強力な性能を有している。

位置取りについて Edit

駆逐艦は射程の短さから敵艦に接近して戦闘する機会が多いが、接近するあまり敵と味方との間に割り込む形で戦闘していると味方から誤射される危険がある。
特に多いのは敵を狙った味方の魚雷に巻き込まれるケースである。引き撃ち中の巡洋艦と敵艦との間に割り込んだり、味方巡洋艦と敵駆逐艦の煙幕との間に入ると、味方の牽制魚雷の針路上に入ってしまう場合もある。
FFは攻撃した側が悪いのが基本だが、味方の攻撃チャンスを妨害しない為、なにより自分の身を守る為にも、自分が魚雷を撃ち終わってリロード中ならば一度離脱して味方に射線を空けるなど、後方の味方艦の動きにも注意が必要である。煙幕を展張して援護するなどの場合を除いて、間に割り込む形になるのは避けよう。
高速な艦種である為、追撃に夢中で常に全速で動いているといつの間にか敵陣深くに踏み込み、味方から有効な支援が受けられない状況になりがちである。
雷駆であれば魚雷の味方誤射を防ぐ為にもある程度味方艦隊から離れた位置にいる事が望ましい場合があるが、
主砲を撃ってナンボの砲駆が孤立するのは陣地占領等を除いて避けるべきである。基本は艦隊の前衛を務めつつ、いざとなれば煙幕で味方支援をする際にすぐに駆け付けられるよう艦隊から離れ過ぎないよう意識しておこう。

情報提供 Edit

駆逐艦への情報提供、編集ログはこちら

感想 Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • >>◾ハバロが無線探知持ってたら側面取れずに詰むな。 これハバロがどういう動きをするから詰むって言ってるのかな?側面みせない動きて相手に向かっていくか離れていくかだけど 向かっていったらdpsで負けてやられる離れる方向に移動するなら逃げるだけで精一杯で相手を倒す事なんてできないんじゃないの? -- 2018-12-13 (木) 21:36:18
  • 遅れたが英駆ツリー進めてるけどめちゃ強いなこれ。範囲狭いけど長時間ソナーでドイツ駆逐の強みが弾道と耐久しかなくなったな… -- 2018-12-20 (木) 10:41:46
    • だいぶ前からお墓に片足突っ込んでたのに英駆に死体蹴りされた感じね。 -- 2018-12-20 (木) 10:44:52
      • やっぱりか…T61とかはまだ低ティアだから救いがあるが高ティアはほんとキツいだろうな -- 2018-12-20 (木) 11:17:17
    • T61とかZ39はまだ隠蔽いいほうだしドイツの強みあるからまだまし。本当につらいのはツリーのT678だと思う。あいつら隠蔽悪いくせに主砲が日駆にすら負けかねんからな -- 2018-12-20 (木) 12:33:00
      • 実は島風とほぼ同じダメになってしまった52君が() -- 2018-12-20 (木) 12:34:09
      • ↑まじで!?あれほど強艦と言われてた時代があったのになー、盛者必衰やのぅ -- 2018-12-20 (木) 14:00:34
      • Z52君ソナーの微バフとAP過貫通のおかげで少しはましになってるぞ。少なくとも直近の勝率は島風よりも高い。…地味だしダメでないからか使用数はかなり少ないけど -- 2018-12-20 (木) 16:44:42
      • Z-52愛用してるけど、島風と砲DPM一緒ってのは悲しいよね。固有UGつけて50秒台で魚雷流しつつ、煙幕ソナーコンボ狙うのは楽しいけど、ここまで到達するのがどれだけ苦行やら。個人的には魚雷の射程か回転率を独駆全般に上げてほしい。 -- 2018-12-20 (木) 17:04:35
      • 独魚雷は回転率は申し分ないけど威力と射程がなぁ...イケメンだけど筋力Dって感じ -- 2018-12-20 (木) 18:45:59
  • cap争奪戦を防衛大学校の棒倒しに例えると、露仏駆逐はスクラム(高速と高火力を頼りに攻撃の足掛かりを作る)、英駆が棒持ち(優秀な小回りと手数で棒を死守する)、米駆が上乗り(英駆の側で近接砲火力で敵の攻撃部隊を蹴散らす)、独駆逐が遊撃(豊富な手数と多種多様な消耗品で攻撃の支援を行う)、パン駆がサークル(capエリア境界付近で砲火力を用いて敵を蹴散らす)、日駆が突攻(手数はないが高火力と中の人の技量で旗を分捕る)。 -- 2018-12-31 (月) 07:33:00
    • 露仏でcapエリアを先取し、米英で守備し、パンアジアで巡洋艦や戦艦の横やりを阻止しつつ、日独で奪取するのが、cap争奪戦における基本の戦い方。 -- 2018-12-31 (月) 07:40:22
  • 自分のライトニングの勝率がちょうど50%(ソロ)でモヤモヤしている。他の駆逐はもちっと勝ててる。冷静に検証するとこっちの弾当たってない、敵の弾はよく当たるという身も蓋もない結論になるのだが、米駆やコサックの砲弾は当てられるのにライトニングはノーコン、敵弾も日米駆なら避けてるところをライトニングはがっつり食らってる。同じように感じてる方、いませんか? -- 2019-01-05 (土) 03:36:26
    • 日駆メイン艦長ですが、ライトニングは扱えなだった。 -- 2019-01-06 (日) 14:10:19
      • 泣きたい途中送信。扱えなくて(46%生存3割で卒業)、なんでかなと思ってたらエンブに頼って回避してるからだと気づいた。もともと動き出しが早くとも推力+エンブよりは遅いし。砲は…あんまりわからんままに卒業しました(なのでイギリス封印中)。 -- 2019-01-06 (日) 14:15:34
    • ちょっと分かってきた。初動でcapに拘りすぎてた。なまじ隠蔽がいいからcap戦に挑んでレーダーに炙られるリスク高めてる。外周に出ても魚雷8kmだからあまり意味ないかなってのも関係してる。主砲ノーコンだったのは射角良すぎて自分の姿勢が分かってないせいかな。 -- ? 2019-01-15 (火) 19:15:12
  • アメリカツリーが初心者に最適とか滅茶苦茶嘘が書いてあるのですが。隠蔽が悪く魚雷射程が短い中ティアアメリカツリーって1番難しいとさえ思えるのですが。 -- 2019-01-06 (日) 13:06:55
    • 初心者は迷彩もスキルも無いからどのツリー乗ってもそう変わらなくね?遠距離砲戦も慣れてないから低Tierでよくある肉薄雷撃メインになるだろうし、近接火力のあるアメリカ駆逐がやりやすいというのは間違ってはないとは思う。分かりやすい駆逐の醍醐味を味わって駆逐専になり、やがてポンポン砲をマスターした鬼のフレッチャーが爆誕するんや… -- 2019-01-06 (日) 13:20:23
    • 総じて主砲旋回が遅かったり手数がないツリーは初心者向けではない。分かりやすくシンプルな攻撃手段こそが初心者向けの証。つまり優秀な主砲旋回と手数を併せ持つ米駆だよ。魚雷こそ初心者に扱えるもんじゃない。魚雷でFFやTKするわ射程外の敵へ撃つわ、そんな初心者を見たことがないのかね? -- 2019-01-07 (月) 08:29:26
    • かといって他国は他国で微妙だしいいのでは。むしろ米駆より米巡を初心者向けと推す方が個人的には間違いだと思う -- 2019-01-07 (月) 08:34:56
    • 日駆は全体的に砲旋回遅いから立ち回りと攻撃にラグができやすい。会敵予想方向に予め砲を向ける為に(周囲に島があれば座礁しないように意識しつつ)回頭するなんて既に初心者じゃない。 -- 2019-01-07 (月) 08:35:11
    • アンタは魚雷のことしか頭にないのか。それに魚雷も駆逐艦の立ち回りを覚え始めた中Tierあたりで隠蔽雷撃出来るようになるから安全よ。駆逐艦触ったこともない初心者に魚雷扱わせるなんて冗談じゃない -- 2019-01-07 (月) 09:39:49
    • まずは隠蔽&機動力に優れた峯風or睦月で、索敵・スポット・雷撃の基本を身に付けるのが上達の早道だと思う。クレムゾン・ニコあたりは確かに強艦だが、隠蔽劣位での立ち回りが出来ないと戦力にならないし、日駆を知悉している事が前提になる。批判を承知で言えば、ガチの初心者が駆逐でランダムに出ること自体がNGだと思う。知人がwows始めるとして最初のツリーに駆逐は勧めない。 -- 2019-01-07 (月) 14:58:34
    • 隠蔽システムや試合のルールが理解できてるなら魚雷の日駆、接近戦の米駆でやりたい方を選ぶのが良いと思うけど、何もわからないけどとりあえずガンガン撃ちたいってレベルの初心者なら体力高くて砲が当て易いソ駆をお勧めしたい。魚雷でFFする可能性も低いし。 -- 2019-01-07 (月) 15:44:19
    • 反論するけど消去法で初心者向きは米駆と書いた。理由としては、米駆以外も「私にとって~って1番難しい」って思う人がいると思う。主砲が弱い日駆、HEと機動性に難がある独駆、機動性が悪く魚雷射程が更に短いソ駆、深度魚雷という扱いが難しいパン駆、加速性能に慣れてしまうと他国艦の扱いが難しくなる英駆、どれをとっても「これだ!」って言える駆逐艦(答え)は存在しないかと。ただ、米駆は比較的主砲が強く、魚雷を使わないってことは少ないので選んだ感じ。 -- 2019-01-07 (月) 20:03:15
      • 考えれば考えるほど難しいな~。米ソ駆で駆逐艦の主砲に慣れ、日独駆で魚雷の射撃に慣れよう、少し上達してきたと思ったら特殊な英パン駆に乗ってみたらいかが?とか書いちゃえばいいのかも -- 2019-01-07 (月) 20:11:12
      • ニコラスで一応の基礎を学び、弾道に慣れてもらった後、モナハン→シムス→キッドとTier上げていけば全方位に対応できる駆逐乗りが育成できると思うの。ファラガット→マハン→ベンソンを初心者に勧めるのはロースペック縛りを強いてるような申し訳なさを感じる。 -- 2019-01-08 (火) 07:16:15
      • ファラガットとベンソンは承服しかねるがマハンは苦行 -- 2019-01-08 (火) 08:09:18
    • どうせすぐ沈むんだから日米同時に進めればいんだよ。複数のツリーを同時に進めれば対応力もあがる。 -- 2019-01-07 (月) 21:00:02
    • スモーク支援して敵を眺めてれば味方が勝たせてくれる。米駆は駆逐初心者の私には合っていたよ。日駆は魚雷当たらないから難しいと感じる。 -- 2019-01-08 (火) 12:36:00
    • ガチの初心者が「WOWSの駆逐艦をちょっとでも楽しみたい」って言うならソ駆あたりをお勧めするし、「魚雷で戦艦を落としたいんだ」って人には日駆を勧める。けど、「良い駆逐艦乗り」を目指すためのステップ1としてお勧めするのは良くも悪くも平均的な米駆になっちゃうと思う。 -- 2019-01-08 (火) 13:17:31
    • T7まで隠蔽雷撃ができない米駆は、個人的にはお勧めしないなぁ やっぱり駆逐の仕事はSpotとCap優先だと思ってるから、それを一番やりやすい日駆から入るのがいいと思うんよ。隠蔽と偵察で勝つ駆逐艦というシステムの基本を知れるのは日駆だ。 もちろん撃つべきときには撃った方がいいし、その場合は主砲が強い船の方がいいけど、でも「撃ちたい」というのであれば、そもそも駆逐を選ぶべきじゃないよな~と思うんだ。 -- 2019-01-08 (火) 13:38:00
      • それに、日駆は「そろそろ砲戦もこなせるようにならないといかんな」と本気で思い始める時期に暁とか秋月とか、そこそこ戦える船が出始めるんで、隠蔽を生かした基本の動き→砲戦も含めた総合的な戦い方とステップアップできるように作られてるよ。 -- ? 2019-01-08 (火) 13:48:29
      • いや、流石に隠蔽負けしてる雷駆を初心者に勧めるなよと…古参の日駆使いは大概「神風」で練習してた口だろうにどんだけ鬼教育してんだよと。 -- 2019-01-08 (火) 15:12:12
      • いきなり暁使えなんて言ってないよ。日駆T6までで隠蔽を生かした使い方を十分知った上で、その辺りでぼちぼち隠蔽チョイ悪の駆逐に乗ってみて砲撃もちょっとはやってみたらどうよって言ってるんだ。 -- ? 2019-01-08 (火) 15:29:44
    • ロシア・パン鯵は癖が強く論外、ドイツ・イギリスは消耗品を使いこなせない限り器用貧乏、日本は主砲・魚雷とも高火力だが当てられないと苦行。アメリカが一番火力・手数のバランスが良く、守勢でも戦える。まずはアメリカ、次にイギリス・ドイツ、最後に日本が理想形。フランス・ロシア・パンアジアは素人にはお勧めできない。 -- 2019-01-08 (火) 14:00:12
      • 独逸とか隠蔽クソで主砲も並機動力劣悪で苦行一直線だわ。それならまだソやパンのがマシだぞ -- 2019-01-09 (水) 22:32:44
      • ドイツはZ46は強いが途中が厳しく、パン駆はティアごとに特性が違う。でも駆逐の基本はT3あたりでしっかり練習すれば、T10までそんなに変わらない気もする。しかしFFしても謝らないような人達は何千戦してもダメな場合が多いね。 -- 2019-01-10 (木) 03:05:30
    • 駆逐を学ぶために数千円の出費ができる、他人に罵倒されようがカルマがゼロになろうが折れない心を持っているなら、晴風買って五十六艦長載せて、体で覚えるのが一番早い。だが晴風は常時販売されてない。そこであえて主砲や魚雷を当てるよりも他人の目になりきる克己心を学ぶために朝潮買って索敵とcapを体で覚えるのも個人的にはアリ。 -- 2019-01-08 (火) 14:20:06
    • ギャラn……米駆が最適かは知らないけど、もし自分が駆逐初心者に薦めるなら日米。wows初心者は興味あるのをやればいい。駆逐初心者は日米で砲駆雷駆の立ち回りを覚えれば、他国に移っても基本はできてるから、あとは国別の特徴を掴んで応用していけばいい。米駆に限らず中ティアで隠蔽負けしても上手に立ち回れたら初級~中級者でしょ(初心者は無意味な動きをするか即沈)。 -- 2019-01-08 (火) 15:03:19
    • そもそも、初心者は隠蔽スキル持ち艦長自体持ってない事が普通だろ?隠蔽のない日駆の雷撃距離って全然余裕ないし、砲撃出来ないのもあわせて初心者向きじゃない。その点、隠蔽が無くても相手の砲駆と戦える米駆は初心者向きと言える。 -- 2019-01-09 (水) 00:30:59
      • それと主砲旋回が良好だから初心者のめちゃくちゃな位置取りや舵でも難なくついてきてくれるしな。米が一番初心者向けな気がするわ。 -- 2019-01-09 (水) 22:37:09
    • 「米駆が(初心者には)一番難しい」という意見は「米駆が初心者に最適」と言ってるのの対極なだけで本質は同じ。どれだけていねいに説明しても、初心者が実際にそれでプレイしないと無意味。どちらにしても主観の範疇を出ないのでWikiに記述するべきでなはい。 -- 2019-01-09 (水) 02:12:12
  • 編集コメに書くんだろうけど、こっちで議論されてるのでこっちに書きます。各国の駆逐艦に説明文を追記してみた。個人の解釈に過ぎないので、不備があれば修正をどうぞ -- 2019-01-09 (水) 19:40:24
  • 日駆第二の解説にある 厚い装甲 というのは初耳なんだが装甲自体は標準的なんだよな? -- 2019-01-09 (水) 20:15:33
    • 消しておいた -- 2019-01-09 (水) 20:33:51
      • サンクスぅ -- 2019-01-09 (水) 20:53:21
  • よく敵駆逐の魚雷に当たると事故ったって言ってる人がいるけどどういった考えで事故ったって言ってんだろうかと毎回考えてしまう。昨日の試合でもこっちが無線で位置特定してて何回もスポットしてて居場所と行き先がわかってるから投げた魚雷に当たって事故った事故ったってチャットで喚いてた人おったんだよね。事故って予測してなかった悪い出来事でしょ。なんで予測してないの? -- 2019-01-10 (木) 09:47:25
    • 事故ったっていうのは、CAPで敵駆と尻相撲してるときに、ちょうど軸をずらせない位置に集中して流れてくるやつだと思ってる。だから木さんの言ってるのは予測してしかるべき。だけど、たとえば木さんの近くにレーダー持ちがいて、それのレーダー範囲に入りそうだったから舵を切った先に魚雷が来た、とかの複合要因なら事故かなぁとも思う。なんにせよ駆逐で魚雷に当たると穴があったら入りたい気分になる。 -- 2019-01-10 (木) 10:24:13
      • cap時の魚雷合戦も読み合いだし事故とは言えないかなと思ってる。味方に押されてとかなら分かるんだけどね。あと駆逐で魚雷に当たるとその気持ちめっちゃわかるわw -- ? 2019-01-10 (木) 13:42:12
      • 島風で駆逐狙いで8km魚雷を15本流すと良く当たるよ。別に穴に入らなくても良いんじゃない? -- 2019-01-10 (木) 15:35:53
    • 転舵したときに自分を狙ったわけでもない魚雷が丁度腹に受ける感じで当たったら事故って感じ -- 2019-01-10 (木) 15:40:14
  • 駆逐艦ってティアが上がるほど頭を叩かれるイメージ、ほんと辛いしやってる意味を感じなくなる。 -- 新規? 2019-01-13 (日) 05:46:56
    • だって影響力ハンパないもの -- 2019-01-13 (日) 08:12:21
    • 勝てばいいんだから、好きなようにやって勝てばいいのでは? 駆逐でなにが辛いのかが全くわからん。ちなみに、他プレイヤーの言うことなど一切無視でいいんだぞ。自分が赤かったりしない限りは -- 2019-01-13 (日) 11:06:26
    • ティア上がるほど化け物DDが増えるやん。北風とかタシュとかフレッチャーとか。 -- 2019-01-13 (日) 12:58:25
    • でも高Tierの方が強くて面白いじゃん。中Tierは主砲も魚雷も微妙ってのが多くてどうも高Tier駆逐以外プレイする気にならん -- 2019-01-16 (水) 10:28:07
  • ローヤンのちょい古いコメントで見つけたんだが「キッド、秋月、ローヤン、ベンソン、シェンヤン、陽炎、z23、オグネボイの順が強さランキングだと思う」とある。Tier8駆逐好きだからこういう話が楽しい。コサックがローヤン以来の強艦だと感じるのだが、どの辺りに入れようか。あとキッド推しされてるけどソロでもここまで高評価なの? 秋月も機動力と隠蔽落とされたからランク下がってそう。 -- 2019-01-14 (月) 07:47:39
    • 晴風とキエフはどこに入りますか… -- 2019-01-14 (月) 08:16:30
    • 深深度魚雷だからって朝潮を仲間外れにしないでください…。 -- 2019-01-14 (月) 08:19:23
    • t8の各DPMは秋月:192000、米産駆t8:163636、コサック:1632000という順(晴風が144000と次いで高い)。単純な撃ち合いすればDPMが高い順なんだろうけど、砲弾による砲の機能停止とか考えると門数が多い秋月やコサックの方が有利だろうね~。敵艦を5.5km圏内に引き込んで煙幕に隠れればローヤンが強いが、賢い駆逐ならまず近づかないし煙幕に魚雷を流さない、出てくるのを待って殺せばいい。 -- 2019-01-14 (月) 08:27:25
      • 殺して勝ちなら秋月・コサック、capして勝ちならローヤン、持久戦や連携なら晴風・キッド、他の船は援護してくれる味方がいないと勝てない艦 -- 2019-01-14 (月) 08:29:48
      • コサックのDPMだけ桁外れやな -- 2019-01-16 (水) 17:23:31
    • タイマンである程度距離があるなら、コサック。他の駆逐に乗っていて、敵にいたら一番会いたくない。ただし、近距離ならその差は縮まる。巡洋艦とのペアでcap争いになったら、上にもあるようにユエヤン。 -- 2019-01-15 (火) 20:07:54
    • 駆逐同士の砲戦なら隠蔽・手数・小回り・足回りのトータルで晴風Bが一番安定する。パン駆と朝潮は魚雷が対駆仕様でないから、敵との位置取りに苦慮する。 -- 2019-01-16 (水) 12:44:26
      • 実際にはティア8にも秋月や晴風のように秋月砲持ちはいるけど少数派なので、基本駆逐同士ならDPMや残り耐久の問題ではなくほぼ尻相撲で済むので、相手との位置取りに気を付ければ艦ごとの有利不利は覆せるよ -- 2019-01-16 (水) 12:48:23
    • 誰もテリブル君とライトニングについて触れない悲しみ ライトニングは相当強いと思うんだが・・ -- 2019-01-16 (水) 13:10:15
      • テリブルは魚雷射程が10~12kmになってくれればねえ。常識外れの速度を生かして従来の尻相撲とは全く違う戦い方ができると模うんだけどねえ。主砲装填ブースターが煙幕1発でノーカンにされる悲しみを追ってるのもしんどい。 -- 2019-01-16 (水) 13:51:01
      • ライトニングは文句なしの強艦だよ。駆逐艦として必要と思われる性能が高次元でまとまってる。ただ、砲も魚雷も隠蔽もソナーも、それ単独で見るともっと上がいるってところで話題性が今一つ足りない。「総合得点はトップなのに、個別教科のトップは1つもない」みたいなイメージ -- 2019-01-16 (水) 16:41:48
      • ライトニングつか英駆はコサック以外はエンブないのがなあ。敵駆逐にケツ向けられたら最後、追う足すらないからなあ。制圧戦でcapを死守するんなら英駆が最適だが、通常戦で巴戦になったらゆるふわ弾道なのもあって英駆はイマイチ -- 2019-01-16 (水) 17:29:08
    • 駆逐同士の戦いでは「狙うもんより狙われるもんのほうがつよい」という「はいふりのココちゃん」の発言が正解。元ネタの「仁義なき戦い」では逆なんだけどね。 -- 2019-01-16 (水) 17:59:40
    • KIDD>ローやん≧コサック≧朝潮>秋月>ライトニング=晴風>ベンソン>シェンヤン≧陽炎>>>キエフ>>Z23>Ognevoi=Le Terrible -- 2019-01-16 (水) 19:52:48 New
お名前:

過去ログ Edit

駆逐艦 過去ログ一覧





*1 映画「バトルシップ」より、式典に遅刻した際の主人公の台詞
*2 駆逐艦の隻数で負けていたり、性能のバランスが悪かったり、相手にプレミアム駆逐艦が混じっていたりすると、それだけでかなり不利になると見ていい。