Top > 消耗品


消耗品

Last-modified: 2019-03-30 (土) 21:43:21

概要 Edit

戦闘中にR,T,Y,Uキーに固有に割り当てられたアイテムである。艦船別に搭載できるものが決まっている。
使用すると有利な効果が得られる。一度使うと再使用にはクールタイムが必要であり、一部を除いて回数制限がある。
 
複数の消耗品の選択肢があるが、消耗品の枠が同じなため片方しか搭載できないものもある。(例えばTier6以降の巡洋艦は「対空防御砲火」と「水中聴音」を同時に搭載することが出来ない。)船体のモジュール画面でアイコンをクリックすることで変更できる。
 
消耗品のほとんどは高性能の第二消耗品を選択できる。
初期設定では15ダブロンになっているが、金額部分をクリックすることで22500クレジットに変更することが出来る。バージョン0.7.10よりダブロンでの購入が廃止された。
第二消耗品はクールタイムが2/3に減少し、さらに使用回数のあるものは標準の物より使用回数が1個多く搭載している。
第二消耗品は強力であるが、その強化は一戦ごとである。戦闘が終わると消耗品の使用状況に関わらず消費されるので注意すること。
 
※注意事項※
World of Warshipsにおいては、姉妹作であるWorld of Tanksのように「安売りセールしてるときに消耗品やUGを買い溜めする」ということができない。
普段使わない船を港に置いている場合、「セール期間中だけそれらの船にプレミアム消耗品を乗せ、セール終了後は元に戻す」という方法なら、手間はかかるが買い溜めらしき事が行える。

搭載可能消耗品一覧 Edit

駆逐艦
巡洋艦
戦艦

消耗品一覧 Edit

応急工作班 Edit

CrashCrew1.png
応急工作班I
CrashCrew2.png
応急工作班II
効果瞬時に損傷した部位の修理、消火、浸水復旧を行う
主な搭載艦全艦Tier 2 以降
価格無料22500クレジット
使用回数オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ34
上記以外無制限

再使用にかかる時間は艦種毎に異なり、以下の値になる。有効時間はIもIIも同じ。

艦種応急工作班I応急工作班II
有効時間
[秒]
装填時間
[秒]
有効時間
[秒]
装填時間
[秒]
アメリカ戦艦201202080
日本戦艦1010
戦艦
(上記2ヶ国以外)
1515
空母30903060
巡洋艦55
駆逐艦6040
(Tier1巡洋艦)40--
ウォースパイト
(Tier6英戦)
590560
ニコライI世
(Tier4ソ戦)
151201580
オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ
(Tier5ソ戦)
3020
セーラム
(Tier10米重巡)
560540

火災、浸水、操舵不能、モジュールの甚大な被害を即座に修理できる。
有効時間と装填時間があり、再度の使用には両方を合わせた時間待つ必要がある。
修理を開始した時点で直り、有効時間中は上記の被害を受けても即座に直るため実質、被害を無効化できる。
また、艦の装備が大破してしまうと応急工作班でも修理できなくなる(装備のアイコンに赤い×印が付く)。
デフォルトでは[R]キーで使用可。
 
スキルや信号旗には装填時間を縮めるものもある。
 
Tier1初期艦は応急工作班IIを装備できないが、もともと応急工作班Iが有効時間5秒・装填時間40秒であり、使いやすく設定されている。
Tier6英戦のウォースパイトは他国の戦艦よりクールタイムが短い。
(Tier7のフッドは通常。ver0.6.7現在ツリー英国戦艦はテスト中だが、現状では通常性能の応急工作班が積まれている模様。)

修理班 Edit

RegenCrew1.png
修理班I
RegenCrew2.png
修理班II
効果自艦の最大HPの0.5%/秒回復する
※一部細かい例外がある
主な搭載艦戦艦/Tier9以上の巡洋艦
/Tier3以上のイギリス巡洋艦
価格無料22500クレジット
装填時間[秒]12080
有効時間[秒]28
使用回数戦艦:3, 巡洋艦:2戦艦:4, 巡洋艦:3

使用すると、継戦能力(=HP)を時間をかけて徐々に回復する。
自艦の最大継戦能力の0.5%(小数点以下切り捨て)を毎秒回復できる。
回復量は信号旗「India Delta」によって+20%される(※回復量の1.2倍、0.5%/sなら0.6%/sに)。

搭載艦・回復量の例外

例外事項Tier国籍艦種艦名備考
例外的に修理班を装備
性能は巡洋艦通常
8日本巡洋艦Atago
6ドイツ巡洋艦Graf Spee※防郭回復10%
8Prinz Eugen
8アメリカ駆逐艦Kidd
8-10ソ連駆逐艦Grozovoiサブブランチ使用回数1回/2回
Khabarovskサブブランチ"発煙装置"との択一
最大HPの2.0%/秒回復
有効時間20秒
使用回数2回/3回
7イギリス戦艦Nelson
9-10(Tier9-10)装填時間180秒/120秒
8-10イギリス巡洋艦(Tier8-10)
7アメリカ
パンアメリカ
巡洋艦Boise
Nueve de Julio
10アメリカ巡洋艦Salem
最大HPの1.0%/秒回復
有効時間10秒
使用回数1回/2回
9-10イギリス駆逐艦(Tier9,10)装填時間120秒/80秒
装填時間60秒/40秒8フランス戦艦Gascogne
8アメリカ戦艦Massachusetts
9日本巡洋艦Azuma回数が戦艦と同様
その他6イギリス戦艦Warspite自艦の最大HPの0.6%/秒回復する
7Duke of York使用回数2回/3回
3-9アメリカ戦艦(ツリー艦)自艦の最大HPの0.65%/秒回復する
7イギリス巡洋艦Belfast修理班を持っていない

大和も一時期は効果が高かったが、バージョン0.5.3の改訂で通常の回復量になった。)
回復中にダメージを受けても中断されないが、継戦能力が残り少ない状態では回復が間に合わず撃沈される場合も。
 
回復できる最大量は主に受けたダメージの種類によって異なり、またこちらにも例外がある。

ダメージの種類対象回復量備考
過貫通・火災・浸水・衝突によるダメージ全艦100%
通常の貫通弾・魚雷によるダメージイギリス戦艦60%
上記以外50%
防郭へのダメージイギリス以外の巡洋艦33%Graf Speeは非英国巡洋艦だが防郭は10%
Tier8以上のイギリス巡洋艦50%
上記以外10%駆逐艦は防郭がない

回復可能な最大量はあくまでも回復の限度値であり、実際に回復する量・回復できる量は「修理班の回復性能×修理班の使用回数」までである。使用時の回復量は体力ゲージに薄い体力として一回分が表示される。
(修理班が無い場合・使い切った場合は薄いゲージは表示されない。さらに修理班を使用した後回復できる量が残っているなら修理班の効果後に薄い体力が伸びる)
 
通常が0.5%/sの28秒で一回につき最大HPの14%まで、使用回数が4回だと回復できるのは最大で体力の56%分まで。有料化とスキルで使用回数を5個まで増やし回復旗まで加えれば(受けるダメージによっては)体力+84%分を回復可能。ただし防郭への命中ダメージばかりだと修理班が余っていても回復できないことがおきやすい。
英戦艦・英巡の一部は2.0%/sの20秒なので一回につき最大HPの40%を回復可能と非常に驚異的。ただし回復可能な量の関係上効果を最大限発揮できるとは限らず、同Tier帯の同じ艦種としては抗堪性がやや低めに設定されていることも多く使い切れずに沈むパターンもよくある。
(回復の信号旗を入れている場合は回復量1.2倍となるため通常が一回16.8%、一回40%が48%に引きあがる。)
 
補足として火災ダメージは一ヵ所につき通常0.3%/秒ペースのため、火災一ヵ所に対して修理班を使うと回復量が上回る。火災二カ所でやや回復が下回るか同程度。
浸水ダメージは0.667%/秒ペースなため、通常の修理班では微妙に追いつかない。
 
なお実績「ドレッドノート」は修理班を使いつつHPの120%分ダメージを受けた上で生還すればいい。 
もし戦艦でプレイしているのなら目安として(砲撃でダメージを受けながらも沈まず)「修理班を使い切ること」を目標にすると味方にも喜ばれるだろう。艦の性能とも相談が必要だが、潤沢な体力と優秀な装甲を最大限有効活用できれば味方艦隊の生存率も向上する。ドレッドノートは余裕があれば狙おう。

着弾観測機 Edit

Spotter1.png
着弾観測機I
Spotter2.png
着弾観測機II
効果主砲の射程を20%延長します
主な搭載艦戦艦、巡洋艦
価格無料22500クレジット
装填時間[秒]360240
有効時間[秒]通常:100秒/英巡(Tier8以上):180秒
使用回数艦による

使用回数はその他の消耗品と同様に有料化や艦長スキル「管理」で増やすことが出来る。
通常使用回数(注:船体モジュールによっては搭載不可の場合もある。)

Tier45678910
戦艦日本2333457
アメリカ--33436
ドイツ---3457
巡洋艦日本-----32
アメリカ------4
ドイツ-----33
ソ連-3333--
イギリス-3333--

例外

Tier国籍艦種艦名例外事項
6イギリス連邦巡洋艦Perth使用回数 3回、性能はイギリス準拠

 
着弾観測機を発艦させ、主砲の射程を20%延ばすことができる。副砲、対空砲射程は変化しない。
使用中に遠距離を砲撃する場合は双眼鏡視点が俯瞰視点になる。
使用回数は艦によりまちまち。(おおむね史実の搭載数に準拠。)
 
着弾観測機の操作は不可能で、自艦から5kmほどの位置を自動で周回飛行する。
また、着弾観測機には視界があるため島や煙幕の向こうを空から探る効果のほか、軽巡や駆逐艦のような隠蔽性の高い艦船を母艦より先に見つけてくれる可能性がある。
自動の対空攻撃をOFFにしていない駆逐艦が着弾観測機に釣られて対空砲火を撃てば発見できる場合もある。
 
通常は一度に1機しか飛ばせず、敵の対空砲火や戦闘機により撃墜されやすいため注意。
なお空母刷新に伴い艦長スキル「水上機指揮所」*11は廃止。戦闘機指揮所に置き換えられ、着弾観測機に効果は無くなった。
 
各艦に搭載の艦載機の詳細は艦載機を参照。

戦闘機 Edit

Fighter1.png
戦闘機I
Fighter2.png
戦闘機II
効果自艦艇を追従し、敵機を自動的に迎撃する
主な搭載艦巡洋艦/戦艦
価格無料22500クレジット
装填時間[秒]13590
有効時間[秒]空母:600,その他:60
使用回数艦による
 
戦闘機の機数艦による(2-4)
 
Tier45678910
戦艦日本---3457
アメリカ---3436
ドイツ---3457
巡洋艦日本1333332
アメリカ-244444
ドイツ-323333
ソ連-------
イギリス-3333--

例外

Tier国籍艦種艦名例外事項
3日本巡洋艦Katori使用回数 1回

 
自艦の周囲を旋回し、近付いてきた敵機を自動で攻撃してくれる。
旋回半径は1kmほどであり、着弾観測機より小さく回る。手動で操作ができないのも同様。
稀に、状況によっては敵艦を戦闘機が先に発見できることがある*12
 
ver.0.8.0空母刷新から戦闘機の性質も大きく変わった。*13
純粋に敵機を撃墜することが主目的となり、近づいてくる敵機を比較的素早く撃墜する。
なお発進する戦闘機は「1中隊複数機の編成」で、撃墜できる数はその戦闘機の機数に準ずる。

艦長スキルの「戦闘機指揮所」があると戦闘機の機数が+1=撃墜できる数が+1される。(使用回数に変化はない。)
(v0.7.12以前は艦長スキルで索敵効果へ変化があったがv0.8.0現在は索敵への影響はない)
 
空母の戦闘機は、母艦から発艦する「戦闘機」と、各航空機が召喚する「哨戒戦闘機」の2種類がある。
効果時間や機数、準備時間などいろいろ異なるので注意されたし。
 
ver.0.8.0で水上戦闘機は戦闘機に置き換えられ、空母が使用する戦闘機と統合された。能力も大きく変更。
旋回半径が小さくなり索敵に視線が通っている必要があるようになった他、耐久性も減り島影への索敵にはあまり有効ではなくなった。
 
各艦に搭載の艦載機の詳細は艦載機を参照。

水中聴音 Edit

SonarSearch1.png
水中聴音I
SonarSearch2.png
水中聴音II
効果敵艦、敵魚雷の強制捕捉範囲(煙幕内も含む)を向上させます。
主な搭載艦巡洋艦、一部の戦艦・駆逐艦
価格無料22500クレジット
装填時間[秒]180120
有効時間[秒]下表参照
使用回数23


通常(独巡以外)ドイツ巡洋艦
Tier魚雷捕捉距離
[km]
敵艦捕捉距離
[km]
有効時間
[秒]
魚雷捕捉距離
[km]
敵艦捕捉距離
[km]
有効時間
[秒]
4-73.004.001003.755.50110
8-103.505.001004.006.00120

巡洋艦以外で水中聴音を搭載している艦は次の通り

艦艇魚雷捕捉距離
[km]
敵艦捕捉距離
[km]
有効時間
[秒]
備考
Tier6~7ドイツ駆逐艦3.004.00100性能は同格の通常巡洋艦相当
Tier8~9ドイツ駆逐艦3.505.00
Bismarck (Tier8 独戦)
Z-39 (Tier7 独駆)Tier8以上の通常巡洋艦相当
Graf Zeppelin (Tier8 独空)3.004.00Tier7以下の通常巡洋艦相当
Z-52 (Tier10独駆)4.006.00120Tier8以上の独巡洋艦相当
Friedrich Der Grosse
(Tier9独戦)
Grosser Kurfuerst
(Tier10独戦)
Tier6~10イギリス駆逐艦3.003.00180Gallantは除く
Lo Yang (Tier8汎ア駆)3.755.50110Tier7以下の独巡洋艦相当
エンジンブースト/対空防御砲火と択一
Haida (Tier7英連邦駆)2.503.50180
Duke of York (Tier7英戦)3.004.00100使用回数1回(高級品2回)

巡洋艦の搭載品。
水中聴音か対空防御砲火のどちらか一方のみ搭載できる。低Tierの艦には水中聴音のみが搭載できる艦もある。
敵艦と敵魚雷の強制捕捉距離(必ず発見できる距離)が変化する。
アップグレードとは効果が重複しない。艦長スキルとは効果が重複する。
 
「敵艦の強制捕捉距離」とは「この距離内では煙幕や障害物越しでも必ず発見される」という距離であり、通常状態では2kmである。
水中聴音は強制捕捉距離を上書きする効果なので、障害物に影響されない。
 
Tierが上昇すると効果範囲や時間が強化される。また、ドイツ巡洋艦の水中聴音は効力が大きい。
ドイツツリー駆逐艦はTier5以降に水中聴音を搭載するが、性能は通常艦相当である(巡洋艦と異なる)。
高Tierのドイツ巡洋艦や戦艦の水中聴音の強制視認距離は、一部の隠蔽能力に特化した駆逐艦の発見距離をも上回る。

対空防御砲火 Edit

AirDefenseDisp1.png
対空防御砲火I
AirDefenseDisp2.png
対空防御砲火II
効果対空砲火の性能を高め、敵爆撃機・雷撃機による爆撃・雷撃の精度を低下させます。
主な搭載艦巡洋艦/アメリカ駆逐艦
価格無料22500クレジット
装填時間[秒]通常:180, 空母:360通常:120, 空母:240
有効時間[秒]戦艦:60, 巡洋:40, 駆逐:30, 空母:120
 
 使用回数(I)
アメリカ巡洋艦3
他国の巡洋艦2
アメリカ駆逐艦3
ソ連駆逐艦Grozovoiサブブランチ
アトランタ(Tier7米巡)無制限
フッド(Tier7英戦)3
夕張(Tier4日巡)1
 

対空兵装による継続的な秒間ダメージおよび中・長距離対空兵装の爆発半径内の秒間ダメージを、有効時間の間以下のとおり強化する。

 効果(倍)
アメリカ駆逐艦+200%(3)
ソ連駆逐艦Grozovoiサブブランチ
ローヤン
その他+100%(2)

消耗品で唯一手動で効果時間を終了させることができる。方法は対空を一度OFFにすること(デフォルトはP)。これを行った時点で効果時間が終了し、準備時間にはいる。

発煙装置 Edit

煙幕の使用方法について、公式ニュースで発煙装置ガイドが発行されている。
基本かつ重要な事項が一通り記述されているので、一読しておくと良いだろう。

SmokeGenerator1.png
発煙装置I
SmokeGenerator2.png
発煙装置II
効果艦艇の後方に視界を遮る煙幕を展開します
主な搭載艦駆逐艦、イギリス巡洋艦 Tier 5+
(例外艦艇は下表参照)
価格無料22500クレジット
装填時間[秒]通常:240
パンアジア駆逐艦:150
イギリス駆逐艦:105
通常:160
パンアジア駆逐艦:100
イギリス駆逐艦:70
使用回数通常:2
パンアジア駆逐艦:4
イギリス駆逐艦:5
通常:3
パンアジア駆逐艦:5
イギリス駆逐艦:6


アメリカ駆逐艦ドイツ駆逐艦通常の駆逐艦イギリス巡洋艦イギリス連邦
Tier有効時間
[秒]
持続時間
[秒]
有効時間
[秒]
持続時間
[秒]
有効時間
[秒]
持続時間
[秒]
有効時間
[秒]
持続時間
[秒]
有効時間
[秒]
持続時間
[秒]
23010620452065----
3109496930109
41125373--
511557771596
61186181999010
71216585103
81246989106--
91277393110
101307797113


パンアジア駆逐艦イギリス駆逐艦
Tier有効時間
[秒]
持続時間
[秒]
有効時間
[秒]
持続時間
[秒]
2~1030701040

例外

Tier国籍艦種艦名有効時間
[秒]
持続時間
[秒]
備考
3イギリス駆逐艦Campbeltown30109イギリス駆逐艦でなくアメリカ仕様のもの
4日本巡洋艦Iwaki1580
6パンアジア駆逐艦Anshan2081パンアジア仕様でなく通常のもの
アメリカMonaghanアメリカ仕様でなく通常のもの
イギリスGallantイギリス駆逐艦仕様でなく通常のもの
パンアジア巡洋艦Huang He9010イギリス連邦仕様のもの
7アメリカ巡洋艦Flint30121
8ソ連巡洋艦Kutuzov2089使用回数が1回(2回)と少ない
パンアジア駆逐艦Lo Yang30124性能は米駆Bensonに準拠

 
使用してから2秒後に煙幕展開を開始する。有効時間のあいだ使用した艦を中心に定期的に半径450m(イギリス駆逐艦はより大きい*14)の煙幕を放出し、視認性の低い煙幕エリアを作り出す。
有効時間は「煙幕を発生させ続ける時間」、持続時間は「設置した煙幕が残り続ける時間」である。煙幕はTierに応じて持続し、持続時間が過ぎると自然消滅する。アメリカ駆逐艦は展開時間と持続時間が長い。値はステータス画面で煙幕アイコンにカーソルを合わせることで閲覧可能。
 
2017年10月19日のアップデート以降、煙幕内での発砲は視認距離が増加するようになった。
詳細はパッチノート0.6.12を参照のこと。

煙幕内での主砲発砲後の具体的な被発見距離変動値

 

使い方、注意点

エンジンブースト Edit

SpeedBooster1.png
エンジンブーストI
SpeedBooster2.png
エンジンブーストII
効果艦艇の最大速度を一時的に向上させる
駆逐艦:8%、仏戦:8%
Tier6~7仏巡:15%、Tier8~10仏巡:20%
仏駆Aigle:20%
主な搭載艦駆逐艦、フランス巡洋艦(T6から)、フランス戦艦(T8から)
価格無料22500クレジット
装填時間[秒]駆逐艦・仏戦:180、仏巡:120駆逐艦・仏戦:120、仏巡:90
有効時間[秒]駆逐艦:120、仏巡・仏戦:180
使用回数23

 
目的地への迅速な移動や速度の回復、敵弾回避時の速度調整の幅を大きくしたり、あるいは単純に逃走するときに使う。
 
非常時にはほんの少しの速度差が決定的な差になりかねないが、使用回数は少なく装填時間がやや長いため使いたい時に使えないことがないよう特別急ぐ事情がなければ温存しておくほうが良い。
特に最序盤cap争いのために急ぐという手は誰もが思いつくが、相手も同じ中立エリアの占領を狙っている場合エンジンブーストの有無で決定的な差が生まれることはあまり無く、むしろcap争いの状態から不利になった時に逃げ出しにくくなってしまうため、初手での使用はよく考えた方がよい。
 
ちなみにフランス巡洋艦は倍率が駆逐艦のものより倍率が高く、Tier8以上のフランス巡洋艦に至っては駆逐艦の通常速度を追い抜けるほどの速力を発揮する。少し遅め駆逐艦の場合はエンジンブーストを使っても逃げきれないことも。
一方フランス戦艦は駆逐艦と同等の倍率でフランス巡洋艦ほど劇的な効果は無いが、それでも戦艦の中では最も高い速力を発揮できる。有効時間はフランス巡洋艦と同じ3分間だが、再装填の時間は駆逐艦と同じ3分~2分。
フランス駆逐艦(イベント配布有りのプレ艦)Aigleは速度のみ+20%のフランス仕様で有効時間・装填時間は通常の駆逐艦と同様。

魚雷装填ブースター Edit

TorpedoReloader1.png
魚雷装填ブースターI
TorpedoReloader2.png
魚雷装填ブースターII
効果魚雷発射管の装填時間を短縮する
主な搭載艦陽炎,夕雲,晴風,朝潮(8秒で装填)
白露,秋月,北風,春雲(5秒で装填)
Huang He(8秒で装填)
Monaghan(30秒で装填)
価格無料22500クレジット
準備時間[秒]白露,秋月,北風,春雲240160
上記以外360240
使用回数23

これを使用することにより、魚雷の再装填に必要な時間を短縮できる。日駆搭載艦では次弾発射までの時間を大幅に短縮できるが、あくまで消耗品であるという点を忘れないでおこう。一度使用すると再使用までに4分(第2消耗品でも2分40秒)も掛かってしまうので、ここぞという時に使うようにしよう。
疑似的に射線数を伸ばしたり、欲しいタイミングで魚雷をすぐに再装填できるのが強み。運用を誤らなければ与ダメがかなり伸びる。
Monaghanに関してはブーストしてやっと30秒になるため、日駆のようないますぐ欲しい的な運用はできない。
 
ver0.7.8現在、陽炎,夕雲,晴風,白露は煙幕と魚雷装填ブースターを同時に搭載できない*15。すなわちこれを搭載すると、発煙装置が搭載できなくなってしまう。煙幕は様々な局面で役に立つため、場合によってはこれを搭載したが故に煙幕が使用できず戦況を不利にしてしまうことがある。どちらを搭載するかは自身のプレイスタイルと相談しよう。
現時点では発煙装置の方が需要が高いと思われる。

警戒レーダー Edit

RLSSearch1.png
警戒レーダーI
RLSSearch2.png
警戒レーダーII
効果一定範囲内のすべての敵艦を探知する。
主な搭載艦Tier8以上の巡洋艦(米、ソ、英)
価格無料22500クレジット
装填時間[秒]180120
有効時間[秒]下表参照
使用回数23



(編集v0.8.1)黄色はプレミアム艦艇。

国籍Tier艦名敵艦捕捉距離
[km]
有効時間
[秒]
最良隠蔽距離
[km]
備考
英・米7Belfast8.5258.70
Atlanta9.40
Indianapolis10.010.84レーダー射程長
8Edinburgh10.0309.00
Baltimore9.68
Cleveland9.09.14
Wichita9.5
9Neptune10.03510.1
Buffalo10.45
Alaska12.2
Seattle9.09.45
Missouri9.512.2BB
Black7.5225.8DD、レンジ短、時間短
10Minotaur10.0409.1補足距離>最良隠蔽
Des Moines10.6
Worcester9.09.50
Salem8.52510.6
ソ連8Chapayev12.02010.2
9Dmitri Donskoi2512.3
Kronshtadt12.4
10Moskva3013.8
Stalingrad13.9
パンアジア8Hsienyang7.5205.8DD、煙幕との交換
9Chung Mu225.7DD、煙幕との交換
10Yueyang255.8DD、煙幕との交換

Ver0.8.1より一部の例外を除き、国籍ごとのレーダー射程の統一及び効果時間の調整が成された(公式)。

一定範囲内のすべての敵艦艇を探知する。
レーダーの範囲は基本的に駆逐艦の被発見距離より長いので、離脱する駆逐艦への追撃のほか、煙幕に逃げ込んだ敵艦を炙り出したり状況認識で敵艦を探知してレーダー使用、発見状態にすることもできる。
水中聴音と同じく遮蔽物の有無に一切影響されない為、煙幕内や島向こうの敵艦の看破も可能である。
水中聴音と比較して範囲がはるかに広いが魚雷には効果が無い。

 

(v0.8.1以降)レーダーによって発見した敵艦は使用者以外の味方の画面に映るまで、同じレーダーを6秒間照射・補足し続ける必要がある。*16
レーダーを使用した艦は隠れた敵艦をすぐに発見できるが、他の味方艦がレーダー補足した敵艦の姿を捉えられる様になるまで6秒の遅れがある(ただしミニマップには即時表示される)。
レーダー使用時はチャット欄へ自動で通知を行う他、「味方のレーダー使用艦には見えていて自分からは見えない艦」はミニマップに表示されている。
他の味方艦がレーダーを使用した時はミニマップで敵艦の有無、位置を確認して支援砲撃の準備をしておこう。
攻撃的な消耗品であるが効果時間は短く、艦によっては2斉射分しか時間が持たないので使用タイミングが重要である。

 

レーダーはアップグレード目標測距装置改良の効果は受けず、Tier9-10は警戒レーダー改良1で効果時間を+20%延ばせる(Ver0.7.6で調整)。ちなみに基本の効果時間は概ねTierが高いほど長くなる。

 

主に米英ソTier8以上の巡洋艦の装備。レーダーの性能などはその系統によって異なる。

  • ソ連は有効範囲が広い代わりに有効時間が短い。
    米は軽巡洋艦と重巡洋艦で有効範囲が異なり、米軽巡はやや狭い。
    英ツリーは米重巡と同等の有効範囲
    ※Tier10プレ米重巡のSalemは重巡だが、有効範囲と効果時間が共に短い。
  • 米ソではレーダーは水上機との選択、イギリスツリーでは煙幕とレーダーで選択式の装備である。
    Tier7プレ英巡のBelfastは煙幕とレーダーを同時に搭載している(代わりに修理班が無い)。なお有効範囲は同Tier米軽巡と同等
     
  • 戦艦ではTier9プレ米戦Missouriが装備している。米軽巡と米重巡の中間の有効範囲で、持続はTier9米巡と同様。
  • 駆逐艦ではTier8以上のパンアジア駆逐艦が煙幕との選択で搭載できる他、Tier9プレ米駆Blackもエンジンブースト枠との選択で搭載できる。
    ただし駆逐艦の警戒レーダーは巡洋艦などに比べ距離と効果時間が短いため巡洋艦のレーダーと同じようには扱えない。

主砲装填ブースター Edit

MainGunReloadBooster.png
主砲装填ブースターI
MainGunReloadBooster2.png
主砲装填ブースターII
効果主砲の装填時間を一時的に-50%にする
搭載艦Tier6以上のフランス巡洋艦, Le Terrible
価格無料22500クレジット
準備時間[秒]Tier6~8180120
Tier9,1012080
有効時間[秒]通常15
Jean Bart20
使用回数34

バージョン0.7.10現在、Tier6以上のフランス巡洋艦、フランス駆逐艦Le Terribleおよびフランス戦艦Jean Bartで使用できる。
 
装填時間が-50%短縮されるのは表記通りだが、主砲が再装填中の場合に使用すると装填時間が即座に-50%短縮される仕組みになっている。
装填時間中に効果が切れた場合短縮効果は無くなり時間が倍に戻る。
 
巡洋艦の場合、発動すると艦長スキルで強化していない状態で主砲を2回射撃する時間内に3回射撃できる機会が一度発生する。
Le Terribleの場合は艦長スキルなどで強化していない状態で4回射撃する時間内に7回射撃できる機会が一度発生する。
効果は発動した瞬間から開始されるので、射撃の直前に発動すると最も効果的。

編集・情報提供用コメント Edit

編集・情報提供用のコメントはこちら

コメント欄 Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • そろそろレーダーのジャミングなりチャフなりで対抗手段が欲しい。レーダーより短い有効時間や煙幕と択一ならバランス上問題ないと思うんだ -- 2018-12-17 (月) 00:23:52
  • レーダーはcapポイントの島影の定位置に陣取ってcapバーが動いたら発動ってパターンが解っててもどうしようもないのが辛い。島影貫通だけ削除してほしい(ついでに使ってる間強制被発見されて欲しいが)。後は何とでも対処できる。 -- 2019-01-06 (日) 09:32:53
    • どうせなら、使用してる艦のみが”見える”状態にして欲しい。 -- 2019-01-06 (日) 09:42:46
    • そんな仕様にするなら隠蔽レーダー返しておくれ 隠蔽レーダーがない現状だとそれが一番有効な使い方なんだよ… -- 2019-01-06 (日) 10:04:10
      • チャパ&マイノ:呼んだ? -- 2019-01-06 (日) 11:12:56
      • まあそうだとしても駆け引きの要素が薄い機能ってゲームとしてどうかと思うよ。 -- 2019-01-06 (日) 12:40:13
      • 駆け引き?駆逐側がミスってレーダー圏内に飛び込んで来るまでレーダー艦側は戦艦に撃たれながら耐えると言うのがあなたの言う駆け引きなの? -- 2019-01-06 (日) 12:44:49
      • 撃たれる事も撃つこともせずにcapの島影にずっといるという事だ。相手にレーダが無ければずっとcapを保持できる。実際にそういう試合は多い。 -- 2019-01-06 (日) 13:06:35
    • まとめると『レーダーは島を貫通せず、使用中は(逆探知かなんかで)強制被発見、レーダーで発見した敵はそのレーダーを使用した艦のみ視認可能』…有効範囲1.5倍ならこれでもいけるか…? -- 2019-01-06 (日) 12:54:07
      • 島貫通不可は技術的に困難なんだよね。レーダーはある意味最強の消耗品って位置づけで良いと思う。それか性能下げて消耗品じゃなくするとか。レーダーって本来減るものなのか? -- 2019-01-21 (月) 18:41:57
      • んなこと言ったらソナーだって…ソナー員がつかれちまうのかな -- 2019-01-21 (月) 19:46:50
      • 煙幕だって縁を境に視線透過を判定してるので、地形に応じてレーダーの視野をマスクするのは容易だろう。WGがやらないだけで -- 2019-02-26 (火) 16:58:00
  • レーダーの無いor性能が低い中tierまでは空母と駆逐の腕だけでだいたい決まってしまうんだしレーダー自体は必要悪なんだよ… -- 2019-01-06 (日) 10:44:01
    • レーダーの必要性は駆逐乗りでも否定するやつはそうそう居ないと思う。ただ現状じゃちょっと強すぎね?て意見はいっぱいあるけど。特に島まで貫通してくる不思議物理は理不尽感あるでしょ -- 2019-01-21 (月) 02:00:59
    • せめてクールタイム倍にして欲しいわ。間隔が短すぎてレーダー艦が一隻島に張り付いてるだけでもろくにcapできん -- 2019-01-21 (月) 19:31:31
  • 水上戦闘機の使用時間長くしてほしいな -- 2019-02-08 (金) 17:47:15
  • チャフスモークかチャフパッシブスキルみたいなので逆探知可能にしてレーダーへの対抗策か、レーダーが決定的に働き過ぎないようにすればみんな満足(駆逐民を皆とする) -- 2019-03-01 (金) 22:37:12
    • って言うかレーダー、ソナー使ってる間は使ってる艦の非発見が微妙に長くなるだけでも満足するんだろうけど。 -- 2019-03-01 (金) 22:39:58
      • これ以上のレーダーナーフって言うかマイノナーフはしないでくださいなんでもしますかr(( -- 2019-03-15 (金) 09:58:19
  • 消耗品ってなぜか知らないうちに保有数増えてるけど、どこでもらったんだろう? -- 2019-03-13 (水) 15:48:59
  • 空母仕様変更後の対空防御砲火についてですが、今でも -- 2019-03-15 (金) 06:08:35
  • 攻撃機の精度低下効果は残っているのでしょうか?使用中でも散布界が広がっている感じがしない… -- 2019-03-15 (金) 06:13:44
    • 広がらない 与ダメが増えるだけ -- 2019-03-15 (金) 09:56:53
      • やっぱり広がらないのですね…効果を説明しているテキストくらい直せよ運営… -- 2019-03-15 (金) 20:50:01
  • 修理班はデータ見ると回復量とHPと防隔装甲的にアメリカ戦艦が一番有効に使いやすあーとか思うんですがどうですか? -- 2019-04-12 (金) 17:41:09
  • 水上戦闘機、魚雷を抱えた雷撃機に追いつけない、投弾後にしか攻撃しないのは100歩譲ってわかるが同格の攻撃機・雷撃機に瞬殺されるのはイカンだろ。全滅までに1,2機しか落とせないし。 -- 2019-04-13 (土) 22:05:46
お名前:





*1 船体Aは不可
*2 船体Bは不可
*3 船体Bは不可
*4 船体Aは不可
*5 船体Aは不可
*6 船体Aは不可
*7 船体Aは不可
*8 船体Aは不可
*9 船体Aは不可
*10 船体Aは不可
*11 v0.7.12以前の「水上機指揮所」では水上機を1度に2機を(別々の中隊で)飛ばすようになる効果だった。多少撃墜されにくく、また索敵の効果も得やすくなっていた。
*12 余談だが、クローズドベータテストの頃の水上機は「水上偵察機」と呼ばれる、ちょうど戦闘機から戦闘機能が無いような性能で、有効時間も短かった。
*13 特に戦闘機が敵機を攻撃しても攻撃精度に影響を与えないようになった。
*14 具体的な数値求む
*15 白露はver0.6.8にて搭載スロット変更がありました。
*16 別々の艦がリレーしてレーダー照射する場合も一つの艦のレーダーから6秒間照射・補足する必要があり、後続のレーダー照射による補足が6秒経過する前に先に照射していたレーダーが終わると後のレーダー照射・補足が6秒経つまで一時的に見えなくなる。