Top > 巡洋艦
HTML convert time to 0.056 sec.


巡洋艦

Last-modified: 2018-06-17 (日) 19:27:22

概要 Edit

戦艦と駆逐艦の中間サイズの艦。
史実では、重巡洋艦と軽巡洋艦があり主に口径によって分けられる。
主に主力艦の護衛や、偵察などを行っていたが、虎の子であり投入が難しい戦艦に対して、実質的な艦隊の主力として活躍する船が多かった。
第二次大戦後期には偵察用の水上機を搭載することが標準的な装備となり、小型すぎて搭載できない駆逐艦に対して大きなアドバンテージを持っていた。
対空火力が同じTierの中で比較的高く、対空要員としても役立つので、味方航空機を敵戦闘機から護衛する役目や、敵対艦機を迎撃撃墜する能力に長けている。

公式ページ「大艦隊」より Edit

 巡洋艦は機動性が高い艦種です。迅速に動き回れる高火力を持った遊撃隊として、
大型艦を駆逐艦から守る盾として、艦隊の防空の要として活躍します。もちろん
他の巡洋艦との撃ち合いもでき、一部の巡洋艦は戦艦をも葬り去れる魚雷を利用
できます。
 アメリカの巡洋艦は防空能力に長けています。一方、日本の巡洋艦は強力な魚
雷を搭載し、重雷装な駆逐艦に匹敵する火力を備えています。
 巡洋艦は単独でも脅威となりますが、複数の巡洋艦はどのような相手にとって
も畏怖の対象となります。
 巡洋艦の防空能力は複数の巡洋艦が共に行動するとより強力なものとなります。
更に、連携のとれた巡洋艦からの降り注ぐ攻撃は敵艦に対して強力無比な威力を
誇ります。
 巡洋艦を使いこなせるプレイヤーはWorld of Warshipsの最高峰の技術を有して
いると言っても過言ではありません。巡洋艦のポテンシャルを引き出すには複数
の情報を処理しながら操艦する技術がプレイヤーに求められます。全体の情報を
整理しながら、魚雷を潜り抜けるように移動し、駆逐艦を追い、主砲や魚雷攻撃
を行う…これをすべてこなせる巡洋艦の艦長を止められるものはいないでしょう。

主な役割 Edit

戦艦にもある程度通用する砲性能と、駆逐艦にも何とか対抗できる速力・旋回性能を持ち、臨機応変に戦闘を行う事が可能。
同Tierの戦艦と比べると単発あたりの火力は低いが連射が効く高DPMの主砲、同Tier駆逐艦と比べると連射は効かないが単発火力と長射程の魚雷、消耗品は水上戦闘機(又は着弾観測機)、対空防御砲火、水中聴音機と様々な装備を持ち、艦の特性と状況によって様々な役割を担う。
戦場の要所を駆け巡り、味方を支援して戦おう。

低Tier帯では高い装填速度や機動性のおかげで初心者にも馴染みやすい艦種であるが、高いTier帯では見える駆逐艦を即座に撃沈し、ヘイトを引き受けて戦艦の砲火を分散させるなど、高い技量を求められる艦種となる。
射撃や雷撃、対空の腕を磨き、World of Warships随一の万能艦として多彩な任務をこなそう。
 

敵駆逐艦への対処
 
対空母

ラインナップ Edit

参考:ver0.5.15現在の巡洋艦の全長比較(NAフォーラム記事)
Size Comparison: All Cruisers (2.0)

 
CL:軽巡洋艦
CA:重巡洋艦
航空巡洋艦*1

(艦種略号は用語集を参照のこと)

アメリカ Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程装填海面発見距離最大速力
1Erie127mm9.6km6.0秒8.3km20.0kt
2CLChester127mm10.2km8.0秒8.5km24.0kt
152mm7.0秒
CLAlbany152mm9.2km8.0秒8.8km20.4kt
3CASt. Louis152mm12.5km8.0秒11.0km22.0kt
4CLPhoenix152mm15.3km7.0秒13.1km35.0kt
5CLOmaha152mm15.2km7.0秒13.5km34.0kt
CLMarblehead152mm13.9km7.0秒13.5km34.0kt
6CAPensacola203mm15.7km15.0秒12.8km32.5kt
7CANew Orleans203mm16.2km12.0秒12.4km32.5kt
CLAtlanta127mm11.1km5.0秒11.0km32.8kt
CAIndianapolis203mm16.9km15.0秒13.9km32.5kt
CLFlint127mm11.1km5.0秒11.0km32.5kt
8CLCleveland152mm15.6km6.5秒11.9km32.5kt
CABaltimore203mm15.8km10.0秒12.6km32.5kt
9CABuffalo203mm15.6km13.0秒13.6km33.0kt
10CADes Moines203mm15.8km5.5秒13.9km33.0kt

日本 Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程発射速度海面発見距離最大速力
1Hashidate120mm9.1km4.8秒7.7km19.8kt
2CLChikuma152mm10.3km12.0秒9.2km26.4kt
3CLTenryu140mm12.4km6.0秒8.3km33.2kt
CLKatori140mm13.5km7.0秒10.7km18.0kt
4CLKuma140mm12.8km6.0秒11.3km34.7kt
CLIwaki alpha140mm10.2km6.0秒10.8km35.0kt
CLYubari140mm12.8km6.5秒9.9km34.5kt
5CAFurutaka200mm13.9km22.0秒12.2km34.9kt
203mm13.9km15.0秒
6CAAoba203mm14.9km11.0秒12.1km35.1kt
7CAMyoko/ARP Myoko203mm15.6km14.0秒13.1km35.0kt
8CLMogami155mm15.7km10.0秒12.1km34.5kt
CA203mm15.0秒
CAAtago/ARP Takao203mm15.8km16.0秒11.9km35.5kt
9CAIbuki203mm16.5km15.0秒12.6km35.0kt
10CAZao203mm16.2km13.7秒12.6km34.5kt

ドイツ Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程装填海面発見距離最大速力
1Hermelin128mm9.9km4.0秒8.6km24.3kt
2CLDresden105mm10.9km4.0秒9.5km25.5kt
CLEmden105mm9.9km4.0秒9.5km24.0kt
3CLKolberg105mm11.1km4.0秒9.7km27.6kt
4CLKarlsruhe150mm11.7km6.5秒10.6km27.5kt
5CLKönigsberg150mm16.5km7.5秒12.4km32.5kt
6CLNürnberg150mm16.5km6.0秒12.6km32.0kt
装甲艦Admiral Graf Spee283mm16.0km20.0秒13.1km28.5kt
7CAYorck210mm17.3km12.0秒13.9km32.0kt
8CAAdmiral Hipper203mm17.7km13.0秒14.2km32.0kt
CAPrinz Eugen203mm17.5km13.0秒14.9km32.0kt
9CARoon203mm17.8km10.0秒14.4km32.5kt
10CAHindenburg203mm17.8km10.0秒16.0km31.5kt

ソ連 Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程装填海面発見距離最大速力
1Orlan130mm8.8km4.3秒7.9km25.0kt
2CLNovik120mm10.1km5.0秒9.7km25.0kt
CLDiana152mm11.8km8.6秒10.8km19.4kt
3CLBogatyr152mm11.4km9.0秒10.3km24.0kt
130mm10.0秒
CLOleg152mm10.8km9.0秒10.3km24.0kt
CLVaryag152mm11.0km8.0秒11.0km25.0kt
CLAurora152mm11.2km8.6秒10.6km19.6kt
4CLSvietlana130mm11.3km10.0秒9.9km29.0kt
5CAKirov180mm16.3km13.5秒14.2km35.5kt
CLMurmansk152mm14.8km7.0秒13.1km34.0kt
CLKrasny Krym130mm14.0km6.5秒13.3km29.0kt
6CLBudyonny152mm16.6km8.0秒13.1km35.0kt
Admiral Makarov150mm16.3km6.0秒12.4km32.0kt
CAMolotov180mm15.5km12.5秒13.1km36.0kt
7CLShchors152mm16.8km8.0秒13.3km35.5kt
8CLChapayev152mm17.3km8.0秒13.2km33.5kt
CLMikhail Kutuzov152mm19.1km8.0秒14.5km33.0kt
9CADmitri Donskoi180mm17.8km12.5秒16.0km36.0kt
Kronshtadt305mm18.2km18.5秒16.2km33.5kt
10CAMoskva220mm19.4km10.4秒18.0km34.5kt

イギリス Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程装填海面(最良値)煙幕内発見最大速力
1Black Swan102mm8.7km3.0秒7.0km19.0kt
2CLWeymouth152mm11.6km8.6秒10.3km26.0kt
3CLCaledon152mm11.8km8.0秒10.1km4.5km29.0kt
4CLDanae152mm12.5km7.5秒10.4km4.71km30.0kt
5CLEmerald152mm13.6km7.5秒11.5km5.4km33.0kt
6CLLeander152mm13.2km7.5秒10.3km(8.8km)4.6km32.5kt
7CLFiji152mm15.4km7.5秒11.5km(9.8km)5.4km32.5kt
CLBelfast152mm15.4km7.5秒11.3km(8.7km)5.28km32.5kt
8CLEdinburgh152mm15.4km7.5秒11.7km(9.0km)5.52km32.5kt
9CLNeptune152mm16.5km5.0秒13.1km(10.1km)6.58km33.5kt
10CLMinotaur152mm15.8km3.2秒11.5km(8.9km)5.4km33.5kt

イギリス連邦 Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程装填海面発見距離最大速力
6CLPerth152mm12.8km7.5秒9.8km32.5kt

フランス Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程装填海面発見距離最大速力
1Bougainville139mm9.5km4.8秒8.3km19.0kt
2CLJurien de la Graviere165mm10.3km9.0秒9.0km23.0kt
3CLFriant139mm12.9km12.0秒11.3km30.0kt
4CLDuguay-Trouin155mm15.0km12.0秒13.3km33.0kt
5CLEmile Bertin152mm14.9km12.0秒12.6km39.0kt
6CLLa Galissonniere152mm15.9km9.0秒13.3km31.0kt
CLDe Grasse152mm16.2km8.1秒13.3km33.5kt
7CAAlgerie203mm17.9km12.0秒13.9km31.0kt
8CACharles Martel203mm/5017.6km12.0秒13.7km32.5kt
203mm/5510.0秒
9CASaint Louis203mm18.3km10秒14.9km33.0kt
10CAHenri IV240mm19.1km12.3秒16.6km35.0kt

イタリア Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程装填海面発見距離最大速力
6CLDuca d'Aosta152mm14.0km7.5秒12.1km36.5kt
7CLDuca degli Abruzzi152mm15.1km7.5秒10.8km35.0kt

パンアジア Edit

Tier艦種艦名口径主砲射程装填海面発見距離最大速力
6CLHuang He152mm13.2km6.98秒9.54km33.5kt

各国の特徴 Edit

アメリカ Edit

米巡は全体を通して良好な装填時間、優秀な斉射角度や砲塔旋回速度を持ち、取り回しの良い主砲性能を持つ。
Tier1を除き、Tier3までは戦列艦の延長線のような船で、機動性は悪いが優れた砲性能を有している。
Tier4から装甲は薄くなるが飛躍的に機動性が向上し、砲撃と回避を織り交ぜた機動戦を得意とする。
また魚雷を装備し接近戦における強力な切り札となるが、同様に他国の巡洋艦も魚雷を持つようになるため注意が必要である。
Tier6から砲塔を備えた大型艦となり速度はやや低下するものの、他国と比べて旋回半径は狭くよく曲がる傾向にある。
戦艦の主砲弾に耐えうるほどではないが、装甲も比較的優秀で弾薬庫やバイタルパートも小さく纏まっており、回避力の高さと併せて生存性は高い。
ただし、魚雷を装備しなくなる為に接近戦における不利を覆す「切り札」は無くなってしまう。

主砲はアメリカが史実で用いた重量弾が再現されており、AP弾の貫徹力は比較的高くHE弾も安定した性能を持つ。
その代わりに弾速が遅めで、前述の重量弾のAPを持つBaltimoreDes Moinesは、長距離では高く山なりの弾道を描く。そのためにドイツやソ連などの高弾速を持ち味とする他国の巡洋艦との撃ち合いでは命中弾の差を投射量で埋めきれないことも多い。
こうした欠点を補うため、魚雷こそ持たないが優秀な装填速度を生かし中近距離戦を行う方が火力を発揮しやすい。

対空火力は高く、特に中近距離を担う対空機銃が強力。消耗品「対空防御砲火」の使用回数が他国より1回多いため、序盤から終盤にわたって味方艦隊に対空防御の傘を提供することが可能である。
同じく消耗品の特徴として、Tier8以降の艦艇とプレミアム艦AtlantaIndianapolisなどは「警戒レーダー」を装備でき、煙幕や島陰に隠れた敵を燻り出すことができる。
レーダーの範囲は9㎞前後と短く自身の隠蔽性能も並でありリスクを伴うが、中近距離において火力を発揮する主砲と併せた運用は非常に強力である。

総じて味方を支援する形で連携することにより真価を発揮する巡洋艦であり、艦隊行動を得意とするツリーとなっている。

日本 Edit

日巡は全体的に高速で隠蔽性が高く、威力・発火率ともに強力なHE弾による相手を選ばない対艦戦闘を得意とする。
Tier3以降の艦艇は全て魚雷を装備しており、主に接近戦の切り札として非常に頼りになる他、Tierが上がれば威力と射程が向上し、撤退時のバラ撒きや牽制といった使い方も可能になる。
Tier4まで軽巡洋艦となっており小型で機動性が高い代わりに、防御性能は脆弱で同格以上のAP弾による防郭貫通の危険を常に伴う。
Tier5からは他国よりいち早く20㎝砲を装備した重巡洋艦となり、比較的良好な装甲を有するようになるが、砲塔の多さと長い機関部によりバイタルパートがやや広い。特に砲塔の装甲は破片防御程度しかない為、他国艦とくらべて被弾時に破損しやすい。一応、戦艦等の高貫通力のAP弾は過貫通になるという利点もある。

運動性はツリーを通して安定した速力を持ち、旋回半径はやや大きめであるが舵の利きは良いため、機動性は良好な部類に入る。
反面、対空性能は基本的に他国に劣っており積極的な撃墜は難しい。消耗品の対空防御砲火を使用する事である程度の自衛は可能になる。

砲撃面では前述の通り相手を選ばない強力なHE弾を持つが、装填速度自体は並で射程もやや短め。主砲の旋回性能も比較的遅く、斉射射角が悪いこともあり、スペック通りの投射量を発揮できない事が多い。
しかし、精度が非常に優秀で集弾性が良好である為、優れた隠蔽性から放たれる相手の隙を突いた一撃は非常に強力である。

バージョンアップに伴い、消耗品に特徴を持つ他国の巡洋艦が追加される中、日巡は消耗品に関しては取り残される形となっている。
しかし、高い隠蔽性と良好な機動性、優秀な主砲と魚雷を持つなど、戦闘に直結する性能が高く纏まった艦であり、プレイヤーの操艦技術にどこまでも応えてくれるツリーとなっている。

ドイツ Edit

独巡は優れた砲塔旋回速度と射程を持ち、弾速も比較的優れており、米巡以上に取り回しの良い主砲性能を持つ。
特に全体を通して高威力のAP弾を持ち、状況次第では戦艦にさえ有効なダメージを与えられる。
HE弾は貫通力に優遇を受けており、艦長スキル「榴弾用慣性信管」に頼らなくてもダメージ自体は出やすい代わりに、威力は非常に控えめで火災発生率も低い。
DresdenKolbergは砲の威力は駆逐艦並だが、絶え間なく撃ち続けることが出来るほどの発射速度を持つ。
Tier4以降、魚雷を標準装備しており、射角の広さと雷速には優れるものの射程は6kmで据え置きとなっている。威力もTier5で頭打ちするため、接近戦時の切り札にはなるが日巡のようなバラマキや牽制には使えない。

Tier5以降は優れた砲射程を有しており、良好な投射量と弾速で遠距離での砲戦を得意とする。HE弾は上述のように威力は乏しいが貫通力に優れるため、本来なら上部構造物にしか有効弾が出せない格上の戦艦などに対しても、装甲帯を避けて撃てば船体部を貫通してダメージを与えることができる。

Tier7以降は排水量1万トンクラスの大型巡洋艦となり比較的防御力に優れる。特にTier8以降は船体の装甲厚が27㎜となり、相手が戦艦でも主砲が380㎜以下のAP弾ならば弾くことができるのは強みの一つである。
艦首と船尾の側面にも40㎜を超える装甲帯があり、船を立ててもVPを抜かれる事態は他国よりも少ない。

速力は鈍足で舵の応答も遅く、機動性の悪さから回避性能は良くない。
特に舵の効きは、他国の巡洋艦を乗ったあとなら体感できる程。回避行動の際には早めの舵切りを心がけたい。

消耗品の特徴として水中聴音の捕捉範囲が非常に広い。「対空防御砲火」と択一になるが、独巡は中近距離戦を行うに足る理由が十分にあるうえ、舵の悪さから咄嗟の魚雷回避は難しいので相性は良い。
艦長スキルの「警戒」も併せれば、かなり広範囲にわたって魚雷の補足をすることが出来る。

総じて、HE弾の弱さをカバーする為に、強力なAP弾を有効に使っていく技術と判断力を必要とするツリーとなっている。

ソビエト連邦 Edit

ソ巡は軍縮条約に参加していない史実から8インチ砲を装備した重巡洋艦というカテゴリーがなく、やや特殊な主砲口径を持った船がツリー内に点在する。
同格の米日独の巡洋艦と比較した際、主砲口径が小さめな代わりに投射量を活かした戦法を得意とする傾向がある。
巡洋艦の例にもれずHE弾をメインとするがTierの上昇に伴い、口径の小ささから貫通力に悩まされることになる。そのため、HE弾の貫通力を補う艦長スキル「榴弾用慣性信管」と相性が非常に良いとされる。
特にTier5以降は弾速と射程にも優れ、AP弾も近中距離で巡洋艦の防郭貫通を狙っていくには十分な貫徹力を持つ。

魚雷はTier4から装備可能で、片舷への投射量は多いのだが射程が非常に短いため護身用程度と考えた方が良い。

船体は大きめで見た目は細長く、バイタルパートも大きい上に装甲が薄いという防御面にやや難を抱えている。
その細長さ故に旋回半径が大きく舵も重いため旋回性能が悪い。180度回頭する際には柔らかい側面を長時間晒してしまうため、転舵のタイミングには一層の注意が必要。
咄嗟の魚雷回避も苦手なため、脆く大きな船体と併せて中近距離戦は大ダメージを受けやすい。
優秀な砲撃力と魚雷もあるため、火力面に関して言えば接近戦が苦手というわけではないが、被ダメージのリスクが他国より大きいことを覚えておかなければならない。

消耗品の特徴として、アメリカと同じくTier8から水上機の代わりに「警戒レーダー」を装備できる。
性能がやや異なっており、効果時間は半分程度となっている代わりに効果範囲が11.7㎞と非常に広いため、敵の駆逐を炙り出すのに米巡ほどリスクを負って近づく必要がないのは利点である。
また多くの駆逐艦が装備する魚雷の射程より長いため、適切なタイミングで使用することで駆逐艦の接近を妨害し位置を割り出すことで被雷のリスクを下げることが出来る。

総じて、劣悪な防御面をカバーしながら高い攻撃性能を引き出す状況判断力と技術が要求されるツリーとなっている。

イギリス Edit

イギリスツリーの巡洋艦は日米独ソに対してゲームシステムレベルで異なる特徴を多く持つ。
ひっくるめてWoWSにおける英国面と言える。
ゲームシステムの理解を深めるという点においては初心者は選択しない方が良いかもしれない。
軽巡洋艦ツリーとして実装されており、Tier2以降のすべての艦が152mm砲を主砲としている。
 
特徴を列挙すると以下の通り。

  • 弾種が(AP)徹甲弾しかない。一方で過貫通し辛い特徴を持つ。
    AP弾は一般的にHE弾より威力が大きいので、より短時間に大きなダメージを与えうる。対駆逐艦でも過貫通はかなり少ない。*2。一方で主砲で火災を誘発することが出来ず、そのダメージは相手の姿勢と距離に大きく左右される。モジュールの破壊も発生し辛く、戦艦など重装甲を誇る相手には相当な苦戦を強いられる。弾速は遅めなので遠距離戦では技術が問われるが、甲板に刺さる距離であればダメージは大きい。
  • 魚雷発射方法は他国の「広角と集束」に対して「斉射(範囲は集束)と単射」である。
    魚雷照準時に、他国なら「広角」にあたるモードが斉射である。このときの発射角は他国での「集束」程度。
    魚雷照準時に他国なら「集束」にあたるモードが単射となる。「単射」とは何連装かの発射管の魚雷を1本づつ射出する機能。発射しきるか、Fキーを押すことで再装填が開始される。魚雷が発射管に残っていても装填時間は変わらない……はず。広角のように広く発射する、通常の集束より集中して射出する、時間差をつけて撒いたりする、など面倒臭い柔軟な発射が行える。複数本の魚雷が横1列に来ると思っている敵艦は困惑するだろう。
    他国の巡洋艦と同じく積極的に雷撃を狙いに行けるわけでは無いが、魚雷の性能は日本とは別方向で優秀でありる。英国独自の強みを見つけて使っていきたい。
  • 加速が極端に早く、減速が極端に遅い。
    駆逐艦並み、あるいはそれ以上の加速を持ち、また転舵時の最高速度が高いので殆ど速度を落とさずに転舵できる。
    一方で減速は非常に遅く、また急転舵により速度を落とすことも出来ない。
    後述する煙幕の使用時に注意を要するほか、減速による弾の回避に問題が生じる。
  • 消耗品はTier5以降の全ての艦に煙幕と修理班が装備できる*3。対空防御砲火を装備できない。
    • 煙幕は展開時間が15秒と駆逐艦より若干短いが範囲は十分である(以前は7秒で輪2つ分の非常に狭い範囲しか展開できなかった)。Tierによっては水上機やレーダーとの択一。
      巡洋艦の火力で煙幕を使用できることは強力であるが、先に述べた機関特性があるため煙幕に隠れるまでにかなりのスキを晒す事になる。艦長スキルで煙幕専門家を習得するのは展開範囲を広げる事で少しでも早く隠れられるため一考の余地がある。味方への支援にも使いやすくなる。
      Tier8以降は選択肢にレーダーも入る。英巡の特徴から駆逐艦の撃破が戦果に占めるウェイトが大きいので、煙幕を使わない戦闘も習得するべきであろう。
    • 修理班はTier8以降、HP回復量が極端に増大する。
      英巡はHPに対して装甲が薄くダメージが蓄積し易いので、それを補う特徴である。
      機関も大きめで傾向的にバイタルダメージを受け易いので過信は禁物だが、災害ダメージには強いとも言える。

その他、隠蔽能力は他国に比べて優秀である。
 
152mm砲弾はTier2-34-5-678-9Xで枠で変化する。砲塔をもつ外観になるのはTier6のリアンダーからである。
公式に「より英巡を楽しめる艦」とされているのはTier7のフィジーとTierXのマイノーターであり、手数こそが英巡を特徴付ける重要な要素と言える。
 
異質なツリーであるが、AP弾にせよ煙幕にせよ単独での戦闘が極めて苦手と言え、巡洋艦としては他国以上に僚艦との協力が必要になる。

フランス Edit

仏巡は全体的に良好な弾道弾速と充分な射程を持つ主砲、日巡に次ぐ射程と優秀な射角を持つ魚雷を備えており、僅かだが対水雷防御が施されている。
基本速力は良好とは言い難い艦が多いが、Tier6以降の艦は巡洋艦でありながらエンジンブーストを搭載できるようになる。これにより加減速によって相手の偏差を狂わせる戦術が取れる。
更にTier8以降はエンジンブーストの速度上昇幅が向上し、40ノット前後という駆逐艦も真っ青の速度で戦場を駆け回ることができる。
舵は旋回半径は小さめだが、転舵所要時間が大きい(舵が重い)傾向にある。
Tier5以前の艦の装甲は駆逐艦並みの極めて貧弱なもので、油断すれば駆逐艦の主砲にも大打撃を受けかねないほど。Tier6以降の艦になるとそれなりの装甲を備えるようになるが、やはり過信は禁物。
主砲の発射レートは早くもなく遅くもなくという微妙な値だが、HE弾AP弾ともに癖が無く、日巡のような素直な弾道で当て易い。エンジンブースト中の足の速さもあって対駆逐戦闘はそれなりに得意。

全体的に、癖が少なく扱い易い主砲と魚雷を持ち、Tier6以降はエンジンブーストによる速力とそれなりの装甲と、バランス良く纏まったツリーである。逆に言えば強みを押し付けにくい器用貧乏なツリーであるともいえる。
十分な火力は持っているが、日巡のような瞬間的な火力発揮やソ巡のような長距離狙撃は難しい為、快足を活かした立ち回りから丁寧にダメージを積み重ねていく戦い方が求められる。

情報提供 Edit

巡洋艦の情報提供はこちら

感想 Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 初動ってどう動くのがいいんですかねぇ 駆逐が前でない時は前線で魚雷探知、スポットで前に出る事が多いんですが如何せん集中砲火で即沈してしまう事が多くて… 駆逐が前に出てくれても斜線通そうとすると前に出過ぎて即沈とか… 戦艦、駆逐は耐久、隠蔽に甘えれるんですが巡洋艦は中々難しいですな;; -- 2018-03-14 (水) 23:34:42
    • 即沈の原因は先が見えてない事が原因。「もしここで敵に映されたら」「もしここで集中砲火を受けたら」をしっかりイメージしてそういう場合の対策を持っとかないとダメだよ。もう少し難しい事を言うと巡洋艦の隠蔽率は戦艦相手なら優位、巡洋艦同士ならほぼ互角なので、敵の駆逐の位置さえ把握しておけば不意にスポットされて集中砲火なんて事態は起きないのね。だから序盤は敵駆逐の位置が把握出来るまでは味方駆逐の支援に徹しておくか牽制程度に留めておいた方が無難。どうしても前に出たいなら進路上に遮蔽物を用意して敵に見つかったら蛇行しながらそこに飛び込む事。敵前で腹見せ旋回なんて初心者丸出しプレイは論外ですわ。 -- 2018-03-15 (木) 01:01:48
    • 日米英は味方駆逐の4kmくらい後方、独ソ仏は6kmくらい後方にいればいいよ。あとは最初は絶対に引き撃ちをすること -- 2018-03-15 (木) 19:22:05
    • デモインやボルチで出る時はマップごとに隠れられる島や安置を覚えておいて、そこに直行する。あとはレーダーと山なり砲でがんばる。英巡はフィジーまでしか乗ったことないケドたぶん同じような戦法で行けるはず。アトランタもこんな感じだと予想。他の巡洋艦でこの戦法をとるのは難しいかな -- 2018-03-18 (日) 20:14:13
    • 巡洋艦の基本戦術は引き撃ち。開幕駆逐の4,5km後方でついて行って、発見されそうな位置まで行ったら敵駆逐に斉射叩き込める体制にして回頭準備。発見されたら加減速deちょっと粘って敵駆逐が見えるのを待つ。 -- 2018-05-20 (日) 18:34:53
  • なんかソ巡だけマイナス面の解説ばっかじゃね? -- 2018-04-15 (日) 10:31:04
    • 日米独の解説は自分が結構手を入れたなぁ。マイナス要素はほどほどに初心者の人が解説を読んだ時に自分の性に合ってそうな国家を選びやすいように意識したのを覚えてる。自分がソ巡を編集してもいいけど「俺がソ巡に乗りたくなるようなイカした解説文に編集してやるぜ」って人を密かに待ってる -- 2018-04-17 (火) 19:54:17
  • イタリア巡洋艦ツリーはまだですか? -- 2018-04-25 (水) 01:25:20
  • 駆逐艦を餌にして敵を引き付けて、戦艦を盾にして戦うんです -- 2018-05-03 (木) 11:42:10
  • 航空巡洋艦て追加されるんですか? -- 2018-05-03 (木) 11:46:43
  • トチ狂って日巡洋艦長に無線探知つけてみたけど索敵する時の姿勢制御や煙幕への魚雷流しが楽になった気がする。他にも無線探知使ってる人いたらどんな使い心地か教えてほしい -- 2018-05-04 (金) 19:46:47
    • 今回のランク戦で蔵王に付けたけど索敵の姿勢制御はめっちゃ楽になった…後、小マップピコピコするだけで味方の駆逐がだいぶ動きやすそうな感じだったから悪くないと思う。低ティアは知らん -- 2018-05-04 (金) 21:53:25
    • 使い方はわからないけど たぬきさん が蔵王やシャルルにつけてましたね -- 2018-05-05 (土) 08:50:14
    • 最上につけて使ってた。開幕で敵駆逐が見える方向がわかるから全門向けられるギリギリキープして確実にゴッソリ体力奪ってスタコラサッサするのが捗った。あとは裏取り駆逐の存在に気づけるのはやっぱり便利だなって。 -- 2018-05-06 (日) 02:05:39
  • ものすごく今更だけど発射速度の◯秒/発ってすごい違和感あるし門数が加味されてない数字だから分間投射量とかのほうがいいんじゃないかな?それか欄自体を装填速度にしちゃえば秒だけ書けばよくなるよね。 -- 2018-05-09 (水) 15:05:25
    • そうだねえ 書き換えたほうがわかりやすいかもね。…うーん、でも面倒くさい… -- 2018-05-19 (土) 17:17:41
  • 瀕死の駆逐を取り逃がすと以後姿を見せず魚雷だけが次々流れてくるし瀕死の戦艦を取り逃がすともりもり回復して前線に戻ってくる。 それなのに回復かレーダーを持たない巡洋艦は瀕死で逃げ延びても何もできない戦力外と化してしまって不憫な気がする。 -- 2018-05-12 (土) 20:22:51
  • ここに来た初心者巡洋艦乗りへ。お願いです、必死に見つけた敵駆逐艦を放置して夢中で戦艦ばっかり撃ってるのはやめてください……後ろの敵戦艦に多少ダメージを与えても味方駆逐艦が全滅したら負け一直線なんです…… -- 駆逐艦乗り? 2018-05-19 (土) 16:47:34
  • 遠距離巡洋のほうが戦艦より強い今のバランスどうにかならんのかな。 -- 2018-05-23 (水) 19:16:24
    • なお遠距離巡洋のほうが勝利に貢献できるとは限らん模様 -- 2018-05-24 (木) 12:33:57
    • 戦艦最強じゃなくてどの艦種も総合的には同じくらいの戦闘力、としたこのゲームのバランス取りの性で、巡洋艦は防御に難があって接近戦ができかいから遠距離が得意、戦艦は防御力活かして接近戦してね、という風になったんだろうから難しいんじゃないかな。 -- 2018-05-25 (金) 12:58:49
    • 巡洋艦が駆逐艦のサポートを捨てるチームは間違いなく負けるから -- 2018-05-25 (金) 22:31:24
      • Cap中駆逐と遭遇して敵からは雨あられと撃たれるのに、味方は敵駆逐に全く反応なし。味方の反応で負ける目安にはなるね。 -- 2018-05-27 (日) 16:45:51
    • タイマン性能だと巡洋有利でも艦種別勝率とか見ると意外と拮抗してるんじゃないの?少なくとも個人勝率は戦艦の方が高い。 -- 2018-05-27 (日) 15:56:47
  • フューリアス級巡洋艦とかいう、とんでもないのを今日知った、、、45.7㎝砲積んでるらしいけどΣ(゚Д゚ υ) -- 2018-05-29 (火) 02:01:08
    • 空母フューリアスとしてならそこそこ知名度有りそうだけど、改造前知ってるのは中々のマニアだね。 -- 2018-05-29 (火) 09:59:37
      • フューリアスの18単は知るきっかけの一つだと思う。大口径の砲を調べれば行き当たるし。武装から入れば浪漫砲、歴史方面から入れば空母。そして英国面へ……。 -- 2018-05-29 (火) 11:15:32
      • ???「May the British side be with you」 -- 2018-06-01 (金) 21:34:34
  • アメリカツリー変更とアズレンの影響でティア6-8周辺の試合が長期連休時並にひどいことになってる。初期位置から動かずにうろうろ -- 2018-06-01 (金) 21:17:08
    • したり島影より更に下がった位置に居る謎行動巡洋艦も結構見かける。本当にアメリカツリーをまともに進めてきたのか疑わしいプレイヤーもかなり居るので、味方にペンサ等が居た場合はいつも以上に活躍する必要がありそう -- 木主? 2018-06-01 (金) 21:24:51
    • 島撃ち失敗して撃てないからって腹晒したまま飛び出して即死したりな・・・ -- 2018-06-02 (土) 21:10:33
  • いつもの通り戦艦が前に出ず、駆逐と巡洋艦がいなくなってから動き始める。被弾が怖いなら駆逐乗ってマップ外周回っていればいいのに。 -- 2018-06-02 (土) 09:28:16
    • 駆逐と巡洋艦が前に出すぎる場合も多いから、何とも言えない。戦艦だって無尽蔵なHPがあるわけではないんだよ。 -- 2018-06-02 (土) 17:17:12
    • 俺戦艦。前でても誰も動き出さないで死んだ頃に動き出すも手遅れで全滅。 -- 2018-06-02 (土) 21:13:10
      • 芋ってた別の戦艦が逃げ出して逃げ切れないで焼け死んで終了。 -- 2018-06-02 (土) 21:14:02
      • 大体その逆の場合が多い。 -- 2018-06-02 (土) 23:53:50
    • 左右に分かれて島の裏に籠って散発的にしか発砲しない戦艦群。 -- 2018-06-02 (土) 23:52:31
  • 巡洋だけじゃないけど最近境界ぶつかったまま撃ち続けるカスが多すぎるわな。何秒以上当たったら死亡とか触れた瞬間強制反転動作とかにしてほしいわ。 -- 2018-06-22 (金) 01:41:53 New
    • 味方艦との接触みたくスリップダメージとかにすればいいんじゃない? -- 2018-06-22 (金) 13:08:09 New
      • 瞬間強制反転は、弾避けの技術に使えてしまいそうだから却下で。何秒で死亡は場合によってはつらいので、スリップダメージ案は悪くないな。 -- 2018-06-22 (金) 13:26:05 New
      • 書き方が悪かった。ふれた時点で操舵奪われて反転するまで強制操作って言いたかった。スリップダメも回復不可とかなら重めでいいかもな。現状いくら出力落としてもスライドされたら船の性能以上の動きしてるから意味ないし。もっとペナ重くして絶対近づこうと思わないくらいにしてほしいわ。 -- 2018-06-22 (金) 16:49:24 New
    • あそこは潜水艦ゾーンでいいと思うな -- 2018-06-24 (日) 05:57:19 New
  • クリーブが多い方が負ける法則。 -- 2018-06-23 (土) 07:58:16 New
お名前:

過去ログ Edit

巡洋艦 過去ログ一覧





*1 艦種記号が存在しない為リリースに合わせて追加します。
*2 より薄い装甲に対して起爆し、信管の遅延時間が短く設定されている。また英巡テスト時には跳弾判定に対して有利な設定があったが、実装時に反映されたか不明。
*3 Tier7プレミアム艦であるBelfastは修理班が無い代わりに警戒レーダーを備えている。