Devonshire

Last-modified: 2021-01-17 (日) 11:24:08

カウンティ級重巡洋艦 デヴォンシャー

RN_CA_tier6_DEVONSHIRE.jpeg

性能諸元

編集時 ver.0.9.12.0

・基本性能

Tier6種別ツリー艦艇
艦種巡洋艦派生元Hawkins
国家イギリス派生先Surrey
生存性継戦能力(A) 28,600
(B) 34,400
装甲全体13-114mm
艦首甲板16mm
甲板25mm
艦尾甲板16mm
砲郭19-25mm
防郭16-114mm
対水雷防御ダメージ低減(A-B) 16%
機動性機関出力 80,000馬力[hp]
最大速力 31.2ノット[kt]
旋回半径 710m
転舵所要時間(A) 11.0秒
(B) 7.8秒


隠蔽性 通常火災煙幕
海面発見距離11.5km13.5km6.4km
航空発見距離6.6km9.6km-


射撃管制装置船体モジュール主砲射程最大散布界
AMk VI mod.112.7km120m
BMk VI mod.214.0km130m


主砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填180度旋回弾種
A-B203mm/504基×2門HE弾 3,300(17%)
AP弾 4,500
14.0秒22.5秒HE 256 lb
AP 256 lb


副砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填射程
A-B102mm/45 QF Mk XIX4基×2門HE弾 1,500(6%)3.0秒5.0km


魚雷船体口径基数×門数(片舷)最大ダメージ(浸水)装填射程雷速発見
A-B533mm QR Mk IV2基×4門(4門)15,433(196%)96秒8.0km61kt1.3km


対空砲船体距離口径基数×門数爆発数秒間ダメージ命中精度有効ゾーン
爆発半径内継続的
A20mm Oerlikon Mk IV12基×1門-11285.0%0.1-2.0km
40mm/39 QF Mark VII4基×4門11290.0%0.1-2.5km
102mm/45 Mk XIX4基×2門21,1205390.0%0.1-5.8km
B20mm Oerlikon Mk V10基×2門-16585.0%0.1-2.0km
20mm Oerlikon Mk IV2基×1門
40mm Vickers 2-pdr. Mk VIII4基×8門16190.0%0.1-2.5km
102mm/45 Mk XIX4基×2門21,1205390.0%0.1-5.8km

・アップグレード

スロット1スロット2スロット3スロット4スロット5スロット6

搭載可能アップグレード

1MainWeapon1.png主砲兵装改良1主砲および魚雷発射管の機能停止発生率 -20%
主砲および魚雷発射管の抗堪性 +50%
主砲および魚雷発射管の修理時間 -20%
SecondaryWeapon1.png副兵装改良1副砲の抗堪性 +100%
対空砲座の抗堪性 +100%
PowderMagazine1.png弾薬庫改良1自艦の弾薬庫誘爆率 -70%
応急工作班改良1.png応急工作班改良1応急工作班の有効時間 +40%
2DamageControl1.pngダメージコントロールシステム改良1浸水発生率 -3%
火災発生率 -5%
EngineRoomProtection.png機関室防御主機損傷確率 -20%
主機修理時間 -20%
操舵装置損傷確率 -20%
操舵装置修理時間 -20%
水中聴音改良1.png水中聴音改良1水中聴音の有効時間 +20%
DefensiveAAFire1.png対空防御砲火改良1対空防御砲火の有効時間 +20%
消耗品「対空防御砲火」の準備時間 -10%
3MainGun2.png主砲改良2主砲装填時間 主砲旋回速度 +15%
SecondaryGun2.png副砲改良1副砲最大射程 +20%
副砲弾の最大散布界 -20%
Guidance1.png射撃システム改良1主砲弾の最大散布界 -7%
魚雷発射管旋回速度 +20%
副砲最大射程 +5%
副砲弾の最大散布界 -5%
AAGunsModification1.png対空砲改良1優先対空セクターの準備時間 -20%
TorpedTubesModification1.png魚雷発射管改良1魚雷発射管の旋回速度 +20%
魚雷発射管に甚大な損傷を受ける可能性 -40%
艦載魚雷の雷速(他の補正を考慮しない値) +5%
4DamageControl2.pngダメージコントロールシステム改良2浸水復旧時間 -15%
消火時間 -15%
Engine2.png推力改良2最大出力への到達時間 -50%
艦が移動を開始する際のエンジン出力を向上
SteeringGear2.png操舵装置改良2転舵所要時間 -20%

・消耗品

搭載可能 消耗品

搭載可能 消耗品

スロット消耗品使用
回数
準備
時間
有効
時間
効果
R応急工作班II.png605
(7)
火災・浸水・損傷したモジュールの修復
T修理班II.png38028自艦のHPを回復する
回復量: 最大HPの 0.5 [%/秒]
Y水中聴音II.png3120100
(120)
魚雷、敵艦の強制捕捉範囲を向上させる
魚雷強制捕捉距離:3.00 [km]
敵艦強制捕捉距離:4.00 [km]
対空防御砲火II.png380
(72)
40
(48)
対空兵装の秒間ダメージ:+50 [%]
中・長距離対空兵装の砲弾の爆発半径内に対するダメージ:+300 [%]

注:括弧内は各レアアップグレード搭載時の値

ゲーム内説明

デヴォンシャーはロンドン級重巡洋艦の一隻で、イギリスの「ワシントン条約型」巡洋艦の第二弾でした。1930年代の終盤から1940年の序盤にかけて本級の全艦に大規模の近代化改装が施されてシルエットが変化し、装甲防御力が顕著に強化されました。

解説

  • 主砲
    イギリス重巡ブランチは軽巡ブランチと異なり、HEが撃てる。
    4基8門が前後2基ずつ配置されており、射角も良い。
    HE、AP共に日本艦を彷彿とさせる優秀な威力を有しているが、そのままでは散布界が広く、米艦ほどではないものの弾道も山なりで遠距離は当てづらい。アップグレード:射撃システム改良は対空兵装改良と選択なので悩ましいところである。
  • 魚雷
    やや斜め前方まで投射できる射角の広い魚雷を有している。単射でき、射程も8kmあるため使える場面は多いだろう。
  • 対空
    (コメントより)対空性能は特筆に値するものであり、遠距離対空射程5.8kmに対して航空被発見距離が5.9kmと、重巡としてはかなり優遇されている。消耗品:対空防御放火が使用可能な上に遠距離から近距離に至るまでバランス良く強力な秒間ダメージを持つため、空母にとって大きな脅威になる存在。
    スロット3の対空兵装改良を積んでも良いが、主砲の散布界を改善する射撃システム改良と択一なので自分のスタイルと相談しよう。
  • 抗堪性
    イギリス重巡ブランチ特有のバイタルダメージの50%を回復できる修理班を有している。
    前ティアまでの英巡では巨大なバイタルが防御上の欠点となっていたが、ここにきてバイタルが他国と同等の常識的なサイズに縮小したことで生存性が格段に改善されている。
    とはいえ海面上の舷側にバイタルが露出していることは変わりないため、迂闊な腹見せは致命的となりうる。艦首艦尾、甲板装甲は優秀なので、巡洋艦のセオリーに則ってくれぐれも防御姿勢を怠らないようにしよう。
  • 機動性
    やや鈍足ではあるが、巡洋艦としては過不足ない。
  • 隠蔽性
    (コメントより)最良隠蔽10.1kmは前Tierと比較して1km弱の改善であり、行動の幅が広がった。他国艦と比較しても良好な値。
  • 総評
    全体的に重巡としては手堅い性能で纏められた艦である。Tier6の本艦はシナリオ戦に参加する機会も多いため、よく活躍してくれるだろう。しかしながら、舷側に露出したバイタルと、お世辞にも良いとは言えない主砲散布界が無視しづらいほど足を引っ張る。例に漏れず繊細かつ注意深い操艦が必要なイギリス艦らしい艦と言えるだろう。

史実

小ネタ

  • デヴォンシャー(デヴォン州)
    艦名のもととなったデヴォンシャーはイングランド南東部の州で、阿笠アガサ・クリスティーの生誕地として知られている。
    また古生代の地層がよく見られ、デボン紀(Devonian)として地質時代にその名を冠するチバニアンの大先輩
    州都はエクセター

史実のデヴォンシャーの装甲

史実におけるデヴォンシャーの舷側装甲はわずか25mmである。
デヴォンシャーを含むカウンティ級巡洋艦は排水量を抑えるために装甲重量が徹底的に削られた結果、機関室側面には25mmの装甲しかなかった。
流石にこのままではまずいことは認識されており、1930年代後半に各艦の機関室側面に装甲帯(3.5~4インチ = 89~102mm)が外付けされていった。
これがゲーム内説明の「本級の全艦に大規模な近代化改装が施された」ということなのだろう。しかしながら実際に改装されたのは一部の艦のみである。カウンティ級第2グループ4隻の中ではロンドンのみ改修が間に合い、デヴォンシャー以下3隻は装甲帯が未装備のまま実戦に駆り出された。
バランスの都合のためかゲーム中では114mmの舷側装甲を持つが、これはロンドンの改修後と同じ値(25mm+外付け89mm)であり、「仮に改修が間に合っていれば」というIF仕様と思われる。

英国海軍の条約型巡洋艦の装甲ペラペラの理由について

 The empire on which the sun never sets(太陽の沈まない国)の英国海軍において巡洋艦の役割とは、世界中に存在する植民地の警備、及びその通商路の維持でした。
 したがって、長大な航続距離と居住性(極寒の高緯度地域から赤道直下の灼熱地域までの世界中に植民地がある為)、経済性(艦の単価を下げることによる量産性及び艦数の確保)が優先的に求められた為、限られた排水量を居住区及び燃料タンク>武装>機関>装甲の順で使用する設計になりました。
 最も優先度が低いとされた装甲ですが、第一次世界大戦での戦訓(砲撃のみで撃沈された英国海軍軽(装甲)巡洋艦が無かったことや、ユトランド海戦での巡洋戦艦クイーン・メリー Queen Maryの弾薬庫被弾による爆沈等)から「軽装甲だが弾薬庫への被弾による爆沈を可能な限り避ける」という方針が取られました。その結果、弾薬庫周辺を重装甲とし、残りの排水量を水線部装甲に回すことになりました。
 以上より、戦艦の補填として運用される為に攻防走に重点を置いた日米巡洋艦と比べ些か分が悪いのは、英国特有の事情によるものであり、そもそもの設計思想からして大きく異なるためでした。(史実にてイギリスが軽巡洋艦に重点を置いたのその為)
 ちなみにWoWsの英巡洋艦ツリーでは、本頁デヴォンシャーとTier6リアンダー以降、それからT5プレ艦エクセターがワシントン海軍軍縮条約以降の条約型巡洋艦になります。

編集用コメント

編集用のコメントはこちら

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 小ネタを追加した -- 2019-12-11 (水) 18:36:18
    • 文章を再編集&ちょっと追加 -- 2020-01-06 (月) 16:47:58
      • ありがとうございますd('∀` -- 2020-01-06 (月) 17:43:57
  • 対空砲火について修正があったので、変更しました -- 2020-02-11 (火) 10:32:34
  • 搭載可能アプグレについて修正した。一部アイコンがないのは、アップグレードのページにもアップロードされていないため。 -- 2020-03-06 (金) 17:03:18
    • アプグレのアイコンを追加した。 -- 2020-04-29 (水) 09:03:51
  • アプグレと消耗品について、0.9.4.0現在のものに更新した -- 2020-05-15 (金) 09:33:15
  • HE弾の性能が昔の値?のままだったので更新 -- 2021-01-17 (日) 11:24:08
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメント欄

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 団亀 -- 2020-03-13 (金) 18:44:47
  • 装甲ぺらぺらの理由、面白かった。書いてくれた人ありがとう -- 2020-03-14 (土) 18:18:45
  • ホーキンスから乗り換えて絶望した。敷島の砲弾が甲板から刺さるし艦首で大和はおろかアンリのAPすら弾けない。射程が伸びた分発砲時の発見距離まで伸びた上にマイノーターに撃ち勝てない。要するにクラースヌィクルィームはOP。ザーメン。 -- 2020-03-14 (土) 20:02:33
    • ? -- 2020-03-14 (土) 20:29:38
    • ちょっと待て、君ゴライアスに乗った後にエメラルドにでも乗ったのかい? -- 2020-03-14 (土) 20:48:36
    • ジョークに見せかけた煽りのつもりが、意味不明すぎて誰にも伝わって無いだけじゃないかな -- 2020-03-14 (土) 21:06:27
      • やはり一度頭がハイになった人間以外には通用しなさそうである -- 2020-03-15 (日) 01:27:25
    • 言ってることが謎だなwそもそもTier6のDevonshireと大和がマッチングする訳n…あ、このコメントは釣りだったのかw -- 2020-04-14 (火) 21:08:52
      • お武蔵くんとは当たることあるよ? -- 2020-04-14 (火) 21:20:57
      • 武蔵と当たるってことは格差分隊でも組んでたのかな? -- 2020-04-14 (火) 21:25:38
    • 敷島はまだ未実装(CCがテストで乗ってて偶に見かけるかもしれんが)だし、そもそもT6のデヴォンシャーがT10艦と遭遇するのはT8艦と格差分隊組まない限りないぞ。味方に大迷惑な分艦隊だなw。 -- 2020-04-27 (月) 09:48:49
      • ティア2格差プラはまだ存在していた...? -- 2020-04-28 (火) 13:00:33
  • 今頃だがノーフォークかドーセットシャーじゃ駄目だったのだろうかと思う カウンティ級の中で最終型でありもっともマシな艦だと思うし 装甲も -- 2020-04-27 (月) 08:19:07
  • 日米巡洋艦に比して長じていた、航続距離も居住性もwowsではパラメータに反映しようがないしね、しょうがないね。 -- 2020-06-22 (月) 15:56:56
  • まさかホーキンスの次がこんなに苦行だとは ケツに攻撃食らうと舵がすぐぶっ壊れるしシナリオで使える以外はホーキンスの劣化だなぁ -- 2020-08-18 (火) 03:02:22
  • 普通の重巡なのがこんなに使いやすいのかってくらい普通の重巡。大胆なことや迂闊な行動は出来ないけど、巡洋艦の基本に忠実にしていればダメージも稼げるし航空機も落としてくれる良艦 -- 2020-08-19 (水) 02:16:24
  • 射撃管制装置のアプグレつけてるからかも知れないけど、そんなに主砲当たりにくいですか? -- 2020-08-31 (月) 14:16:38
    • すみません、切ってしまった 対空強い日巡って感じで乗れるので楽しいです -- 2020-08-31 (月) 14:17:19
      • 当てやすい、当てにくいは個人の主観でしかない(主砲旋回や、主砲弾の初速、その速度の減衰率など)ので、乗りやすくて戦果の出やすい、あるいは楽しいフネに乗ればいいのよ。さぁ、紅茶をどうぞ。 -- 2020-08-31 (月) 14:38:19
      • 日巡よりは米重巡な気がする。弾道が高いから島とお友達になれるし。 -- 2020-08-31 (月) 22:32:41
  • 誰も触れてないけど船体の背が高くて被弾しやすいの射程の次ぐらいに大きな欠点だよな? 砲火浴びるとものすごい勢いでHP削られていく -- 2020-10-27 (火) 18:26:09
    • ※誰も乗ってない -- 2020-10-27 (火) 18:35:22
      • ※俺だけは乗ってた(過去形) -- 2020-10-27 (火) 22:51:33
      • シナリオ専用 -- ドボンじゃ? 2020-10-28 (水) 00:52:20
  • うん、面白くない。巡洋艦の基本に忠実すぎて本当に公務員作業。回避盾運用ができる機動力とか、なんかこうプレイヤースキルで何とかするぜって部分がないとこうも早く飽いてくるんだな -- 2020-11-11 (水) 17:47:06
  • 駆逐と軽巡の魚雷を避けて返り討ちにしてやったと思った瞬間遠距離からの戦艦の主砲で轟沈、とろそうに見えて意外と舵が素直な気がする。 -- 2020-11-14 (土) 01:57:36
  • A船体でも感動するほど強い。隠蔽と発砲をきちんと管理して修理班を使い切ればかなり潜在を稼げるから勝ちやすい。高隠蔽を活かして有利なポジションを抑えてから発砲する戦い方はまるで愛宕。 -- 2020-12-14 (月) 17:06:06
  • 乾舷高いのはやはり北海の荒波対策なんだろうか。英巡はなんか…高いよね -- 2020-12-14 (月) 17:54:54
  • 空母と駆逐が多いマッチはなかなか厳しいな。特に序盤は艦載機を発見した時点で一旦引いておかないと隠蔽入れなくなって戦艦砲でハカイチコース。 -- 2021-01-07 (木) 18:40:39
  • デカイ。鈍重。紙装甲。 -- 2021-01-13 (水) 07:58:59
    • このチアの重巡なんて、どのツリーでもそんなもんじゃねぇですかね? -- 2021-01-13 (水) 08:44:38
お名前: