Top > AMX 50 Foch


AMX 50 Foch

Last-modified: 2018-06-02 (土) 11:31:17

Tier 9 フランス 駆逐戦車 / 略称:Foch / 日本語表記:AMX 50 フォッシュ Edit

Foch_01-min.PNG
↑ 120 mm AC SA46
全体の形状はAMX AC mle. 48とほぼ同一。前部銃塔は小さくなり、後部銃塔は廃止されている。

HD化以前

スペック(v0.9.20) Edit

車体

耐久値1,550
車体装甲厚(mm)180/70/40
最高速度(前/後)(km/h)50/13
重量(初期/最終)(t)50.2/50.18
実用出力重量比(hp/t)19.93
主砲旋回速度(°/s)26
視界範囲(m)380
本体価格(Cr)3,670,000
修理費(Cr)
超信地旋回
 

武装

名称連射間隔(s)弾倉交換時間(s)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力弾倉合計攻撃力精度(m)照準時間(s)弾倉/総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
120 mm AC SA462.434AP
APCR
HE
257
325
65
400
400
515
1,6000.352.54/681,060
4,800
900
3,580-6°/+18°
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Maybach HL 29585015750
Saurer1,00015750
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
AMX 50 Foch59.562611,000
AMX 50 Foch bis62.562811,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
SCR 508400100
SCR 528F75080
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass3"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2Rammer×
Spall LinerLarge"Wet" Ammo RackClass2Additional Grousers×Enhanced SuspensionLongitudinal Torsion Bars
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時13.85%2.49%
移動時8.32%1.5%
 

派生車両

派生元AMX AC mle. 48(TD/178,250)
派生先AMX 50 Foch B(TD/290,000)
 

射界

射界左10°/右10°

foch-shakai.jpg

 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    v0.7.4で追加されたTier9フランス駆逐戦車
    1950年代初期、AMX-50の車体をベースに開発・少数生産された試作対戦車自走砲である。
     
  • 火力
    砲ラインナップはAMX AC mle. 48から引き継ぐ120mm砲1門のみ。射界や仰俯角に変化はない。
    • 120 mm AC SA46
      AMX AC 48から装填時間はそのままに、弾倉4発となった自動装填砲。発射間隔、精度、照準時間などが強化されている。
       
  • 装甲
    前面装甲は実質260~280mm程度と順当に強化され、貫通力300mm級の砲弾でも距離減衰や貫通力の下振れ次第では弾ける機会があるだろう。更に後部の機銃塔が撤廃されており、弱点が減ったといえる。
    ただ、車体上部の機銃塔、ステレオスコープの中心部、車体下部は相変わらず弱点となっている。これは後身になっても引き継がれているためここで慣れるといいだろう。
     
    半球形の機銃塔は175~120mmの傾斜装甲で200mm~240mm相当となっており、同格の通常弾程度ではマグレ弾きされる可能性がある。対敵した場合は、ステレオスコープ(150mm垂直)の中心部を狙ったほうが確実。ステレオスコープの両端はただの空間装甲でHPダメージ判定はないので注意。
    車体下部は100mm+傾斜で平地なら200mm相当。上部の弱点と異なり地形で隠すことが可能な上に面積が狭く、更に跳弾角度になりやすいため、ステレオスコープを差し置いてわざわざここを狙う必要性は薄い。
    側面装甲は前身から15mm増厚され、3倍ルールでAP弾が貫通することはなくなった。
    【正面装甲画像(HD化以前の古い情報)】
     
  • 機動性
    良好な部類であるがMTに張り合えるほど旋回力はないので注意。しかし優れた正面装甲にバランスの良い砲をもっていることを加味すると優秀な機動力である。また次のAMX 50 Foch Bも同じような操作感覚なのでここで慣れておくと良いだろう。
     
  • 総論
    前身と同じく、自動装填装置を備えた瞬間火力の高い駆逐戦車。走攻守全てにおいて順当に強化されており扱いやすく仕上がっている。
    しかし弾倉火力だけで言うならAMX 50 120Emil IIT54E1などでも同等の火力が出せる為、固定砲塔と言う不利に見合うだけのものを見出したいところだ。
    装甲や機動力は駆逐戦車としては良いものを持っているが、やはり重戦車や中戦車などの本職に及ぶものでは無い。駆逐戦車らしく連射間隔や貫通力と言った点では他のオートローダーよりも優れているので、基本的には中距離から遠距離で前線の支援をする駆逐戦車運用を守り、ここぞと言う場面では機動性、装甲、瞬間火力を以て前線突破にも参加しよう。

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1

 
上記を理解した上でコメントを書き込みます