T30

Last-modified: 2020-08-17 (月) 14:27:43

Tier 9 アメリカ 駆逐戦車

T30_0-min.PNG
↑ T30D1 + 105 mm AT Gun T5E1
初期状態。史実的にはT29T34と同系統の重戦車だが、ゲーム内の区分では駆逐戦車に配されている。
T30_1-min.PNG
↑ T30D1 + 155 mm AT Gun T7
最終状態。T30の史実装備。
T95と共通の大口径砲であり、太い砲身が非常に頼もしい。

特別スタイル「Assault Kit(強襲キット)」

Assault_Kit.jpg

v0.9.12まで

T30HT.jpg

スペック(v1.10.0)

車体

耐久値1,650
車体装甲厚(mm)102/76/51
最高速度(前/後)(km/h)35/10
重量(初期/最終)(t)63.39/64.34
実用出力重量比(hp/t)13.37
本体価格(Cr)3,550,000
修理費(Cr)約16.000
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
105 mm AT Gun T5E17.32AP
APCR
HE
198
245
53
320
320
420
2,3410.391.7945
1,181
945
631,000
4,800
680
2,400-10°/+15°
120 mm AT Gun T536.19AP
APCR
HE
248
297
60
400
400
515
2,4740.392.3945
1,181
945
341,060
4,800
900
2,790
155 mm AT Gun T72.86AP
APCR
HE
276
320
90
750
750
950
2,1430.372.9870
1,088
870
341,650
4,800
1,120
3,371
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
T30D1279/127/1021838014,200
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Continental AV-1790-380020569
Continental AV-1790-586020569
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
T80E3A64.052010,000
T84E3869.052210,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
SCR 508395100
SCR 52874580
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader6Loader
 

拡張パーツ

改良型換気装置Class1装填棒Class1砲垂直安定装置×改良型旋回機構Class1改良型照準器Class1追加グローサーClass1
改良型無線機×車長用視覚システム×改良型モジュール構造Class1改良型装甲材Class1内張り装甲Heavy
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時9.18%1.24%
移動時5.53%0.75%
 

派生車両

派生元T28 Prototype(TD/145,000)
派生先T110E4(TD/211,000)
 

射界

射界全周
 

開発ツリー

クリックで表示

105 mm AT Gun T5E1
(初期/118,000)
120 mm AT Gun T53
(51,000/250,000)

155 mm AT Gun T7
(66,500/335,000)
T30D1
(初期/66,000)

T110E4
(211,000/6,100,000)
SCR 508
(初期/21,600)
SCR 528
(9,000/54,000)
Continental AV-1790-3
(初期/59,000)
Continental AV-1790-5
(32,000/100,000)
T80E3A
(初期/42,500)
T84E38
(22,500/60,000)
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v0.7.2車両Tierを10から9に変更
車種を重戦車から駆逐戦車に変更
v0.9.8T80E3A suspension の旋回中の散布界を8%縮小
T84E38 suspension の旋回中の散布界を8%縮小
155 mm AT Gun T7 の散布界を0.39mから0.37mに変更
v0.9.13HDモデル化

解説

  • 概要
    Tier9のアメリカ駆逐戦車
    ドイツの新型戦車に対抗する為、T29と同時期に開発された試作重戦車である。
     
  • 火力
    俯角は-10°と優秀であり、脆い車体を隠す為に積極的にハルダウンしていこう。
    なお、背面では-5°~-6°までの俯角制限がある。
    • 105 mm AT Gun T5E1
      初期砲は使う事はまず有り得ない為、割愛したい。
       
    • 120 mm AT Gun T53
      T28 Prototypeから引き継ぐことできる120mm砲。
      発射速度がさらに向上し、砲塔が全周回り俯角も取れるようになった為、使い勝手が良くなっている。
      貫通力は据え置きだが、弱点を撃てばある程度は戦っていけるだろう。
      初期履帯でも搭載可能だが、拡張パーツのほとんどが積めなくなってしまう。改良履帯よりも155 mm AT Gun T7の開発を優先する場合、改良型装甲材の購入を検討してもよい。
       
    • 155 mm AT Gun T7
      T30の史実砲。
      T95の最終砲と互換性がある。搭載には改良履帯への換装が必須。
      単発火力は750と非常に高く、通常弾のAPは貫通力276mm、課金弾のAPCRは貫通力320mmと良好な性能である。
      意外な事に精度は120 mm AT Gun T53からやや向上しており、照準時間は遅めだが、絞ればしっかりと当てていけるだろう。
      しかし、砲塔を持つ代償としてT95よりも発射速度が遅く、特にDPMはTier9駆逐戦車ワーストとなっている。
      1発外しただけでも致命的な隙となる為、正確に狙うのはもちろん、射撃タイミングも吟味しなければならない。
       
  • 装甲
    アメリカ重戦車のTシリーズと同様に、厚い砲塔正面装甲と比較的薄い車体装甲が特徴となる。
    Tier9となって周りの車両の砲の貫通力も上昇しており、同じ装甲でもT29T34よりも砲塔を抜かれやすくなっている。事実、自身の155 mm AT Gun T7なら通常弾で自分の砲塔の正面装甲を貫通可能である。
    しかし依然として硬いことには変わりないので、ハルダウンできるポイントをしっかりと押さえて運用したい。
    耐久力はT29に似て少なめ。砲が強力な為にヘイトが高いので、くれぐれも車体を長時間晒すことのないように。
     
  • 機動性
    前身のT28 Prototypeより出力重量比、最高速度の両方が改善され、重戦車に遅れずついていけるようになった。前線に到着したらすでに突破済みだったor味方が全滅していたということはないだろう。
     
  • その他
    もともとは重戦車であるため隠蔽性がかなり低くなっている。
    視認範囲は駆逐戦車としては平均以上。しかし、T28 Prototypeから値は変わっておらず、低下した隠蔽性を考えるとやや物足りない。
     
  • 総論
    硬い砲塔にやわらかい車体を持ち、どちらかといえば同国重戦車に近い特徴を持っている。T28 Prototypeのような運用をしていると車体を次々に貫通され、あっという間に撃破されてしまうだろう。なるべくハルダウンすることを心がけよう。155mm砲の火力は絶大だが、装填がとても長いため、装填中は常に他の味方にカバーしてもらえるように布陣したい。いざとなれば重戦車の代わりを務めることもできなくはないが、カテゴリが駆逐戦車ゆえの低い耐久値には注意。
     

史実

T30_Heavy_Tank2.jpg

 

T30はT29重戦車と同時期に設計された。先行試作車輌が1945年4月に開発開始され、1947年に完成した。155mm砲T7は分離装薬と弾頭からなる弾薬を発砲した。装填棒が動力化された機力装填装置によって装填手の負担が軽減された。また砲弾の搭載には動力のついたホイストが用いられた。

T30E1と呼称された型の車輛は、追加ハッチを砲塔後面に備え、砲弾の薬莢を排出した。ほか、別の型式であるT30E2が存在する。T30の砲弾は43kgの重量があり、分離装薬は18kgに達した。弾薬は双方を合計して61kgの重量があり、これは人力での装填を難しいものとした。戦後の時期の型式ではT58と呼称され、伝統的な砲塔を外し、機力装填装置を装備した揺動式砲塔(砲耳(砲を旋回させる回転軸)や防楯を持たず、砲塔自体が上下へ可動して操砲する)へと換装した。

12輌が生産され、現在、残存車輛がケンタッキー州のフォート・ノックスに所在するマーシャル・ホール前に展示されている。

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。