Top > Grille 15
HTML convert time to 0.013 sec.


Grille 15

Last-modified: 2018-06-27 (水) 11:33:33

Tier 10 ドイツ 駆逐戦車 日本語表記: グリレ 15 Edit

Grille_15_2.jpg
↑ 15 cm Pak L/63
車体の長さと砲身の長さがアンバランス。
砲身や作業スペースなどの形状こそ異なるが、G.W. Pantherと同じクルップ社が設計した事から、似通った構成の車輌となっている。

スペック(v0.9.17.1) Edit

車体

耐久値1,800
車体装甲厚(mm)30/16/20
最高速度(前/後)(km/h)60/15
重量(t)40
実用出力重量比(hp/t)21.25
主砲旋回速度(°/s)20
視認範囲(m)390
本体価格(Cr)6,100,000
修理費(Cr)21,035
超信地旋回
 

主砲

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
15 cm Pak L/633.33AP
HEAT
HE
279
334
75
750
750
950
2,5000.271.5301,680
6,000
1,140
6,300-7°/+15°
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Maybach NL 234850151,200
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
Grille 15452412,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
10WSc720160
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader6Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved Ventilation×"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerLarge Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 5+ t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時7.87%0.83%
移動時4.73%0.5%
 

派生車両

派生元Waffenträger auf Pz. IV(TD/205,000)
派生先なし
 

射界

射界左50°/右50°
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    v0.9.15にてWaffenträger auf E 100との置き換えで追加されたTier10のドイツ駆逐戦車
    クルップ社が提案した、Pantherの車体を用いた対戦車自走砲の計画案である。
    高い単発火力・機動性を併せ持ち、火力支援においては優秀な駆逐戦車に仕上がっている。
     
  • 火力
    後部砲塔かつ左右50°づつの限定旋回となっている。俯角は-7°と平均的。
    • 15 cm Pak L/63
      Waffenträger auf Pz. IVの15 cm Pak L/38を順当に強化した長砲身15cm砲。
      通常弾のAPは貫通力279mm、課金弾のHEATは貫通力334mmとTier10駆逐戦車内ではかなり悪いものの、しっかりと弱点狙撃をしていけば通用する。
      幸い精度・弾速・照準時間は極めて優秀であり、特に精度は射撃モード中のUDES 03Strv 103Bに次いでゲーム内第3位の数値を誇る。
      しかし、前身と比べ2倍以上も照準拡散が悪いという数字には表れない致命的な弱点がある。中距離ですら動いている敵に対して照準を動かしていると非常に大きく拡散し、まるで命中しない。置きエイムを徹底する必要があるだろう。
       
  • 装甲
    全体的に紙装甲で防御力には期待できない。
    車体はPantherを減厚・軽量化したものとなっており、装甲厚は上部でも僅か30mmにまで劣化している。
    さらに耐久力はStrv 103Bと並び、軽戦車と自走砲を除くTier10戦車の中で最も低い。
    薄い装甲に背の高い限定旋回の砲塔の組み合わせから回避の初動がどうしても遅くなる性質上、発見されれば一気に重傷・即死の危険が高い。
    発見されないことが最善であるが、後述の通り隠蔽が悪化しており、敵の射線を遮れる遮蔽物や地形の確保および迅速な退避が重要である。
     
  • 機動性
    駆逐戦車としては良好な最高速度・加速力を有しており、狙撃ポジションへの移動や陣地転換には困らない。
    しかし、旋回速度は遅く、限定旋回の砲塔である事も相俟って、機動力の高い相手には接近戦で後れを取る可能性もある。
    必要な時には自発的に攻勢に出られるものの、基本的に位置取りの為の足回りと考えておこう。
     
  • その他
    • 視界・隠蔽
      視認範囲は390mと駆逐戦車としては優秀な部類。
      一方で軽快な機動力と引き換えに隠蔽性能は大幅に悪化しており、これはベースのPantherよりもさらに悪く、隠蔽を活かした単純な狙撃運用は難しくなっている。
      一応、塗装・カモネット・カモスキル・茂みを駆使する事である程度は補う事もできる。
      また、ある程度の交戦距離を維持しつつ、逃走経路を事前に決めておけば、機動力を活かして被弾率を下げられるだろう。
       
  • 総論
    高火力・高精度・高機動・低隠蔽・紙装甲を特徴とした強力な支援型駆逐戦車である。
    15 cm Pak L/63の大火力を迅速かつ的確に広範囲へ送り出せるのが本車最大の強みであり、定点射撃ばかりでは全く持ち味を活かせない。
    状況によっては、主戦場の裏取りやワンパン可能な相手にダメージ交換覚悟で強行するなど、柔軟な動きが求められる。
    一方このルート共通の問題だが、高火力・紙装甲ゆえに敵からのヘイトが非常に高く、優先的に集中砲火を浴びかねない。
    大幅に劣化した隠蔽と限定旋回の砲塔という欠点を考慮し、不用意な前進や身晒しは慎み、運用には細心の注意を払っていこう。
    戦局を覆すポテンシャルは十分に持っており、ドイツ第2駆逐戦車ルートの集大成に相応しい車両である。
     

史実 Edit

Grille 15 Blue.jpg
 

1942年の夏頃、陸軍兵器局はクルップ社とラインメタル社に対し、パンターの車体を流用した駆逐戦車を設計する契約を締結しました。
これは、128-mm K 43 または 150-mm sFH 43 榴弾砲のいずれかを搭載する計画でした。
Grille 12とGrille 15が計画され、これらは後部に配された戦闘室を持ち、兵装のみが異なりました。
後に、Grille 15は150-mm 63口径となり、これは4000mの距離で200mmの貫徹力を持っていました。
しかし、開発は遅れ、Grille 15は青写真としてのみ残りました。

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。